あなたの間取りは大丈夫?洗濯の家事動線を考えたバルコニー

スクリーンショット 2015-08-15 0.43.29

あなたの間取りは、洗濯の家事動線を考えたバルコニーになっていますか?

 

「バルコニーの家事動線が良かったのか悪かったのか、家が完成して住みはじめて分かった」

という声を良く聞きます。

バルコニーは家事動線で結構重要なんですが、意外に見落とされているポイントでもあります。

今回は間取りを例に、バルコニーへ家事動線についてご紹介していきます。

それではどうぞ。

部屋を通ってしか行けないバルコニー

どこかの部屋にしかバルコニーがない

バルコニー

上の図はある家の2階の間取りで、1カ所バルコニーがあるのが分かります。

 

では、このバルコニーに洗濯物を干そうと思ったらどういう手順でバルコニーに行く事になるでしょうか?

 

まず洗濯物を持って2階に上がり、部屋のドアを開けて洗濯物を持ってバルコニーの前まで行き、バルコニーのサッシを開けてバルコニーに出る事になります。

バルコニーに出るまでちょっと遠いですね。

図面上は家具など何もありませんが、実際にはベッドや机を避けながらバルコニーまで行く必要があります。

布団を干す場合なんかは各部屋から布団を持って、バルコニーのある部屋まで行き、ドアを開けて、さらにバルコニーまで行くという流れですね。

結構な重労働です。

 

さらに、このバルコニーのある部屋が寝室ならまだ良いですが、子供部屋の場合はさらに大変です。

お子さんが小さい時は良いですが、ある程度の年齢になった時に使いづらいバルコニーになる可能性がとても高くなります。洗濯物を取り入れる時に子供の友達が来ていて、洗濯物を取り入れるのに気を使うなんて声をよく聞きます。

 

反対にメリットをあげると、バルコニーへ行くのに各部屋を通ればよいので2階のホールや廊下の面積を抑える事ができます。

各部屋とトイレに行ければいいので廊下がほとんど必要なく、その分部屋や収納に使えるんですね。

また、子供部屋に強制的に入る事になるので、常に子供部屋の中を見るようにしておきたいという方にも合っていると言えます。

 

ちなみにこのバルコニーのつくり方は、建売住宅やローコスト住宅で多い間取りです。

せめて部屋の入口を引き戸にしてくれたら扉を開けやすいんですが・・。

(コスト重視で、住む人の生活を考えてる建売住宅はほとんど無いのがもったいないですね)

複数の部屋から行けるバルコニー

複数の部屋から出られるバルコニー

上の図面もある家の2階の間取りです。

部屋からバルコニーに出るのは変わりませんが、複数の部屋からバルコニーに出られる間取りになっています。

この場合、どちらかが寝室になるケースも多く、あまり気兼ねせずに洗濯物を干しに行けるようになります。

また、いくつかの部屋につながっているので布団も干しやすいですね。

先ほどと同じ部屋からしか出られないバルコニーでも、ストレスが少ないバルコニーのつくり方と言えます。

 

他には、コストはかさみますがバルコニーを複数つくり、各部屋にバルコニーがあるという方法もあります。

この方法も気兼ねなくバルコニーを使う事ができます。(そんなにバルコニーがいるかという問題もありますが)

バルコニーをつくるなら、せめてこの辺りのつくり方をしておきたいですね。

部屋を通らずに行けるバルコニー

部屋を通らずに出られるバルコニー

上の図面もある家の2階の間取りです。

各部屋を通らずに、2階のホールからバルコニーに出られるようになっています。

このバルコニーのメリットは、個人の部屋を通る事が無いので、誰でもバルコニーに出たい時に気兼ねなくバルコニーに出れる事です。

そのため、洗濯物を干す時に誰かが寝ている横を洗濯物を抱えながら通る必要もありませんし、洗濯物を取り入れる時も都合の良い時に取り入れる事ができます。

 

また、洗濯を干したり取り入れたりする時の動線も、物があって動きづらい部屋を通らなくていいですし、部屋の扉の開け閉めといった作業も必要ありません。

 

このバルコニーのデメリットを上げると、2階の廊下やホールなどのスペースが多く必要になってしまう事です。

理由は、バルコニーに出るための動線を、ホールや廊下につくらないといけないからです。(間取りにもよりますが)

そのため、狭小住宅など家の面積が広く取れない場合には向いていないバルコニーのつくり方ですし、少しでも部屋を広くしたいという場合にも向いているとはお世辞にも言えません。

 

またこのバルコニーにする場合、吹抜けと組み合わせるなどバルコニーに行くためのスペースが無駄にならないような間取りにするのが重要となります。(このあたりのつくり方次第で、家の見た目は大きく変わってきます)

 

気兼ねなく自由にバルコニーを使いたい場合や広いバルコニーをつくる場合は、このバルコニーのつくり方が合っていますね。

まとめ

今回はバルコニーのつくり方と洗濯物を干す時の家事動線についてご紹介しました。

洗濯物を干すのは日常の事ですし、できるだけストレスを少なくしたいですよね。

洗濯物を干す動線はバルコニーをどうつくるか次第で変わってきます。

一度どの形のバルコニーが一番ストレス無く生活できるか考えてみると、より良い間取りが出来上がるようになりますよ。

たかがバルコニー、されどバルコニーです。

では。

 

バルコニーについてはこちらも参考にしてください。

家を建てる前に知っておきたい家の形状。バルコニー編

インナーバルコニーのメリットとデメリット

動線についてはこちらをどうぞ。

その間取りは動線が考えられていますか?家の間取りと動線について

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

そのバルコニーは洗濯の動線が考えられていますか?

  • バルコニーは部屋を通るバルコニーと部屋を通らずに出られるバルコニーがある。
  • バルコニーに出るのにストレスは無いのか考えてみると、どんなバルコニーがあなたに合っているか分かります。