代表的な屋根材の選び方を、コスト、メンテナンス、デザインの面で解説します

4d0f0747e9da1

時にはゲリラ豪雨と呼ばれる雨や嵐から家を守り、さらには真夏の照りかえる日射や冬の風雪から家を守る。

屋根は様々な自然環境から、家を守ってくれます。

そんな一番過酷とも言える状況で使われる屋根材ですが、実は外壁と同じようにいろんな種類の屋根材が使われています。

 

今回はそんな屋根材の中でも、家を建てるなら必ず知っておきたい代表的な屋根材を、デザイン、メンテナンス、コストの面でご紹介したいと思います。

家を建てようと思う方はぜひご覧ください。

化粧スレート屋根

化粧スレート屋根というと何だかピンとこないか方も多いかもしれません。(私も設計士をしていなければ、「スレート屋根??」となっていたと思います)

化粧スレート屋根とはセメントと繊維を混ぜてつくる屋根のことで、現在ではかなりの数の家で化粧スレート屋根が使われています。

こんな感じの屋根ですね。

コロニアル

Photo:http://www.kmew.co.jp/jirei/jirei_shosai.jsp?id=1034&pageNo=0

街中でよく見かけるので、見たことある方がほとんどではないでしょうか。

「カラーベスト」とか「コロニアル」という名前がついた屋根は、だいたい化粧スレート屋根に該当します。

 

化粧スレート屋根の特徴として、選べる色の数が豊富なのが大きな特徴です。

表面の塗装次第でいろんな色を選べるので、デザインのラインナップは豊富なんですね。

 

モダンな外観や和モダンの外観を目指す場合は黒やグレーといったモノトーン系の色を、洋風の家を目指すなら明るい色味のものを使うのが基本的な化粧スレート屋根の選び方となります。

 

化粧スレート屋根は、価格も金属屋根や瓦屋根と比べると安価なことが多く、さらにはパーツが少なく取り付け作業も合理化されているので、施工費も比較的安価にでき、屋根にコストを掛けたくない場合は合理的な選択と言えるんですね。

 

一方、化粧スレート屋根の寿命は30年前後のものが多く、定期的な再塗装も必要になってきます。

また、化粧スレート屋根は価格が安めの物から高めの物まで幅広いですが、安い物のほうが劣化するのが早く再塗装が必要になりやすい傾向があります。(反対に高価な物は、時間による劣化が少なくメンテナンスが少ない傾向があります)

場合によっては10年ほどで定期的な塗り替えが必要なことも多いので、化粧スレート屋根を選ぶならメンテナンス性と価格を見ながら選びたいですね。

金属板屋根

roof2

金属板の屋根というと、やはり「ガルバリウム鋼板」の屋根が有名です。

金属板屋根の場合、昔のトタン屋根のイメージが強くて「金属の屋根で大丈夫?錆ない?」と思う方もいらっしゃると思いますが、ガルバリウム鋼板の屋根は30年くらいはメンテナンス不要とも言われており、耐久性の高い屋根材と言えます。

外壁材でもガルバリウム鋼板は耐久性の面で人気の材料ですね。

 

ガルバリウム鋼板の屋根は耐久性の他に、そのデザイン性の自由度が大きな特徴です。

外観の面でこだわりたい場合は、ガルバリウム鋼板の屋根は強い味方になってくれるんですね。

理由は、化粧スレート屋根や瓦屋根は施工の関係上ある程度の屋根勾配が必要となりますが、ガルバリウム鋼板は緩い屋根勾配でも使用可能なのでデザインの幅が広く、特にシャープさを出したい時などモダンな雰囲気の住宅をつくるときにはベストの選択と言えます。

 

ガルバリウム鋼板の場合、色味の種類はありますが基本的には単色になるので、シルバーから濃いめの落ち着いた色の方が発色がキレイな傾向があります。

また、ツヤ有りかマットなツヤ無しを選ぶことができますが、近隣に高い建物が有って屋根がよく見える場合はツヤ有り(特にシルバー色)だと眩しく感じる人もいるので、周辺環境に合わせて使い分けたいですね。

 

金属屋根は重さが非常に軽いので、ガルバリウム鋼板の屋根は地震の時には有利な屋根材という側面も持ち合わせています。

 

一方、ガルバリウム鋼板の屋根は耐久性は高いですが、表面に傷が付くとそこから錆が発生する原因ともなるので、定期的なチェックは忘れず。

特に海沿いなどでは錆が広がる前に張り替えを行いたいですね。

 

また、金属なので雨音が気になる場合もあるので、寝室が2階にあって「静かな場所で眠りたい」という場合や物音を気にするタイプな人の場合は、あらかじめ雨の日の音を聞いておくなど家を建てる前に確認しておきたいですね。

 

価格の面では、ガルバリウム鋼板の屋根を使った場合は、一般的な化粧スレート屋根よりは高く、瓦屋根よりは安いといった感じで、中〜高価格帯の工務店で標準仕様となっていることが多いです。

