バルコニー、ベランダ、テラスの違いって何?

家づくりをしていたり住まい探しをしていると「バルコニー」や「ベランダ」、「テラス」という言葉をよく耳にします。

バルコニーやベランダと言うと何となく家の外の空間というイメージを持つ方も多いと思いますが、この3つの言葉はそれぞれ違う場所を意味しています。

では、バルコニー、ベランダ、テラスの3つの違いとはどのようなものでしょうか?

 

今回はそんなバルコニー、ベランダ、テラスの違いについて詳しく見ていきたいと思います。

意味の違いを知ることで間取り図で何気なく書かれている言葉の意味が分かるようになりますし、あとで「イメージしてたい物と違ってた」というケースを避けることもできるようになるので、ぜひバルコニー、ベランダ、テラスの違いを覚えてみてくださいね。

バルコニーとベランダの違い

http://www.harada-kensetsu.com/

「バルコニーで家庭菜園がしたい」という方や「ベランダに洗濯物を干したいので広いベランダが欲しい」などなど、家づくりや住まい探しでもバルコニーやベランダという言葉はよく出てきます。

バルコニーやベランダは家の外に張り出した空間のことですが、バルコニーとベランダの違いは何なのでしょうか?

実はバルコニーとベランダは上に屋根が有るかどうかで呼び方が違ってきます。

屋根があるとベランダに、屋根が無いとバルコニーという呼び名になるんですね。

 

例えばマンションであれば上下階が同じ間取りのことがほとんどなので屋根のあるベランダになることが多く、戸建ての家では屋根のないバルコニーとなっているケースが多く見られます。

 

バルコニー、ベランダどちらの方が良いかはどのようにバルコニーやベランダを使うかによって変わってきます。

たとえばバルコニーは屋根がないので日当たりが良い反面、雨が降るとバルコニーが使えなくなってしまうという一面が、ベランダは屋根があるので雨の日でも洗濯物を干すことができたりプライベート感が出るのでベランダでくつろぎやすくなりますが、部屋の日当たりはバルコニーよりも少なくなり、屋根がある分だけ費用も高くなってしまうという特徴があります。

そのため、洗濯物を基本は室内干しにしたり乾燥機を使うというケースではバルコニーで十分なことも多くなりますし、2階リビングなどで外の空間も頻繁に使うと言うケースでは屋根のあるベランダの方が外をセカンドリビングのように使うことができるようになるなど、家の間取り、生活の仕方によってバルコニー、ベランダどちらの方があなたに合っているかは変わってくるんですね。

 

ちなみに、間取り図の中にはバルコニー、ベランダの区別をせず「バルコニー」という表現で統一しているケースもよく見受けられます。

バルコニーとベランダを混同するとややこしくなってしまうのと、バルコニーの方が音の響が良いのが大きな要因です。

また、ベランダのことを「インナーバルコニー」と表現して、屋根の有り無しの区別をしているケースもよくあります。

インナーバルコニーのメリットとデメリットと失敗しない作り方

 

ルーフバルコニーってどんなバルコニー?

バルコニーの中にはルーフバルコニーと呼ばれるバルコニーもあります。

ルーフバルコニーとは簡単に言うと、屋根部分をバルコニーとして使えるようにしたバルコニーをルーフバルコニーと呼びます。

屋根の代わりにバルコニーにしているからルーフバルコニーという訳ですね。

屋上をイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

 

ルーフバルコニーは屋根をバルコニーにするため広い面積を確保しやすいのが特徴で、広いバルコニーが欲しい場合にはルーフバルコニーは魅力的な選択肢となってくれます。

広いバルコニーや屋上を有効活用する方法

 

テラスって何?

