O型建築士

床面積と施工面積ではどっちが重要?数字に惑わされない家づくりの方法をお伝えします

家づくりでは色んな専門用語が出てきますが、その中でも必ず頭に入れておきたいのが「床面積」と「施工面積」の違いについて。 どちらも家の大きさを表す用語ですが、この2つは混合しやすく、またどういう物なのか頭に入っていないと家づくりに思わぬ影響が出てしまうことがあります。 実は「割高な家を建ててしまった」なんてことにもなりかねない重要な数字となんですね。 そこで今回は、床面積と施工面積とはどういう物なのか実例を見ながら、適正価格で家を建てる方法について見ていきましょう。 これから家づくりを始める方、家づくり中の ...

あなたは良い家が建てられる人?建てられない人?家づくりでとても大切なたった1つの事

「地域の工務店で家を建てる予定です。建築予定地もその工務店と近いので、できるだけ良い関係を築きながら家を建てたいと思っています。工務店と良い関係を築く方法などがあれば記事にしていただけるとありがたいです」 読者の方からこのようなリクエストをもらいました。 良い関係を築いて家を建てるという考え方はとても素敵ですね。 また、考え方という点だけではなく、実は良い家を建てるには工務店やビルダーと良い関係を築くというのが1番の近道となります。 では、どうして工務店と良い関係を築くのが大切なのでしょうか?また、実際に ...

家を建てる人が知らない耐震等級1の不都合な話

「『地震が来てもあなたの家は大丈夫?家の耐震性能について知っておきたいこと』という記事を読ませてもらいました。今、家の打ち合わせをしているのですが耐震等級について聞くと耐震等級1が標準仕様という説明を受けました。耐震等級1では家は建てない方が良いのでしょうか?」 家の耐震性能についての記事を読んでくれた読者さんから、このような質問をもらいました。   耐震等級については、「できれば耐震等級3、最低でも耐震等級2」というお話をさせていただきましたが、実は耐震等級1を避けるのには大きな理由があります ...

地震が来てもあなたの家は大丈夫?家の耐震性能について知っておきたいこと

ここ最近、家の「耐震性能」についての相談を読者さんからよくもらいます。 日本は地震が多い国なので、大きな地震が来た時に家や家族を守ることができるかというのはやはり気になるもの。 そしてそんな家の耐震性能を見る時に注目したいのが家の「耐震等級」です。   「耐震等級」というのは簡単に言うと、地震に対する家の強さを数字で表したものになります。 耐震等級を見ることで家の耐震性能が分かるようになるんですね。 そこで今回は、家を建てる時はどれくらいの耐震等級を目指せば良いのかをちょっとした裏話を含めながら ...

家の24時間換気はどれを選べばいい?ベストな24時間換気の選び方

「家を建てるのに24時間換気をどうするかで迷っています。家の換気に何を使えばいいか記事にしてもらえないでしょうか?」 このような質問を読者の方からもらいました。 家を建てる場合、家の中の空気を換気する必要がありますが、その換気方法をどうするかで迷われているという訳ですね。 このような換気の質問を意外ともらうことも多く、特に家の性能が気になるという方にとっては24時間換気に何を使うかというのは避けて通れない部分となってきます。 そこで今回は、家の24時間換気のベストな選び方について見ていきたいと思います。 ...

廊下のない間取りにするための5つのポイント

「廊下のない間取りにしたいんですが、なかなか上手くいきません。廊下のない間取りにするためのアドバイスをもらえないでしょうか?」 読者さんよりこのような質問をもらいました。 確かに廊下が多い間取りだと、ムダなスペースが多くてもったいない感じがしますよね。 限られた家の面積の中で廊下が占める割合が多いとその分他の部屋の広さにしわ寄せがいってしまい、個室やLDKといった部屋の広さを思うように取れなくなってしまう原因にもなります。   そこで今回は、ムダな部分となる廊下が少ない間取りにするためのポイント ...

家を建てる時に参考になるおススメの本11選、2020年版

「家づくりをする時に読んでおくと良い本などありませんか?」 読者さんからこのような質問をもらいました。   家を建てるのは一生に一度くらいしかない方がほとんどなので知らない事ばかりの連続です。 そのため、あらかじめ本を読んで勉強しておくのはとてもいい事ですね。 ただ、家づくりの本と言うのも沢山あり、どれを読めばいいか迷ってしまうのも事実です。   そこで今回は、私が実際に読んで家づくりの参考になると思った良書をご紹介したいと思います。 家づくりでどんな本を読めば良いか迷っている方はぜひ ...

あなたの間取りは大丈夫?日々の暮らしを左右する壁と窓の話

今回のテーマは家の壁と窓について。 家の中は壁と窓、そして建具の連続で構成されていますが、壁と窓のバランスというのは家の見た目でなく住み心地にも影響してきます。 たとえば壁が多すぎると圧迫感を感じやすくなり、反対に壁を少なくしたり窓を大きく配置すると開放感が出てきますが、壁が少な過ぎて生活に不便をきたすなんてことも。 今日はそんな日々の暮らしを左右する壁と窓の関係について見ていきたいと思います。 それではどうぞご覧ください。

コロナ以降の家づくりで増えた5つのこと

コロナウイルスによる緊急事態宣言以降、いろんな生活のスタイルが変わってきたという方も多いのではないでしょうか? そして、そんなコロナは家づくりにも影響があり、家の打合せでも価値観の変化やニーズの変化というものが出てきています。 今回はそんなコロナ以降、家づくりでどのような変化が出てきたか、またどんな間取りの要望が増えてきているのか見ていきたいと思います。 家に帰ってきてすぐに手を洗えるようにしたい 最近の家づくりの要望で増えているのが「家に帰ってきてすぐに手を洗えるようにしたい」という要望です。 家に帰っ ...

ハイサイドライトってどんな窓?失敗しないハイサイドライトの使い方

「ハイサイドライトを付ける予定なのですが、あまりカッコよく無くてなかなか思うような部屋になりません。ハイサイドライトを上手く付ける方法があれば教えてもらえないでしょうか?」 このような質問を読者の方からもらいました。 ハイサイドライトとは別名で「高窓」とも呼ばれ、部屋の高い位置に付けた窓のことをハイサイドライトと言います。 ハイサイドライトは窓を高い位置に付けることでメリットも大きくなるのですが、その分だけ使い方も難しい窓で、読者さんのようにイマイチ上手く窓が付かないというケースもよく見られます。 では、 ...

Copyright © BUILD WORKS , All Rights Reserved.