リビング階段は寒い?プロが教えるメリットとデメリット。

IMG_6521 のコピー

「リビング階段にしようと思っているのですが、寒いとよく聞くので心配です。リビング階段のメリットとデメリットを教えてもらえないでしょうか?」

読者さんよりこのような質問をもらいました。

確かにリビング階段って寒いって聞く事が多いですよね。

 

そこで今回は、リビング階段は本当に寒いかどうかとリビング階段のメリット、デメリットについてお話したいと思います。

それではどうぞご覧下さい。

リビング階段とは

リビング階段

リビング階段とはその名のとおりリビングに階段がある間取りの事で、リビングイン階段とも呼ばれます。リビング階段の家は2階に上がるのに必ずリビングを通る間取りになるという訳ですね。

リビング階段は十数年くらい前から採用する方はかなり増えるようになりました。

メディアでリビング階段は子供がいる家庭に良いという情報が発信されはじめた頃ですね。

今では7割から8割くらいの方がリビング階段を採用されています。(O型建築士調べ)

 

今ではそれだけ人気のリビング階段ですが、リビング階段にすることでメリットもありますしデメリットも出てきます。

では、リビング階段にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

それではまず、リビング階段のメリットについて見てみましょう。

リビング階段のメリット

螺旋階段

まず、リビング階段の一番のメリットは、家族がリビングで顔を合わせる事が増える事です。

リビングを通らないと2階に上がることができないので、必然的に家族が顔を合わせる機会がふえるんですね。

 

そのため家に誰がいるのか把握しやすいですし、お子さんが夜勝手に出歩いたりするのをかなり防ぐ事ができます。

やはり顔が見えるのに堂々と夜遊びに行きづらいですよね。

 

もちろん、リビング階段だけでお子さんが夜遊びをしないとかグレるのを防げるという訳ではありません。

グレるがどうかは教育、しつけなどお子さんに対する接し方もとても重要だからなんですね。

でも、リビング階段で強制的に顔を合わせる家になる事で、少なくとも子供の顔色であったり様子は分かるようになります。

リビング階段にする事で子供を気にかけるきっかけが増えるので、お子さんのちょっとした変化にも気付きやすくなるという事なんですね。

 

その他にリビング階段にした時のメリットとして、階段がリビングにあるので部屋が広く見えるという効果があげられます。

階段をLDKに取り込めるので、実際のLDKの広さよりも広く見えるようになるんですね。

階段自体も階段の下を壁にしたり収納にしたりするのではなく、オープンな階段にしてあげることでさらに視界は抜けるようになります。

かっこいいリビング階段にしてあげるだけで部屋がグンとお洒落に見えるんですね。

また、吹抜けとも相性が良いので、吹抜けをつくるなら合わせてリビング階段にするのも良い方法です。

リビング階段のデメリット

リビング階段2

では次に、リビング階段のデメリットを見てみましょう。

まず、リビング階段のデメリットでよく話題に上がるのが、リビング階段は寒いという話です。

 

確かにリビング階段の家がよく造られはじめた頃、リビング階段にすると寒いという声を聞く事が多くありました。

家の断熱、気密性能についてそこまで重要視されていなかったので、リビング階段にすると家が寒くなってしまったんですね。

ただ、今は断熱、気密性能の高い家が多く、「リビング階段にすると寒い」と言う会社は自分の会社の性能は悪いですよと言っているのと同じという時代になりました。吹抜けが寒いというのも同じですね。

吹抜けのある家は寒い?家を建てた人100人に聞きました

 

そのため、リビング階段にするなら断熱、気密性能の高い会社で家をたてるのが必須となります。

 

ただ、いくら性能が良くても玄関に吹抜けがある家が寒い家になりやすいように、家の間取り次第で暑い、寒いなんて事が起こる場合があるので、リビング階段にしても問題ない間取りにするのも重要になります。

(なぜ玄関に吹抜けをつくるとダメなのかはこちらをご覧下さい)

こんな吹抜けはイヤだ!!残念な吹抜け3選

 

また、いくらリビング階段が寒くないと言っても、部屋が暖まったり冷えるにはリビング階段の方が時間が掛かります。暖めたり冷やす体積が多いからなんですね。

これはリビング階段のデメリットと言えます。

他には、ニオイや音に関してもリビング階段の方が2階まで伝わりやすくなります。(反対に1階から声をかけやすいというメリットもあります)

 

