間取りで見る使いやすいキッチンと冷蔵庫の配置4選

スクリーンショット 2015-08-21 18.07.57

「キッチンについての記事を書いて欲しい」

このような依頼を読者の方よりもらいました。

 

確かにキッチンは家づくりで気になるポイントですね。

そこで今回は、使いやすいキッチンにするためにかなり重要なポイントとなる冷蔵庫の配置を元に使い勝手の良いキッチンの間取りをご紹介していきます。

それではどうぞご覧下さい。

冷蔵庫をどこに置くと良いのか

キッチンの使い勝手はいろんな要素で決まってきますが、意外に知られていないのが冷蔵庫とキッチンの使い勝手の関係です。

実は冷蔵庫をキッチンのどこに置くかでキッチンの使い勝手はかなり変わってきます。

日頃何気なく使っている冷蔵庫ですが、家づくりでは結構重要な要素なんですね。

それでは冷蔵庫の配置について見ていきましょう。

冷蔵庫をキッチンの手前に配置する

キッチン図面

上の図面は、キッチンの間取り図です。

冷蔵庫に注目してみると、キッチンの入口付近に冷蔵庫が配置されていますね。

このように冷蔵庫はキッチンの入口付近に配置するのが、使いやすいキッチンの基本的な考え方となります。

 

例えば、リビングにいる人が冷蔵庫に飲み物を取りにいく場合、冷蔵庫が手前にあると飲み物が取りやすいですよね。

一方、料理をしている人にとっても料理中にキッチンまわりでウロウロされると気になります。

特に包丁を持っていたり油や熱い料理を作っている時なんかはなおさらです。

キッチンにいる人とキッチンに来る人の動線ができるだけ重ならず混雑しないキッチンをつくる。これが使いやすいキッチンには重要なんですね。

その間取りは動線が考えられていますか?

そのため、使いやすいキッチンにするのなら、キッチンの入口付近に冷蔵庫を配置するのがオススメです。

 

冷蔵庫をキッチンの奥に配置する

冷蔵庫の配置

先ほどはキッチンの入口付近に冷蔵庫を配置していましたが、こちらはキッチンの奥に冷蔵庫を配置している間取りです。

稀にですが、このような冷蔵庫の配置にする場合もあります。

 

冷蔵庫をキッチンの奥に配置した場合のメリットとしては、冷蔵庫が奥まった位置にあるので目立ちにくいというメリットがあります。

冷蔵庫などの家電製品をあまり目立たせたくない場合に有効な冷蔵庫の配置なんですね。

ただ冷蔵庫がキッチンの奥にあると、キッチンの中が混雑する事が多くなるのががデメリットと言えます。

 

何か特別な理由があるなら良いですが、理由も無く冷蔵庫がこの置き方になっている場合もあるので注意してくださいね。(特に建売住宅など設計力が低い会社が設計した間取りはこの配置が標準になってる事があるので要注意です)

 

冷蔵庫置き場をつくる

キッチンと冷蔵庫の図面

上の図面は、冷蔵庫の奥行きの分、壁を凹ませたキッチンの図面です。

冷蔵庫と食器棚では奥行きが30センチほど違うので、その分だけ壁を調整しているんですね。

 

この場合のメリットは、冷蔵庫の前のスペースが広くなり冷蔵庫に用事がある人が来ても、料理をする人が邪魔に感じる事はほとんどありません。また、食器棚と奥行きが合うのでスッキリと見えます。

キッチンの使い勝手としては申し分ない冷蔵庫の配置という訳ですね。

間取り上可能であれば、オススメの冷蔵庫の配置です。

 

冷蔵庫を隠してしまう

キッチンとパントリー図面

冷蔵庫を見えない場所に置いて隠してしまうキッチンの間取りです。

家電製品などを全く見せたく無い場合に特に有効です。

 

ちなみにこのような冷蔵庫の置き方をする人は、食器棚の上にも家電を置かずにスッキリさせるという徹底したこだわりを持っている方が多いです。

勝手口やパントリーも一緒につくってあげると、より使い勝手が向上しますよ。

パントリーの間取りとおすすめの収納方法7選

 

また上の図面のように冷蔵庫を隠す方法以外に、引戸をつけて冷蔵庫と食器棚を隠してしまうという方法もあります。

こんな感じですね。

冷蔵庫を引戸で隠す

Photo:http://www.muji.net/ie/modelhouse/hakata/img/03_IMG_2532.jpg

この方法もスッキリしますが、冷蔵庫と食器棚を収納するには結構奥行きが必要となり、意外に場所を取ってしまいます。

さらには冷蔵庫や家電の熱を排出するための換気扇も必要となってきます。

そのため冷蔵庫を引戸で隠す場合、「部屋の広さを取るか」それとも「冷蔵庫と食器棚を隠す方がいいのか」どちらを優先するのか考えた上で採用すると失敗が少なくなりますよ。

