家のメンテナンス費用はどれくらい必要?家の修繕積立金について

せっかく家を建てたのであれば、少しでも長く快適に住みたいですよね。

そんな快適生活を続けるために忘れてはいけないのが家のメンテナンス。

まめに家のメンテナンスをしておけば長く快適に住むことができますが、メンテナンスを怠っていると家はどんどん劣化していきます。

人が住んでいない空き家は劣化が早いように、家はほったらかしにしてしまうと劣化するスピードが早くなってしまうんですね。

そうなると生活にも支障が出てきますし、家の資産価値も大きく下落してしまいます。

 

そうならないためにも家のメンテナンスは定期的に行いたいものですが、メンテナンスをするには維持費を用意する必要があります。

では、一戸建ての住宅の場合はどれくらいのメンテナンス費用が必要で、どれくらいメンテナンス費用を用意しておけばいいのでしょうか?

今回はそんな家のメンテナンス費用と修繕積立金について見ていきたいと思います。

家をメンテナンスするメリット

家をメンテナンスすることで長く快適に暮らすことができるようになりますが、10年に1回メンテナンスするよりも、まめにメンテナンスする方がメリットが大きくなります。

まめにメンテナンスすることで手遅れになる前に手を打つことができますし、家をまめにメンテナンスすることでメンテナンスの費用も抑えられるようになるからです。

 

たとえば外壁のメンテナンスについて見てみると、少しヒビが入ったくらいではその部分を補修しておけば問題ないですが、そのまま放ったらかしているとヒビが大きくなり、さらには構造材まで水が染み込んでしまって元に戻すには大工事をしないといけなくなるなど、家の劣化を放っておけば放って置くほど手間も費用も必要になるんですね。

 

そのためどこか不具合が出てから修理するのではなく、家は5年ごとぐらいにこまめにメンテナンスするようにすると、なかなか気づかない劣化にも対応できるようになります。

 

では、家はどのような部分をチェックすればいいのでしょうか?

次に築年数ごとに劣化しやすい場所やメンテナンスしておきたい場所について見てみましょう。

築10年のメンテナンス

新築から10年くらい経ってくると、特に日光(紫外線)が当たる場所で劣化が見られるようになってきます。

そのため日がよく当たる屋根や外壁など傷みが出ていないかチェックしておきたいですし、バルコニーなどよく日が当たる場所は再塗装するなどの対応が必要となってきます。

 

また、家の内部で劣化しやすいのが水回り部分。

毎日使う場所であること、さらには水跳ねしやすいことなどから不具合が起きやすいんですね。

その他、クロスの汚れや剥がれが出てきた部分はクロスの張り替えもこの時期に行います。

 

太陽光発電のパワーコンディショナーやガス給湯器、オール電化のエコキュートなどの設備機器も10年を過ぎると壊れる可能性も高くなります。

築20年のメンテナンス

築20年くらいになると屋根や外壁だけでなく、サッシやシャッターなどもメンテナンスしておきたい時期です。

少しでも調子が悪い場所が出てきたらすぐに点検して必要に応じて交換などの対応を取っていきたいですね。

屋根や外壁も劣化が目立ってくる時期なので再塗装するなどしっかりしたメンテナンスが必要になります。

 

家の内部ではキッチンやお風呂といった設備機器もそろそろ交換が視野に入ってくる時期です。

設備の塗装が剥げてきたり劣化が目立つ場合は新しいものに交換しておきたいですね。

設備機器が新しくなるというのは最新の設備が使えるようになるので便利になるのはもちろん、毎日使うものなので気持ちの面でも晴れやかになります。

 

また、クロスや建具、畳も劣化したものは修繕の機会に張り替え、交換しておきたいですね。

築30年のメンテナンス

メンテナンスをして長持ちさせてきた屋根や外壁もそろそろ張り替えなど大規模修繕が必要になる時期です。

劣化した部分は新しく交換して、さらに10年、20年と家が長持ちするように生まれ変わらせたいですね。

30年経てばサッシなども断熱性能の高い物に変わっています。

最新の高性能なサッシを使うことで光熱費も下げることができます。

 

家の内部に関しても劣化が気になる部分は交換の時期です。

特に家の内部は10年で交換するもの、20年で交換するものなどメンテナンスのサイクルが違うものが多いので、劣化具合を見ながら交換する物、まだ使える物などを見極めたいですね。

また、30年経つと子供が巣立ったりと新築当時とはライフスタイルも大きく変わっています。

メンテナンスの機会にリフォームやリノベーションを合わせて行い、効率的に家を新しくするのも楽しいものです。

メンテナンスの費用

ここまで築年数による必要なメンテナンスについて見てきました。

それでは具体的にメンテナンスをするとどれくらいの金額が掛かるのでしょうか?

