【間取りの失敗まとめ】よくある間取りの失敗と後悔しない秘訣

家づくりの中でも間取りというのはとても楽しみなもの。

家の間取りについて考えるときは、新しい生活に向けてウキウキされている方も多いのではないでしょうか。

そんな間取りですが、楽しいだけではなく家を建てるならやはり住み心地の良い間取りにしたいものですよね。

少なくとも今住んでいる家の不満は解決している間取りにしたいと考えている方がほとんどだと思います。

 

このように家づくりの醍醐味とも言える間取りですが、それだけ重要だからこそ避けたいこともあります。

そう、間取りの失敗です。

新しい家でこれから何年も暮らして行くことになるので不便な事は避けたいですし、間取りで失敗してしまうと場合によっては後悔がずっと続いてしまうなんてことも。

 

そこで今回は、間取りで失敗しないために必ず知っておきたいことを、これまで家を建てた方の体験談を元にプロの建築士が失敗しない方法についてご紹介していきたいと思います。

これから家づくりをされる方や、間取りでお悩み中の方はぜひご覧ください。

家の中が暗いんです(明るさの失敗)

間取りで後悔される方が多いのが家の明るさについて。

プロの建築士に間取りを作ってもらったのなら当然明るい家になっているだろうと思っていたけども、実際に住んでみると思ったよりも家の中が暗いと感じることがあるんですね。

特に家族が集まるリビングは光が入らないと暗い雰囲気になってしまうので日中も電気をつけているなんてこともあります。

明るさというのは場所によっても変わってくるので、リビングの隣に設けた和室は日が入って明るいけども、隣のリビングは暗いので部屋の配置を間違えたなんてケースも。

 

その他、部屋はある程度光が入っていても、玄関や階段が思ったよりも暗くて失敗したという相談もよくもらいますし、隣が最初空き地だったので明るい家だったけども、隣に家が建って途端に家の中が暗くなってしまったなど環境の変化で家の中が暗くなってしまう場合もあります。

 

このように家の中が暗くなってしまう1番の原因としては、設計者と家を建てる人との明るさの感覚の違いが大きな原因となります。

「明るい家にしたい」とひと言で伝えたとしても、人によって「明るい家」の基準が違うからなんですね。

 

そのため、どのくらいの明るさが欲しいかは実際のモデルハウスやシュールームなどで共通認識を取っておくことが明るさで失敗しない1番の対処方法になります。

すごく明るい家にしたいのであれば2階リビングも選択肢に入ってくるかもしれませんし、周りの環境に左右されにくいようにあらかじめ吹き抜けを設けておくというのも効果的です。

また、それに合わせて間取りの段階で暗くなりそうな場所が無いかどうか検討して窓の配置を考えることで、玄関や階段などが暗いというケースも避けることができます。

家が建ってからだと家の明るさを変えることはかなり難しいので、間取りの段階で明るさ問題は解決しておきたいですね。

 

暗い家というのはやはり避けたいもの。

「明るい家になってるだろう」ではなく、「これくらい明るくしたい」という希望が叶っているか確認することで、家の明るさの失敗は相当減らすことができるんですね。

吹き抜けのメリット、デメリットと失敗しない吹き抜けの作り方

【保存版】2階リビングのメリット、デメリットをまとめました

あとで後悔しない!家で暗くなりがちな場所3選

家の明るさは大丈夫?後悔しない明るい家にする方法

風が全然入らない(窓の失敗)

「明るい家にしたい」という要望と共に、「風通しの良い家にしたい」という方も多くいらっしゃいます。

やはり家を建てるなら風通しの良い家にしたいですよね。

 

でも、「窓を開けても風がほとんど入らなくて間取りの時に風通しについてしっかり考えておけばよかった」という失敗もよく耳にします。

 

このように風通しの悪い間取りになってしまう大きな原因としては風の出入り口が適切に確保されていないことが原因です。

窓が風が入るように適切に配置されていないんですね。

窓の配置場所もそうですし、選んだ窓の種類によっても風通しというのは違ってくるからです。

 

また、風は夏は南風、冬は北風が吹くというイメージが強いですが、地域によって風が吹いてくる方向というのは季節によっても違いますし、昼と夜でも風向きが変わるのが一般的です。

