家の外観を良くする方法(窓の使い方編)

gaikan12

「新築で家を建てるなら外観もカッコ良くしたい」、「どこにでもある普通の外観だけにはしたくない」、「家の外観はシンプルで良いけど飽きのこないものにしたい」など、家の外観について気になる方は多いと思います。

このように家づくりでも家の外観は注目される部分ですが、いざでき上がった外観を見てみるとシックリこないという話もよく耳にします。

それだけ、外観を整えた家をつくるというのは意外と難しいんですね。

 

外観を決める要素はいくつかありますが、今回は外観を整えるための「窓」の選び方や配置についてご紹介したいと思います。

家の外観が気になる方はぜひご覧ください。

窓を選ぶときの注意点

家の形というのは数多くありますが、家の形によっても合う窓、合わない窓というのがあります。

まずは引違い窓を例に、家の形によってどういう窓が合うか見てみましょう。

家の光や風を左右する!家を建てるなら知っておきたい窓の話

 

それではまず、こちらの家をご覧ください。

gaikan01

この家をカッコいいと思われる方はいないのではないでしょうか。

確かに、全く外観に魅力を感じませんね。

 

今回の家の外観が失敗している1番の原因は、玄関がある位置(道路からよく見える位置)に引違い窓を多用していることが挙げられます。

それだけ引違い窓というのは普通の家に見えてしまう要因になりやすいんですね。

特に、今回のように間口が広くない家で引違い窓を使うと、その影響が大きく表れます。

 

では、なぜ間口の広くない家で引違い窓を使うと外観が格好悪くなるんでしょうか?

 

間口が広くない家は四角く見えることが多く、それだけでボテッとした野暮ったいイメージを与えてしまいがちです。

そのため、ボテッとした感じを窓でいかに無くしていくかがポイントになってきます。

もっと縦長や横長、真四角などデザインが洗練された窓を使って野暮ったさを緩和していく必要があるんですね。

(引違い窓はデザインが洗練されている訳でもなく、さらに野暮ったさが強調されてしまいます)

 

例えば、下の画像は先ほどと形が全く同じ家ですが、引違い窓を使わないだけで印象はかなり違ってきます。

gaikan21細長いシャープな印象の窓を使うことで、野暮ったさが大分薄まってきていますね。

モダンなデザインの窓に合わせて玄関の庇を細くしたりして整えてあげると、より野暮ったさを消すことができそうです。

プロが教える、使いやすく雰囲気の良い玄関ポーチのつくり方

 

このように、家の形に合った窓を選ぶのが外観の基本になるんですね。

 

少し余談ですが、引違い窓で注意点をもう1つ。

実は、引違い窓が2つ並ぶとより格好悪く見えてしまうということもあります。

もう一度さっきの家をご覧ください。

何かに似てるように見えませんか?

gaikan01

そうです。

家が人の顔のように見えてしまうんですね。

gaikan11

2階に引違い窓が2つ並ぶだけで、家の外観が顔のようにも見えるようになり、一気に見栄えが悪くなってしまいます。

(昔、キン肉マンで出てきたキン肉ハウスのようになってしまうんですね)

木の節が人の顔に見えたりと、人は見たものを身近な物に連想しがちですが、家も同じで人の顔のように見えてしまう家になることがあるんですね。

 

人の顔のように見える家だと、素敵な外観の家とはお世辞にも言えなくなってしまうので、2つ並んだ引違い窓は特に注意が必要です。

外壁面が広い家の窓の配置

先ほど、間口が広くない家で引違い窓は止めた方がいいという例をご紹介しましたが、引違い窓が必ずしも悪いという訳ではなく、家の形次第で引違い窓も活きてくるようになります。

それでは、下の家をご覧ください。

gaikan12

引違い窓を多用していますが、先ほどの間口が広くない家(四角い家)みたいに変な感じはしないのではないでしょうか。

引違い窓は、間口の広い場所(外壁面が広い場所)には上手くマッチするんですね。

特に、外に出られる掃出し窓は、外壁面が広い場所との相性がとてもいいです。

 

理由は、外壁の面積が広いと壁ばかりになってしまい味気ない家になりがちですが、大きな窓があることで家全体のバランスが良くなります。

窓の面積を増やすことで外観のアクセントとなるんですね。

 

このように家の窓は、家の形やバランスとの相性がよい窓を配置にしていくのが大前提となってきます。

窓の位置を揃える

家に窓を配置していくとき、どのように窓を配置していくかでも家の印象は大きく変わります。

ポンポン、と間取りに合わせて適当に配置していくだけでは整った外観にならないんですね。

 

