廊下のない間取りにするための5つのポイント

廊下

「廊下のない間取りにしたいんですが、上手くできません。廊下のない間取りにするためのアドバイスをもらえないでしょうか?」

読者さんよりこのような質問をもらいました。

確かに廊下が多い間取りだと、ムダなスペースが多くてもったいない感じがしますよね。

 

そこで今回は、廊下のない間取りにするためのポイントについてお伝えしたいと思います。

これから間取りの打合せに入るという方はもちろん、すでに間取りがある方は、ぜひ間取りを見ながら廊下が長くなる間取りになっていないかどうか確認してみてくださいね。

廊下のない間取りのメリット

廊下の無い家

廊下がない間取りのメリットってなんでしょうか?

それはやはり、限られた家の中を最大限活用できることです。

 

廊下になるスペースを無くした分、他の部屋を広くできますし、部屋も廊下のせいで細切れに区切られることがないので家の中の視界も広く感じられるようになります。

特に面積があまり大きくないコンパクトな家の場合、廊下があるか無いかで家の使い勝手や家の広さが驚くほど変わってきます。

 

以前、「ツッコミどころ満載の住宅チラシが入っていたので、ツッコミを入れます。」という記事を書きました。ここに出てくる間取りもコンパクトな家なんですが、妙に廊下が長い間取りになっています。(この家はもう完成したんでしょうか・・)

その分、LDKなど本当に必要なスペースが圧迫されて、何とも住みづらい家になってしまっている残念な例と言えます。

 

やはり、廊下次第で家の住み心地は変わってきますし、できるだけ無駄なスペースはなくしたいですよね。

では、どうすれば廊下のない家にできるのでしょうか。

廊下をつくらない間取りにするためのポイントを見ていきましょう。

LDKを有効活用する

リビングの動線図面

廊下のない間取りにするための一番のポイントは、廊下を移動するのではなくLDKなど部屋の中を移動スペースとして兼ねることがポイントです。

LDKを動線の一部にしてしまう訳ですね。

その間取りは動線が考えられていますか?家の間取りと動線について

 

LDKを通ることができれば廊下は必要なくなり、より広いLDKにすることも可能になります。

もちろん、キッチンで作業している人やリビングでくつろいでいる人の邪魔をしない場所に動線をつくるのが重要です。

TVの前をしょっちゅう誰かが横切るなんて間取りは、ケンカの火種をあえてつくった間取りと言っても過言ではありませんね。

リビングのTVってどこに置きますか?

 

廊下をなくす家にするなら、まずはLDKを有効活用する間取りにするのがポイントになってきます。

玄関〜LDKまでの動線を短くする

LDKを有効活用することで廊下を少なくすることができるようになりますが、その肝心のLDKまでの距離も廊下が増えるかどうかに影響してきます。

玄関からLDKまでの動線ができるだけ短い方がムダな廊下スペースを少なくできるんですね。

 

この部分を意識していない間取りは意外と多くあり、何となくムダなスペースが多くてしっくりこないという時は、大概LDKと玄関の距離感が上手くいっていないことが多いです。

間取りができたら、玄関〜LDKまではどのくらいの距離があるのか再確認してみるのもいいですね。

 

中には、〇〇帖のLDKというように記載されていても、通路としてしか使い用がないスペースが含まれていることもあるので注意が必要です。

廊下に通路以外の機能を持たせる

廊下と吹抜け

廊下の基本的な役割は、人が通るための通路となることです。

でも、ただ通るためのスペースって何だかもったいないですよね。

どうせなら、通路に他の機能もくっつけてあげて、ただ通るための廊下ではなく多目的な廊下にしてあげると、ただ通るためのスペースでは無く、他の意味を持ったスペースに変わってくれます。

 

たとえば、本棚を付けてライブラリーやギャラリーのようにしてあげてもいいですし、吹抜けがあるなら吹抜けと一体の気持ちいいスペースなんかにしてあげるのもいいですね。

それにプラスして室内干しもできるようにしてあげると一石二鳥です。

 

このように同じ通路は通路でも、いろんな機能を持たせてあげることで通路を超えた空間にすることができます。

アイデア次第でいろんな可能性があるので、ぜひ楽しい空間にしたいですね。

 

ただ、廊下を活用する場合、1点だけ注意することがあります。

廊下に他の機能を持たせようとするためにカウンターや机を置いて作業スペースや勉強スペースにするということもありますが、普通の廊下にカウンターを設置しても実際に作業や勉強に使われることはほとんどありません。

 

なぜでしょうか?

