仕様や設備、性能が気になる方はコチラ

木製キッチンってどうなの?あなたに合った木製キッチンを選ぶ方法

家を建てるなら毎日使うキッチンはこだわりたいという方も多いのではないでしょうか?

キッチンには形や素材、コンロやレンジフードと言ったよく見える場所だけでなく収納パーツといった使い勝手に関わる部分まで色んな物を選べるので、どんなキッチンにするのか考えるのも楽しいものですよね。

そんな様々な種類があるキッチンの中でも今回の主役は「木製キッチン」について。

木製キッチンの魅力や選ぶ時のポイントなど、木製キッチンの実例を見ながら詳しく見ていきたいと思います。

キッチンが気になる方はぜひご覧ください。

木製キッチンの魅力

木製キッチンの1番の魅力。

それはやはり見た目の良さが1番に挙げられます。

木ならではの柔らかい質感は色んなインテリアに合わせることができますし、木製のキッチンがあるだけで空間がグッとオシャレに見えるようになるんですね。

一般的なキッチンにも木目調の素材が用意されていますが一歩間違えると安っぽく見えてしまう時もあり、本物の木と比べるとやはり質感という点では木製キッチンの方に軍配が上がります。

本物の木を使っているからこそ出る質感は他のキッチンでは出せない木製キッチンならではの魅力と言えます。

特に床材にも無垢のフローリングを使ったケースと木製キッチンは相性がとても良く、まず失敗のない組み合わせとなります。

新築の内装はどうすればオシャレに見える?内装を決める時の6つのポイント

おしゃれな家は皆使っている!おすすめ無垢フローリング12選【保存版】

 

また、木製と言っても水や汚れに強い処理がされているので普通のキッチンと同じように使うことができますし、木なので加工しやすくキッチンのレイアウトもいろんなアレンジができるというのも魅力の1つです。

木の素材によって表情が変わってくるので、好みの木を使ってみるのも楽しいですね。

 

このように木製キッチンは一般的なキッチンとはまた違った魅力を持ったキッチンと言えます。

木製キッチンの種類

木製キッチンにする場合、その種類は大きく2つに分けることができます。

1つは天板も含めて全て木で作った木製のキッチンにする方法。

もう1つは扉など目につきやすい場所に木を使った木製キッチンにするという2つの方法です。

 

たとえば、全て木で作った木製キッチンの場合を見てみましょう。

キッチン全てを木で作るとキッチンはこのような感じになります。

木製キッチン(造作)

Photo:https://mammal.jp/category/kitchen/

フローリングも含めて空間にすごく馴染んでいるのが分かりますね。

天板も木製なので使うほど味が出てくるのも大きな魅力です。

 

一方、同じ天板が木製でも全て木製にしない場合はこんな感じの印象になります。

木製キッチン

Photo:http://a-def.com/model-house

キッチンに壁と同じ色を使うことで軽さが出ているのが分かりますね。

このようにLDKのバランスを見ながら使いたい場所に木を使えるというのは木製キッチンならではの魅力と言えます。

 

その他、木製キッチンで多いのがキッチンの天板はステンレスや人造大理石を使って扉などは木製にするというケースです。

ステンレスの木製キッチン

Photo:https://realkitchen-interior.com/sp-issue/16271/5

調理の際に汚れやすく水が飛びやすい場所を耐久力のあるステンレスや人造大理石にして、扉やキッチン本体は木を使って雰囲気のある木製キッチンにするという訳なんですね。

このような木製キッチンは木の質感をしっかり出しつつ、汚れやすい場所は汚れに強い素材を使うという「いいとこ取り」のキッチンと言えます。

 

また、かっこいい感じではなくカワイイ感じのキッチンにしたい場合も木製キッチンは効果的です。

カワイイ木製キッチン

Photo:https://www.woodone.co.jp/product/kitchen/suiji/

木を白く塗装してあげることでカワイイ感じを出すことができますし、取っ手などにもこだわってあげると雰囲気がより出るようになります。

 

このように木製キッチンは木をどこに使うかで印象というのは大きく変わってくるものなんですね。

木製キッチンの選び方

それでは次に、木製キッチンの選び方についても見ていきましょう。

木製キッチンを選ぶ場合、造作でオーダーメードでキッチンを作るか、既製品のキッチンを選ぶかという2つの方法に分けられます。

造作(ぞうさく)であなた好みの家に!造作のポイントとオススメの造作場所

 

造作キッチンの場合は使う木の種類だけでなく、形やレイアウトも自由に決めることができるのでキッチンを色々こだわりたい方は断然造作キッチンがオススメですが、こだわる程予算が必要になる点はネックと言えます。

一方、既製品のキッチンの場合はすでに商品としてキッチンがあるのでイメージしやすく、また造作キッチンと比べると価格も抑えられるのも大きな魅力となってきます。

そのためお手軽に木製キッチンの雰囲気を出したい場合は既製品のキッチンを使うのがオススメです。

木製キッチン(既製品)

その他、木製キッチンを選ぶ時に一番意識しておきたいのが、キッチンの天板を木製にするか、それともステンレスや人造大理石などを使うのか、どちらを選ぶかという点です。

特にキッチンの天板は汚れやすい部分なので、掃除のしやすさという点はやはり気になるところ。

また、木なので時間が経つとどうしても反りが出てしまったりシンクやコンロに隙間ができてしまうこともあります。

キッチンの天板に木を使うというのは意外と難易度が高いんですね。

そのため、キッチンの天板を木製にする場合は木製キッチンに慣れている工務店や木製キッチン専門のメーカーでキッチンを作ることで反りや隙間が出る可能性を減らすことができるのでしっかり確認しておきたいですね。

