家の予算がオーバーしたときにぜひ試したい、1番効果的な方法をご紹介します

money-168025_640

家づくりをする皆さん、ほぼ全員が必ずと言っていいほどぶつかる壁。

それが予算です。

お金がいくらでもあるという人以外は、必ず1度は家の予算で悩むのが普通なんですね。

 

でも、予算がオーバーしたからといって落ち込む必要はありません。

予算オーバーしたということは、より家の中身を精査するチャンスとも言えるんですね。

そこで今回は、予算オーバーした時に必ず知っておきたい具体的な方法をご紹介したいと思います。

家づくりをする方は、ぜひご覧ください。

予算の優先順位

Buy new house

家の予算の中で、まずはどこに予算をかけるのが長期的な目線で見ると1番効果的なのでしょうか。

 

家にはいろんな部材が使われていますが、構造材や断熱材、外壁などにお金をかけるのが長い目で見ると1番大きな効果を発揮します。

後から変更するのが難しい部分なので、最初に投資すると費用対効果が高いんですね。

 

構造材や断熱材は家ができるにつれ壁の中に隠れてしまい見えなくなってしまうので意識することは少なくなりますが、構造材は家の耐久性や地震の際に家族を守ってくれるものになりますし、断熱材も家での快適さに大きく影響してくるので、劣化しやすいものを入れてしまうといつの間にか隙間がどんどんできていって断熱材の役割を果たしてくれないなんてことも有り得ます。

(実際にリフォームで壁を開けてみると、役に立っていない断熱材を見ることがよくあります。)

家をつくる!そんな時ぜひ覚えて欲しい性能の重要なお話

 

また、外壁材や屋根材も安いものから高価な物までありますが、部材の耐久性はある程度価格に比例してきます。

安い物ほどメンテナンスにお金が掛かる傾向があるという訳ですね。

そのため、できれば時間が経っても劣化しづらく、見た目も経年変化を楽しめるものを選ぶのがベストと言えます。

外観の失敗例から学ぶ、絶対に知っておきたい外壁材5選

代表的な屋根材の選び方を、コスト、メンテナンス、デザインの面で解説します

 

一方、長い目でみて優先順位が低いものとは何でしょうか。

それは設備機器です。

 

特に、キッチンやお風呂などは10年ほどすると劣化が目立ってくるようになりますし、20年もすると故障をしたり不具合が出てきて交換を考える必要も出てきます。

設備機器は、どちらかというと消耗品のような位置づけになるんですね。

そのため、合理的な視点で見ると設備にお金をかける優先順位はどうしても低くなってしまいます。

 

では、構造材など目に見えにくいところにお金を掛ければいいのかというと、そう簡単な話でもない部分が難しいところ。

設備機器は選ぶのが結構楽しく、こだわりたいという方も多くいらっしゃるからです。

 

男性は構造関係、女性は設備関係にこだわる方が多いので、単純に予算の優先順位だけで家づくりを進めてしまうと後で不満が残る結果になってしまうことも有り得ます。

設備機器は毎日使う物なので目につきやすく、最悪のケースでは設備機器を見るたびに不満を感じてしまうなんてケースも有り得ます。

キッチンを安くしたためにご飯のクオリティが下がったなんてことになると、笑い話にもなりませんね。

プロおすすめのキッチンのつくり方と選び方4選

対面キッチンはどれがおすすめ?5つの対面キッチンとメリット、デメリット

 

家は完成して実際に住み始めてからが本当のスタートなので、住んでから後悔ばかりの生活ではなく、やっぱり楽しい生活を送りたいですね。

 

では、家の予算がオーバーした場合、予算の優先順位以外に何を見ればいいのでしょうか。

それは家で叶えたいことの優先順位です。

家で叶えたいことの優先順位

SW_PaulFilitchkin3

家を建てる時に重要なのが、「家で叶えたい事の優先順位をつけること」。

この優先順位をつけることが大事というお話を、これまでも何度かさせてもらいました。

良い家を建てる秘訣!それは本当に必要な物ですか?