さらにはお子さんが小さい時はいいですが、お子さんが大学生から社会人になってくると「リビング階段はちょっと微妙」と思い始める事が多くなります。

まぁ大人ですから毎回毎回顔を合わせなくてもと思う訳ですね。(大人になったら家から出て自立してもらうという方針の家もありますので、そんなに気にするデメリットではありませんが・・)

 

もうひとつ、意外に住んでみるまで気付かないリビング階段のデメリットを1つご紹介しておきます。

リビング階段の家は家族がリビングに集まる事が多いですし、お客さんやお子さんの友達もリビングに居たり通ったりする事になります。

言ってみれば、リビングに全ての人が集まったり通ったりする訳ですね。

そうなってくると、リビングが汚いとちょっと締まらない家になってしまいます。

そのためリビング階段の家はリビングをいつも奇麗にしておかないと、締まりのない家になってしまいやすいんですね。

おしゃれなリビングにするための収納術。片付く部屋にする方法をご紹介します。

 

また、休日にパジャマのままリビングでゴロゴロしていて、子供の友達が「こんにちは」と遊びに来ると、ちょっと気まずいですよね。子供の部屋にすぐ行ったとしても、リビングでゴロゴロしている姿を見られてしまうのは気持ちいいことではありません。

何かだらしないお父さんに見られてしまうことも・・。

 

そのため、誰か来る事があるのかどうかを確認するとか休みの日もある程度身だしなみを整えるなど、ダラ〜とした感じではなく多少緊張感を持って生活する必要が出てきます。

この辺りがストレスになるのか、それともメリハリがつくので逆に良いのか。(ダラッとするのは寝室だけにするなど)

リビング階段にする場合はこのあたりも重要なポイントなんですね。

迷ったらこんなリビング階段も

リビング階段間取り

リビング階段と一言で言っても、リビングのど真ん中に階段がある家もあれば、リビングのスミッコに階段がある場合もあります。リビングに階段があるのでリビング階段の家ですが、同じリビング階段の家でも階段の位置によって家の印象はかなり違ってきます。

 

そのため、もし「何となくリビング階段がいいかなぁ」とか「リビングでゆっくりしたいなぁ」と思うのであれば、玄関に近くてリビングのスミッコの辺りをとおるリビング階段にするという方法もあります。(上の図参照)

リビングのスミッコに階段があると、リビング階段のメリットは受けつつも、リビング階段のデメリットもかなり減らせます。リビングのど真ん中を通らないので、プライベート感のある落ち着いたリビングになるんですね。

お子さんが帰ってきた時に顔をちらっと見る事はできますが、友達が来た時なんかはそこまで気にしなくても大丈夫という訳です。

このように、落ち着いたリビングにするならスミッコに階段を持ってくるリビング階段を検討してみるのも1つの方法と言えます。

 

また、寒さがメチャクチャ気になる方や性能があまり良くないという会社でリビング階段にする場合、階段に扉を付けてしまうという方法もあります。

扉は引き戸にしておいて、通常は開け放し。冷暖房の効率が気になる時だけ閉めるられるようにしておけば、リビング階段で寒いという事は避けられるようになるんですね。

 

リビング階段に期待するコトと、リビング階段で心配なコト。

リビング階段という一言で区切らず、上手くミックスしてあげる方法もあるんですね。

まとめ

今回はリビング階段についてメリットとデメリットをご紹介しました。

リビング階段にする時のポイントは、断熱、気密性能の良い会社で家を建てる事。

次に生活スタイルに合うかどうか考えてみる事。

この2点がとても大事なポイントとなります。

 

ちなみに私は、カッコいい階段をリビングに造りたい派です。

(建築士というのは、大体カッコいい階段を造りたがるものなので、よく見える所に階段を造りたくなるんですね。笑)

階段次第で家での生活は変わってきますので、ぜひあなたに合う階段をつくってくださいね。

では。

 

リビングについてはこちらも参考にしてください。

おしゃれなリビングにするための収納術。片付く部屋にする方法をご紹介します。

吹抜けについてはこちらをどうぞ。

吹抜けのメリットとデメリットをご紹介します。

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

リビング階段をつくる時のポイントって何?

  • リビング階段をつくるなら、断熱、気密性能の高い会社で家を建てる。
  • 自分たちの生活スタイルの合うかどうかを考えてみるのが重要。
  • 同じリビング階段でも、階段の位置次第で生活スタイルが変わってくる。