木製キッチン(一枚板)

Photo:http://npo-iezukurinokai.jp/prize2015/material/木のキッチン/

あとは木製キッチンで意識しておきたいのが塗装をどうするかという点です。

木製キッチンの場合は木をそのまま使うのではなく木に塗装をして使うことになるからなんですね。

 

一般的には木にウレタン塗装かオイル塗装を行いますが、その2つで汚れの強さや質感というのは結構違ってきます。

汚れが付きにくいのは断然ウレタン系の塗装となるのですが、艶が出てしまい触った時も木の感触というのが少なくなるという特徴があり、オイル塗装の場合は木の質感がそのまま残りますが汚れにそこまで強くないというように、特徴にかなり違いがあるんですね。

そのため、あなたが汚れに対してどこまで気になるのか。

この部分は木製キッチンにする場合は必ず確認しておきたいポイントと言えます。

個人的にはキッチンの天板に木を使う場合はウレタン塗装を、扉やキッチン本体は質感をしっかり残しておきたいのでオイル塗装にする。

この辺りが多くの家を設計した中で一番バランスの良い組み合わせだと感じます。

まとめ

今回は木製キッチンについて詳しく見てきました。

木製キッチンは木の質感というのが1番の魅力で、どんなインテリアにも合わせやすく空間をグッとオシャレにしてくれます。

また、どこに木を使うかでも見た目が変わってくるので色々アレンジしてみるのも楽しいものです。

木の質感が好きな方はぜひ一度木製キッチンを検討してみてくださいね。

では。

 

キッチンについてはこちらも参考にしてください。

間取りで見る使いやすいキッチンと冷蔵庫の配置4選

対面キッチンはどれがおすすめ?5つの対面キッチンとメリット、デメリット

壁付けキッチンのメリットとデメリットって何?失敗しない壁付けキッチンの作り方

アイランドキッチンで後悔しないために知っておきたいメリットとデメリット

ペニンシュラキッチンで後悔しないために知っておきたいメリットとデメリット

キッチンに吊り戸棚は必要?吊り戸棚が合うキッチンと使いやすい吊り戸棚にする方法

キッチンのゴミ箱はどこに置く?お洒落なキッチンにする方法

キッチンの床をタイルにした時のメリットとデメリットを解説します

おすすめの食器棚やカップボード、4選。あなたはどれがお好みですか?

プロおすすめのキッチンのつくり方と選び方4選

ダイニングで美味しいご飯を食べるために気をつけたい3つの事

キッチンカウンターの効果的な作り方3選

キッチンのサイズや大きさはどれくらいが使いやすい?キッチンを使いやすくする方法

人気記事

1

「家を建てるのにブログを参考にさせてもらっています。1つずつ記事を読ませてもらっているのですが、家を建てる時のスタートから家が完成するまでの流れがまとまった記事を書いてもらえないでしょうか?」 読者さ ...

2

人生の一大イベントとなる家づくり。 せっかく家を建てるなら理想の家を建てたいと思いますし、少なくとも家づくりで失敗するのは避けたいですよね。   では、「家を建てたい」と思った時、まず何から ...

3

「キッチンを対面キッチンにしようと思うのですが、対面キッチンにも色んなキッチンがあるので迷ってしまいます。おすすめの対面キッチンがあれば教えてもらえないでしょうか?」 読者さんよりこのような質問をもら ...

4

土地を買って家を建てる場合、土地探しをして土地を見つける必要があります。 でも、土地は高価な上にめったに売買することがないので、失敗せずに土地を手に入れるのは大変。   そこで今回は、土地探 ...

5

以前、家の外観を良くするための窓の使い方についてご紹介しました。 →家の外観を良くする方法(窓の使い方編)   家の外観は窓の使い方でかなり見え方が変わってきますが、家の外観を良くするために ...

6

新築の家を建てるなら、オシャレな内装の家にしたいもの。 なにより新しい家の内装を考えるのは楽しいものですよね。 でも、実際にどうすれば部屋がオシャレに見えるのかあまりイメージがつかないという方も多いの ...

7

「家を建てるならできれば広々とした開放感のあるリビングにしたいと思っていたのですが、実際には予算や敷地の広さの関係でLDK全体で20帖くらいの広さとなってしまいそうです。LDKで20帖というのは広さ的 ...

8

こんにちは、O型建築士です。 家づくりをする時、「家づくりは間取りなども重要だけでも、家の性能も結構重要ですよ」というお話を時々してきました。 家の性能が悪いと、夏に暑くて冬に寒い家になってしまうから ...

9

「家づくりをしています。その中で家具やキッチンを造作で作りたいと思っているのですが、造作にする時のポイントや注意点があれば記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをいただき ...

10

「風通しが良くて明るい家に住みたい」 家を建てるほとんどの方は、このように思っているのではないでしょうか。 どうせ家を建てるなら、やはり明るくて風通しの良い家に住みたいですよね。   では、 ...

11

「部屋をオシャレにしたいけど、どんなふうにインテリアをコーディネートしたらいいか迷うなぁ。どんな家具や雑貨を置けばいいんだろう?」 このように思われる方も多いと思います。 部屋のレイアウトやコーディネ ...

-仕様や設備、性能が気になる方はコチラ
-

Copyright © BUILD WORKS , All Rights Reserved.