間取りでお悩みの方はコチラ

勝手口って家に必要??迷った時に答えを出す方法

「勝手口をつけるか迷っています。勝手口があれば便利なように思うけども、無くても不便はないかも。」

このような勝手口を作るかどうかという質問は家を建てる方からよくいただく質問です。

昔の家では勝手口がある家が当たり前でしたが、最近の家では勝手口が無い家も多いですし、賃貸で多いアパートやマンションでは勝手口がないケースがほとんどなので、実際に勝手口があると便利なのかどうかよく分からないということも多いんですね。

では、実際に勝手口は作った方が良いのでしょうか?

今回はそんな勝手口について詳しく見ていきたいと思います。

勝手口を作るかどうか気になっている方はぜひご覧ください。

勝手口の今と昔

冒頭でもお伝えした通り、昔は勝手口があるのが普通で最近では勝手口のある家は減っています。

では、どうして勝手口のある家は減少傾向にあるのでしょうか?

まずは、勝手口の現在と過去について見てみたいと思います。

 

今と昔の家の大きな違い。

それは間取りに大きく現れてきます。

たとえば今の家はLDKを一体で作るなどあまり限り区切らず、広く開放的な空間にしてリビングだけでなくキッチンも快適な空間にするという考え方が主流です。

その一方、昔の家はキッチン(台所)が独立していて北側など奥まった場所に作られ、居間を光の当たる南側に作るという間取りがほとんどでした。

家族がくつろぐスペースと家事をするスペースが明確に分かれていたんですね。

そのためキッチン(台所)に外から直接アクセスできるというのは結構重要な意味を持っていました。

ゴミを出すのもそうですし、外で買ってきた食料品を勝手口を通じて台所へ運ぶなど、キッチンの出入り口という役割が大きかったんですね。

たとえばひと昔前の家の代表格と言えるサザエさんの家であれば台所に勝手口があり、酒屋さんが商品を運び入れたり注文を取っている場面も見かけますよね。

このように、以前は玄関は面の出入り口、勝手口は家事用の裏の出入り口というように明確な役割を持っていました。

 

一方、現在になるとキッチンもLDKという名前のように独立して作るのではなく、リビングと一体で作られることが多くなりましたし、独立キッチンにする場合もすぐ近くにダイニングやリビングを配置しますし、明るさや快適性なども配慮したキッチンにするのが一般的です。

昔のようにキッチンが独立することが減ったので、勝手口の重要性も以前よりは少なくなっているんですね。

 

では、勝手口はあまり必要ない物になってしまったのでしょうか?

次に勝手口が必要かどうかについて見ていきましょう。

勝手口は必要?

「勝手口が必要かどうか?」

その答えを見る場合、「生活スタイル」と「間取り」。

この2つが大きなポイントになってきます。

それではまず、生活スタイルと勝手口の関係について見ていきたいと思います。

 

勝手口と生活スタイル

勝手口が欲しいという方で一番多い理由は、ゴミを置いたりゴミ出しの際に勝手口を使いたいというケースです。

キッチンのスペースは限られるので上手く外も活用していきたいというニーズはかなり大きいんですね。

では、ゴミ置きのために勝手口が必要かとなると、それは生活スタイルや地域によって大きく変わってきます。

 

たとえば、ゴミを外に置く場合に多いのが、缶やビン、ペットボトルといった生ゴミ以外のもの。

生ゴミを外に置くと暑い時期は臭いの原因ともなってしまいますが、缶やペットボトルなどであればそのような心配はありませんし、意外と場所を取る物なので外に置きたいというケースも多いんですね。

ただ、缶やペットボトルというのは家庭によって出る量はかなり変わってきます。

たとえば毎日のお風呂上がりのビールが楽しみという家庭であれば缶の量はかなり増えますし、空きビンも日本酒やワインが好きであれば本数も増えます。

同じようにペットボトルについても、どれだけペットボトル飲料を飲むかで量はかなり変わってきます。

このように、まずは勝手口に置く可能性があるゴミがどれだけ出るか。

この部分が勝手口を作るかどうかのチェックポイントになります。

 

その他、缶やペットボトルといったゴミの回収はどれくらいの頻度なのかというのも確認しておきたいところです。

たとえば週に1回ほど回収してくれる自治体もあれば、回収は月に1度という自治体もあります。

回収の頻度が高ければ小まめに捨てることができますが、月に1度だと溜まりやすくなってしまいますし、ずっとキッチンに置いておくのも邪魔なものです。

そうなると勝手口にゴミが置けるというのは大きな魅力になってくるんですね。

お隣同士の自治体であっても、ゴミの捨て方、回収の頻度というのはかなり違いがあります。

まずは住む地域のゴミの回収がどれくらいかというのは必ず確認しておきたいですね。

 

