間取りでお悩みの方はコチラ 外観が気になる方はコチラ 仕様や設備、性能が気になる方はコチラ

家の外観をオシャレにする方法【バルコニーの使い方編】

2018年11月8日

家に帰ってきた時にまず目に入ってくるのが家の外観。

家の外観が素敵だと家に帰ってくるのが楽しくなりますし、同じ家を建てるのなら少しでも家がオシャレに見える方がいいですよね。

 

このように家づくりの中でも大きなウェートを占める外観ですが、外観を変えてしまうと間取りも影響してくるので、実は外観を整えるというのは意外と難しいもの。

そこで注目したいのが「家のバルコニー」

バルコニーを変えることで家の外観を大きく変えることができますし、バルコニーを変えても間取りにはほとんど影響してこないというのも大きなメリットになります。

そこで今回は外観の中でもバルコニーにスポットを当てて、バルコニーの作り方次第で外観がどのように変わるか見ていきたいと思います。

家の外観が気になる方はぜひご覧ください。

家の外観とバルコニー

家の外観の中でも大きな影響力を持っているバルコニー。

家の外観を決める大きな要素として、「家の形」、「窓」、「色と素材」の3つの要素がありますが、バルコニーは「家の形」にも影響してきますし、バルコニーに出るための「窓」、バルコニーをどういう「素材」で作るかというように、家の外観を決める要素がたくさん入っているんですね。

そのため、外観を整えるためにはバルコニーは重要な役割を果たしてくれます。

 

では、バルコニー次第で家はどのように変わるのでしょうか?

バルコニーを使った外観の具体例を見てみましょう。

 

一般的なバルコニー

バルコニーを普通に作った場合、だいたい下の絵のような外観になることがほとんどです。

よく見かけるような一般的な外観ですね。

ちなみに、上の絵は上下階で窓を揃えていますが、バルコニー部分の窓がバラバラになると家の外観に結構影響してきます。

こんな感じですね。

まずはバルコニーを使った大前提として、窓が不揃いになると何だかゴチャゴチャした印象を受けてしまい外観を整える難易度が大きく上がってしまうので、できる限りバルコニーの上下階の窓は合わせた方が外観は整いやすくなります。

家の外観を良くする方法(窓の使い方編)

 

では、以上を踏まえた上でバルコニーを見ていきましょう。

水平ラインを整えたバルコニー

上の外観は最初の外観に少しだけ手を加えた家となっています。

最初の外観よりも少しモダンな印象を受けますが、家のどこが変わったのでしょうか?

2つの家を並べて見ましょう。

こうすると何処が変わったか一目瞭然。

窓のサイズとバルコニーの大きさが変わっているんですね。

窓とバルコニーを上下に大きくして無駄な水平ラインを減らすことで、家がモダンな印象に変わるようになります。

 

この場合、手を加えているのが窓のサイズとバルコニーの作り方を少し変えているだけなので間取りに影響することもないので、比較的簡単に家の外観にモダンな要素をプラスすることができます。

(注意点としては、バルコニー下の窓にシャッターは付けられなくなるので、最低でも防犯ガラスする必要があります)

透明ガラスと型ガラスを効果的に使って家を快適にする方法

 

家はどれだけ無駄なラインを消せるかでオシャレに見えるかどうか違ってきますが、これを知ってるだけでも家の外観を変えることができるんですね。

オシャレに見える家とオシャレに見えない家の違いって何?

 

それでは次のバルコニーに行ってみましょう。

バルコニーの素材を変える

バルコニーは外観の中でもよく目立つ部分なので、素材を変えるという方法も家の外観には効果的です。

普通のバルコニーの場合は他の外壁と同じ素材で作るので、外壁の素材によってはバルコニーが重たく見えることもあるからなんですね。

では、まずはバルコニーに軽さを出す方法について見ていきたいと思います。

 

