平屋住宅のメリットとデメリット。知っておきたい平屋の真実。

france-196810_640

こんにちは、O型建築士です。

家の形状シリーズ5回目の今回は、皆さんできるならやりたい1番人気の「平屋」について、費用の視点を交えながらみていきたいと思います。

平屋はなぜ人気なんでしょうか?そして費用の面では割安?それとも割高なんでしょうか?

それではどうぞご覧ください。

平屋

平屋の家平屋の家

「平屋」とは説明する必要もないかもしれませんが、1階だけで2階の無い家の事を「平屋」と呼びます。

敷地が広くないとできない「平屋」。皆さんも「できることなら平屋にしたいけども、日当りや土地、家の大きさを考えるとどうしても2階建てになってしまう」という方は多いんではないでしょうか?

私の担当させてもらったお客さんも多くが2階建ての家を選ばれましたが、土地が広ければ平屋を建てたいという思いを持っていた方はたくさんいらっしゃいました。

それだけ、平屋は私たち日本人になじみの深い家の建て方でもあります。

平屋が人気の理由

img_2

Photo:http://blogs.yahoo.co.jp/searchitests/41655515.html

それではなぜ平屋はこれだけ皆に好かれるのでしょうか?

その理由はやはり、移動が楽なワンフロアの構造にあります。平屋は全てが同じフロアにあるので生活の動線が短く済み、階段がないので家が上下に分断される事がありません。

そのため、移動が楽なうえに家を広く感じられます。さらに老後に階段を上がって2階の寝室に行くという事がなく、ずっと1階で必要な事を完結することができます。

このような事を総合して「平屋は暮らしやすい」となり平屋が人気なんですね。ちなみに、設計の観点からいうと、平屋は構造的にも強いです。

平屋のデメリット

一方、平屋にもデメリットはあります。

特に敷地によりますが、「1階だと周りからの視線が気になる」とか「日当りがあまり良くない」という話をよく聞きます。これらは、都市部や住宅街で平屋にしてしまうとよく起こってしまうことです。

また、30坪の2階建てと30坪の平屋を比べると、平屋のほうが建築費が多くかかります。2階建てと比べて、基礎の面積や屋根の面積が増えてしまうからです。(トイレを1つにするなどして、差を少し埋める事はできます)

 

このように平屋のデメリットを挙げていくと、平屋を都市部で建てるとデメリットが目立ってくる事が分かります。

やはり平屋はある程度の広さがある土地で建てないと、その良さが活きてこないんですね。

平屋はおしゃれ?

ef6dce6c5219d2ec5ee7721b6c57ad20_s

平屋は、どちらかというと少し歳をとった方や男性に人気があります。

「大きな家で無くていいから」「田舎の平屋が好きだから」といった理由が多いです。平屋をそこまで好きという訳ではないけども、平屋が嫌いという人もあまり見かけません。

 

一方、女性の場合は「若いのに平屋はちょっとなぁ」という方が結構多くいます。

やはり平屋と言うと、年配の方が住むイメージが強く出てしまうからなんですね。(実際に家のパンフレットなんかでも、平屋は落ち着いたイメージの物が多いですよね。だからそういうイメージがより強くなります)

ただ、内装やインテリアに力をいれれば、おしゃれな平屋をつくることは可能です。平屋とか2階建てという事では無く、どれだけ内装に力を入れたかで部屋の印象は大きく変わってくるからです。きっと、おしゃれな平屋ができますよ(カフェとかでも同じですよね)

 

ちなみに、平屋にロフトをつける家もここ10年くらい増えてきました。部屋の天井が高くなって開放感が出る上に、収納としてや趣味部屋、誰か泊まりに来た時の客間として使えるからです。

平屋で無理に家を大きくしないで、たまにしか使わない部屋はロフトで代用するのも1つの方法ですね。

まとめ

平屋住宅

平屋はワンフロアのため移動が楽に済む上に、年をとっても体に無理なく過ごせます。そのため、平屋は暮らしやすい家と言えます。一方で、平屋を建てるためには広い敷地が必要となるなど土地が大きく影響してくるのと、建築費が2階建ての家よりも多く必要になります。

平屋はロフトを付けたりしてアレンジも楽しめるので、もし敷地と費用の面をクリアできるなら、ぜひ一度「平屋」を検討してみてください。

次回は、今回チラッとでてきたロフトについて、役立つ情報をお伝えします。

→ロフトのある家って実際どうなの?100棟以上見てきた正解がコチラです。

では。

 

こちらも平屋の参考にしてください。

新築の家にトイレが何個あるのが良いか検証してみた

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

その他の家の形状についてはこちらも参考にしてください。

家を一番安く建てる方法をお教えします。安く家を建てるためのコツ

家を建てる前に知っておきたい家の形状。バルコニー編

家を建てるなら知っておきたい家の形状。屋上編

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

平屋の特徴って何?

  • 平屋は移動が楽で家が広く見える。何より暮らしやすい。
  • 段差が少ないので年をとってからも安心。
  • 建築費は2階建てよりも高くなる。
  • ロフトをつけるなど生活スタイルにアレンジすると、より暮らしやすくなる。