「こんな家にしたい」という要望だけしか伝えていませんか?

キッチン

「こんな家にしたいという要望をいくつか伝えて間取りをつくってもらったんですが、つくってもらった間取りを見てもいまいちピンときません。確かに伝えた要望は入っているのですが・・、要望の伝え方が悪いのでしょうか?」

読者の方からこのような質問をもらいました。

 

間取りができたけれども、できた間取りに迷いがある状態になっているんですね。

特に「こんな家にしたい」という要望の部分での迷いが大きそうです。

 

今回の大きな原因としては、「こんな家にしたいという要望が上手く伝わっていない」、「そもそも間取りをつくるレベルが、要望を満たすレベルではない」。

以上のどちらか大きな原因となっています。

間取りのレベルについては、すでにいくつか記事を書いているので今回は置いておくことにして、今回は「設計担当者や営業担当者へ伝えた方がよいこと」について見ていきましょう。

危険な間取りの3つの特徴。あなたの設計担当者はこんな人ではないですか?

→営業マンの作る間取りと設計士が作る間取りの違い

 

満足いく間取りにするためには、何を担当者に伝えた方がいいのでしょうか?

家の要望を伝える前に

PAK77_telsuruoff20140823093027500

家をつくろうと思った時、そこには家を建てようと思った何かしらの理由があります。

お子さんの誕生や学校への入学、物件の更新などの時期的な理由がきっかけで家を建てようと思うこともあれば、「ずっと家を建てるのが夢だった」、「自分たちに合った家に住みたい」などより人生を豊かにするために家を建てるという方もいらっしゃいます。

 

このように家づくりの初期段階の場合、どんな家にしたいかを自由に考えたり、どんな物が好きなのかをイメージしていくのが重要になってきます。

まずは、理想の家はどんなのだろうというのを、制限を設けずに思い描いてみるんですね。

→家が欲しいと思った時、最初にする事

→どんな家に住みたいかイメージする方法

 

次に、住宅会社や工務店に行くようになり具体的な話をする段階になってくると、それまで考えた理想の家をもう少しまとめる必要が出てきます。

「アレがしたい」「コレがしたい」という理想の家に対する要望に優先順位をつけてまとめていくんですね。

良い家を建てる秘訣!それは本当に必要な物ですか?

 

この作業は意外に重要で、何でもかんでも家に取り入れると、間違いなく予算オーバーになって何を削ればいいか分からなくなったり、何だかイロイロ入っているけどもコアの部分、何のために家を建てるかがぼやけてしまうなんてことも起こってしまいます。

 

そのため、家の間取りをつくってもらう段階でこの辺りまで要望をまとめられると、かなり素晴らしいですね。

この優先順位をつけた要望を伝えるだけでも、間取りはかなり良くなる可能性が高くなります。

 

でも実は、要望をまとめて伝えるだけでは少し足りないことがあるんです。

何が足りないのでしょうか?

 

それは、今の生活で不便に感じている事、不満に感じている事も合わせて伝えるという事が重要なんです。

今の生活の問題点を伝える

PAK24_akusyuwokawasuhutari1194500

どんな物を買うにしても、その物を買うことで問題や悩みを解決できるかどうか。

これが、物を購入するときに価値があるかどうかの判断基本になってきます。

 

家も同じですね。

 

基本的に家づくりに携わる人は、家を建てたいと思っている人が抱えている問題を家づくりを通して解決し、家という箱以外のプラスαを提供することに価値があります。

家という箱だけでよければ建売住宅やマンションでもいいですし、極端な話なら別に賃貸住宅でもいいですね。

注文住宅を建てるなら、その人が家で抱えている問題を解決しないと意味がありません。

少なくとも今の生活で不便をしている部分は、新しい家では改善しておきたい必須項目と言えます。

 

その問題を解決するための方法が、今の生活の問題を伝えるという事なんですね。

 

例えば、賃貸住宅に住んでいるなら玄関の狭さであったり、キッチンや食器棚の使い勝手、収納についてや動線など、いくつか不便をしているところは簡単に出てくると思います。

その間取りは動線が考えられていますか?家の間取りと動線について

 

このような今の生活の問題点を伝える事で、プロはその解決策を提案します。

家の要望だけでは見えないことも、問題点を伝える事で分かるようになるので、今の生活の問題点は必ず伝えるようにしてくださいね。

 

ここで生活の問題点を伝えるときのポイントを1つご紹介します。

 

それは、生活の問題点を伝えた時、何で不便に感じたり不満に感じたりするか理由も一緒に付け加えるということです。

 

例えば、「玄関が狭くて不便」という一言をとっても、何で不便しているかは色んなケースが想定されます。

玄関の幅が狭くて一人ずつしか靴を履けないのが不満である場合もありますし、靴や物を置く場所が無くて不便という場合や、玄関が狭く真っ暗なのがイヤだということもあります。

時には今挙げたこと全てが該当するなんてこともあると思います。

同じ一言でも、その人がそう感じる理由は様々さんですね。

 

その理由をしるために、「なぜそう感じるのか?」という部分がポイントになってきます。

この「なぜ?」という部分が抜けてしまうと、人によって受け取り方が様々になってしまい、結局は問題解決にならなかったということになりますので、この「なぜ?」というのが重要なんですね。

 

本来であれば、生活の問題点を伝えると、間取りでどう改善すれば1番いいかを知るために担当者がこの「なぜ?」を聞くのが当たり前なのですが、中には

「生活の問題点を伝える」→「分かりました」というだけの担当者もいます。

 

ここまで読んでくださった方なら、もうお分かりですね。

「分かりました」と聞くと「分かってくれたんだ」と思いますが、実は何も分かっていないんですね。

 

「はい、はい」というご用聞きだけの担当者は、あなたの今の生活の不便さを解消しようなどという所までは考えていないことがほとんどなので、このような担当者を避けるのが1番ではありますが、そう簡単に変えられないという場合もあります。

そのような場合は「なぜ不満なのか」という理由も必ず伝えるようにしてくださいね。

 

そして間取りを見た時、その間取りで生活すれば今の生活の不満点が解消されているかを基準として見ることで、間取りの善し悪しを判断する時の材料となってくれますよ。

まとめ

新しい家を建てるなら、今の住まいの問題点は少なくとも解決する。

これが重要なんですね。

 

冒頭の質問をいただいた読者さんに今回のお話をさせていただいたところ、

「一通り要望は伝えましたが、今の生活の問題点についてはほとんど伝えていませんでしたし、そんなこと一切聞かれることはありませんでした。間取りを見てみると、今の生活で不便に思っている所が改善されていないので、間取りがしっくりこないことが分かりました」

というお返事をいただきました。

 

この方は間取り診断をご依頼された方で、間取り診断では間取りを判断するのにかなり絞り込んだ項目のみを伺っているのですが、その最低限の項目も質問されずに間取りが出てきたとおっしゃっていました。

(そして、実際にこのような間取りは多くあります)

 

間取りは少しでも多くの情報があることが良い間取りに繋がっていきますので、要望の優先順位と今の生活の問題点は伝えるようにしてくださいね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

今日の問題解決

家の要望を伝えるときはどうすればいい?

  • 要望の優先順位と、今の生活の問題点を伝えるのがポイントです。