バルコニーに軽さを出す

バルコニーに軽さを出す場合に一番効果的なのが、バルコニーの壁をスチールや強化ガラスなどを使って壁を無くしてしまうという方法です。

上の画像は先ほどの手すりをスチールの物に変えた絵になりますが、バルコニーの腰壁が壁だった時と比べると軽さが出ているのが分かります。

このようにバルコニーに軽さを出す場合は特にバルコニーの面積が広い時に効果大です。

バルコニーの重さが無くなり、家が劇的に綺麗に見えるようになります。

バルコニーに軽さが出ることで外観のバランスが良くなるんですね。

 

また、先ほどご紹介した水平ラインを整える方法を使うことで、モダンな印象をより強く出すこともできます。

また、上の例では横長のスチールの手すりを使っていますが、縦を強調した手すりにして雰囲気を変えたり、スチールではなく強化ガラスで手すりを作るという方法もあります。

最近のマンションでもバルコニーの壁に透明な素材を使っている所が多くありますが、光をより多く家の中に入れるだけでなく、マンションという見た目の重たい建物の外観に軽さを出し、外観全体のバランスを整える効果を担っているんですね。

このように、モダンな雰囲気を出したり外観を綺麗に見せるためにはバルコニーの見た目を軽くするというのはとても効果的です。

 

ここまではモダンな印象の外観について見てきましたが、では次にナチュラルな雰囲気の外観例について見てみましょう。

 

バルコニーでナチュラル感を出す

ナチュラル感を出すのに重要なのが、バルコニーを優しい雰囲気にするということです。

そんな雰囲気を作るのに効果的なのが「木」を使うという方法。

バルコニーに木を使うことで色味だけでなく素材感も柔らかくなり、外観がナチュラルな雰囲気の家に早変わりするんですね。

木を家全体に使うとログハウスのようなイメージになりがちですが、バルコニーくらいの面積であればちょうど良いバランス感になってくれます。

ちなみに、水平ラインを整えるとこのような感じに。

先ほどのナチュラルな印象の家から、どちらかと言うとナチュラルモダンな雰囲気の外観に変わります。

細部を変えることで、いろんな雰囲気の家にできるのも木を使ったバルコニーの特徴です。

 

一方、このようにバルコニーに木を使うのは外観のアクセントとして効果的ですが、布団が干しにくいなどの注意点も出てきます。

そのため、本物の木ではなく木目調のサイディングを使うと言う方法もあります。

その場合、できるだけ良いサイディングを使うのがベストです。

(サイディングは厚みが増すほど表情がでるようになるので)

木の偽物感が強く出てしまうと一気に安っぽく見えてしまうので、できれば実物を使った家の画像を確認するなど、本物の木の質感に近いかどうか必ず確認しておきたいですね。

サイディング外壁の張り分けをする際に知っておきたい5つのポイント

まとめ

今回は家の外観を整える方法について、バルコニーに注目しながら見てきました。

バルコニーというのは家の外観の中でもかなり大きな影響力を持っています。

特に南側道路の土地などバルコニーが道路から見えやすい家の場合は、バルコニーを上手く使いながら外観をオシャレにしたいですね。

 

何か外観が物足りないという場合は「家の形」、「窓」、「色と素材」のどれかのバランスが崩れている場合がよくあります。

外観に手を加える場合は間取りにも影響が出てしまうことが多いですが、バルコニーは間取りに手を加えずに外観を変えられるというのは大きな魅力です。

今回の内容を参考にしながら、バルコニーがどのような形になっているかも意識してみると、よりあなたに合った家の外観にすることができますよ。

ぜひ素敵な外観の家にして、帰ってくるのが楽しみな家にしてくださいね。

では。

 

外観についてはこちらも参考にしてください。

新築の家を建てるなら気をつけたい外観の話

家の外観を良くするために知っておきたいこと

外壁の失敗例から学ぶ、絶対に知っておきたい外壁材5選

片流れ屋根はどうすればオシャレにできる?片流れ屋根の特徴と効果的な使い方を建築士が解説します

屋根の形状次第で、家の外観はかなり変わるんです。

家の外観が気になるなら知っておきたい「雨樋」の話

外構のデザインで家の外観は驚くほど変わる

暮らしやすい玄関ポーチのつくり方。家の外観も高級感が出ます。

家の外観ですごく気になること(下屋編)