理由は、わざわざ廊下で作業しなくても、部屋の中やダイニングテーブルなどもっと快適な場所で作業できるからです。

おまけに冬は寒くなるので、わざわざそんな場所に長居する人はあまりいませんよね。

そのため、作業するなど長居するような場所を廊下につくる場合、吹抜けに面していて外が家の中や外を眺められるなど、何かしらその場所にいるプラスαの価値をつけてあげて、その場所にいるだけでどれだけワクワクするかどうかが廊下を活用するときのポイントになってきます。

階段の位置に注意する

螺旋階段

前に、間取りの善し悪しを見分ける方法という記事を書きました。

内容を簡単に説明すると、間取りの善し悪しを見分けるには、玄関と階段の位置に注目すればよい間取りかどうかが分かるという内容の記事です。

間取りの善し悪しを簡単に見分ける方法

 

廊下のない間取りにする場合、実はこの玄関と階段の位置がとても重要になってきます。

 

たとえば、階段が家の端っこにある場合、各部屋に行くのにかなり歩く必要がでてきます。

階段が家の端なので階段から遠く離れた部屋ができてしまい、どうしても廊下が長くなってしまうんですね。

 

反対に、階段が家の真ん中付近にあれば、各部屋に行くのにそんなに歩かないで部屋に行けるようになります。

この歩く距離が長ければ長いほど、廊下ができる可能性が高くなりますし、長い廊下にしないと部屋にたどり着くことができなくなってしまいます。

そのため、廊下のない間取りや廊下の少ない間取りにするためには、階段の位置がとても重要になってくるんですね。

 

特に階段は、1階、2階、それぞれの間取りに影響してきます。

1、2階のバランスを上手くとれる位置に階段は持ってきたいですね。

(1階の間取りを重視して階段の位置を決めているのが原因で2階の廊下が妙に長くなっている間取りを見ることもよくあります)

 

余談ですが、私も駆け出しの頃は家の隅っこに階段がある間取りを考えることがよくありました。

階段を上手く扱えないために階段を邪魔に感じて、とにかく隅っこに追いやっていたんですね。

その結果、何となくまとまった間取りになった気がしていました。

 

でも、そのような間取りは当時の上司からダメ出しをもらい、間取りをやり直すことに。

たしかに今考えると廊下も長くなるし、あんな間取りで家を建てていたら住みづらいこと間違いないのが今だと当然のように感じます。

 

このように階段を間取りの味方につけるかどうかで、廊下の長さへの影響が大なんですね。

外部を効果的に使う

5427539214_ec4c612fc1_b廊下を減らすため、時には外部空間を上手く使うのも有効な方法と言えます。

 

例えば、玄関が家の端の方に有る場合、各部屋に行くには家の中を通って行く必要が出てきます。

その分、廊下をつくる必要が出てくる可能性が高くなるんですね。

 

一方、玄関をアプローチを通って家の真ん中のあたりに持ってくることができればどうなるでしょうか。

家の中心に玄関があるので、各部屋に行く距離は必然的に短くなりますね。

その分、廊下が必要になるスペースというのも削減して各部屋を大きくしたり有効活用する事ができるようになります。

要は、外部のアプローチが廊下の変わりを果たしてくれるんですね。

 

敷地条件も考慮しながら外部も上手く使ってあげると、より廊下が少なくて無駄の無い家にすることができます。

家の間取りをつくる時の考え方を、狭小地を例にご紹介します

まとめ

今回は廊下のない家のつくりかたについてご紹介しました。

廊下があることが悪いわけではありませんが、家の中をできるだけ有効活用するなら廊下がない間取りであったり、廊下が極力少ない間取りにしたいですよね。

ぜひあなたも家の中を有効活用した家をつくってくださいね。

では。

 

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

廊下のない間取りにするためのポイントって何?

  • LDKを動線として使い有効活用する。
  • 廊下に通路以外の機能を持たせる。
  • 階段を家の端にもっていかないよう注意する。
  • 外部空間も動線として上手く使う。