ステンレス VS 人造大理石 どっちにする?キッチンのワークトップ(天板)の選び方

キッチン

「キッチンの天板はステンレスがいい?それとも人造大理石?」

読者さんからよくもらう質問です。

 

キッチンやお風呂など、住宅設備機器を選ぶ段階になると、打ち合わせの主役は大抵の場合奥様となります。

ショールームを見学にいっても目を輝かせているのは奥様で、あれも良い、これも良い、なんて際限なくうろうろしている間にご主人は少々手持ち無沙汰に・・なんていう光景をよく見かけます。

せっかくの家づくりだから、と、一つ一つを吟味して数社を比較検討したはいいけれど余計悩まれる事が多いのも住宅設備機器。本日はそのお悩みの声が一番多い「キッチンのワークトップ(天板)」についてご説明します。

目次

ステンレスのキッチン天板

ステンレスキッチン

各メーカーともキッチンのシリーズにあわせていくつかの種類のワークトップ(天板)を発売していますが、主要な住宅設備機器メーカーのキッチンの場合、ステンレス製か人造大理石(人工大理石)製かの2つに分かれています。

その中でも、ステンレス天板は、今お住まいのキッチンや実家のキッチンなどで多くの皆さんが使った事のある代表的な素材ではないでしょうか。

改めて、ステンレスのメリットをあげてみます。

ステンレス天板のメリット

ステンレス天板

出典:https://cleanup.jp/kitchen/cleanlady/stainless_worktop.shtml

水や熱、錆に強い

ステンレスというのは英語で「Stain less」(=錆なし)という意味で、全く錆びない訳ではありませんが一般的には錆にくい素材です。

しかも昔のステンレスとは違い、最近のステンレスはさらに錆びない成分について研究開発されているため、錆に対して非常に強くなりました。

このため、水を多く使うキッチンの素材としてはおすすめです。

特にSUS304といって鉄に18%のクロムと8%のニッケルを含んだ18-8ステンレス素材は水や熱にも強く、強度も高いです。

 

汚れに強い

ステンレスは汚れがしみ込みにくい素材でもあります。

そのため、表面を中性洗剤で拭き取ると汚れが落ちますので、お掃除がらくちんです。

がんこな汚れはメラミンスポンジやクレンザーなどで研磨して落とします。

 

臭いがつきにくく衛生的

ステンレスは医療器具にも使われる衛生的な素材です。

臭いもつきにくい事からキッチンの素材としても優れています。

ちなみに、キッチン全体の仕様で、木製のキッチンに比べオールステンレス製のキッチンはゴキブリの侵入率が1/8とも言われています。

 

表面加工によって見え方が違う

ステンレスはヘアライン加工(細かい線が入ったツルツルピカピカの加工)やバイブレーション加工(ちょっと波打っているようなマット質感の加工)、エンボス加工(細かい凹凸が沢山ある加工)など、いくつかの仕上げ方があります。同じ素材でありながら表面の加工方法によっても様々なデザインがあります。

 

流し(シンク)とのシームレスな接合

天板をステンレスにすると流し(シンク)部分もステンレスになりますので、この場合はシームレスといって天板から流しまで継ぎ目の無い一体型のものが人気です。

もし天板を人造大理石(人工大理石)にしてシンクをステンレスにした場合、継ぎ目から汚れや錆が付着することがありますので注意してくださいね。

 

人造大理石(人工大理石)の天板に比べると若干安い

人造(人工)大理石の天板と比較した時にステンレスの方が少しリーズナブルな金額になる傾向があります。

 

以上がステンレス天板の代表的なメリットとなります。

ただ、ステンレスのワークトップにもデメリットはあります。

次はステンレスワークトップのデメリットを見てみましょう。

ステンレス天板のデメリット

無機質な雰囲気

人造大理石(人工大理石)のもつ明るい自然な風合いと比べると、ステンレスは非常に無骨で無機質な雰囲気を漂わせます。

そのため、ステンレスが好きな人と嫌いな人とで結構好みの違いが出てきます。

 

時間と共にステンレスの光沢が無くなる

家が完成した時はピカピカに輝いているステンレスですが、どうしても使って行くうちに光沢がなくなり、また水垢をそのままにしておくと水跡がつきやすくなります。

そのためマイクロファイバーの吸水性の高い布巾等でこまめに水気を拭き取る事が大事です。

 

「もらい錆」がつく

ステンレス自体は錆びにくい素材なのですが、鉄製の鍋などを天板やシンクに長時間置きっぱなしにすると、鍋の錆などが付着して「もらい錆」といって錆が発生してしまうことがあります。

キッチンのもらい錆出典:http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20120301_1.html

もらい錆が付くと錆を取るのが大変なので、鉄製品の長期間置きっぱなしには注意が必要です。

 

デザインによっては野暮ったい

ステンレスの加工方法によっては見た目が少し野暮ったくなることもあります。

オールステンレスキッチンのトーヨーキッチンやクリナップ、エクレアなどの仕上げはすっきりとした見た目のヘアライン加工やバイブレーション加工ですが、TOTOやLIXILなどの大手メーカーのエンボス加工のステンレス天板は、どうしても汚れ・傷防止のエンボス加工など実用的なデザインに特化していることが多く、人造大理石(人工大理石)に変える方も多くいらっしゃいます。

人造大理石(人工大理石)のキッチン天板

人大キッチン

次に、人造大理石(人工大理石)について見ていきましょう。

見た目が大理石のように高級感のある天板のことですね。

 

ちなみに、人造大理石と人工大理石の2つを記載していますが、違いをご存知でしょうか?