 

使っている部材や家の大きさにもよりますが、一般的な住宅では約30年のメンテナンス費用として、400万円〜500万円くらいのメンテナンス費用が1つの目安となります。

最初の頃はメンテナンス費用はあまり必要ありませんが、築20年のメンテナンスで設備機器の交換、築30年のメンテナンスで屋根や外壁の張り替えというように、大きな工事がある時期に大きなメンテナンス費用が必要となってくるんですね。

(もちろん、メンテナンスが少なくて済む部材を使っていれば費用を抑えることができますが、その分、新築の時にコストは高くなるので、新築時にイニシャルコスト、ランニングコストどちらを優先するかでメンテナンス費用は変わってきます)

 

このように家のメンテナンスには大きな金額が必要となりますが、一度の高額のメンテナンス費用を用意するのは中々難しいもの。

では、メンテナンスの費用をどう準備しておけばいいでしょうか?

最後にメンテナンス費用の積み立てについて見てみましょう。

メンテナンス費用を積み立てる

マンションの場合、月に数千円から数万円ほどの規約で決まった修繕積立金を積み立てて、その積立金の中から廊下やエントランス、外壁といった共用部のメンテナンスを行うことになりますが、一戸建ての家の場合はメンテナンスの費用を積み立てる義務はありません。

そのため、一戸建ての家の場合はついついメンテナンスの費用を忘れがちになってしまいますが、マンションと同じように毎月積み立てることで大きなメンテナンスを行う際に強い味方になってくれます。

 

積み立ての目安として私がオススメしているのは毎月1万円の積み立てです。

1万円×12ヶ月で年間12万円、10年間で120万円を積み立てることができます。

 

120万円あれば屋根や外壁の塗装も可能ですし、設備機器もよほど高価な物でなければ交換することができますし、たとえ全てのメンテナンス費用をまかなえなくても、ゼロから全てのメンテナンス費用を用意するのと120万円に少しプラスすればメンテナンス費用を用意できるのでは負担がかなり違いますよね。

このように積み立てが有るか無いかというのは、いざ必要になった時に大きく違いが現れます。

新築の時には全てが新しいのでメンテナンスのことはついつい忘れがちになってしまいますが、すこしづつでもいいのでコツコツと積み立てておいてくださいね。

きっとそれが将来メンテナンスする時に大きな味方になってくれますよ。

まとめ

今回は家のメンテナンスについてみてきました。

家を長く快適に住めるかどうかはメンテナンスによって大きく変わってきます。

まめにメンテナンスすることで、長く快適な生活ができるようにしたいですね。

 

家を建てる時は、将来のメンテナンスも頭の片隅に入れておく。

これが大切なんですね。

 

また、メンテナンスは手間に感じてしまう方は住宅会社を選ぶ時にメンテナンスもしてくれる会社かどうかを見てみるのも1つの方法です。

屋根などは登ることが難しいですし、家は劣化しているかどうか分かりにくい部分もあるので、定期点検をしてくれるだけでも手間はかなり少なくなります。

また、メンテナンスする際も新築時の見積もりがあるのでリフォームで有りがちな変に高い金額で見積もりをするというケースも少ないですし、新築の時に信頼できると感じた会社であれば工事にも安心感があります。

 

家は住んでからが本当のスタートです。

しっかりメンテナンスを行って長く快適に過ごしたいですね。

では。

 

メンテナンスについてはこちらも参考にしてください。

代表的な屋根材の選び方を、コスト、メンテナンス、デザインの面で解説します

外観の失敗例から学ぶ、絶対に知っておきたい外壁材5選

あなたの家をカッコ良くするなら、この雨樋がおススメです。

これで失敗しない!壁紙と塗り壁の選び方

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

建築士が教える今日の問題解決

家のメンテナンスは何に気をつければいい?

  • 家はメンテナンスすることで長く快適に住めるようになる。
  • まめにメンテナンスすることで大きな劣化を防ぎ費用もやすくなる。
  • 築年数によって必要なメンテナンスは変わってくる。
  • 毎月こつこつメンテナンス費用を積み立てるのが大切。