新築の家を建てるなら絶対に押さえておきたい外観の話

家アイキャッチ

「新築で家を建てるなら外観もカッコ良くしたい」、「どこにでもある普通の外観だけにはしたくない」、「家の外観はシンプルで良いけど飽きのこないものにしたい」など、家の外観について気になる人は多いと思います。

私たち建築士も外観は家の見栄えを決める重要な要素なので、外観にはかなり力をいれる場所です。

そんな重要なポイントである外観で失敗をしないために、必ず気をつけておかないといけないポイントを今回はお伝えします。

新築の家の外観を決める要素

家のイノベーション

新築の家の外観を決める要素。それは大きく分けて3つあります。

「家の形」、「窓の配置」、「色と素材」の3つです。

この3つをバランスよく整えていく事で、家の外観はつくられていきます。

 

今回は、新築の家の外観で失敗しないために気をつける事がテーマです。

「家の形」は間取りによって左右される要素があるので、今回はひとまず置いておきます。

 

次の「窓の配置」。これはどんな新築の家でも必ず必要なものです。

そして、「窓の配置」に外観を失敗しない秘訣が隠されています。

具体的な事例で見ていきましょう。

これを止めれば外観で失敗する可能性は少ない

かっこ悪い家

上の絵をご覧ください。この家には「引違い窓」という窓が多く使われています。

皆さんの家にも1つはあるんではないでしょうか?

2枚の窓を左右に動かして開ける窓のことです。

 

どうでしょうか?上の絵の家はカッコいいでしょうか?

 

はっきり言ってカッコ良くはないですね。家の形も良くはないですが、大きな原因は「引違い窓」を多用していることです。

そもそも「引違い窓」というのは、建売やローコストの家、さらには特に外観や性能を考えずに造った家で多く使われています。

 

その理由は3つあります。

 

まず第一に価格が安いと言う事。

さらに窓の面積はそこそこ取れるので光が入りやすいので使われる事。

そして、昔から日本ではよく使われてきたので、何も考えずに窓と言えば「引違い窓」という考え方をもった住宅会社が多い事があげられます。

 

このような理由から「引違い窓」が付いている家がとても増えました。

皆さんもまわりの家を一度見渡してみて下さい。

とりあえず「引違い窓」が付いている家が多いのではないでしょうか?

 

こうして「引違い窓」を多く使っている家=「建売の家」、「安っぽい家」という図式ができあがります。

そのような窓を安易に使えば使う程、カッコいい家とはほど遠くなってしまうのです。

 

さらに言えば、本来「引違い窓」は気密性が高い窓ではなく、風を家に取り込むのも苦手な窓です。

性能の事が分かっている人間であれば、人が出入りする最低限の場所にだけ使用するくらいで、「引違い窓」を多く使うことは絶対にしません。

ちなみに、私の会社でも「引違い窓」を使えば家の性能が下がる上にデザイン性も落ちるので、理由無く「引違い窓」を使わないように制限を設けているくらいです。

それでも「引違い窓」を使うのなら

それでも、予算の関係から「引違い窓」を使うケースが出てくると思います。

無印良品の家が引違い窓をうまく使っている好例となるので見てみましょう。

無印の家Photo:muji.net

この家では1階に3カ所、2階に1カ所「引違い窓」が使われています。

でもカッコいいですね。

その理由は、数を並べて大きなガラスのように見せていることにあります。さらに窓の高さも通常より高く取る事でより「引違い窓」という感じを消しています。実際、「引違い窓」を使っている感じはあまりしませんよね。

 

さらに、縦に長い家も「引違い窓」とは相性が良いです。こちらも無印良品の家を例に見てみましょう。

縦の家Photo:muji.net

もともと縦に細長い家は「引違い窓」と相性が良いのですが、こちらの家はあえてアンバランスに「引違い窓」を使う事で窓をデザインの一部にしています。

ちなみに、2階の窓は外に出るところが無いのに大きなサイズを使っています。

2階から落ちないように設置する高さを上げていますが、落ちないかどうかはギリギリといったところに感じます。そこまで攻めた配置をしたところにこだわりが感じられる「引違い窓」の使い方の好例といえます。

 

家の窓について、詳しくはこちらを参考にしてください。

家の光や風を左右する!家を建てるなら知っておきたい窓の話

外壁の色のポイント

type-autumn-color

Photo:http://www.cosme.net/html/spc/1310/type.html

外観を決める要素として最後の「色と素材」について見てみましょう。

特に外壁の色は家の外観の大枠が決まってから、アクセントとして個性を出す言わば化粧のようなものです。

 

外壁の色というのは白やベージュといったあたりの色味が人気ですが、外壁に使える色というのは結構たくさんあります。

また、外壁の色によっても特性があり、白い外壁の場合は光を反射させるので家のまわりも明るくする効果を持っています。

白い外壁のデメリットとしては、白の特性としてやはり汚れが目立ちやすい事が挙げられます。

特に幹線道路沿いなど汚れやほこりが多い地域では、窓に黒い雨だれができやすいので要注意です。

白い外壁にするなら、自浄作用がある外壁や汚れがつきにくい外壁を選びたいですね。

 