また、金属板屋根はガルバリウム鋼板の屋根が一番ポピュラーですが、さらに錆に強いステンレス製の金属屋根なんかもあります。(価格は高くなりますが)

屋根のメンテナンス性をどこまでこだわるかで金属の種類を選んでみるのも面白いですね。

瓦屋根

瓦

Photo:http://www.try110.com/case/entry-393.html

日本で昔から高級屋根材として使われてきた瓦。

今では日本の和瓦だけでなく洋風デザインの家にかかせない洋瓦など、家のデザインに合わせた瓦を選ぶことが可能です。

 

瓦のメリットは、メンテナンス不要で高寿命と言う点がやはり一番魅力と言えます。

瓦は長期間の使用に耐えることができ、50年から100年ほど保つので、瓦を支える屋根の下地材の方が必要に応じてやり替えが必要になるくらい瓦自体は耐久性があります。

 

また、見た目も屋根材として特徴的で、大屋根のある家なんかでは瓦屋根があると見栄えがしますし、南欧風の家なんかではオレンジ掛かった色の瓦を使うのが一番マッチします。

瓦を使った家にする場合、瓦の持つ重厚感とのバランスが重要になってくるんですね。

 

一方、瓦自体はかなりの重さがあるため、地震に強いとはお世辞にも言えないのがデメリットと言えます。

重い物が上に載っていると、地震で揺れた時にバランスがよくないんですね。

地震で家が倒壊しないために気をつけたい3つのこと

 

そのため、強い地震が起こりそうな地域の場合は、瓦屋根を避けるというのも1つの選択肢となります。

 

また、屋根材としては瓦屋根は高価な部類に入るので、それだけ屋根にコストをかけるかどうかも考慮しながら、瓦屋根を採用するかどうか決めたいですね。

番外編:陸屋根

陸屋根

代表的な屋根材を3種類ご紹介してきましたが、番外編として陸屋根をご紹介しておきたいと思います。

陸屋根とは簡単に言うと屋上のように平になっている屋根のことで、「ろくやね」もしくは「りくやね」と呼びます。

屋根の形状次第で、家の外観はかなり変わるんです。

 

陸屋根はRC造に向いている屋根なので、木造住宅ではあまり多く採用することはありませんが、屋上をつくる場合や外観が四角い形の家にする場合は陸屋根にすることがあります。

 

陸屋根の一番のメリットは、屋根部分が平なので屋上などに活用できることが挙げられます。

特に都市部で庭がとれない住宅では、屋上を庭代わりにするなどスペースを有効活用することができます。

(逆を言えば、見た目を四角にするためだけに陸屋根にするのは、価格の面でも陸屋根は費用がかかるので贅沢な使い方とも言えます)

 

一方、陸屋根も立派な屋根なので、これまで見てきた屋根と同じようにメンテナンスも必要になってきます。

一番簡単な仕上げは、バルコニーでよく使われる仕上げと同じFRP仕上げですが、10年くらいで塗り直しが必要なので、あまりに陸屋根の面積が広いとメンテナンスコストの部分で負担が大きくなってしまうので注意が必要です。

 

他には、金属防水仕上げという方法もあり、施工法によっては30年保証がついていたりとFRP仕上げよりも耐久性が高い仕上げもあるので、屋上に芝を植えたいなど庭のように使う場合は、価格は高くなりますが金属防水を検討してみるのもいいですね。

金属防水独特の仕上がりになりますが(個人的にはFRPより汚れがつきやすいように感じます)、メンテナンスの心配がいらないのは大きなメリットです。

まとめ

今回は屋根材についてご紹介してきました。

屋根材は実際には中々見えにくい部分ですが、外観のファサードであったり雰囲気を出すのに重要な部分ですし、何より雨や日差しから家を守ってくれる部分になるので、家の部材としてはかなり重要な部材となります。

 

また、一般的には住宅会社や工務店が標準仕様として何かしらの屋根材を最初から決めているものですが、その設定によっても、見た目の価格を重視しているのか、それともメンテナンスや外観を重視している会社なのかというのを読み取る材料となってくれます。

そういった事も含め、価格、外観、メンテナンス性など何を重視した家にしたいのか考慮してみると、あなたの家にあった屋根材が見えてきます。

ぜひあなたの家にあった屋根材をえらんで、満足する家にしてくださいね。

では。

 

家の外観はこちらも参考にしてください。

新築の家を建てるなら気をつけたい外観の話

外壁の失敗例から学ぶ、絶対に知っておきたい外壁材5選

家の外観が気になるなら知っておきたい「雨樋」の話

外構のデザインで家の外観は驚くほど変わる

家の外観ですごく気になること(下屋編)

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

屋根材はどうやって選べば良い?

  • 価格、外観、メンテナンス性のどれを優先するかで選ぶと、屋根材の失敗はなくなります。