あとはゴミを勝手口から直接捨てに行くのか、それとも仕事に行くついでにゴミ出しも行うというスタイルなのかでも違いがあります。

たとえば出勤ついでにゴミ出しをする場合、勝手口にゴミを置いていると勝手口に出てゴミを回収するという手間が一つ増えてしまうので、あとで手間に感じてきてしまうこともあるんですね。

特に冬場や雨、雪の日などは一度外に出てゴミを回収して玄関から出勤するというのは結構手間となり、結局勝手口は使わなくなったというケースも起こります。

まずは実際に勝手口の有る生活をシミュレーションしてみる。

これが勝手口を作るかどうかで大切なんですね。

 

勝手口と間取り

それでは次に、勝手口と間取りについて見ていきましょう。

勝手口を作る場合、基本的には3つのパターンが考えられます。

1つはキッチンのすぐ横に勝手口を作るケース。

勝手口のある間取り

 

勝手口というとこのような間取りを思い浮かべる方も多いと思いですよね。

一番スタンダードな勝手口の作り方になります。

 

次に、パントリーなどキッチン近くの収納に勝手口を作るというケースもあります。

パントリーに勝手口がある間取り

買い置きをすることが多い家庭や、実家から野菜などがよく届いたり家庭菜園をしていてキッチンに直接勝手口があるよりもキッチン近くの収納に勝手口がある方が便利という場合、このような勝手口の方が便利なんですね。

 

最後に、キッチンの近くに水回りを集め、家事室などから外に出れるようにするという場合です。

たとえば洗濯物を室内干し、外干しどちらもできるようにしつつ、必要に応じてゴミ置場としても使えるという感じですね。

家事室に勝手口がある間取り

勝手口と言っても必ずしもキッチンの横に作る必要はなく、あれば便利な所に勝手口を作ることで利便性を高めることができます。

(ちなみに、風通しについては一般的な勝手口ドアは通風勝手口といって窓を開けられるようになっているので、窓の代わりとしても使うことができます)

まずはあなたに最適な勝手口はどれなのか。

この部分は頭の中に入れておいてくださいね。

 

また、勝手口が必要かどうかはキッチンと玄関までの距離や、キッチンの近くに勝手口以外で外へ出入りできる場所があるかどうかというのも影響してきます。

たとえば、キッチンから外へ出るのに家の中を玄関までグルっとまわる必要がある間取りだとどうでしょうか?

買い物帰りの重い荷物を持って家の中を移動するのは結構大変ですよね。

そんな時、駐車場からキッチンへすぐ移動できる勝手口があるというのは、家事という点でとても便利になります。

同じように、ゴミ出しの場合もゴミを持って家の中をウロウロするのか、それとも勝手口があればすぐゴミを捨てに行けるのかというのも確認しておきたいポイントですね。

 

また、勝手口の代用となる出入りできる窓がキッチンのすぐ側にある場合、勝手口の必要性というのはかなり低くなります。

勝手口を作る場合、勝手口ドアと外に土間、簡単な庇くらいで約20万円前後となるケースが多く、勝手口の代わりに窓を付けたとしても15万円くらいは費用を抑えることができます。

(勝手口も基本は窓と同じ性能の物を使うので、窓のグレードによって差は出ます)

他の窓で勝手口を代用できるのであれば、その分他に予算を割り振ってコストパフォーマンスの高い家づくりをするというのも良いですね。

(代用する場合、地面と家の床までは60㎝くらいの段差があり上り下りが大変なので、出入りしやすいようデッキや土間を作ると楽に出入りできるようになります)

勝手口を作る場合の注意点

それでは最後に勝手口を作る場合の注意点についても見てみましょう。

勝手口を作る場合、本体をドアにするか、それとも引き戸にするかを選ぶことになります。

そして勝手口を作る場合は断然ドアがオススメです。

その理由としては、玄関や勝手口に引き戸を使うとどうしても隙間ができやすく家の気密性が下がってしまい、その結果家の中の暖かい空気が外に逃げてしまう要因となってしまうからんですね。

お隣までの距離がない場合、ドアだと塀やフェンスにぶつかってしまうので引き戸にするというケースもありますが、そのような場合は家全体のことを考えて勝手口を作らないというのも英断と言えます。

5分で分かる!家づくりで大事な高気密と高断熱の話

 