 

優先順位の高い物は必ず叶えないと家を建てる意味がありませんし、できれば叶えたいものは家全体のバランスを見ながら採用、不採用を決めていくという訳ですね。

これは間取りもそうですし、設備などの仕様決めにも同じことが言えます。

優先順が高い物は、思い切ってお金を掛けても後悔することはありません。

それを叶えたいために、家を建てる事を選択されたからです。

 

では、優先順位の低い物はどうでしょうか。

間取りをつくる際もそうですし、仕様も同じ事が言えますが、家づくりの最初の段階では優先順位の低い物も、家の間取りであったり仕様の中に含まれている事が多くあります。

土地の広さの関係で家を大きくできなかったり、予算との差が大きい場合は最初から優先順位に照らし合わせて要望を厳選した物をつくる事がありますが、そうでない場合は優先順位の低い物もできるだけ叶えようと普通は考えます。

 

家の中には優先順位が高いもの、低いものが混在しているんですね。

そして、ここに予算を調整するヒントが隠されています。

 

予算をオーバーした際、次の2つの方法が考えられます。

1つは、いろんな要望を叶えるため、家全体の仕様、例えば構造材のグレードを下げたり内装のグレードを下げる方法。

もう1つは、優先順位の高い物は採用して、優先順位の低い物は仕分けをした上で思いきって捨ててしまう方法の2つです。

 

では、どちらの方法が家ができてからの満足度が高いのでしょうか?

 

私がこれまで何十、何百という家づくりを見てきた中で満足度が高いのは、圧倒的に後者です。

優先順位の低い物はきっぱりとあきらめて、優先順位の高い物に力を入れた方が満足度が高いんですね。

 

そして満足度を高くするためには、納得できているかどうか。

この部分があるかないかで、満足度は大きく違ってきます。

 

例えば、仕様を下げる場合は「仕方なく下げた」という感覚が残り、家が建ったあともイマイチスッキリしません。

インテリアで例えると、「予算が無いので、とりあえず価格の安い家具を揃えた部屋」と言う感じがどうしてもしてしまうんですね。

もちろん、価格の安い家具でも家の雰囲気をよくすることも可能ですが、雰囲気を良くするためにはとてもセンスが必要になってくるので難易度がとても高くなります。

そして、全体的に仕様を下げた場合は視覚的にもよく目につくので後悔しやすくなってしまうんですね。

 

一方、優先順位を元に必ず必要な物、あきらめる物をハッキリした場合、家の仕様に影響はまったくありませんし、より必要な物が詰まった濃縮な空間にすることができます。

より必要な物が詰まった洗練された空間になるということですね。

そのため、満足度が落ちる事がほとんどありません。

 

このように予算がオーバーした場合、もう一度家を建てようと思った時の優先順位を思い出して、整理するのが1番です。

整理しても予算が合わないようなら、

「家の予算アップのための方法を探す」

もしくは、

「その工務店や住宅会社とは縁が無かった」、「家を建てる時期を遅らせ資金を貯める」ということも選択肢にいれるべきなんですね。

 

住宅会社にとっては家を建ててもらいたいので、「仕様を落とす」ことを勧められることがありますが、その場合は「仕様を落として家を建てるくらい本当にその会社で家を建てたいのか」を一度振り返ってみる時間を取ることをオススメします。

どうしても予算が厳しい場合、家づくりを進めていると何としても家を建てるという気持ちになりがちですが、一度冷静になって考えるのも家づくりにとってはとても大切なことなんですね。

まとめ

今回は家の予算がオーバーした時の対応方法についてお伝えしました。

合理的に考えた場合、後で手を加える事が難しい物であったり、メンテナンスが少なく済むものに予算を割り振るのが1番合理的です。

ただ、家は合理的な考え方だけでは満足する家はつくることはできません。

 

もう一度優先順位を振り返って、本当に必要な物を残してブラッシュアップしていく。

その過程があることによって、より要望が凝縮された密度の高い家にすることができるんですね。

 

安易に全体的な仕様を落とすのは、あとで後悔する原因ともなってきます。

予算がオーバーしそうな場合、家の大きさも含めてぜひ一度優先順位を振り返ってみてくださいね。

では。

 

家のお金についてはこちらも参考にしてください。

家の資金計画。お金の事を考えてみよう。

家の見積もり方法をお教えします。

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

工務店探しをしている方へ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

家の予算がオーバーしそうなときはどうすればいい?

  • 優先順位を改めて確認して、優先順位の低い物は思い切ってやめる。
  • 全体的に仕様を下げるは満足度も下げてしまうので注意。
  • 合理的に考えると、設備などの消耗品よりも構造材にお金をかけた方が価値は高い。