プロが教える、使いやすく雰囲気の良い玄関ポーチのつくり方

ポーチ

普段、何気なく使っている玄関ポーチ。

玄関ポーチを意識することはあまり無いのではないでしょうか?

 

でも実は、玄関ポーチのつくり方ひとつで、暮らしやすさや家の外観はかなり変わってきます。

やはり毎日使う所なので、玄関ポーチというのは結構重要なんですね。

そこで今回は、使いやすくて外観も高級感がでる玄関ポーチのつくり方をご紹介したいと思います。

それではどうぞご覧下さい。

一般的な玄関ポーチ

玄関ポーチ

玄関ポーチというと、上の図のような幅1m80㎝、奥行90㎝という1帖サイズの玄関ポーチが一般的です。

外用のタイルというのは1枚が30㎝角であることが多いので、30㎝でキレイに割り切れる1帖サイズが標準にするにはちょうど良いサイズなのと、1帖というキリのよいサイズであるのが大きな要因です。

建売住宅なんかはほとんどこのサイズですし、注文住宅でもこのサイズを基本にしている家が多くあります。

 

ただ、この1帖サイズの玄関ポーチ。

この1帖サイズが使いやすいかどうかと言うと、実はそういう訳でもないんです。

 

もう一度さっきの図面をよくご覧ください。

注意深く見てもらうと、玄関ドアを開いた時の軌跡が玄関ポーチギリギリになっているのが分かります。

玄関ポーチ

そうすると、1帖の玄関ポーチだと玄関ドアを開いただけで玄関ポーチの半分近くが使われる事になってしまいます。

来客があった時に玄関ドアを勢いよく開けると、お客さんが玄関ポーチから落っこちてしまうくらいの広さなんですね。

 

また、1帖の玄関ポーチだと玄関ポーチに手すりをつけるのも大変です。

あまり意識する事はありませんが、通常の玄関ポーチの高さは地面から35㎝〜40㎝くらい。

玄関ポーチは道路の近くにつくる事が多く、道路と10㎝ほど高低差があるだけで玄関ポーチの高さは50㎝を超えてきます。

 

50㎝と言うと椅子の座面の高さよりも高くなり、下手な落っこち方をするとちょっと怖いですね。

普通に怪我をしてしまう高さです。

 

じゃあ、落っこちないように玄関ポーチに手すりをつけようと思っても、1帖の玄関ポーチだと狭過ぎて手すりを付ける事ができない事があります。

ドアが手すりにぶつかってしまうんですね。

玄関ポーチの手すり

 

手すりをつけられたとしても、玄関ポーチ側面になんとかつけられるかなという感じで、かなり制限が出てしまいます。

 

手すりを例に挙げましたが、1帖の玄関ポーチっていうのは応用が利かないというか何と言うか、かなり使い勝手が悪いサイズなんです。(うちの会社も昔は1帖サイズを標準にしていましたが、あとあと使い勝手が悪くてトラブルが起こるケースもあったので標準をもっと広いサイズに変更しました)

そのため、駐車場や駐輪場に影響がなければ、奥行きは1m20㎝以上にするのがおすすめです。

広い玄関ポーチ

1m20㎝あれば手すりも問題なく付けられますし、ドアを開けてもゆとりが出てくるんですね。

何より玄関ポーチが広いと使いやすいですし、家の高級感が増すという効果も期待できます。

 

玄関ポーチに使うタイルにもよりますが、1帖の玄関ポーチで大体10万円ほど。

半分大きくしたとしても数万円なので、見た目と使い勝手の事を考えるとかなりコストパフォーマンスが高い投資と言えます。

皆さんも家の図面を見て玄関ポーチが1帖くらいの場合、家の敷地や間取りにもよりますが可能なら少し広げてみるのがおすすめです。

 

また、間取りによっては玄関ポーチに外部収納をくっつけるのもいいですね。(建具は造作でつくるのがポイントです。既製品をつかうと物置に見えてしまいます)

ゆとりがあるなら大きな観葉植物を玄関ドアの側に置いても家の印象は良くなります。

部屋がおしゃれになる観葉植物25選。おすすめのインテリアグリーンをご紹介します。

 

玄関ポーチの見せ方次第で、家の外観はかなり変わるんですね。

玄関ポーチの階段と素材

階段

玄関ポーチから地面までは35㎝から40㎝くらいと先ほどお伝えしました。

そのため、玄関ポーチから地面に降りるまでに階段も必要になってきます。

 

