キッチンの床をタイルにした時のメリットとデメリットを解説します

床タイル

「キッチンの床にタイルを使うのが憧れなんですが、実際にキッチンの床をタイルにした時に注意することはありますか?」

読者さんからこのような質問をもらいました。

 

確かに、キッチンの床にタイルを使うとお洒落なキッチンになりますよね。憧れる気持ちもすごく良く分かります。

今回は、そんなキッチンの床にタイルを使うかどうか迷っている方に向けて、タイルを使った場合のメリットとデメリットを実際にタイルを使った人の感想を交えてご紹介していきます。

それではどうぞご覧下さい。

キッチンの床をタイルにした時のメリット

all5

Photo:http://homepage3.nifty.com/ichimoku/_src/sc1834/all5.jpg

キッチンの床をタイルにする場合、キッチン部分だけフローリングを敷かずにタイルを貼ることになります。

そのためキッチン部分だけ、見た目も質感も変わってくるんですね。

そしてタイルを貼ると、フローリングの時とはまた違ったメリットとデメリットが出てきます。

それではまず、キッチンにタイルにした時のメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

部屋の雰囲気が変わる

キッチンの床にタイルを使うと、部屋の雰囲気がかなり変わります。

特に、部屋のインテリアを洋風にしたい場合、タイルとの相性は抜群です。

テラコッタ調のタイルや白いタイルなんかは洋風のインテリアと、とても良く合いますね。

おしゃれなカフェ風にしたい場合なんかも、タイル張りのキッチンは良く合います。

 

そのため、キッチンの内装に凝りたい時や雰囲気を変えたい時なんかは、床にタイルを使ってみると効果的なんですね。

 

水はねに強い

キッチンで料理や洗い物をする時、水はねが気になる方も多いのではないでしょうか。

水はねをそのままにしておくと、水はねを踏んでしまって足の裏が濡れてしまったり、床がシミになってしまうことも。

特にウレタンがコーティングされていない無垢のままのフローリングで水はねを放っておくと、いつの間にかたくさんシミができていたなんて事はよくあります。

おしゃれな家は皆使っている!おすすめ無垢フローリング12選【保存版】

 

そのため、水はねが気になる方は、キッチンにマットを敷いたり水はねに強いフローリングを使うことも多いです。

そしてタイルも水はねに強い素材です。

多少の水はねくらいであればタイルは平気なんですね。

 

そのため水はねを気にするのが面倒だという方は、床をタイルにするのも良いですね。(水跳ねが気になる場合、タイルでなはなくウレタンがコーティングされたフローリングを使うという方法もあります)

 

夏涼しい

タイルをさわってみると分かりますが、タイルは冷たくひんやりしています。

そんな冷たいタイルを裸足でペタペタ歩くと、夏はとても気持ちがよいですね。

そのため暑がりの方なんかは、タイルとの相性がいいと言えます。

 

キッチンの床をタイルにした時のデメリット

キッチンタイル

それでは次に、キッチンの床をタイルにした時のデメリットについて見ていきましょう。

キッチンの床をタイルにした時、どんなデメリットがあるのでしょうか?

 

食器を落とすと割れる

タイルはかなり固い素材なので、食器をタイルの上に落としてしまうとほぼ間違いなく割れてしまいます。

しかも、食器が欠けるとかではなく、粉々になって周りに飛び散ってしまう事が多いんですね。

そのため、「初めて食器を落とした時の飛び散り方に驚いた」という声もよく聞きます。

 

一方、フローリングの場合はタイルよりも柔らかいので、食器を落としても割れるかどうかは当たりどころ次第ですし、粉々になって飛び散ることはほとんどありません。

お気に入りの食器をたくさん使っている場合なんかは、床にタイルを使うかどうかはよく検討したいですね。

 

汚れは意外と目立つ

キッチン床タイル

キッチンの床にタイルを使うと水跳ねは気になりませんが、意外と気になるのが「汚れ」です。

特に、タイルの目地についた汚れは簡単には取れなくなってしまいます。(白い目地を使っている場合は、油汚れなんかはかなり目立ちます)

 

そのため、こまめにタイルの掃除をしないと、いつの間にか「せっかくお洒落にタイルを使ったのに、キッチンの床が汚くて見せられない・・」なんて事も。

そうならないように、キッチンに使うタイルの目地はちょっと濃いめの色の方がおすすめと言えます。(白いタイルを使う場合を除きます)

 

