家がコストアップする5つの要因とプラスα

money-168025_640

家づくりで切っても切れない関係となる、家と予算。

予算内で収めたいけれども、やりたい事が出てきて予算オーバーぎみという方も多いのではないでしょうか。

 

家づくりと予算を考えるとき、重要になってくるのが「何がコストアップ要因になっているのかを把握する」ということです。

コストアップの要因を把握することで、あまり重要でないことにコストが掛かっていたというのを避けることができるようになるんですね。

今回は、そんなコストアップの要因について解説したいと思います。

予算が気になる方はぜひご覧ください。

家を大きくつくる

大きい家

家のコストを一番大きく左右する要因を挙げると、やはり家の大きさが一番に挙げられます。

当たり前のことですが、家を大きくすればするほど家のコストは上がっていってしまうんですね。

 

1坪増えることで坪単価が丸々増えてしまうという訳ではありませんが、目安として坪単価の半分強くらいが1坪増えることにコストアップしていくことが多いです。

坪単価の計算方法とプロでも知らない注意点

 

そのため、家をつくるときに優先なのは家の大きさなのか。

それとも大きさより使い勝手が優先なのかという部分をあらかじめ考えておくと、ムダに大きな家でコストが上がるというのを防ぐことができます。

 

例えば、家の要望を伝える時に「家の大きさは40坪くらい」と伝えるとします。

そのような場合、実家の家の大きさや誰かの家が40坪だったからといった理由や、やはり家は40坪くらいある方がいいなど、何となくの感覚で家の大きさを伝えてしまうケースが多いのですが、実はこのような形で家の大きさを伝えるのはあまり得策ではありません。

理由は、40坪と言う縛りができることで40坪に合わせて間取りをつくることになり、場合によっては間取りが間延びしてしまうこともあるからなんですね。

家の大きさというのは要望を入れた結果であって、40坪の家を建てるのが目的という人はほとんどいないのではないでしょうか。

希望の家の大きさは聞かれやすい項目ですが、あくまで目安という点をしっかり伝えるのが重要なんですね。

 

また、部屋の大きさを伝える場合も、何かしらの理由があって〇〇帖欲しいという場合は別ですが、その他の場合はできれば〇〇坪で詳細は任せるというくらいの方が上手くいく場合が多いです。(置く家具が決まっている場合は、家具の大きさも伝えるのがポイントです)

優先順位を決めて、家の大きさや部屋の大きさはある程度はプロに任せてみる。

ムダに家を大きくしないようにする場合、かなり効果的な方法なんですね。

家の予算がオーバーしたときにぜひ試したい、1番効果的な方法をご紹介します

家の形を複雑にする

中庭アイキャッチ

家のコストアップの要因として、家の形というのも大きな影響を持っています。

具体的な例を見てみましょう。

 

例えば、40坪の家が2つあるとします。

 

1つは真四角の40坪の家。

もう1つは中庭がある40坪の家。

同じ40坪の家ですが、この2つの家を比べると中庭のある家の方が真四角の家よりもコストはアップします。

理由は中庭がある分、外壁も多くなりますし家をつくる手間も増えてしまうので、同じ40坪の家でもコストアップになってしまうんですね。

 

同じようなことは、家の凸凹についても言えます。

家が凸凹すればするほど、角の処理に手間とお金がかかるようになるのでコストアップの要因になってしまいます。

もちろん、凸凹があるか無いかで家の外観にも影響するので一概に凸凹が無い方がいいとは言えませんが、ムダや意味の無い凸凹はできるだけ抑えた家の方がコストは下がります。(このあたりは設計者の腕とセンスによるところも大きいですが)

家全体を見てみて、やけに凸凹が多い家の場合は家の形自体を見直してみるのもいいですね。(下屋がやけに多い家や、変な位置に下屋がある家は要注意です)

一番安く家を建てる方法をお教えします。コストパフォーマンスの高い家にする秘訣

家の外観ですごく気になること(知っておきたい下屋のポイント)

構造材に良い物を使う

家の窓3

家の構造材に良い物を使うと、当然ですが家のコストは上がります。

ここで言う構造材とは、

  • 基礎
  • 柱や土台などの躯体
  • 断熱材
  • 外壁材
  • 屋根材
  • サッシ

この辺りの部材のことを指しています。

 

