トイレの位置はどこがいい?避けたい場所と理想的なトイレの場所

家の間取りを見る時、リビングや寝室と言った目立つ場所に目が行ってしまいますが、間取りを見る時に必ず確認しておきたいのがトイレの位置について。

トイレは毎日何度も使う場所なので、トイレの位置次第で生活のしやすさというのは変わってくるんですね。

また、トイレは音やニオイなど、他の部屋にも影響が出やすい場所でもあります。

 

では、そんなトイレはどこの配置すると良いのでしょうか?

今回はトイレの避けたい場所と理想的なトイレの場所について見ていきたいと思います。

間取りが気になる方はぜひご覧ください。

トイレの位置で避けたい場所

それではまず、トイレの位置で避けたい場所について具体的に見ていきましょう。

どんなトイレを避けた方が良いのでしょうか?

 

LDKから丸見えのトイレ

トイレの位置で一番避けたいのが、リビングやダイニングから丸見えのトイレです。

トイレのドアを開けると目の前にソファに座っている人がいたり、ダイニングテーブルでご飯を食べている人と目が合ってしまうトイレはやはり嫌ですよね。

特にトイレは音やニオイも気になる場所なので、LDKのすぐ側にトイレがあるとあまり落ち着かないトイレになってしまいますし、くつろいでいたり食事をしている時にトイレの音が聞こえたりニオイがするというのも気持ちの良いものではありません。

そのため、トイレの場所としてはLDKのすぐ側というのは避けたい場所なんですね。

ただ、間取り的にどうしてもLDKの側にトイレをつくる必要がある場合もあります。

そんな場合もトイレとLDKの間に目隠しを作ってトイレの中が丸見えにならないようにするなど、トイレとLDKの間に何かしらワンクッション挟んでおくなどの配慮をしておきたいですね。

 

ドアを開けると玄関から丸見えのトイレ

トイレの場所を見てみると、玄関の近くにトイレを配置するケースもよくあります。

玄関とLDKの間はトイレにちょうど良いスペースを確保しやすいからなんですね。

玄関付近だとLDKから丸見えになることもなく、またLDKに近すぎないのでトイレの位置としては配置しやすい場所と言えます。

 

玄関近くのトイレというと、昔は避けられる事が多くありました。

昔の家は近所の人が来て玄関で話し込む事も多く、玄関のすぐ近くにトイレがあるとトイレに行きたくても行きづらいというのも、玄関側のトイレが嫌われた理由の1つです。

また、昔は音しかならないインターホンが多く玄関先で人と会うことが今より多いのが普通でした。

さらに昔はトイレが2つある家なんかもそんなに無かったので、なおさら不便だったんですね。

 

一方、今ではインターホンが発達して会話だけではなくモニターで顔も確認できるようになり、ある程度の事は玄関に招き入れなくてもインターホン越しで完結するようになりましたし、最近では親しい人が来たら玄関で話し込むのではなくリビングまで案内するのが一般的になり、昔と比べて玄関の使い方自体が変わるようになりました。

このような理由と、トイレを配置しやすいという理由から玄関近くのトイレというのは最近ではよく見かけるようになってきたんですね。

 

ただ、玄関の近くにトイレを配置する場合でも、トイレを開けると玄関から丸見えのトイレというのは避けたいところです。

トイレが終わって出てきた時に玄関にいる人と鉢合わせというのはやはり気まずいものですよね。

そのため、玄関の近くにトイレを配置する場合でも、トイレの中が玄関から丸見えにならないよう配慮が必要になってきます。

玄関近くのトイレ

また、同じようなケースとして階段から真正面の場所にトイレを配置するのも避けた方が無難です。

その理由としては、トイレのドアが階段を上がって来た人とぶつかってしまうなど、トイレの場所せいで怪我をする危険性が増えてしまうからなんですね。

そのため、階段付近にトイレがある場合は引き戸にして階段を通る人の邪魔にならないようにするなど、一定の配慮が必要となってきます。

階段近くのトイレ

トイレは寝室の上、横は避ける

寝室の上や横というのもトイレの位置としては避けたい場所になります。

たとえば2階にトイレを作る場合、特に避けたいのが寝室の上にトイレを作るというケースです。

夜中に2階のトイレの音で目が覚めてしまう寝室というのはやはり避けたいですよね。

そのため1階に寝室や和室を作る場合、その上にはトイレを配置しないというのが基本になってきます。

 

また、寝室のすぐ横のトイレというのもできる限り避けたいものです。

寝室の隣にトイレがあると音が聞こえやすくなりますし、トイレを使う場合も落ち着かないトイレになってしまいます。

そのためトイレと部屋の間には収納を設けてワンクション挟むなど、寝ている人、トイレを使う人それぞれに配慮した場所にトイレを配置したいですね。

 

