土地について知りたい方はコチラ

建築条件付きの土地は、なんで間取りで失敗しやすいの?

「事件築条件付きの土地を買うかどうか迷っています。土地は魅力的なのですが、建築条件付き土地を販売している会社が建てた家にはあまり魅力を感じません。このような建築条件付きの土地を買っても建てたい家を建てられるのでしょうか?」 読者さんからこのような質問をもらいました。   「建築条件付きの土地」とは簡単に言うと、土地を買えば家を建てる会社がセットで決まってしまう土地の事です。 「この土地を買うなら、うちの会社で家を建ててよ」 というような条件が付いている土地が建築条件付きの土地なんですね。 →建築 ...

細長い家をおしゃれで暮らしやすくするにはどうすればいいの?間取りのポイントを建築士が解説します

「今検討している土地がかなり細長く、家も必然的に細長い家となってしまいそうです。細長い土地に家を建てる時のアドバイスがあれば記事にしてもらえないでしょうか?」 このようなリクエストを読者の方からいただきました。 たしかに土地だけを見ていると、どのような家になるかイメージするのは難しいものです。 特に細長い土地など個性が強い土地ならなおさらですね。   でも、どんな土地にも家を建てる時のセオリーであったり、失敗しやすいポイントというのがあります。 その部分を頭に入れておくことで、実際に間取りが出て ...

宅地ってどんな土地?宅地選びのポイントと良し悪しを見分ける方法

家を建てるための土地を探していると「宅地」という言葉を耳にすることがあります。 宅地は簡単に言うと家を建てられる土地という意味になりますが、宅地だからと言って家を建てても安心なのかどうかはまた別の話になってきます。 そこで今回は宅地を選ぶ時のポイントや宅地の良し悪しを見分ける方法についてご紹介していきたいと思います。 家を建てるための土地を探している方はぜひご覧ください。 宅地って何? それではまず、宅地とはどういう物なのか見ていきましょう。 日本では土地の利用状況に合わせて「地目」というもので土地を分類 ...

西道路の敷地で家を建てる時に知っておきたい3つのポイント

土地の特徴を説明する時、「西道路の土地」や「南道路の土地」など、道路の名前がついた土地の呼び名を使われることがよくあります。 土地の西側に道路が面しているので「西道路」、土地の南側に道路が面しているので「南道路」というように、道路の位置次第で土地の呼び名は変わってくるんですね。 また、土地の呼び名だけでなく道路の位置によって間取りの特徴というのもかなり変わってきます。 それだけ道路がどの位置に有るかというのは家づくりの中でも大きなポイントになってくるんですね。   今回はそんな土地の中でも「西道 ...

埋蔵文化財包蔵地だと家の工事がストップしてしまう!?埋蔵文化財包蔵地で家を建てる時の注意点

「『埋蔵文化財包蔵地』となっている土地の購入を検討しています。『埋蔵文化財包蔵地』で家を建てる時の注意点があれば記事にしてもらえないでしょうか?」 このような質問を読者の方からいただきました。 たしかに「埋蔵文化財包蔵地(まいぞうぶんかざいほうぞうち)」と書いてあっても、イマイチどういう物なのか分からないですよね。 でも、「埋蔵文化財包蔵地」で家を建てる場合、家の工事をスタートするのが遅れてしまったり工事がストップしてしまうこともあるなど、家づくりの計画が大きく変わってしまうなんてこともあります。 では、 ...

地盤調査ってどんなことをするの?地盤調査結果を見る時のポイントを建築士が解説します

「地盤調査を行ったのですが、調査結果の見方がイマイチよく分かりません。地盤調査結果を見る時のポイントについて記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをもらいました。 たしかに家を建てる時には地盤調査をしますが、どういう調査をするのか、また調査結果の何を見れば良いのかというのは中々わかりにくいものですよね。 そこで今回は地盤調査と調査結果を見る時のポイントについて詳しく見ていきたいと思います。 地盤調査結果は家の予算にも影響する部分なので、家を建てる方はぜひご覧ください。 地盤調 ...

高度地区ってどんな場所?高度地区で家を建てる時の注意点を建築士が解説します

家を建てる時、いろんな高さの制限が建築基準法という法律で定められていますが、そんな高さの規制の1つに高度地区というものがあります。 この高度地区というのは高さ制限の中でも厳しい規制の1つで、家の間取りや形に大きな影響を与えるものになります。 そのため家を建てる場合、高度地区とはどういう物なのか知っておいて損はない言葉なんですね。 そこで今回は高度地区とはどのような物なのか、そして家を建てる時にどのような点に気をつけておけばいいのか見ていきたいと思います。 土地探しから家づくりをするという方はぜひご覧くださ ...

北側斜線制限がある土地で家を建てる時は何を気をつけたらいいの?

「北側斜線制限がある土地で家の建築を検討しています。北側斜線制限がある土地で家を建てる時の注意点について記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをもらいました。   家を建てる時、家の高さを制限する法律がいくつかありますが、そのうちの1つが今回相談をいただいた『北側斜線制限』。 『北側斜線制限』は家への影響も大きく、家を設計する建築士にとっても『北側斜線制限』がある土地というのは間取りの難易度が上がる土地となるので、家を建てる方はぜひ頭に入れておきたいワードとなります ...

42条2項道路って何?家づくりで失敗ために知っておきたい3つのこと

「家を建てるために土地を探しているのですが、注意書きに『42条2項道路』と書かれている土地が気になっています。このような『42条2項道路』と書かれている土地で注意することがあれば記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをもらいました。   家を建てるためには必ず道路に面している必要がありますが、ただ道路に面して入れば良い訳ではなく、いくつかルールというものが存在します。 道路は日常生活で使うだけではなく、災害が起こった時は緊急車両が通る必要があるなど、安全な環境を作る ...

狭小地や小さな敷地に家を建てる時に注意する5つの事

家を建てる時に必ず考慮しておかないといけないこと。 それは、家はあなただけでなく、周りの環境にも影響を与えると言うことです。 例えば、都市部で家を建てる時は、田舎で家を建てるよりも近隣トラブルが起こる可能性が高くなります。 都市部ではお隣との距離が近いので、家が建つことでお隣の家にも影響がでやすいんですね。 さらに敷地が狭いとなるとトラブルが起こる確率はグンっと上がります。   もちろんトラブルが起これば住宅会社も動いてくれますが、トラブルが起こって一番困るのは実際に住むようになる「あなた」。 ...

Copyright © BUILD WORKS , All Rights Reserved.