玄関ポーチの階段の目安として、1段18㎝以下。

できれば1段の高さが15㎝前後くらいでつくれれば、ゆとりのある階段になります。

 

特に、高齢者の方と同居する場合は、できるだけゆとりのある高さで設定するようにしておくと、使いやすい玄関になってくれます。

(階段の高さは最初から配慮してくれてる場合もありますが、意外にそこまで配慮する設計者は少ないです。ゆとりを持たせたい時は必ず設計者に伝えてくださいね)

 

また、玄関ポーチには一般的にタイルを使う事が多いですが、玄関ポーチに天然石を使ってあげると普通とはひと味変わった落ち着いた玄関にすることができます。

天然石を使うなら、見た目と一緒に外用の滑りにくいものや耐久性が高い物を選ぶのがオススメです。

家の外観にこだわりたいという方は、ぜひ一度検討してみてくださいね。

新築の家を建てるなら絶対に押さえておきたい外観の話

玄関ポーチの庇

玄関ポーチの上には、普通は雨に濡れないようにします。

そのため、玄関ポーチの上に庇が付いていることが多くあります。

 

その雨から守ってくれる庇ですが、庇はアルミなどの金属製のシャープな物から、造作でつくる庇までいくつか種類があります。

 

金額の面で言うと、造作でつくる庇が一番安くつくることができます。

造作の場合はこんな感じです。

造作庇

庇を造作でつくる場合、庇のデザインは様々です。

ちなみに薄く庇をつくるとこんな感じです。

hisasi

 

同じ造作の庇ですが、先ほどの造作の庇と比べると見た目の印象が大分違いますね。

モダンな家にしたいのに、大きな庇を付けてしまうと分厚く野暮ったい感じになるので注意が必要です。(反対に洋風の家なら大きな庇が似合います)

造作の庇はつくり方によって家の外観はかなり違ってくるので、庇のデザインはしっかり確認しておきたいですね。

 

次に、金属製の庇について見てみましょう。

金属製の庇は既製品の物もありますし造作で造る事もでき、金属製だからこそできるシャープさが売りになります。

ただ、金属製の庇は金額が高くなってしまう傾向があるので外観へのこだわりと予算次第と言った部分が大きなポイントになってきます。

金属庇

Photo:http://www.ykkap.co.jp/

また、庇をつけないで良いように玄関ポーチ部分だけ凹ませている家もよく見かけることがあります。

こんな感じですね。

奥まった家

この場合、できるだけ家のデザインにあった玄関ポーチになるようにしておきたいですね。

間取り次第で玄関ポーチの広さが決まってくるので、玄関ポーチを広くしたい時は間取りと相談になってきます。

 

最後に庇を造るときのマメ情報として、庇の軒裏に木を使ってあげても雰囲気が良くなります。

軒裏は雨に濡れる事があまりなく紫外線に当たる事も少ないので、木を使っても劣化を心配する必要がかなり減りますし、メンテナンスも比較的行いやすいので木が使いやすく、玄関の雰囲気を良くするのに一役買ってくれます。

まとめ

今回は玄関ポーチについてご紹介しました。

玄関ポーチは家族全員が毎日使う場所なんですが、意外に注目される事もないですし、最初に提案されたままで完成する事が多い場所です。

ですが、玄関ポーチは少し手を加えてあげるだけで劇的に使い勝手が良くなったり見栄えも良くなるので、玄関ポーチの事も少し意識してみると、よりあなたに合った家に一歩近づくことができるようになります。

ぜひあなたに合った素敵な玄関をつくってくださいね。

では。

 

玄関についてはこちらも参考にしてください。

汚れが目立たない玄関タイルって何色?建築士がお答えします

価値のある玄関のつくり方

広い玄関土間のある家ってどうなの?土間の使い方と3つの注意点

これで失敗しない!!玄関収納の位置とサイズの決め方

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

玄関ポーチをつくる時のポイントって何?

  • 玄関ポーチは1帖よりも広くつくる。
  • 玄関ポーチが広いと家に高級感が出てくる。
  • 階段は可能なら1段15㎝くらいに。
  • 素材はタイルがポピュラーだけども、天然石など素材で遊ぶと雰囲気が変わる。
  • 玄関庇の種類は予算に合わせて決めると良い。