そのため、地域性も考慮しながら適切な窓を配置することが風通しで失敗しないためにとても重要なんですね。

どこから風が吹いてくる?風通しの良い家をつくる方法

家を建てるなら必ず知っておきたい窓の話

家事動線を考えていなかった(動線の失敗)

家の家事は毎日のことです。

そのため少しの時間でもそれが毎日積み重なると相当な時間になっていきます。

忙しい毎日のことを考えると、家を建てるならやはり家事がしやすい間取りにしたいですよね。

 

家事の動線を考える場合、水回りを1箇所にまとめたり、洗濯物を2階に干す場合は洗面室と階段が離れすぎないように配置するなどの方法を取ることが考えられますが、家事とひと言で言っても人によって家事の仕方はさまざま。

洗濯を朝にする人もいれば夜にする人もいますし外に洗濯物を干す人もいれば洗濯物は室内干しという方もいます。

さらには、乾いた洗濯物をどこに収納するかなども人によって違います。

 

このように家事動線は人によって正解が違ってくるので、まずはあなたがどのように家事をするのが楽かを設計者に伝えるのが、家事動線で失敗しない間取りをつくるために重要なんですね。

そして、その間取りの中であなたがどのように動くことになるか1度シミュレーションしてみる。

これが家事動線で失敗しないための1番有効な方法になります。

その間取りは動線が考えられていますか?家の間取りと動線について

あなたの間取りは大丈夫?洗濯の家事動線を考えたバルコニー

間取りの善し悪しを簡単に見分ける方法

部屋干しはどこに干す?部屋干しのオススメの場所と注意点

車の出し入れが大変!(駐車スペースの失敗)

家の間取りに集中しすぎて、ついつい忘れがちになってしまうのが車の出し入れについて。

間取り図の中に車の絵が描いてあったから安心と思っていても、いざ車の出し入れをする時に「車が止めにくい!」なんて失敗が起こってしまうこともよくあるんですね。

特に家の前の道路が狭い場合や道路に電柱がある場合なんかは、より車が止めにくくなってしまいます。

 

では、車の出し入れで失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか?

駐車場で失敗しない方法としては、どんな車を止めることになるのかを明確に伝えること、また車がどういう軌道で出入りすることになるかを間取り図の中に書き込んでもらうことで失敗はかなり防ぐことができるようになります。

今の車のサイズだけでなく、将来止める可能性のある車の中で1番大きい車種を伝えておくと将来車を乗り換えた時も安心です。

また、車の運転や駐車が苦手な場合は建築士に遠慮なく伝えて置くのも効果的な方法ですよ。

その車、ほんとに家の敷地に駐車できますか?

家を建てるなら知っておきたい車の駐車方法

あなたの家に自転車を置くスペースはありますか?

収納が使いにくくて・・(収納の失敗)

Photo:http://www.aqura.co.jp/gallery/sw0015/detail/973/

収納の失敗で多いのが、収納が足りないという失敗の他に、収納が使いづらいという失敗。

図面の中に収納が無いと「なんだか収納が少なそうな間取りだな」と気付きやすいのですが、図面に収納と書いてあればそれだけで収納があるから大丈夫かとついつい思ってしまいがちです。

でも、大切なのは「収納があること」ではなく「物を収納できる」ことですよね。

そのため、収納内の作り方というのが収納で失敗しないためにはとても重要になります。

適材適所に適切な高さ、サイズ、奥行きにした上で物に合わせて棚などが配置された収納を設けることが大切なんですね。

 

特にロフトなど大きな空間の収納は、どのように使うか、物の搬入は問題ないかなど、実際に生活した時の目線に立って収納を考えることで失敗を減らすことができます。

 

また、収納の失敗で多いのがリビングの収納。

リビングは郵便物や小物などいろんな物が集まりやすい場所なので収納の最重要ポイントです。

リビングは広さを重視してついつい収納がないリビングになってしまうなんてこともありますが、収納は必ず設けておくのが収納の失敗をなくすためには必須となります。

特にリビングは小物が増えがちなので奥行きがある収納よりも、小まめに物を入れられる収納があると便利です。

リビングに収納を配置すると部屋の形が変になるのでどうしても収納を設けられないという場合は、あまり高さがなく圧迫感が少ないオシャレな家具を置いておくのも効果的ですよ。

