建築士が教える家づくりの本音の話 間取りでお悩みの方はコチラ

間取りが上手く行かないのはゾーニングが原因かもしれません

2017年10月10日

間取りの打合せを多くしているけども、いまいちシックリくる間取りにならない。

そんな経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

また、これから家づくりをされる方は、このように間取りがシックリこないケースはできるだけ避けたいと思われるのではないでしょうか。

 

それだけ間取りがシックリくるかどうかは、家づくりで気になるポイントですね。

今回は間取りがなかなか上手く行かない事例を元に、どうすれば簡単に間取りを修正することができるのかというお話をしたいと思います。

間取りが気になる方はぜひご覧ください。

ゾーニングって何?

architect-569361_640

まず最初に、あなたはゾーニングという言葉をご存知でしょうか?

ゾーニングとは、敷地の特性やメリットとデメリットを読み取った上で、家の配置や家の各部屋をどの辺りに持ってくるかを最初に想定する作業のことを言います。

私たち建築士もいきなり間取りを描いていく訳ではなく、まずはこのようなゾーニングを行ってから家の具体的な間取りを造る作業に入っていくんですね。

 

実は、このゾーニングという作業はとても重要で、ここで間違えてしまったり変なゾーニングにしてしまうと後々大変になってしまうんです。

 

例えば、敷地の中で日当りも良く心地いい場所にLDKを持ってくることが多いですが、その場所をゾーニングの段階で見誤ってしまうと微妙なLDKになってしまったり日があまり当たらなくて暗いLDKになってしまう可能性がとても高まってしまうんですね。

敷地の活かし方を最初の段階で間違えてしまっているので、せっかくのLDKの居心地が悪くなってしまう原因となってしまっています。

 

最初のゾーニング次第で家の居心地は決まってくるので、間取りづくりではゾーニングはかなり重要な役割を持っているんですね。

間取りが迷走しはじめたら

迷走

では次に、先ほどのゾーニングを踏まえながら間取りが上手く行かない時に起こりがちなケースを見てみましょう。

 

間取りが上手く行かない時に一番多いケースとしては、ゾーニングがあまり良くない間取りが最初に提案され、その間取りから変更、変更を加えているケースです。

最初の間取りがシックリこないのでイロイロと手を加えてシックリくる間取りにしようとしても、イマイチ上手いこと間取りがまとまってくれないんですね。

 

その敷地に造るべき家の形や部屋の配置がおかしいので、少し手を入れるくらいではほとんど家に変化が起こらず、間取りはほとんど改善してくれません。

根本的なゾーニングが上手くいっていないのが、間取りがまとまらない原因となってしまっているんですね。

 

では、そんな状態になってしまった場合、どうするのが1番ベストなんでしょうか?

そのような場合、実はその間取りでアレコレ変更するよりも、一から間取りをやり直すのが一番ベストな方法です。

 

そうすることで間取りがおかしくなっている根本的な原因を取り除くことができるんですね。

シックリこない間取りを「ああだこうだ」と手を加えるよりも、実は話がまとまるのが早くなります。

間取りをやり直すことでムダな時間や労力、ストレスを軽減できるようになりるんですね。

 

これまで数多くの家を造ってきて思うことは、正解の間取りというのは、実はたった1つではないということです。

正解の間取りと言うのは、何十、何百と存在するんですね。

 

ただ、良い間取りに共通することがあります。

それは、正しいゾーニングから造られた間取りであるということです。

ゾーニングが正解であれば、あとの細かい部分が違っていても満足いく家ができあがるんですね。

(もちろん、ゾーニングもたった1つしか正解の無い土地もありますし、いくつもの正解がある土地もあります。正しいゾーニングの数は敷地次第で変わってくるんですね)

 

このように家の間取りにはゾーニングがとても重要です。

間取りがシックリ来ない場合はゾーニングが影響していることが多いので、もし間取りがしっくりこない場合は全体の配置計画から1度見直してみてはいかがでしょうか。

実は遠回りのように見えて、それが一番の近道かもしれませんよ。

まとめ

今回は、間取りをつくる時のゾーニングの重要性と、間取りが上手く行かない時の根本的な対処方法についてお伝えしました。

間取りを見る時はまず、家全体のゾーニングが正解かどうか見てみる。

これが正解の間取りにするための一番の近道なんですね。

では。

 

間取りについてはこちらも参考にしてください。

一軒家の間取りで失敗しないために気をつけたい7つチェックポイント

リビングの間取りを見る前に知っておきたい!代表的なリビングの間取り5選

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。間取り診断ではゾーニングの段階から間取りの検討を行っています。

行列ができる間取り診断

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】

建築士が教える今日の問題解決

家の間取りが上手く行かない原因て何?

  • ゾーニングが良いか悪いかで、間取りの善し悪しは決まってくる。
  • 間取りがシックリこない場合、一から間取りをやり直した方が上手くいくことが多い。

人気記事

1

「家を建てるのにブログを参考にさせてもらっています。1つずつ記事を読ませてもらっているのですが、家を建てる時のスタートから家が完成するまでの流れがまとまった記事を書いてもらえないでしょうか?」 読者さ ...

2

人生の一大イベントとなる家づくり。 せっかく家を建てるなら理想の家を建てたいと思いますし、少なくとも家づくりで失敗するのは避けたいですよね。   では、「家を建てたい」と思った時、まず何から ...

3

「キッチンを対面キッチンにしようと思うのですが、対面キッチンにも色んなキッチンがあるので迷ってしまいます。おすすめの対面キッチンがあれば教えてもらえないでしょうか?」 読者さんよりこのような質問をもら ...

4

土地を買って家を建てる場合、土地探しをして土地を見つける必要があります。 でも、土地は高価な上にめったに売買することがないので、失敗せずに土地を手に入れるのは大変。   そこで今回は、土地探 ...

5

以前、家の外観を良くするための窓の使い方についてご紹介しました。 →家の外観を良くする方法(窓の使い方編)   家の外観は窓の使い方でかなり見え方が変わってきますが、家の外観を良くするために ...

6

新築の家を建てるなら、オシャレな内装の家にしたいもの。 なにより新しい家の内装を考えるのは楽しいものですよね。 でも、実際にどうすれば部屋がオシャレに見えるのかあまりイメージがつかないという方も多いの ...

7

「家を建てるならできれば広々とした開放感のあるリビングにしたいと思っていたのですが、実際には予算や敷地の広さの関係でLDK全体で20帖くらいの広さとなってしまいそうです。LDKで20帖というのは広さ的 ...

8

こんにちは、O型建築士です。 家づくりをする時、「家づくりは間取りなども重要だけでも、家の性能も結構重要ですよ」というお話を時々してきました。 家の性能が悪いと、夏に暑くて冬に寒い家になってしまうから ...

9

「家づくりをしています。その中で家具やキッチンを造作で作りたいと思っているのですが、造作にする時のポイントや注意点があれば記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをいただき ...

10

「風通しが良くて明るい家に住みたい」 家を建てるほとんどの方は、このように思っているのではないでしょうか。 どうせ家を建てるなら、やはり明るくて風通しの良い家に住みたいですよね。   では、 ...

11

「部屋をオシャレにしたいけど、どんなふうにインテリアをコーディネートしたらいいか迷うなぁ。どんな家具や雑貨を置けばいいんだろう?」 このように思われる方も多いと思います。 部屋のレイアウトやコーディネ ...

-建築士が教える家づくりの本音の話, 間取りでお悩みの方はコチラ
-

Copyright © BUILD WORKS , All Rights Reserved.