寝室から遠いトイレ

トイレと寝室は隣り合わせにしない方が良いですが、寝室からトイレがあまりに遠いのも考えものです。

例えばトイレを1階に1つだけ配置した場合、夜中にトイレに行く場合は寝室から階段まで移動して階段を降り、そして1階のトイレに行くという流れになってきます。

そうなると、寝室を階段の近くに作るか、トイレを階段の近くに作るか、どちらかの方法を取る必要が出てきます。

ただ、2階には寝室だけでなく子供部屋なども配置されるので、寝室を階段の近くに配置しても他の部屋からトイレまでの距離が遠くなってしまうケースも出てきてしまいます。

そのため、2階建ての家でトイレを1つにした場合、トイレの位置は階段の近くに配置するというのが正解となってくるんですね。

また、3階建ての家でトイレが1階、2階にしか無い場合も階段の近くにトイレを配置しておくのもセオリーと言えます。

3階建ての住宅で後悔しないために知っておきたいメリット、デメリットと間取りのポイント

 

このような2階建て、3階建てのケース以外に平屋の間取りもトイレの位置は要注意です。

寝室とトイレがかなり離れている間取りを見かけることがよくあるからなんですね。

平屋の場合は全てワンフロアで完結できる反面、それだけ平面的な移動距離が長くなってしまいがちです。

(平屋の場合はワンフロアのために寝室やトイレの位置も選択肢が多いというのも、トイレと寝室が遠くなってしまう原因の1つです)

そのため、平屋の場合は寝室の位置とトイレの位置をしっかり確認しておくことが大切になってくるんですね。

 

ただ、寝室とトイレは近いけどもリビングからトイレが遠いというのも避けたいものです。

そのため、場合によってはトイレを2つにするというのも選択肢に入れておきたいですね。

(大きな平屋であればある程、トイレは複数にした方が便利です)

トイレの理想の場所

ここまでトイレで避けたい場所について見てきましたが、それでは次にトイレの理想の場所について見ていきましょう。

トイレのベストな場所は間取りや要望次第で変わってくるのでベストの場所はケースバイケースになってきますが、基本的な考え方としては家族が一番長く過ごすLDKとつかず離れず、またLDKから中が直接見えない場所がトイレの理想の場所と言えます。

少なくとも「トイレの位置で避けたい場所」は外した上で、家のどこからでも使いやすい位置にしておきたいですね。

 

また、2階のトイレを見てみると、トイレの場所としては部屋と直接隣合わない場所に、さらには1階の水回りや収納などの上に配置できるとベストな配置と言えます。

ただ、水回りや収納などの上にトイレを配置するとなると、かなりトイレの場所が限られてきてしまいます。

そのため、まずはトイレと部屋を隣り合わせにせず、できるだけトイレの音が部屋に聞こえにくいようにするというのが基本的な考え方となってくるんですね。

まとめ

今回はトイレの場所について詳しく見てきました。

トイレというのは間取りの中でも目立ちにくいものですが、トイレの位置をどこにするかで生活のしやすさというのはかなり変わってきます。

そのため、間取りを見る時はトイレの位置が使いやすいかどうか、また音を含めて生活に配慮されているかどうか見てみることで間取りのクオリティを測る「物差し」にもなってくれるんですね。

 

たかがトイレ、されどトイレ。

間取りを見る時にはトイレにも一度注目してみてくださいね。

では。

 

トイレについてはこちらも参考にしてください。

タンクレストイレのメリットとデメリットをプロの建築士が解説します

新築の家にトイレが何個あるのが良いか検証してみました

玄関の側にトイレってどうなの?トイレで間取りの善し悪しが分かります。

階段下収納や階段下トイレってどうなの?効果的な階段下の使い方

トイレをオシャレにする方法とトイレ収納の話

トイレその後に!!どうする?手洗いの方法

トイレの位置はどこがいい?避けたい場所と理想的なトイレの場所

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】

注文住宅を建てる前に必ず知っておきたい!注文住宅のメリットとデメリット

建築士が教える今日の問題解決

トイレの位置はどこがいい?避けたいトイレの場所はどこ?

  • 玄関、LDKはトイレの中が直接見えない方が良い。
  • トイレは音が気になる場所でもあるので、部屋に音が響かないよう配慮。
  • 部屋やLDKとつかず離れずの場所にトイレがあるとベスト。
  • トイレを見ることで間取りのクオリティも見ることができる。