収納を作る時に知っておきたい、2つの収納スタイル

ロフトのある家って実際どうなの?100棟以上見てきた正解がコチラです。

これで失敗しない!!玄関収納の位置とサイズの決め方

ウォークインクローゼットの失敗しない作り方とベストな収納方法

パントリーを上手く使って収納上手に!メリット、デメリットと理想の収納方法

これで失敗しない!家のプロが教えるクローゼットの収納術

おしゃれなリビングにするための収納術。片付く部屋にする方法をご紹介します。

ドアにぶつかって怪我しそう(建具の失敗)

家の中の建具は部屋と部屋を区切るために必要なものですが、時には凶器のようになってしまうケースもあります。

例えば階段の降り口や登り口のすぐそばにドアがあれば階段を上り下りする人にぶつかってしまう可能性は高くなりますし、下手をすると階段を転げ落ちるなんてことも。

 

また、人がよく通る動線となっている場所にトイレなどのドアがあると、それも人にぶつかってしまう原因となってしまいます。

大人でも危険なのに、小さなお子さんの場合はより大きな怪我につながってしまうので危険なドアは間取りの段階で回避しておきたいですね。

このような間取りの失敗を避ける方法としては、間取りの中でドアを開けた時、人にぶつかる可能性が高いのかどうかを確認することでドアに人がぶつかるという失敗はかなり減らすことができますし、場合によっては引き戸に変えてあげるなどの対策を間取りの段階であらかじめ取っておくのも効果的です。

引き戸とドアのメリットとデメリットと後悔しない使い方

広いバルコニーにしたけども・・(優先順位の失敗)

広いバルコニーに憧れて広いバルコニーを作ったけども、洗濯物くらいしかバルコニーを使わない。

これはよく耳にする間取りの失敗例です。

憧れと実際に必要かどうかはまた別なんですね。

 

同じようなケースとして屋上も実際にほとんど使っていないというのもよくあるケースです。

あまり使わないのであれば、その分部屋を広くしたりインテリアや家の性能、設備に予算を回した方が費用対効果は高いですね。

そのため生活に必ず必要なもの以外は、本当に必要なものなのかどうか振り返ってみるのが間取りで失敗しないためにとても重要になります。

インナーバルコニーのメリットとデメリットと失敗しない作り方

バルコニーの手すり次第で布団の干しやすさは変わります

広いバルコニーや屋上を有効活用する方法

バルコニー(ベランダ)を失敗しないために必ず知っておきたい5つのこと

良い家を建てる秘訣!それは本当に必要な物ですか?

欲しい場所にコンセントがない(電気配線の失敗)

Photo:http://www.panasonic.com/jp/home.html

「コンセントが欲しい場所にない!」

「家具を置いたらコンセントが使えない!」

こういうコンセントの失敗談は本当によく聞きますよね。

 

このようにコンセントで失敗してしまう原因として、その間取りの中での生活イメージがしっかりできていないことが大きな要因。

例えば、家具をどこに置くか、掃除をする時にコンセントは問題ないか、扇風機など家電を使う時に近くにコンセントはあるか、スマホなどを充電するのは大丈夫かなど、実際に生活する時にどこにコンセントが欲しいかを考えてみると、コンセントの失敗は少なくなります。

 

また、コンセントと同じように多いのがスイッチの失敗。

部屋に入ったらスイッチが遠くてなかなか電気が付けられなかったり、欲しい場所にスイッチが無いなんて失敗はよくあります。

こちらもコンセントの失敗と同じように、その間取りでの生活のシミュレーションができていない事が原因なので、夜に家の中を移動する時に不便が無いかどうかシミュレーションしてみるとスイッチの失敗を減らす事ができます。

コンセントの配線を失敗しないための5つの方法

電気配線図はここを注意!スイッチを使いやすくする方法

冬場、家の中が寒い!(家の性能の失敗)

家の寒さの失敗を考える時、間取りの失敗と家の性能の問題、大きく2つの要因に分けられます。

例えば間取りの失敗であれば、玄関の寒さが家の中に入ってくるという失敗があります。

家というのは玄関土間の土間部分が寒さを引っ張ってくるケースが多くあり、広い玄関土間を作ったけども寒さ対策を取っていないことで家の中が寒くなってしまうんですね。

 

