リビング階段は寒い?プロが教えるメリットとデメリット。

「リビング階段にしようと思っているのですが、リビング階段は寒いとよく聞くので心配です。リビング階段のメリットとデメリットを教えてもらえないでしょうか?」

読者さんよりこのような質問をもらいました。

確かに「リビング階段にしたら寒かった」って話を聞く事がありますよね。

 

そこで今回は、リビング階段は本当に寒いかどうかとリビング階段のメリット、デメリットについてお話したいと思います。

それではどうぞご覧下さい。

リビング階段とは

リビング階段

リビング階段とはその名のとおりリビングに階段がある間取りの事で、リビングイン階段とも呼ばれます。

リビング階段の家は階段がリビングにあるので2階に上がるのに必ずリビングを通る間取りになるという訳ですね。

リビング階段は十数年くらい前から採用する方はかなり増えるようになりました。

メディアでリビング階段は子供がいる家庭に良いという情報が発信されはじめた頃ですね。

今では6割から7割くらいの方がリビング階段を採用されています。(日々の設計業務、間取り診断からの統計です)

 

今ではそれだけ人気のリビング階段ですが、リビング階段にすることでメリットもあればデメリットもあります。

では、リビング階段にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

それではまず、リビング階段のメリットについて見てみましょう。

リビング階段のメリット

螺旋階段

家族が顔を合わせる機会が増える

まず、リビング階段の一番のメリットは、家族がリビングで顔を合わせる機会が増えるという事です。

リビングを通らないと2階に上がることができないので、必然的に家族が顔を合わせる機会がふえるんですね。

 

そのため家に誰がいるのか把握しやすいですし、お子さんが夜勝手に出歩いたりするのをかなり防ぐ事ができます。

やはり顔が見えるのに堂々と夜遊びに行きづらいですよね。

 

もちろん、リビング階段だけでお子さんが夜遊びをしないとかグレるのを防げるという訳ではありません。

グレるがどうかは教育、しつけなどお子さんに対する接し方もとても重要だからなんですね。

でも、リビング階段で強制的に顔を合わせる家になる事で、少なくとも子供の顔色であったり様子は分かるようになります。

リビング階段にする事で子供を気にかけるきっかけが増えるので、お子さんのちょっとした変化にも気付きやすくなるという事なりますし、反対に子供も親御さんの日々の変化にも気付きやすくなります。

マザーテレサの言葉で「愛の反対は憎しみではなく無関心です」という言葉がありますが、リビング階段にすることで少しでもお互いに関心を持つきっかけとなってくれるんですね。

 

リビングが広く見える

リビング階段にした時のその他のメリットとして、階段がリビングにあるのでリビングが広く見えるという効果があげられます。

階段をLDKに取り込めるので、実際のLDKの広さよりも広く見えるようになるんですね。

例えば20帖のLDKに2帖の階段があれば、視覚的には22帖の広さのLDKとなります。

 

さらには階段自体も階段の下を壁にしたり収納にしたりするのではなく、オープンな階段にしてあげることでさらに視界は抜けるようにすることも可能です。

かっこいいリビング階段にしてあげるだけで部屋がグンとお洒落に見えるんですね。

その他、見せる階段にする場合もリビング階段にするとよりオシャレに見せてくれます。

階段にはどんな種類がある?知っておきたい階段の4つの形

 

明るい階段になる

リビング階段にすると明るい階段になりやすいというメリットもあります。

リビング階段にしない場合、廊下など比較的光が入りにくい位置に階段が配置されることが多く、比較的暗い階段になりがちです。

一方、リビング階段の場合は光が入りやすいリビングに階段があるので明るい雰囲気の階段になるんですね。

家の明るさは大丈夫?後悔しない明るい家にする方法

 

