タンクレストイレとタンク付きトイレの違いって何?

トイレ

こんにちは、O型建築士です。

家のトイレには「タンクレストイレ」と「タンク付きトイレ」があるのをご存知ですか?

 

昔からよく使われているトイレが「タンク付きトイレ」で、「タンクレストイレ」は新築の家やお洒落なお店なんかでよく使われています。

今回はこの「タンクレストイレ」と「タンク付きトイレ」の違いについてご紹介します。

タンクレストイレのメリット

タンクレストイレ

Photo:http://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/

タンクレストイレをよく見るようになったのは10年くらい前からでしょうか。

今では新築の家で採用される事が多くなりました。

まずはタンクレストイレのメリットから見ていきましょう。

サイズがコンパクトでトイレが広く使える

タンクレストイレのサイズ

Photo:http://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/

名前の通り、タンクレストイレにはタンクが有りません。

タンクが無い分、タンクレストイレはタンク付きのトイレよりも約10センチほどコンパクトになります。(上の図参照)

立体的な見え方もタンクが無い分トイレが広く見えます。(結構違います)

 

トイレの奥行きは大体、1m70㎝くらいから1m20㎝くらいなので、10㎝といってもトイレの広さや使い勝手に結構影響が出てきます。

特に奥行きがトイレの場合はタンクレストイレにすると効果大ですよ。

タンクレストイレは見た目がスッキリ

タンクレストイレはタンクが無いので、見た目がスッキリします。

せっかくスッキリするなら、デザインも良い方が良いですよね。

そのため、各メーカーさんもタンクレストイレのデザインには力を入れています。

 

ちなみに、今は丸みをおびたトイレになりましたが、数年前のサティスというトイレなんかはかなり尖ったデザインで、初めて見た時はちょっと驚きでした。

タンクレストイレは節水型のトイレが多い

トイレの構造節水トイレ

Photo:http://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/

タンクレストイレは節水にも力を入れた商品が多いです。

その節水もただ節水するのではなく、汚れをどれだけ落としながら節水できるかという所にも力が入っています。

トイレの節水技術を見ると、日本の技術力はすごいと感じます。

 

将来どこまで節水できるのか?限界はあるのか?個人的に気になります。

タンクレストイレは掃除がしやすい

タンクレス掃除トイレ掃除

Photo:http://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/

タンクレストイレはタンクが無く温水便座を簡単に上げる事ができるので、掃除がしやすいです。

実際に使ってみると分かりますが、タンク付きトイレとタンクレストイレでは便座の掃除のしやすさはかなり違います。

タンクレストイレはホントに便座が上げやすく、奥まで掃除する事ができるんです。

これはタンクレストイレの結構大きなポイントです。

 

タンクが無いだけなのに、何かすごく奇麗に掃除した気分になります。

タンクレストイレのデメリット

トイレ4

タンクレストイレはメリットばかりではなく、デメリットもあります。

今度はタンクレストイレのデメリットについて見ていきましょう。

タンクレストイレは価格が高い

タンクレストイレはトイレの中でも上位クラスの商品です。

そのため、タンク付きのトイレと比べると価格は数万円、高いのだと10万円以上違ってきます。

タンクレストイレは様々な機能がついているので、金額が高くなってしまうんですね。

 

タンクレストイレと一言でいっても、便座が自動で開くものもありますし、便座は手で開けないといけない物もあります。

必要な機能を絞ってタンクレストイレを選ぶのがポイントですよ。

手洗いを付ける必要がある

タンクレス

Photo:http://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/

タンク付きのトイレだとタンクから出る水で手を洗う事ができますが、タンクレストイレはタンクが無いので手を洗う事ができません。

そのため、トイレの中かトイレを出た所に手洗いをつくる必要が出てきます。

タンクレストイレの価格にプラスして、手洗い設置の費用も発生するのが、タンクレストイレのツラいところです。

 

ただ、手洗い場は好きなボウルを設置するなど結構遊べる所ですので、お洒落にしてあげるとトイレの雰囲気がグッとよくなりますよ。

水圧が弱い場合は注意が必要

水圧が弱い場所にタンクレストイレを設置する場合、注意が必要です。(2階や3階に設置する場合)