白とは反対に黒い外壁は落ち着いた雰囲気を出すことができるので、モダンな外観や和風の外観にしたい時に重宝する外壁材です。

ただ、黒は光を吸収してしまうので外壁が熱くなりやすいというデメリットもあります。

また、稀に暗く見えるなどの理由で近隣に黒い家が建つのを嫌がる人もいるので、黒い外壁でもまわりに影響がないかどうかは最初に見極めておきたいですね。

 

外壁の色で注意しておきたいのが緑色の外壁です。

緑色の外壁は新築のときはいいですが、時間が経って外壁が劣化して汚くなってくると苔やカビの色を連想させるので、特に塗り壁の時なんかはマメなメンテナンスが必要です。

 

外壁の素材についてはこちらの記事を参考にどうぞ。

外観の失敗例から学ぶ、絶対に知っておきたい外壁材5選

 

外壁の色分けのポイント

家の外壁は1色だけで統一している家もあれば、何色かの色を使っている場合もあります。

この外壁の色分けも、家の外観がカッコ良くなるのか、それとも微妙な外観の家になるのかを大きく左右します。

 

外壁に色を何色か使う場合、色の数はできれば2色、使っても3色までに抑えておくのがポイントです。

色が増えれば増える程、家の外観はまとまりが無くなってきてしまうからです。

 

さらに外壁の色分けは、大きく分けて2種類あります。

平面的な色分けと、凹凸を利用した色分けの2つです。

平面的な色分けはこんな感じです。

色分け

街中でよく見かけますよね。

 

一方、凹凸を利用した色分けはこんな感じです。

色分け3

こちらもよく見かけますね。

 

おすすめの色分けは断然、凹凸を利用した色分けです。

色の境界がはっきりしているので、奇麗に見えるからなんです。

 

反対に平面的な色分けはおすすめしません。

平面的な色分けの場合、最初は「せっかくだから外壁にいくつか色を使いたい」という理由で色分けする事が多いのですが、時間が経ってくると「何でここで色分けしたんだろう」と思うようになる事がとても多いんです。

それだけ、平面で色分けしていると無理に色分けをしていて不自然に見えてしまうんですね。

 

どうしても色分けしたいなら、壁をふかしたりして少しでも凹凸を付けた上で、色分けするのがポイントです。

ふかし壁とはこんな感じにちょっと出っ張らせた壁の事です。

ふかし壁

このようにあえて凹凸をつけることで、色分けが上手くまとまりやすくなるんですね。

 

まとめ

新築の外観について今回はお話しました。

新築の家の外観で失敗しないためには、まずは「窓」の使い方に注意をしてくださいね。

安易な「引違い窓」の使い方は、家の外観をカッコ悪くする原因となり、それだけで家の見た目は変わってきます。

どうしても目立つところに「引違い窓」を使う場合は、「引違い窓」のように見せないようにするのが家の外観をカッコよくするポイントです。

 

次に、外壁に使う色の数と色分けの仕方次第で家の外観はかなり変わってきます。

色分けするなら奇麗に見える場所で色を分けるのがオススメです。

 

外壁の色は、家を建てる人が自由に外壁の色を選べるのですが、何年か前に赤と白の「まことちゃんハウス」が問題になったように、ある程度は地域になじむ色にする必要がありますし、地域によっては奇抜な色を禁止している地域というのもあります。

日本ではバラバラな色味の家が乱立する事で町の景観を乱している部分があるので、できるだけ近隣に調和した外観を意識しながら、その上で、あなたの気に入った外観の家を目指すとすごく楽しいですね。

 

お気に入りの外観の家ができると、家に帰ってきた時に家が見えるだけでテンションが高くなりますよ(笑)

では。

 

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

外観が気になる人はこちらも参考にしてください。

家の外観を良くする方法(窓の使い方編)

家の外観を良くするために知っておきたいこと

外構のデザインで家の外観は驚くほど変わる

屋根の形状次第で、家の外観はかなり変わるんです。

家の外観ですごく気になること(下屋編)

家の外観が気になるなら知っておきたい「雨樋」の話

暮らしやすい玄関ポーチのつくり方。家の外観も高級感が出ます。

外観の失敗例から学ぶ、絶対に知っておきたい外壁材5選

「横すべり出し窓」を物凄く使っている四角い家を見つけました

家の光や風を左右する!家を建てるなら知っておきたい窓の話

こちらも家づくりの参考にしてください。

理想の家って何?私がブログを書き始めた理由

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

新築の家の外観で失敗しない方法は?

  • 家の外観を決める要素は「家の形」、「窓の配置」、「色と素材」の3つ。
  • 「窓の配置」では「引違い窓」を多用しないようにする。
  • 「引違い窓」を多用すると、安っぽい家のように見えやすい。
  • それでも「引違い窓」を使用する場合は、使い方やバランスに気をつける。
  • 外壁を色分けする場合、あまり多くの色を使うと外観にまとまりが無くなる。
  • 色分けは奇麗に色分けできる場所で区切るのがオススメです。