ただ、いくらリビング階段だからと言ってもそれだけで明るい雰囲気の階段になる訳ではなく、階段を登りきった場所に光が入るようにするのも重要なポイントです。

階段に光が入るよう設計しない場合、リビングを見上げるとぽっかりと口を開けた真っ暗な階段があることになってしまうなんてことも。

そうなるとせっかくのリビング階段がマイナスになってしまいますよね。

 

リビング階段は明るい階段にしやすい反面、リビングの印象も左右するのでトータルの明るさを意識すると、より魅力的な空間をつくることができます。

 

リビング階段は吹抜けとの相性がいい

リビング階段は吹抜けともとても相性が良いのも大きな特徴です。

特にリビング階段に面して吹抜けを設けると、吹抜けの開放感がより一層際立つようになります。

こんな感じですね。

吹抜けは家の明るさを確保するのに効果的な方法ですが、その広さの設定を間違うとあまり効果の無い吹抜けとなってしまいます。

でも、リビング階段と吹抜けを一帯にすることで、吹抜けを広げなくても視覚的に吹抜けを広げたのと同じ効果をもたらすことができるんですね。

吹き抜けのメリット、デメリットと失敗しない吹き抜けの作り方

 

家に吹抜けを設けるならリビング階段を検討してみたいですね。

 

家の1階と2階につながりができる

リビング階段にすると、家の1階と2階にゆるやかな繋がりができるようになります。

ゆるく繋がることでお互いの階の声が聞こえやすくなるんですね。

 

例えば、ご飯の支度ができた場合もわざわざ2階に言って声をかけなくても階段下から声をかえければ2階にまで声が届きやすくなります。

その他に、夜も誰かが帰ってきた時なども気配が感じやすいのもリビング階段の特徴と言えます。

リビング階段のデメリット

リビング階段2

ここまでリビング階段のメリットをご紹介してきましたが、リビング階段にはデメリットもあります。

では次に、リビング階段のデメリットを見てみましょう。

 

リビング階段は家の性能が重要

まず、リビング階段のデメリットでよく話題に上がるのが、リビング階段は寒いという話です。

 

確かにリビング階段の家がよく造られはじめた頃、リビング階段にすると寒いという声を聞く事が多くありました。

家の性能、特に断熱、気密性能についてそこまで重要視されていなかったので、リビング階段にすると家が寒くなってしまったんですね。

ただ、今は断熱、気密性能の高い家が多く、「リビング階段にすると寒い」と言う会社は自分の会社の性能は悪いですよと言っているのと同じという時代になりました。

吹抜けが寒いというのも同じですね。

吹抜けのある家は寒い?家を建てた人100人に聞きました

 

そのため、リビング階段にするなら断熱、気密性能の高い会社で家を建てるのが必須となります。

1分で分かる!家づくりで大事な断熱と気密の話

家は「性能」?それとも「間取り」が大切?

 

ただ、いくら性能が良くても玄関に吹抜けがある家が寒い家になりやすいように、家の間取り次第で暑い、寒いなんて事が起こる場合があるので、リビング階段にしても問題ない間取りにするのも重要になります。

(なぜ玄関に吹抜けをつくるとダメなのかはこちらをご覧下さい)

こんな吹抜けはイヤだ!!残念な吹抜け3選

 

また、いくらリビング階段が寒くないと言っても、部屋が暖まったり冷えるにはリビング階段の方が時間が掛かります。

リビング階段を通して2階にも繋がっているため、暖めたり冷やす体積が多いからなんですね。

そのため、少しでも部屋が暖まりやすいようエアコンの配置位置もしっかり意識しておく必要があります。

エアコンで失敗しないために知っておきたいこと10選

 

ニオイや音は伝わりやすい

その他にリビング階段のデメリットを挙げるとすると、ニオイや音に関してもリビング階段の方が2階まで伝わりやすくなるということが挙げられます。

 

リビング階段を通して空間が2階まで繋がることになるので、どうしてもニオイや音というのは伝わりやすいんですね。

特に料理のニオイが気になる方は多いのではないでしょうか。

魚や肉を焼いた時のニオイというのは結構気になりますよね。

 

