玄関の側にトイレってどうなの?トイレで間取りの善し悪しが分かります。

玄関横のトイレ

「トイレが玄関の側に来るのですが、玄関近くにトイレがあっても大丈夫でしょうか・・?」

読者さんよりこのような質問をもらいました。

玄関の近くにトイレがある間取りというのは以外とよく見かけることがありますね。

 

あまり目立つところにトイレがあると落ち着かないので、トイレはどちらかというと家の片隅に配置されがちです。

このように、家の間取りでは脇役になりがちなトイレですが、実はトイレに注目すると間取りの善し悪しが見える間取りの肝になってくる場所でもあるんです。

今回は読者さんの質問にお答えするだけでなく、トイレの位置と間取りの善し悪しの関係についてもご紹介していきたいと思います。

それではどうぞご覧下さい。

トイレの位置で間取りの善し悪しが分かる

トイレ

「トイレを家のどこに配置するのか」

意外かもしれませんが、私たち建築士にとってトイレの位置を決めるっていうのは結構難しいんです。

よく目立つ場所や部屋から丸見えの場所に配置してしまうと落ち着かないトイレになってしまいますし、かといってあまりに家の片隅に配置してしまうと、トイレを使うのに毎回遠い道のりを超えていかないといけなくなってしまいます。

 

そう言ったことを踏まえ上で、バランスの良い場所にトイレを配置する必要があるんですね。

とにかく余った場所によく考えずポンっとトイレを配置している設計士は、大した腕を持っていないと言い切れるくらいです。

それほど間取りの中でトイレの位置というのはキーポイントとなってくるんですね。

 

ではまず、一番ダメな配置のトイレってどんなトイレなんでしょうか?

それは、リビング(LDK)から丸見えのトイレです。

トイレのドアを開けると、ソファが真ん前にあって座っている人と目が合ってしまう・・。

こんなトイレは嫌ですよね。

トイレは音も気になる場所なので、LDKのすぐ側だとあまり落ち着かないトイレになりがちですし、くつろいでいたり食事をしているのにトイレの中がしょっちゅう見えるというのは気分の良い物ではないですね。

 

そのため、どうしてもLDKの側にトイレをつくる場合なんかでも、目隠しを造ってトイレが丸見えにならないようにしたりと、何かしらワンクッションが必要になってくると言えます。

洗面を通って行くトイレ

24坪アイキャッチ

では次に、どのような場所にトイレを配置することがあるか見てみましょう。

トイレをLDKの外に配置する場合、洗面所を通ってトイレに行くというような間取りもあます。(上の図面参照)

このような間取りは30坪に満たないようなコンパクトな家の場合によく見かけます。

 

洗面を通ってトイレに行く場合のメリットとしては、洗面台を手洗いとして使える事が挙げられます。

また、トイレを限られたスペースに配置でき、また人目にあまりつかない場所にトイレを配置できるので、コンパクトな住宅の場合は洗面所を通ってトイレに行くのがOKかNGかで、間取りの自由度というのは大きく変わってきます。

 

洗面を通ってトイレに行く場合のデメリットは、洗面やお風呂を使う人とトイレを使う人のタイミングが同じになった場合に発生します。

洗面とお風呂は繋がっている事が多いので、誰かがお風呂に入っている時にトイレに行きづらいですし、その逆もあり得てしまうんですね。

そのため、トイレが1つだけだとストレスになりやすいので、洗面を通って行くトイレをつくる場合、やはりトイレは2つ欲しいです。

 

また、洗面を通って行くトイレの派生バージョンとして、扉でトイレと洗面所を分けずに一体の空間にして、ホテルライクなオシャレなトイレと洗面にすることもあります。

普通は狭くなりがちなトイレを洗面と一体でつくることでスペースを広く取れますし、明るくオシャレな水まわりにしやすいんですね。

toilet

この場合のポイントは、トイレと洗面を2人同時に使うことができないので、別の階にトイレと身だしなみの整えられる洗面(手洗い)を設けるのが必須となってきます。

例えば、1階にLDKと手洗いがあり、2階に水まわりがある間取りの時などは、このようなトイレと洗面が一体の水まわりを造りやすいといえます。

玄関近くのトイレ

玄関横のトイレ

では次に、読者さんの質問にあった玄関近くのトイレについて見ていきましょう。

 