タンクレストイレはタンクがないので水の勢いが重要なのですが、水圧が弱いとトイレが上手い事流れなくなってしまいます。

ただ、水圧が弱くてもブースターが付いていれば問題ないので、気になる場合は住宅会社に確認してみてください。(特に3階に設置する場合)

電気がないと水が流れない

タンクレストイレの横タンクレストイレ停電用レバー

Photo:http://www.toto.co.jp/aftersupport/dansui_teiden/index.htm

タンクレストイレはタンク付きトイレと違い、電気が無いと水が流れません。

そのため、プラグを抜いていたり停電の時は水が流れないので注意が必要となります。

 

「停電でトイレが使えないのはすごく不便なんじゃない?」と思う方もご安心を。

タンクレストイレの後ろのカバーをはずすと手動レバーが付いていて、手動で流す事もできます。

(ただ、水はバケツやホースで便器の中へ補充する必要がありますよ)

 

タンクレストイレは停電の時はどうすれば良いのか覚えておく必要があるんですね。

タンク付きトイレってどうなの?

タンク付きトイレ

Photo:http://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/amage_z/

タンクレストイレの次はタンク付きのトイレに付いても見ていきましょう。

タンク付きトイレの特徴をご紹介します。

価格が安い

タンク付きのトイレは価格が安いです。

安い物なら温水便座も付いて数万円くらい。(安いトイレってこんなに安いんです)

 

タンクレストイレとの価格差は結構あるので、トイレにこだわりが無いならタンク付きトイレでも十分と言えます。

タンク付きトイレにもグレードが有る

同じメーカーのタンク付きトイレでもいくつか種類があり、グレードも違ってきます。

 

安い物は汚れが付きやすかったり使用する水の量も多いので、価格なりと言った感じです。

反対にグレードが良いほど汚れが付きにくく節水タイプになっていきます。

見た目も何処にでもあるトイレといった感じから、デザイン性がアップしていきます。

この辺りは予算と相談ですね。

 

1階はおしゃれなタンクレストイレにして2階は安いトイレにするという方法もありますよ。

トイレを選ぶ前に確認したい事

トイレ

トイレを最終的に選ぶ前に、一度は便座の上に座ってみてください。

実際に使うまではしなくても、ショールームに置いてあるトイレにはぜひ一度座ってみた方が良いです。

 

理由はトイレによって座り心地がかなり違う場合があり、時にはなんだか座りにくいなんてことも。

慣れればどうって事ないかもしれませんが、家ができてからでは交換できないので確認しておきたいポイントです。(トイレ名は伏せておきますが、私はどうしても落ち着かないトイレがあります。)

まとめ

今回は家のトイレについてご紹介しました。

タンクレストイレにするのか、タンク付きトイレにするのか。

これはトイレにどれだけこだわるかで決まってきます。

 

ランニングコストとしては節水型のトイレを選んだ方が長い目で見るとかなり水道代に差が出てきますし、掃除の手間を考えると汚れが付きにくく掃除がしやすい方が掃除の時間は節約できます。

トイレは「見た目重視」なのか「トータルコスト重視」なのか「掃除重視」なのか。

この優先順位を付ける事ができれば、「どのトイレにすれば良いのか」の答えが見つかります。

トイレは毎日使う所です。ぜひ満足いくトイレを選んでくださいね。

では。

 

トイレについてはこちらも参考にしてください。

新築の家にトイレが何個あるのが良いか検証してみた

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

タンクレストイレとタンク付きトイレの違いって何?

  • タンクレストイレのメリットは「サイズがコンパクト」、「掃除がしやすい」、「節水」、「高いデザイン性」。
  • タンクレストイレのデメリットは「手洗いが必要」、「水圧に注意」、「停電時に不便」。
  • タンク付きトイレにもグレードが有り、安いものは安いなりの性能で高い物は性能が良い。
  • 「見た目」、「トータルコスト」、「掃除」で優先順位を付けると、どのトイレを選べばいいか分かる。