 

冷蔵庫の開き勝手をチェック

家ができてから新しく冷蔵庫を買う場合は、家に合わせた冷蔵庫を購入すればいいですが、今使っている冷蔵庫を新居でもそのまま使う場合は、冷蔵庫の開き勝手に注意が必要です。

例えば、冷蔵庫を下の図のように置きたいけども、右側が開く冷蔵庫だと使いづらくて仕方がないですよね。

冷蔵庫の開き勝手

このような事にならないように、今使っている冷蔵庫を新居で使うなら開き勝手も設計の段階で伝えておくのがオススメです。

 

また、冷蔵庫置き場で多い失敗が、観音開き(両開き)の冷蔵庫を配置する場合です。

大型の冷蔵庫だと今では観音開きの物が多くなりました。

観音開きの冷蔵庫は、冷蔵庫の両サイドにゆとりがないと完全に開く事ができません。

さらにすぐ横に壁があると90度くらい開いた所で扉が止まってしまい、中の引き出しなどがつっかえて取り出せなくなってしまいます。

 

これは冷蔵庫を配置してみて始めて気付くことが多いんです。

そのため、大型の冷蔵庫を配置する場合は、冷蔵庫置き場に少しゆとりをもたせておいた方がいいですよ。

キッチンと食器棚の間は程よい距離に

キッチンと食器棚や冷蔵庫との距離は狭いともちろん使いづらいですが、広過ぎても使いづらくなってしまいます。

広すぎると食器を取るのも何歩か歩く必要がでてきますし、冷蔵庫に物を取る場合も手間がかかるようになります。

 

普通は程よい距離感でキッチンを配置していますが、営業マンがつくったプランだと、キッチンと食器棚の間が変に広かったり狭かったりしている事があるので注意してください。(冗談のような話ですが、これはホントによく見かけます)

また、いつも2人で料理するとか、小柄な奥さんが料理するという場合は、広さを調整したほうが使いやすい事が多くあります。

もし使いやすい広さがあるなら「キッチンから食器棚の間は◯◯センチくらいにして欲しい」とか「〇〇人で一緒に料理をしたい」という要望を伝えれば、より使いやすいキッチンになりますよ。

キッチンと冷蔵庫の配置で大切なこと

ここまで、冷蔵庫の配置のポイントを見てきましたが、キッチンで一番重要なのは料理をするときの流れです。

料理をする時を思い起こしてみると、

冷蔵庫から食材を取り出す → 食材を調理 → コンロで火を通す → 食器に盛りつける → ダイニングテーブルへ

という流れになります。

 

そのため、冷蔵庫とシンクや作業スペースは近い方が使いやすいですし、作業スペースやコンロの近くに食器棚があると効率が良くなります。

もちろん、先ほど挙げた料理の流れは一例で、人によって料理をする時の流れは違います。

この一連の料理の流れを考えたキッチンになるように考えてみるのが、使いやすいキッチンにするための一番重要なことなんですね。

その流れの一部に、冷蔵庫の配置があるという訳です。

まとめ

今回はキッチンと冷蔵庫との関係についてお伝えしました。

冷蔵庫の置き方ひとつにしても様々なパターンがあり、それがキッチンの使いやすさにつながってくるんですね。

 

自分はどの冷蔵庫の置き方が一番使いやすいのかを一度考えてみると、より使い易いあなたオリジナルのキッチンになっていきますよ。

今回の内容をぜひ参考にして、あなたの理想の家をつくってくださいね。

では。

 

 

キッチンについてはこちらもどうぞ。

対面キッチンはどれがおすすめ?5つの対面キッチンとメリット、デメリット

パントリーの間取りとおすすめの収納方法7選

キッチンのゴミ箱はどこに置く?お洒落なキッチンにする方法

キッチンの床をタイルにした時のメリットとデメリットを解説します

間取りについてはこちらも参考にしてください。

家の間取り。4人家族の場合、最低限どれくらいの広さがあれば生活できますか?

その間取りは動線が考えられていますか?

家の設計で一番大事な事

間取りの善し悪しを簡単に見分ける方法

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

使いやすいキッチンにするためには、冷蔵庫の置き方ってどうすればいい?

  • 自分に合った冷蔵庫の置き方を選ぶ。
  • 冷蔵庫は基本的にキッチンの入口にある方が使いやすい。
  • 冷蔵庫の開き勝手に注意する。
  • 使いやすい広さのキッチンにする。
  • 料理をする時の流れを考えると、使いやすいキッチンになる。