黒い外壁の家にする時に必ず知っておきたい4つのポイント

四角い家の外観はどうすればオシャレに見える?四角い家を作る時の5つのポイント

モダンな外観の家にするために知っておきたいポイントを建築士が解説します

南欧風(プロバンス風)の家にするなら必ず知っておきたい10のポイント

切妻屋根をオシャレに見せるために知っておきたい3つのこと

バルコニーが気になる方はこちらを参考にしてください。

家にバルコニー(ベランダ)は必要?バルコニーをつくる時に注意したい5つのこと

あなたの間取りは大丈夫?洗濯の家事動線を考えたバルコニー

バルコニーの手すり次第で布団の干しやすさは変わります

広いバルコニーや屋上を有効活用する方法

ルーフバルコニーのメリット、デメリットと活用するルーフバルコニーにする方法

窓についてはこちらもどうぞ

家の光や風を左右する!家を建てるなら知っておきたい窓の話

窓で失敗しないために知っておきたい3つのポイント

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】

注文住宅を建てる前に必ず知っておきたい!注文住宅のメリットとデメリット

建築士が教える今日の問題解決

バルコニーを使って家の外観をオシャレにするにはどうすればいい?

  • 水平ラインを整えると、家の外観が変わる。
  • バルコニーに軽さを出すと、家がモダンになる。
  • バルコニーに木を使うと、ナチュラルな雰囲気の家に変わる。

人気記事

1

「家を建てるのにブログを参考にさせてもらっています。1つずつ記事を読ませてもらっているのですが、家を建てる時のスタートから家が完成するまでの流れがまとまった記事を書いてもらえないでしょうか?」 読者さ ...

2

人生の一大イベントとなる家づくり。 せっかく家を建てるなら理想の家を建てたいと思いますし、少なくとも家づくりで失敗するのは避けたいですよね。   では、「家を建てたい」と思った時、まず何から ...

3

「キッチンを対面キッチンにしようと思うのですが、対面キッチンにも色んなキッチンがあるので迷ってしまいます。おすすめの対面キッチンがあれば教えてもらえないでしょうか?」 読者さんよりこのような質問をもら ...

4

土地を買って家を建てる場合、土地探しをして土地を見つける必要があります。 でも、土地は高価な上にめったに売買することがないので、失敗せずに土地を手に入れるのは大変。   そこで今回は、土地探 ...

5

以前、家の外観を良くするための窓の使い方についてご紹介しました。 →家の外観を良くする方法(窓の使い方編)   家の外観は窓の使い方でかなり見え方が変わってきますが、家の外観を良くするために ...

6

新築の家を建てるなら、オシャレな内装の家にしたいもの。 なにより新しい家の内装を考えるのは楽しいものですよね。 でも、実際にどうすれば部屋がオシャレに見えるのかあまりイメージがつかないという方も多いの ...

7

「家を建てるならできれば広々とした開放感のあるリビングにしたいと思っていたのですが、実際には予算や敷地の広さの関係でLDK全体で20帖くらいの広さとなってしまいそうです。LDKで20帖というのは広さ的 ...

8

こんにちは、O型建築士です。 家づくりをする時、「家づくりは間取りなども重要だけでも、家の性能も結構重要ですよ」というお話を時々してきました。 家の性能が悪いと、夏に暑くて冬に寒い家になってしまうから ...

9

「家づくりをしています。その中で家具やキッチンを造作で作りたいと思っているのですが、造作にする時のポイントや注意点があれば記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをいただき ...

10

「風通しが良くて明るい家に住みたい」 家を建てるほとんどの方は、このように思っているのではないでしょうか。 どうせ家を建てるなら、やはり明るくて風通しの良い家に住みたいですよね。   では、 ...

11

「部屋をオシャレにしたいけど、どんなふうにインテリアをコーディネートしたらいいか迷うなぁ。どんな家具や雑貨を置けばいいんだろう?」 このように思われる方も多いと思います。 部屋のレイアウトやコーディネ ...

-間取りでお悩みの方はコチラ, 外観が気になる方はコチラ, 仕様や設備、性能が気になる方はコチラ
-,

Copyright © BUILD WORKS , All Rights Reserved.