・人造大理石→天然の大理石を粉砕し、セメントや樹脂で固めた半人工素材

・人工大理石→アクリル樹脂やポリエステル樹脂を主成分とした人工素材。大理石の代用としてキッチンの流しや風呂に使用される事が多い。

このように、この二つの天板は似て非なるものです。

 

日本ではパソニックやLIXIL、TOTOなど多くの主要キッチンメーカーが人工大理石を採用していますが、トクラス(旧YAMAHA)では人造大理石を採用しています。

トクラスのショールームに行かれたお客様はショールームのアドバイザーから熱く人造大理石の説明をされる事が多く、皆さんそのこだわりに感心されるようです。

トクラスの人大

出典:http://www.toclas.co.jp/kitchen/berry/feature.html#h302

また、人工大理石の性能については、ポリエステル製よりもアクリル製の方が汚れが落ちやすい、耐候性・耐衝撃性に優れているとされており、価格もアクリル製の方が高いとされます。

人工大理石の天板を選ぶ場合は、メーカーにどんな素材でどのような特長があるのかを聞いてみるといいですね。

メリット・デメリットについては、人造も人工もほぼ一緒ですので、まとめて説明いたします。

人造大理石(人工大理石)天板のメリット

色やデザインが沢山あるためインテリアになじみやすい

なんといっても一番の魅力は多彩なデザインです。

石目調、砂目調のデザインやマットでツルツルな質感まで、色・デザインともに沢山ラインナップが出ています。

キッチンやダイニングのインテリアに合わせやすいので人気があります。

 

キッチンの作業台というよりはインテリアのカウンターに近い感覚で使える

上記と同じく、インテリアになじむという点で「キッチンらしくない」インテリア性の高いキッチンをつくることが可能です。

壁に接していないアイランド型のキッチンや、キッチン天板の奥行きを90cm~1m程度にのばして作業側とテーブル側というように一枚の天板を広々使うカウンタータイプなども最近は人気があります。

こうしたインテリア性の高いキッチンは、「台所仕事は奥の仕事」という昔の文化習慣から、オープンタイプでお客様にもキッチンが覗かれることを意識した「家事のファッション化」を家にもたらしました。

人造大理石(人工大理石)天板のデメリット

熱や液体のシミで変色を起こす

これは皆さんが心配されるポイントです。

特に加熱機器をIHにした場合、五徳が無いため天板はフラットな状態です。

このため、調理が終わった鍋をさっと横の天板の方に移動させる・・といううっかり事故が多いのだとか。

熱い鍋は鍋敷きを敷いて使うようにするのが人大のきっちんにする場合は重要です。

液体は、例えばお醤油を出がけに流しに垂れ流しておいてそのまま数日外出、なんてことをするとお醤油が流れたラインがくっきりとシミになって残っています。

のつくものを流した後は必ず水かお湯を流し、シンクに液体跡が残らないようにしてください。

 

固くて重たいものを落とすと天板が割れることがある

ステンレスの場合はこのような時には凹んだりして素材が衝撃を吸収しますが、まれに割れることがあります。

また、ワイングラスなどを天板の上に落として割ってしまったという話もたまに聞きますので注意してくださいね。

 

年数が経つと紫外線の影響を受けて若干黄ばんでくる

特に真っ白なタイプを選びたい方、これは覚えておいた方がいいと思います。

太陽光の紫外線だけでなく照明器具の光線にも紫外線がありますので、経年変化については頭の片隅に覚えておく必要があります。

 

色の濃いデザインを選んだ場合、クレンザーなどで磨くとうっすら白く変色する

最近はメラミンスポンジなどで洗っても大丈夫とうたうメーカーもありますが、いずれにせよ、研磨して汚れを落とすタイプのお手入れは十分気をつけてくださいね。

 

傷がつきやすい

年数を経るごとに細かい傷がつき、素材の中に汚れを残してしまいやすくなります。

色が黄ばむのもそうですが、長く使うと汚れなどが目立ちやすくなるので注意が必要です。

 

焦げのついた鍋など放置しておけばやっぱり「もらい錆」がつく

これ、意外と多いんです。

結局の所、ステンレスにせよ人造大理石(人工大理石)にせよ、使用した鍋をキッチンの天板やシンクに長時間そのまま置かないというのが基本です。

 

シンクだけステンレス、またはシンクだけ人造(人工)大理石の色を変えると継ぎ目から劣化する

どうしても異素材のもの同士を接着させる際にはつなぎ目が存在します。

長持ちを優先させるのであれば、つなぎ目のなるべく少ない天板を選択しましょう。

 