それでは次に、テラスについて見てみましょう。

テラスとは、家の庭にタイルやデッキを敷き詰めて外に出やすくしたスペースの事をテラスと呼びます。

テラスはバルコニーやベランダと同じように家の外に張り出した空間のことですが、テラスは基本的に1階に、2階以上になるとバルコニーやベランダというように呼び名が変わってくるんですね。

最近では屋外空間を家の延長として有効活用するケースも多いので、デッキ敷きやタイル敷きのテラスを作る方もよく見かけます。

 

例えば、中庭にする場合は中庭部分をテラスにして家から中庭にすぐ出られるようにすることも多いですし、セカンドリビングとして庭を使う場合なんかもテラスにしてLDKとの一体感を強くするケースが多くあります。

また、テラスにはウッドデッキやタイルを敷くことが多いので、庭の手入れをできるだけ少なくする場合もテラスは効果的です。

 

ここまでバルコニー、ベランダ、ルーフバルコニー、テラスについて見てきたので、1度簡単に1枚の絵にまとめてみたいと思います。

バルコニー、ベランダ、ルーフバルコニー、テラスをまとめると次のようになります。

このような違いを頭に入れながら、家づくりや住まい探しをしてくださいね。

バルコニーをアレンジするなら(余談)

最後に、バルコニーやベランダのちょっとしたアレンジの方法についてもご紹介しておきたいと思います。

バルコニーは通常は外に出やすいように段差を少なくするケースが多いですが、あえて普通とは違うバルコニーを作ってしまうという方法もあります。

次の画像は八女市の「里山のミライをつなぐ集合住宅」という集合住宅ですが、どちらかというとバルコニーと言うよりも窓の外のちょっとしたベンチのような作りになっています。

https://www.realfukuokaestate.jp/estate.php?n=3561

木を上手く組み合わせることで外に腰掛けられるようになっているんですね。

ちなみに室内側から見るとこのような感じになります。

ちょっとした段差を付けて外を眺めるためのスペースになっているんですね。

また、室内側に段差があるので家の中の方を向きながら段差に腰掛けるという使い方も考えられます。

 

もちろん、小さなお子さんがいる家庭では落ちないようにネットを張ったり外に出ないように注意する必要もありますが、例えばバルコニーを作るスペースがなかったりバルコニーまでは必要なくてもLDKの中に居心地の良い場所が欲しい場合なんかは、このように外に張り出した空間を有効活用するのはとても効果的です。

バルコニーやベランダと一言で言ってもその形はアイデア次第で様々なんですね。

バルコニーやベランダは外に張り出した空間という意味です。

そのため外に張り出した空間にどういうスペースが欲しいのかどうか。

家づくりをする時には一度くらいは考えてみたいですね。

まとめ

今回はバルコニー、ベランダ、テラスの違いについて見てきました。

同じような言葉のように感じても、それぞれの違う意味の言葉なんですね。

 

言葉の意味を知ることで、家づくりや住まい探しの際に住宅会社や不動産会社の担当者とのやり取りでも間違いが無くなりますし、間取り図を見る際もより図面の意味を知ることができるようになります。

今回の内容を頭の片隅に入れつつ、効果的な家づくりや住まい探しをしてくださいね。

では。

 

バルコニーについてはこちらも参考にしてください。

あなたの間取りは大丈夫?洗濯の家事動線を考えたバルコニー

バルコニー(ベランダ)を失敗しないために必ず知っておきたい5つのこと

バルコニーの手すり次第で布団の干しやすさは変わります

家にバルコニー(ベランダ)は必要?バルコニーをつくる時に注意したい5つのこと

インナーバルコニーのメリットとデメリット

家の外観をオシャレにする方法【バルコニーの使い方編】

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】

注文住宅を建てる前に必ず知っておきたい!注文住宅のメリットとデメリット

建築士が教える今日の問題解決

バルコニー、ベランダ、ルーフバルコニー、テラスの違いって何?

  • 屋根が無い外に張り出した空間がバルコニー。
  • 屋根が有る外に張り出した空間がベランダ。
  • 屋根をバルコニーに活用した空間がルーフバルコニー。
  • 1階の外に出やすいようにタイルやデッキ敷きになっている空間がテラス。