例えば、家の根幹となる「柱や土台などの躯体」について見てみましょう。

躯体で大きな影響があるのが、大きさと樹種。

柱であれば通常は120角と105角の柱が使われることが多いですが、やはり120角の柱の方が太いので強度がありますし、見た目もガッシリします。

また、樹種であれば杉の柱とヒノキの柱であればヒノキの柱の方がコストアップになりますし、無垢材と集成材であれば無垢材の方がコストアップになります。

 

このように使う構造材しだいで家のコストは変わってくるんですね。

 

また、構造材の場合はどれも使用量が多いので、変更すると数十万円から百万円単位でコストアップしてくることになり、インパクトはかなり大きい項目と言えます。

 

このような構造材は基本仕様としてあらかじめ決まっていることが多いですが、もちろん希望に応じて変更も可能です。

そして、どの構造材に力を入れるのかを選ぶポイントとして、地域性も大きく影響してきます。

 

例えば、寒い地域であれば躯体よりもサッシや断熱性能を優先した方が快適な生活を送れる可能性が高くなりますし、反対に暖かい地域であればそこまで断熱性能を求めなくても快適な生活を送れる可能性が高いので、他に予算をかけるのもいいですね。

また、大きな地震が予想される地域であれば、躯体に力を入れることで地震の時の被害を最小限に食い止められる確率も高くなります。

 

このように、地域の特性を見ながら何に重点を置くかで構造材を見ていくと選びやすくなるんですね。

 

一方、構造材は家の基本性能となるので、できれば良い物を使いたいですが、構造材ばかりにコストを掛けることで他に予算が掛けられなくなり、すっからかんの家になってしまうのも寂しいものです。

家の耐震性を優先するのか、断熱性を優先するのか、はたまた構造材以外を優先するのかなど、意識しながら構造材を選びたいですね。

高価な内装や設備を入れる

鉄の階段

内装や設備に良い物を入れるのも、コストアップの要因になります。

内装と設備の例を挙げてみると、

  • フローリング
  • クロスや珪藻土などの塗り壁
  • ドアや引戸などの建具
  • キッチンやお風呂などの設備

このあたりがコストアップに影響する代表的な内装と設備になります。

 

基本的に内装については質感が高級な物を使うほど、コストは掛かるようになります。

どんな建具を選べばいい?建具を選ぶときに知っておきたいポイント

おしゃれな家は皆使っている!おすすめ無垢フローリング12選【保存版】

フローリングの掃除が違ってくる!?フローリングの色によるメリットとデメリット

 

ちなみに内装は、色の濃いものと白いものは比較的コストを掛けなくても見栄えが落ちにくいので、どうしても予算オーバーするなら濃いものか白い物を選ぶのも1つの方法と言えます。

 

その他に、コストとの関係が意外に大きいのが階段。

普通の箱形階段と呼ばれるものであればそんなにコストは掛かりませんが、鉄骨階段にしてデザインにこだわればこだわるほどコストアップの要因となります。

そのため階段も、コストアップが気になる場合は押さえておきたいポイントですね。

階段にはどんな種類がある?知っておきたい階段の4つの形

 

次に、設備に付いて見てみましょう。

設備の主なコストアップ要因は、キッチン、お風呂、洗面、トイレの4つです。

 

一番コストアップの可能性を秘めているのがキッチンでその次がお風呂。

プロおすすめのキッチンのつくり方と選び方4選

対面キッチンはどれがおすすめ?5つの対面キッチンとメリット、デメリット

浴室はどれが良い?ユニットバスや造作風呂の選び方を解説します

 

洗面とトイレは比較的コストアップの幅が限られていると言えます。

おしゃれで使いやすい洗面所をつくるための5つのポイント

タンクレストイレとタンク付きトイレの違いって何?