その他、リビング階段も寒いという声も耳にしますが、リビング階段が寒いのは家の性能が低い事がほとんど。

たしかにリビングと2階が繋がるので体積が増えて部屋が暖まるまでの時間は少し長くなりますが、今の家は家全体をスッポリ断熱材で包むような造りになっているのでリビングがずっと寒いという事はなく、ずっとリビングが寒いままというのは家の中から暖かい空気が外に逃げていってしまっているですね。

 

そのため、家が寒いという失敗を避けるためには、まずは家の断熱性能を上げることが1番効果が高い方法になります。

1分で分かる!家づくりで大事な断熱と気密の話

家は「性能」?それとも「間取り」が大切?

家の断熱性能を上げるのに1番簡単な方法

広い玄関土間のある家ってどうなの?土間の使い方と3つの注意点

リビング階段は寒い?プロが教えるメリットとデメリット。

リビングを広くすれば良かった(バランスの失敗)

家というのは無限に広くできる訳ではなく、限られたスペースを使って家を建てることになります。

そのため、たとえばLDKや水回りに以外に4部屋必要であればそのスペースを家全体の面積の中から割り振ることになります。

 

場合によっては間取りの中にアレもコレも入れたばっかりに、肝心のリビングにしわ寄せがいってしまい、その結果使いにくい家になってしまったという失敗も起こるんですね。

家の間取りは全体のバランスがとても大切なもの。

間取りの優先順位を考えながら時には優先順位の低い要望は大胆に削ってしまったり、場所を1階から2階に変えてしまうなど、優先順位が高い場所が快適になるようにバランスを整えてあげる事が、変に使いづらいスペースを作らないための秘訣となります。

間取りが上手く行かないのはゾーニングが原因かもしれません

間取りが上手くいかない場合の効果的な対処方法

家の間取り。4人家族の場合、最低限どれくらいの広さがあれば生活できますか?

家具を置いたら残念なことに・・(家具の失敗)

Photo:https://truck-furniture.co.jp/

家ができて実際に家具を置いてみたら、思ったよりも家具が大きくて圧迫感が。

さらには部屋が狭く見えて仕方がないなんてことも。

 

このような家具の失敗例の原因としては、間取りの段階で実際に入れるサイズの家具を図面に書き込んでいないのが大きな要因です。

図面には20帖など部屋の広さが数字で表現されていますが、実際にはどこからどこまででで20帖なのかとうのは建築士に聞いてみないと分かりませんし、家具が図面に書き込まれていないと家具を置いたら残りのスペースはどれくらい取れるのかというのもよく分かりません。

家具を図面に書き込むことでサイズ感が出てくるんですね。

 

そうすれば間取りの狭さが原因であれば間取りを広げたり、もう少しコンパクトな家具に変更するという選択肢も取る事ができるようになります。

 

新居で使う予定の家具は必ず図面に書き込んでもらう。

まだ家具が明確に決まっていなくても、家具は大きめ、小さめどちらが好みであるかや何人で使うなどは必ず伝えておきたいですね。

我が家にぴったりのダイニングテーブルのサイズを決める5つの方法

その家具と家電、家の中にちゃんと入りますか?

二世帯住宅の作り方を間違えました(意思疎通の失敗)

親世帯、子世帯など複数の世帯がいっしょに暮らす二世帯住宅。

そんな二世帯住宅も間取りで失敗したというケースをよく耳にします。

その理由としては、二世帯住宅は夫婦二人だけでなく何人もの大人が同じ家に一緒に住むというという点が1番大きな要因となります。

 

例えば、二世帯住宅の作り方として玄関、LDK、お風呂など、どの部分を共用にするのか、それとも別々にするのかで間取りと生活スタイルは大きく違ってきます。

どこを共用、独立するかというのは予算やどう生活したいかという考え方で変わってくるのですが、大人が大勢集まって家の間取りを決める分、その意見はさまざま。

そんな時、意見を言いやすい人もいますし、反対に言いにくいというケースもありますよね。

特に義理の親御さんと一緒に住む方はあまり強く意見を通しにくいということも。

 