では、どのように窓を配置すればいいのでしょうか。

そんな窓の配置で一番分かりやすく簡単なのが、窓の高さやサイズを揃えるという方法です。

先ほどの家を例に見てみることにしましょう。

gaikan22

位置や高さが合うように窓が配置されています。

窓の位置や高さが揃うことで奇麗なラインに見え、外観が整って見えるようになるんですね。

キレイなラインは、そのまま家の見た目の良さに繋がってきます。

 

では、先ほどの家に窓をバラバラに配置するとどうなるでしょうか?

gaikan23

悪いと言う訳ではありませんが、なんだか纏まりがなくゴチャゴチャした外観の家になってしまっています。

それだけラインの見え方というのは家の外観にかなり影響してくるんですね。

窓のラインを揃えるのはルールが明確で比較的簡単な方法なので、もし家の外観が上手く纏まらない場合、1度ラインを揃えてみてはいかがでしょうか。

 

では次に、ランダムな窓の配置について見てみましょう。

ランダムに窓を配置していくケースとして代表的なのが、無印良品の「窓の家」です。

こんな感じの家ですね。

無印 窓の家

Photo:http://www.muji.net/ie/madonoie/

窓の位置は全く揃っていませんが、家全体として上手くまとまっていますね。

ランダムなので適当に窓が付いているように見えつつ、計算されながら窓が配置されています。

 

実はこのようにランダムに窓を配置したり、あえて外しながら窓を配置するのはかなり難易度が高いんです。

服装でもビシッと決めるよりも、あえて外しのポイントを入れるのが難しいように、窓の配置もセンスがかなり問われるようになってしまうんですね。

窓が揃った家よりも個性的な見え方になりオリジナリティが増しますが、その分、窓の配置も難しいので、担当者がデザインセンスに長けた熟練の設計士なのかどうかが、ランダムに窓を配置してもいいかどうかの判断基準になってきます。

窓を組み合わせる

窓を配置するとき、窓の大きさや形によって見え方はかなり違ってきます。

やはり大きい窓であればFIX窓がキレイに見えますし、縦のラインを強調したければ縦長の窓を付けることで縦のラインに意識がいくようになります。

FIX window

ただ、窓はただ見栄えだけを考えて配置するのではなく、風通しも重要な要素となってきます。

外観はいいけども、風が全く通らない家というのも住みにくいですよね。

 

そんな時、いくつかの窓を組み合わせるという方法もあります。

window10

窓を大きくしたいけども、開かないFIX窓だと風通しが悪くなる場合や、掃出し窓だと外に落下してしまう場合、開閉できる窓を組み合わせながら窓を希望のサイズにできるんですね。

その土地の特性に合わせながら、窓を配置するのがポイントです。

 

このように家の快適さに配慮しつつ、窓のサイズも意識して窓を配置していくと、見栄えもしつつ快適な家になりやすいんですね。

まとめ

今回は家の外観と窓の関係についてお伝えしました。

窓が外観の全てではありませんが、窓の配置を意識するだけで、家の見栄えはかなり変わってくるんですね。

そのため、間取りや窓が確定してから家の外観を意識するのではタイミングが遅く、間取りの最初の段階で窓の配置や形についても配慮しておくのが重要となります。

窓は外観に大きな影響を与えますが、最初から意識しておかないと後で変更するが大変なんですね。

 

窓は光と風といった家で生活する上で快適かどうかに大きく影響してきますが、外観も窓次第で大きく変わってきます。

ぜひ窓を上手く使いこなして、外観と快適性を備えた家をつくってくださいね。

それでは次回は、家の形と外観の関係について見ていきましょう。

家の外観を良くするために知っておきたいこと

 

では。

 

外観についてはこちらも参考にしてください。

新築の家を建てるなら気をつけたい外観の話

外壁の失敗例から学ぶ、絶対に知っておきたい外壁材5選

屋根の形状次第で、家の外観はかなり変わるんです。

家の外観が気になるなら知っておきたい「雨樋」の話

外構のデザインで家の外観は驚くほど変わる

暮らしやすい玄関ポーチのつくり方。家の外観も高級感が出ます。

家の外観ですごく気になること(下屋編)

窓についてはこちらもどうぞ

家の光や風を左右する!家を建てるなら知っておきたい窓の話

窓で失敗しないために知っておきたい3つのポイント

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

まとめ

窓をどう配置すれば、家の外観は良くなるの?

  • 家の形に合った窓を選ぶ。
  • 窓の高さやサイズ、位置を揃えるとキレイに見える。
  • 窓のランダムな配置は、設計者のセンスが大きく影響する。
  • 間取りの最初の段階で、外観を意識した窓の配置にしておく。