また、靴や草履が汚れたり濡れたりしないよう、外だけでなく家の中にも土間を作るというケースもあります。

こんな感じですね。

土間のある勝手口

そのような場合も寒さについては注意しておきたいところ。

土間は家の中でもかなり冷える場所ですし、断熱材を設置しにくい場所でもあります。

その結果、土間を作ることでキッチン付近が寒くなってしまうということが有るんですね。

そのため、土間を作る場合は全館空調など家全体を温めやすい作りにしたり、土間のある場所は扉をつけるなど冷気が少しでも家の中に入りにくいような作りにしておくなど、寒さ対策はしっかり取っておきたいですね。

まとめ

今回は家に勝手口は必要かどうかについて見てきました。

昔の家では勝手口は必須でしたが、今では生活スタイルや環境によって必要かどうかを判断するというのが正解となってくるんですね。

そして、勝手口を作るなら間取りとして勝手口が使いやすい間取りとなっているかというのもチェックポイントです。

たとえばドアがどちらに開くかでも使い方は大きく変わってきます。

勝手口から直接ゴミ出しをしたいのに、道路と反対側に勝手口が開くと使いにくいですよね。

また、ゴミを置くのであれば土間は広い方が物を多く置けるようになるなど、勝手口まわりも用途に合わせてアレンジするというのも効果的です。

(図面に書いてある土間の広さは最低限であることも多いです)

 

勝手口が必要か迷った場合、まずは勝手口が必要な生活かどうか検討してみる。

そして勝手口が必要な場合、その用途に合った間取りになっているかどうか。

これが使いやすい勝手口を作るときのポイントなんですね。

たかが勝手口、されど勝手口。

ある程度費用が必要な物なので、作るにしろ作らないにしろ、後悔しないようにしておきたいですね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】

注文住宅を建てる前に必ず知っておきたい!注文住宅のメリットとデメリット

人気記事

1

「家を建てるのにブログを参考にさせてもらっています。1つずつ記事を読ませてもらっているのですが、家を建てる時のスタートから家が完成するまでの流れがまとまった記事を書いてもらえないでしょうか?」 読者さ ...

2

人生の一大イベントとなる家づくり。 せっかく家を建てるなら理想の家を建てたいと思いますし、少なくとも家づくりで失敗するのは避けたいですよね。   では、「家を建てたい」と思った時、まず何から ...

3

「キッチンを対面キッチンにしようと思うのですが、対面キッチンにも色んなキッチンがあるので迷ってしまいます。おすすめの対面キッチンがあれば教えてもらえないでしょうか?」 読者さんよりこのような質問をもら ...

4

土地を買って家を建てる場合、土地探しをして土地を見つける必要があります。 でも、土地は高価な上にめったに売買することがないので、失敗せずに土地を手に入れるのは大変。   そこで今回は、土地探 ...

5

以前、家の外観を良くするための窓の使い方についてご紹介しました。 →家の外観を良くする方法(窓の使い方編)   家の外観は窓の使い方でかなり見え方が変わってきますが、家の外観を良くするために ...

6

新築の家を建てるなら、オシャレな内装の家にしたいもの。 なにより新しい家の内装を考えるのは楽しいものですよね。 でも、実際にどうすれば部屋がオシャレに見えるのかあまりイメージがつかないという方も多いの ...

7

「家を建てるならできれば広々とした開放感のあるリビングにしたいと思っていたのですが、実際には予算や敷地の広さの関係でLDK全体で20帖くらいの広さとなってしまいそうです。LDKで20帖というのは広さ的 ...

8

こんにちは、O型建築士です。 家づくりをする時、「家づくりは間取りなども重要だけでも、家の性能も結構重要ですよ」というお話を時々してきました。 家の性能が悪いと、夏に暑くて冬に寒い家になってしまうから ...

9

「家づくりをしています。その中で家具やキッチンを造作で作りたいと思っているのですが、造作にする時のポイントや注意点があれば記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをいただき ...

10

「風通しが良くて明るい家に住みたい」 家を建てるほとんどの方は、このように思っているのではないでしょうか。 どうせ家を建てるなら、やはり明るくて風通しの良い家に住みたいですよね。   では、 ...

11

「部屋をオシャレにしたいけど、どんなふうにインテリアをコーディネートしたらいいか迷うなぁ。どんな家具や雑貨を置けばいいんだろう?」 このように思われる方も多いと思います。 部屋のレイアウトやコーディネ ...

-間取りでお悩みの方はコチラ
-,

Copyright © BUILD WORKS , All Rights Reserved.