1点ものの特注品には対応が難しい

人造(人工)大理石の天板を作る際、型に流して成形します。

このため、オリジナルで特殊な形の天板を作ろうとすると非常に金額があがります。

 

万一燃えてしまった場合、不完全燃焼により一酸化炭素等のの有毒ガスを発生させる

人造(人工)大理石は可燃物です。

万一火災が発生し、天板に火がうつった際は非常に危険です。

人造(人工)大理石のキッチンが燃えた場合は、すぐにその場を離れるのが重要です。

人大の汚れ

出典:http://sapika.seesaa.net/article/136614486.html

選び方の基準

ここまでステンレスキッチンと人造大理石キッチンの天板について説明してきましたが、メリットデメリットについてお分かりいただけましたでしょうか。

次に、色々ある天板を選ぶ際にぜひチェックしていただきたい点をご紹介します。

どのチェックポイントを重視するかによって、最適な選択は変わってきますのでご注意下さい。

 

キッチン&ダイニングとの調和

きっと、多くの方がこの点で迷われていることと思います。

まず、キッチンエリアの床や壁の色や素材を思い浮かべてみましょう。

可能であれば、打ち合わせしている床材や壁紙のサンプルをショールームに持って行く事をお勧めします。

次に、キッチンの天板と扉面の面材の組み合わせが、自分が目指すインテリアの方向性に沿ったものかどうかを
よく検討してみるのがポイントです。

 

料理の頻度や種類

料理の頻度や何を作るかを優先させたい場合でも、選ぶ天板は変わってきます。

一般的には、天板にステンレスを選ばれる方は、本格的に料理を作る方が多いと言われています。

以前、お客様でオールステンレスのキッチンを導入された方がいましたが、輸入のガスオーブンを組み込んだりしてさすがだなと思った事があります。

 

また、ダイニングとの一体化、見た目のきれいさを優先させたい場合は人造(人工)大理石や天然石の天板を選ぶ方が多いと言われています。

このキッチンでどんな料理をどのくらい作るのか。イメージしてみましょう。

 

お手入れの頻度

これも大事なチェック項目です。

料理の頻度や内容にもよりますが、どんな料理が多いのかによってお手入れの頻度も変わってきます。

先ほどのメリット、デメリットで代表的な例をご紹介しましたが、メーカーによって日々のお手入れ方法については違いがあるので、ショールームに行った際にメーカーに確認しておくのがオススメです。

ステンレスキッチン

出典:http://www.sanwacompany.co.jp/shop/c/c1210/

質感

ショールームに行ったら必ず天板は触ってみることをおすすめします。

水に濡れたらまな板が滑りやすいか、固さはどうか等、何年か経った時にどうなるのか、質問してみるのもいいですね。

 

つなぎ目

つなぎ目は家が完成して実際に使いだしてから気になる部分です。

特に天板と流し(シンク)の素材や色を変える場合は、凹凸がないか手で触り、何年か経った時にどうなるのかをメーカーに確認してみるといいですね。

価格

ここも大事なポイントですね!

ハウスメーカーや工務店で家を建てる場合、主要な国産メーカーから住宅設備機器を購入すると割引価格で購入することができます。

ステンレスにした場合、人造(人工)大理石にした場合、どの程度の金額の変動があるのかを知りたい所ですが、各ビルダーによって出し値が変わるため、メーカー側は定価のみのご案内となります。

念のため、カタログ等で定価の価格差を確認しておきましょう。

 

テンションがあがるか

最後に、大事なことです。

お客様が迷われている時は私はいつもこの質問をお客様に問いかけます。

このキッチンの天板の前で料理をしようとした時にご自身のテンションはどの位あがるか・・想像してみてください。

もちろん金額も大事な要素ですしお手入れ方法も重要です。

しかし、キッチンは一度購入したらリフォームするのは何十年も先の事です。

後々まで「あ〜あっちにすればよかったな・・」と思いながら料理をするのと、「高かったけれどこれにしてよかった。

大事に使おう」と思いながら料理をするのとでは、どうでしょう?

何が自分にとって優先順位が高いのか、他を削ってでもこだわりたい場所なのか、じっくり検討してみましょう。

まとめ

本日のまとめです。

・ステンレス、人造(人工)大理石、天然石とそれぞれの特長をよく知る事がキッチン選びの秘訣

・天板を選ぶ際には、7つのチェックポイントで何を最優先するかを検討することで、自分にあった最適な天板選びができる

 

いかがでしたでしょうか。

最後に、可能であれば、ショールームをじっくり見学される前にカタログを取り寄せることをおすすめします。

あなたにとってのベストな天板を選んでくださいね。

 

キッチンについてはこちらも参考にしてください。

間取りで見る使いやすいキッチンと冷蔵庫の配置4選

対面キッチンはどれがおすすめ?5つの対面キッチンとメリット、デメリット

キッチンのゴミ箱はどこに置く?お洒落なキッチンにする方法

キッチンの床をタイルにした時のメリットとデメリットを解説します

おすすめの食器棚やカップボード、4選。あなたはどれがお好みですか?

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断