 

設備機器は時間が経てば劣化して交換が必要になってくるので、いわゆる消耗品に近い位置づけになってきます。

そのため、家のことを考えると「構造材」>「設備機器」という図式が成り立ちます。

ただ、消耗品に近いからといってランクの低い物ばかり入れて毎日の生活がつまらなくなっては元も子もありませんね。(設備機器を気にしないなら、最低限の物でも大丈夫です。他の物と違い、高級品とそこまで大きな差はないです)

家事は毎日のことなので、楽しく家事ができるレベルで折り合いをつけるのが、設備機器を選ぶ時のポイントになってきます。

造作にこだわる

造作工事も家のコストアップ要因となります。

家を建てるとき、ついついアレもコレもと作り付けでいろんな物を作りたくなりますが、知らない間にコストがえらく掛かっていたなんて事も。

 

もちろん、造作工事は家を建てている時に作るのが一番効率的なのですが(大工さんがその場で作れるので)、仕上がりのクオリティとどんな材料を使うかがコストに大きく影響してくるんですね。

 

例えば、棚板だけの可動棚をつくる場合、そんなにコストは掛かりません。

部材をカットして取り付ければいいので、そこまで手間にはならないですし、材料もそんな良い物を使う必要もないからなんですね。

 

一方、造作のキッチンであったり、造作の箱形収納をつくるとコストはかなり上がってきます。

材料も手間も必要になってくるからなんですね。

さらには扉をつけたり、カウンターにこだわったりするとさらにコストは上がってきます。

建具を作ったり、見栄えのする材料を用意する必要があるので、コストアップしていくんですね。

 

このように造作の場合、材料と手間がどれだけ必要だったかでコストが大きく変わってくるので、見せる場所と見せない場所を上手く分けながらコストを調整したいですね(例えば、見せる場所は見せるけども、見せない場所は引出しの変わりにカゴを使うなど)。

また、収納の内部なんかは作りこみ過ぎない方が後々の使い勝手も良くなります。

クローゼットの収納術。家の建築士がおススメの収納方法をお教えします。

その他 メンテナンス性について

メンテナンス

コストについて考えるとき、メンテナンス性について考えるのも意外に重要です。

最初はコストが抑えられると思って選んだ材料も、実際に家ができると思ったよりメンテナンスコストが掛かるなんてこともあります。

これは特に、雨や紫外線など過酷な環境で使われることが多い屋根や外壁材で顕著に現れやすいです。

代表的な屋根材の選び方を、コスト、メンテナンス、デザインの面で解説します

外観の失敗例から学ぶ、絶対に知っておきたい外壁材5選

 

車に車検が必要なように、家は必ずメンテナンスが必要なものです。

長い目で見るなら、傷などが劣化して見えるものよりも味が出る物を選ぶなど、メンテナンス性も考えることでトータルのコストを抑えることができるんですね。

 

最初にコストを掛けるのか、後でコストを掛けるのか。

予算と相談しながら決めていきたいですね。

まとめ

今回は家のコストアップ要因について見てきました。

家と予算は切っても切れない関係で、どうしても頭を悩ませがちです。

 

ただ、家を良く見てみると、実際にはあまり必要無い部分にコストが掛かっていたりして、それがコストアップの要因となっている場合もあります。

見積もりを見るだけではイマイチ分かりにくい部分も多いんですね。

家の見積もり方法をお教えします。

 

何がコストアップする要因となるのか。

そのことを頭に入れておくだけでも、家に必要なお金の全体像はかなり把握しやすくなります。

ぜひムダな部分を省いて、必要な部分に力を入れた家をつくってくださいね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

まとめ

家のコストアップの要因って何?

  • 家の大きさ:ムダに大きな家にせずに、こだわりたい部分に予算を掛けるとコストパフォーマンスの良い家になりやすい。
  • 家の形:凸凹が多い家は余分なコストが掛かっている可能性大です。
  • 構造材:構造の中の何にこだわるかで、どこに予算を掛けるかのポイントが見えてくる。
  • 内装、設備:内装は高い物ほど高級感が出やすい。設備は消耗するものなので、どこで折り合いを付けるかが鍵。
  • 造作:手間と材料でコストが大幅に変わってくる。見せる部分、見せない部分のメリハリがコストのポイント。
  • メンテナンス:長い目で見てコストが掛からないものを選ぶ方が、トータルでコストが安くなりやすい。