また、油汚れは放っておくとタイルにしみ込んでしまうことがあるので、しつこい汚れは早めに拭いてあげる必要があります。

 

冬は寒い

タイルを使うと夏は涼しいですが、冬になると反対に寒く感じます。

寒いというよりも底冷えする冷たさなので、冬はスリッパを履いたりやマットを敷くが必須となってくるんですね。

冷え性の方なんかはキッチンのタイルはつらいと感じるかもしれません。

 

そこで活躍するのが床暖房。

床暖房を使えばタイルが暖まってポカポカしてきますし、スリッパを履かなくても裸足で十分暖かさを感じてるようになります。

おまけに冷めづらいので、暖かさが長持ちします。

朝はタイルが暖まるまで時間がかかるので、床暖房のタイマーで朝に暖まるようにセットしておくと、寒い冬の朝でも心配入らずになります。

 

滑らないタイルを選ぶ

キッチンの床にタイルを使う場合、表面がツルツルしているタイルを選ぶと危険です。(大理石調など)

ツルツルしているタイルの上に水がこぼれると非常に滑りやすくなるため、水を使うキッチンとはあまり相性がよくないんですね。

料理している時にツルっと滑ってころぶなんて、想像しただけでも恐ろしいですよね。

そのためキッチンの床で使うタイルは、外でも使えるタイルのように表面がザラザラしているタイルを使うのがおすすめです。

汚れが目立たない玄関タイルって何色?建築士がお答えします

 

ただ、ザラザラしたタイルは雑巾などで床拭きしづらいため、掃除の際は汚れを拭き取りにくいので注意が必要です。

 

費用が掛かる

床にタイルを貼る場合、基本的にはフローリングよりも費用が掛かることになります。

タイルを貼る方がフローリングを敷くよりも手間がかかってしまうんですね。

 

また、フローリングとタイルでは厚みが違うので、その厚みを調整するのに費用が掛かることもあります。

(特にフローリングよりもタイルの方が厚みがある場合は、厚みの調整で費用が上がりやすい傾向があります)

 

とはいっても、キッチンならタイルを使う面積もそこまで広くはないのでよほど高級なタイルを使わないすごく金額が上がるということはないので、キッチンの床をタイルにするというのは、比較的採用しやすい項目と言えそうですね。

 

キッチンの床をタイルにする時の注意点

キッチンの床にタイルを使う時に気をつけたいのが、「どこからタイルを使うのか?」という事です。

キッチン部分のタイルとフローリング部分で境目ができるので、タイルとフローリングの境目の部分をいかに目立たず奇麗に仕上げるかが重要になってくるんですね。

 

キレイに見える部分で分けられると自然な感じでタイルとフローリングを共存させることができますが、ヘンテコな部分で切ってしまうと、返って変な雰囲気になってしまうことがあります。

一般的にはキッチンの作業スペースだけをタイルにするのが基本になってきますが(キレイに分けやすいので)、オープンキッチンの場合なんかは分ける所が難しくなるので、できるだけ自然な場所で貼り分けをしたいですね。

まとめ

今回はキッチンの床にタイルを使った場合のメリットとデメリットを見てきました。

部屋の雰囲気がよくなるのでキッチンの床にタイルを使うのが憧れという人もいる反面、デメリットもよく理解しておかないと「キッチンの床をタイルにして失敗した!!」なんて事にもなりかねません。

キッチンの床にタイルを使う場合、今回ご紹介したメリットとデメリットを踏まえた上で、デメリットをどれだけ消せるようなキッチンにするかが一番重要となってくるんですね。

では。

 

キッチンについてはコチラも参考にしてください。

対面キッチンはどれがおすすめ?5つの対面キッチンとメリット、デメリット

間取りで見る使いやすいキッチンと冷蔵庫の配置4選

パントリーの間取りとおすすめの収納方法7選

床暖房についてはこちらを参考にしてください

どんな床暖房を使えば良い?おすすめの床暖房3選

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

キッチンの床にタイルを使った時のメリットとデメリットって何?

  • 床にタイルを使った時のメリットは「部屋の雰囲気が変わる」、「夏涼しい」、「水はねに強い」。
  • 床にタイルを使った時のデメリットは「食器を落とすと割れる」、「目地の汚れが目立つ」、「冬寒い」、「滑らないタイルを選ぶ」。
  • メリットとデメリットを理解した上で、デメリットができるだけ少なくなるようにキッチンをつくるのがベストです。