そのため、リビング階段にするならキッチンはある程度リビング階段から離した上で、換気扇も換気量が大きいものを選びたいですね。

また1階、2階とも風が抜けるように窓を配置しておくのも効果的です。

家を建てるなら必ず知っておきたい窓の話

 

大人になった時に気になる可能性も

リビング階段にした場合、お子さんが小さい時はいいですが、お子さんが大学生から社会人になってくると「リビング階段はちょっと微妙」と思い始める事が多くなります。

まぁ大人ですから毎回毎回顔を合わせなくてもと思う訳ですね。

確かに大きくなってから友達を呼んだとして毎回リビングを通らないとけないというのも少し気を使う可能性もあります。

このあたりはどのような親子関係で育ったかというのもありますし、大人になったら家から出て自立してもらうという方針の家もありますので、人によってはデメリットに感じるかどうか違いが出やすい部分でもあります。

 

来客とも顔を合わせやすい

もうひとつ、意外に住んでみるまで気付かないリビング階段のデメリットを1つご紹介しておきます。

リビング階段の家は家族がリビングに集まる事が多いですし、お客さんやお子さんの友達もリビングに居たり通ったりする事になります。

言ってみれば、リビングに全ての人が集まったり通ったりする訳ですね。

 

そうなってくると、リビングが汚いとちょっと締まらない家になってしまいます。

そのためリビング階段の家はリビングをいつも奇麗にしておかないと、締まりのない家になってしまいやすいんですね。

おしゃれなリビングにするための収納術。片付く部屋にする方法をご紹介します。

 

また、休日にパジャマのままリビングでゴロゴロしていて、子供の友達が「こんにちは」と遊びに来ると、ちょっと気まずいですよね。

子供たちが子供部屋にすぐ行ったとしても、リビングでゴロゴロしている姿を見られてしまうのは気持ちいいことではありません。

何かだらしないお父さんに見られてしまうことも・・。

 

そのため、誰か来る事があるのかどうかを確認するとか休みの日もある程度身だしなみを整えるなど、ダラ〜とした感じではなく多少緊張感を持って生活する必要が出てきます。

この辺りがストレスになるのか、それともメリハリがつくので逆に良いのか。(ダラッとするのは寝室だけにするなど)

リビング階段にする場合はこのあたりも重要なポイントなんですね。

迷ったらこんなリビング階段も

リビング階段間取り

リビング階段と一言で言っても、リビングのど真ん中に階段がある家もあれば、リビングのスミッコに階段がある場合もあります。リビングに階段があるのでリビング階段の家ですが、同じリビング階段の家でも階段の位置によって家の印象はかなり違ってきます。

 

そのため、もし「何となくリビング階段がいいかなぁ」とか「リビングでゆっくりしたいなぁ」と思うのであれば、玄関に近くてリビングの隅っこの辺りをとおるリビング階段にするという方法もあります。(上の図参照)

リビングの隅っこに階段があると、リビング階段のメリットは受けつつも、リビング階段のデメリットもかなり減らせます。

リビングのど真ん中を通らないので、プライベート感のある落ち着いたリビングになるんですね。

お子さんが帰ってきた時に顔をちらっと見る事はできますが、友達が来た時なんかはそこまで気にしなくても大丈夫という訳です。

このように、落ち着いたリビングにするならリビングの隅っこに階段を持ってくるのを検討してみるのも1つの方法と言えます。

どうしてもリビング階段の寒さが気になる方へ

ここまでリビング階段のメリット、デメリットなど様々なことをみてきましたが、最後に、どうしてもリビング階段の寒さが気になる場合の方法についてみてみましょう。

リビング階段の寒さがどうしても気になる。

そのような場合は階段に扉を付けてしまうという方法があります。

階段の扉

Photo:http://blog.livedoor.jp/shokenhirakata/archives/8956095.html

リビング階段に扉をつけることで、寒い時期だけ閉めてしまい寒さを和らげるという方法ですね。

階段に扉がつくため部屋の体積は少なくなり部屋も暖まりやすくなります。

このように、リビング階段に扉を付けておいて、通常は開け放し。

冷暖房の効率が気になる時だけ閉めるられるようにしておけば、リビング階段で寒いという事は避けられるようになるんですね。

 

