あなたの家に自転車を置くスペースはありますか?

家をつくるとき、意外に忘れがちなのが自転車の置き場所。

駐車場は必要な台数だけ確保しますが、自転車を何台置くか想定していない事も多いんですね。

 

確かにわざわざ駐輪スペースをとらずに、「なんとなく余った場所に自転車を置く」。

こんな感じで自転車を止めるという方は多いのではないでしょうか。

でも、お子さんが小さい家庭では自転車は必要ないことも多いですが、子供が大きくなってくると移動手段として自転車はかなりの確率で必要となってきます。

さらには自転車の止め方ひとつで家の外観はかなり変わってきます。どんなにかっこいい家や外構をつくっても、自転車が無造作に置かれていたら何か締まらないですよね。

そこで今回は、自転車置き場のつくり方について詳しく見ていきましょう。

自転車のサイズってどれくらい?

Processed with VSCOcam with m4 preset

自転車のサイズってどのくらいあるのかご存知ですか?

家を設計するときは自転車1台につき「幅60センチ、長さ180センチ」のスペースを取るのが一般的です。

1台だとそんなに大きく感じないかも知れませんが、4人家族で1人1台の自転車があると、幅2m40センチほどのスペースが必要になってきます。

自転車って結構場所を取るんですね。

 

都市部だと自転車を置くスペースがあんまりなくて、ちょっとした隙間に詰め込んだり、道路にちょっとはみ出したりなんて事もよく見かけます。

ちょっとした隙間に置けるなら良いですが、道路に置くのは格好悪いですし盗難の恐れも高くなるので避けたいですね。

そうならないためにも、今はそれほど自転車を置くスペースがいらなくても、実際に自転車が必要になった時や増えた時にどの辺りに自転車を置くかは家の設計の段階で想定しておくのが大切になります。

自転車の天敵

bicycle-384566_640

自転車の天敵と言うと何でしょうか?

それは「雨」です。

 

自転車が濡れれば錆びていきますし、雨が止んだあとに自転車に乗ろうとしてもサドルがビショビショですね。

それだけ自転車にとって雨は天敵と言えます。

 

そのため、頻繁に自転車を使う場合や良い自転車に乗る場合はできるだけ雨がかからないところに自転車置き場をつくる。

これが重要になってきます。

 

その他に自転車を置く場合に気をつけたいのが車の駐車場です。

駐車場と自転車置き場が近かったり、自転車を止めるのに車のすぐ側を通る場合、自転車が車をこすって傷をつけてしまう場合があるんですね。

特にお子さんが小さい時なんかは、傷がつく可能性も高くなってしまいます。

そのため、自転車置き場と車が干渉しないように配置するのもポイントです。

 

駐車場が家のアプローチになりやすい旗竿地なんかは特に要注意ですね。

旗竿地って何?旗竿地を買う前に注意したい3つのポイント

自転車を雨から守る方法

自転車置き場

自転車を雨から守る方法は、大きく分けて3つあります。

1つは家の軒や庇を大きく出してあげて、その下に自転車を置くという方法。

もう1つは、外構工事で屋根付きのサイクルポートをつくってあげる方法。

そして最後が家の中に自転車を収納するスペースを作るという方法です。

 

例えば1つめの軒を作る場合はこんな感じです。

大屋根

Photo:http://www.hanabusa-sekkei.jp/blog/2014/12/post-380.html

軒がこれくらいあれば自転車を置いてあげるのも楽ですね。

家の軒を延ばすので雨に濡れずに自転車まで辿りつくことができます。

 

次に、自転車用の庇をつけてあげるとこんな感じです。

庇と自転車

Photo:http://fevecasa.com/materials/8979/

これならちょっとした場所しか無くても、自転車置き場をつくれそうですね。

ただ庇だと、雨の日に横風が吹くと自転車が濡れてしまうのはデメリットと言えます。

また、この場合は野暮ったくならないように庇はシャープに作るのがポイントになります。

 

一方、外構でサイクルポートをつくるとこんな感じです。

リクシルサイクルポート

サイクルポートは色んな形があるので、家のデザインにあったサイクルポートを選びたいですね。

その他には大きなカーポートを作って一部を自転車置き場にするという方法もあります。

 

 

最近では高級な自転車も多いので、広い玄関土間をつくってそこに自転車を置く人も増えています。

こんな感じですね。

http://www.d-center.jp/like/likehouse01/

このように自転車を家の中に置く場合のポイントとしては、自転車をいかにスムーズに出し入れできるかどうかということ。

自転車置き場まで何度も切り返しが必要な場合などは壁に自転車のタイヤをぶつけてしまう可能性が高くなり、壁紙が黒く汚れてしまうケースが多いんですね。

特に土間収納やシューズクロークといった収納内に自転車を置く場合は何度も切り返す必要が出てくることも多いので、いっそのこと土間を広くとって自転車は土間に置いてしまうのも1つの方法と言えます。

シューズクロークで失敗しないために絶対に知っておきたい5つのこと

 

このように自転車を雨から守る方法はいろいろあります。

自転車をどのように止めて置くのがあなたにとってベストなのか。

また、自転車置き場に屋根を付けるのは意外に費用が必要となってくるので、全体の予算の中からどれだけ自転車置き場に予算を使うのかも踏まえながら自転車置き場を決めたいですね。

まとめ

今回は、意外に忘れがちな自転車置き場について詳しく見てきました。

 

自転車は意外に場所を取りますし、自転車をどんな風に置くかで家の見た目は変わってきます。

さらには、今は誰も自転車に乗っていなくても、お子さんがいれば将来必ず自転車に乗るようになります。

そのため家の設計段階で、何台の自転車をどこに置くか想定しておく事が重要なんですね。

 

自転車は便利な乗り物ですが、置き場所も必要になる物です。

あなたも将来、自転車置き場に悩まされない家づくりをしてくださいね。

では。

 

駐車場についてはこちらも参考にしてください。

家を建てるなら知っておきたい車の駐車方法

その車、ほんとに家の敷地に駐車できますか?

庭についてはこちらも参考にしてください。

外構のデザインで家の外観は驚くほど変わります

外構(庭)の打合せはいつ頃すればいい?

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

建築士が教える今日の問題解決

自転車置き場で注意する事って何?

  • 自転車は1台につき「60㎝ × 180㎝」スペースが必要。
  • 自転車の天敵は雨。
  • できれば、雨に濡れないような自転車置き場をつくるのがベスト。
  • 家の設計段階で将来の自転車置き場を想定して置く。