まず、玄関の側のトイレというのは、昔は結構嫌がられる事が多くありました。

大きな理由は2つ。

それは「昔の家には廊下が多かった」ことと「近所付き合い」が理由です。

 

まずは「昔の家には廊下が多かった」ことについて見てみましょう。

 

先ほどのリビング近くのトイレのケースも同じですが、最近の家は昔と比べて「廊下」というものを極力つくらない事が増えました。

「廊下」をつくると空間が細切れになりやすいですし、「廊下」は移動だけの無駄なスペースという扱いを受ける事が多いんですね。

もちろん、大きな広い家では廊下が必要ですが、30坪前後の家だと廊下のスペースはすごくもったいなく感じる人も多いですし、実際に廊下の長い家は変な間取りであることが多いです。

ツッコミどころ満載の住宅チラシが入っていたので、ツッコミを入れます。

廊下のない間取りにするための5つのポイント

 

ただ、廊下が無くなった事で、トイレをつくる場所が難しくなったのも事実です。

廊下があると部屋とワンクッション挟む事ができたので、トイレなど部屋と分けたい物は廊下に持ってくれば良かったからなんですね。

そのため、わざわざ玄関にトイレをつくる必要が無かったというのが1つ目の理由です。

 

次に近所付き合いについてですが、昔は来客が来て玄関で話し込む事が多く、玄関のすぐ近くにトイレがあるとトイレに行きたくても行きづらいというのも、玄関側のトイレが嫌われた理由です。

さらに昔は、トイレが2つある家なんかもそんなに無かったので、なおさら不便だったんですね。

 

一方、これらの理由を現代に当てはめてみると、廊下をつくる事がほとんど無くなったので廊下にトイレをつくるとい事自体激減しましたし、近所付き合いも昔と比べて少なくなりました。

さらにはインターホンが発達して会話だけではなくモニターで顔も確認できるようになり、ある程度の事は玄関に招き入れなくてもインターホン越しで完結するようになりましたし、最近では親しい人が来たら玄関で話し込むのではなくリビングまで案内するのが一般的になり、昔と比べて玄関の使い方自体が変わるようになりました。

 

そのため、今では玄関の近くのトイレを嫌う人は昔程多くありませんし、生活習慣を考えてみてほとんど影響が無いのであれば、玄関の側にトイレをつくっても問題はほとんど起こりません。

 

ただ、トイレのドアが玄関にいる人にぶつかったりすると危ないですし、トイレの中が玄関から丸見えというのはどうかなと思うので、安全性やトイレの見え方には気をつけたいですね。

玄関にトイレをつくる場合にも、やはり一定の配慮が必要となってきます。

まとめ

今回はトイレの位置について見てきました。

読者さんの質問にあったように、玄関にトイレをつくる場合もそうですし、その他の場所につくる場合でも、トイレをつくる位置や見え方というのは細心の注意が必要となってきます。

それだけトイレというのは配置する場所が難しく、間取りの善し悪しや設計者の気配りなどはトイレを見ると見えてくるんですね。

 

皆さんも間取りを見る時にはトイレの位置に注目して見てみてはいかがでしょうか。

間取りを見る目がきっと鍛えられてくるはずですよ。

では。

 

トイレについてはこちらも参考にしてください。

タンクレストイレとタンク付きトイレの違いって何?

新築の家にトイレが何個あるのが良いか検証してみた

階段下収納や階段下トイレってどうなの?効果的な階段下の使い方

トイレをオシャレにする方法とトイレ収納の話

玄関についてはこちらを参考にしてください

汚れが目立たない玄関タイルって何色?建築士がお答えします

価値のある玄関のつくり方

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

トイレの何処に注目すれば間取りの善し悪しが分かるの?

  • トイレが部屋や人がいる場所から丸見えでないかどうか。
  • 落ち着いたトイレになっているかどうか。
  • 出入口が人の邪魔になっていないかどうか。