この場合のポイントとしては、扉は引き戸。

できればハイドアにしておくのがオススメです。

 

人がよく通る場所なのでドアだと開け閉めする場合に人にぶつかりやすいため危険なのと、冬以外の時期は開けっ放しにするので引き戸の方が使い勝手がいいんですね。

また、開け放していることも多いため、できるかぎり扉の存在感を消してしまうのもリビングの見た目を考えると大切なポイント。

そのため、できる限り扉の存在感を消すことができるハイドアを選ぶのが正解となってきます。

引き戸とドアのメリットとデメリットと後悔しない使い方

部屋がスッキリ見える!ハイドアの驚くべき効果を検証します

オシャレに見える家とオシャレに見えない家の違いって何?

 

また、可能であれば扉を開けてすぐ階段ではなく、扉と階段の間に50㎝ほどのスペースを設けることができればベスト。

このスペースがあるかどうかで扉の開けやすさ、階段の上り下りのしやすさが変わってくるんですね。(ケースによってはこのスペースを取ることで間取りの他の部分にしわ寄せが来る場合があるので、間取り全体のバランスを見ながら調整したいですね)

 

その他、もしリビング階段にした後に寒さを感じた場合はロールスクリーンやカーテンなどで階段とリビングを区切るという方法もあります。

 

最後に、同じリビング階段でも2階リビングにした場合のリビング階段というケースもあります。

暖かい空気は下へ流れて行くので、2階リビングのリビング階段は寒さを感じやすいんですね。

その場合、このように階段に腰高の引き戸を取り付けてしまう方法もあります。

階段 扉

Photo:https://blog.goo.ne.jp/akatuki-design/e/aacbca415cf2a20d3334ae557853af16

腰高の引き戸なので圧迫感はありませんし、暖かい空気が下へ降りるのを防いでくれるのでかなり重宝します。

かなりオープンな階段で無い限り引き戸は取り付けられるので、私の場合は2階リビングの標準装備にしています。

まとめ

今回はリビング階段についてメリットとデメリットを見てきました。

リビング階段にする時の何よりのポイントは、断熱、気密性能の良い会社で家を建てる事。

次に生活スタイルに合うかどうか考えてみる事。

この2点がとても大事なポイントとなります。

 

その上でリビング階段に期待するコトと、リビング階段で心配なコト。

リビング階段という一言で区切らず、上手くアレンジしてあなた仕様の階段にする方法もあるんですね。

 

ちなみに私は、カッコいい階段をリビングに造りたい派です。

(建築士というのは大体カッコいい階段を造りたがるものなので、よく見える所に階段を造りたくなるんですね。笑)

階段次第で家での生活は変わってきます。

ぜひあなたに合う階段をつくって快適な生活を送ってくださいね。

では。

 

リビングについてはこちらも参考にしてください。

【保存版】2階リビングのメリット、デメリットをまとめました

2階リビングやロフトをつくるなら知っておきたい断熱の話

2階リビングで迷った時に答えを出す方法

おしゃれなリビングにするための収納術。片付く部屋にする方法をご紹介します。

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

建築士が教える今日の問題解決

リビング階段をつくる時のポイントって何?

  • リビング階段をつくるなら、断熱、気密性能の高い会社で家を建てる。
  • 自分たちの生活スタイルの合うかどうかを考えてみるのが重要。
  • 同じリビング階段でも、階段の位置次第で生活スタイルが変わってくる。