そのため、「本当は〇〇したいのに」という気持ちが解消されずに間取りが確定してしまい、その結果、間取りで失敗したと思ったり後悔することも多くなるんですね。

 

これは完全な二世帯住宅だけでなく、将来親御さんを引き取って一緒に暮らすという場合でも同じようなことが起こる場合があります。

住む人が増えれば増えるほど、間取りの段階でお互いに譲れる部分と絶対に譲れない部分は明確にしておくのが間取りで失敗しないためには特に重要なんですね。

また、複数の意見を調整できる住宅会社の担当者を付けてもらうのも大切なポイントです。

二世帯住宅を失敗しないための5つのポイント

良い家をつくる設計士が必ずもっているもの

外から丸見えでカーテンが閉めっぱなし(視線の失敗)

Photo:http://www.trueheart.co.jp/images/handling-items/blind/01L.jpg

せっかく家を建てたけども、道路から丸見えでカーテンが閉めっぱなしに。

間取りではこんな失敗例もよくあります。

たしかに通行する人から家が丸見えだと落ち着かないですよね。

その結果カーテンが閉めっぱなしにしたいという気持ちもよく分かります。

 

このような間取りの失敗の大きな原因としては、窓の配置と間取りの作り方による部分が大きなウェートを占めます。

歩く人と視線が合いにくいような窓の配置にしたり、落ち着かない場所にLDKを配置しないなど、間取りの段階で視線をコントロールしておくのが視線で失敗しないために大切なんですね。

 

また、間取り以外でも庭の作り方次第で家の中が見えにくいようにもできるので、外構計画も含めた視線対策ができるとベストです。

家の中が近所から丸見え?視線をコントロールするための4つの方法

あんまりオシャレにならなかった(インテリアの失敗)

Photo:http://adrooms.com/room/119

新しい家ができたけども、賃貸住宅と比べて素材が少し良くなったくらいであまりオシャレに感じない。

このように感じる方も多くいます。

ちょっと高価な賃貸住宅という感じですね。

 

これは私自身も感じる事があり、今は私は住宅の建築士をしていますが、建築の勉強を始める前に実家をあるハウスメーカーで建て替えた際、家を見るまで最初はすごくワクワクしていたのですが、実際に見て見ると何だか微妙。

こんな普通の家が何千万円もするのかと思ったものです。

 

このように普通に家を作っただけでは、賃貸住宅と家のインテリアはそれほど大きな変わりないんですね。

特に分譲マンションを借りて住んでいる方はこのようにインテリアに物足りなく感じてしまうケースが多くあります。

 

でも実は、オシャレに見える法則に沿って家を建てるだけで家のインテリアは見違えるほどオシャレに見えるようになります。

 

例えば、部屋をスッキリ見せるには部屋の中に無駄なラインが出ないようにするだけでも部屋の見た目は大きく違ってきますし、部屋の中で使う色の数を絞るだけでもインテリアはグッと引き締まるように見えるようになります。

また、家具も安っぽく見えてしまう造りの物と、そうでない物があり、安っぽい物を選ぶと部屋全体が急に安っぽく見えてしまいます。

まずはオシャレに見える法則をしっかり頭に入れる。

そうする事でインテリアの失敗はグッと減らす事ができるんですね。

また、すでに家ができてしまっているという場合も、観葉植物を家の中に置くだけでも家の見た目はかなり変わるので、見た目もオシャレな観葉植物を置くのもとても効果的ですよ。

オシャレに見える家とオシャレに見えない家の違いって何?

お洒落な家具や雑貨が見つかるおススメのインテリアショップ

部屋がおしゃれになる観葉植物25選。おすすめのインテリアグリーンをご紹介します。

まとめ

今回は間取りでよくある失敗例について見てきました。

家というのは一生に一度建てるか建てないかというもの。

そのため、家づくりの経験値というものもどうしても不足しがちになってしまいます。

 

でも、これまで家を建ててきた先輩方の体験談やプロの建築士のアドバイスを聞く事で経験不足というのはカバーする事ができますし、間取りの失敗というのも大きく減らすことができるようになります。

ぜひ、今回のアドバイスを参考にして失敗のないあなたに合った家を建ててくださいね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】