ウォークインクローゼットに窓は必要?収納の換気の話

「ウォークインクローゼットをつくるとき、窓は付けるべきなんでしょうか?それとも窓は無くてもいいんでしょうか?教えていただけるとありがたいです」

読者さんからこのような質問をもらいました。

確かに、ウォークインクローゼットは空気が籠りがちになるので窓を付けるかどうかは迷いますよね。

 

そこで今回は、ウォークインクローゼットに窓は必要かどうかをお伝えするのと同時に、ウォークインクローゼットの換気方法についてご紹介したいと思います。

ウォークインクローゼットに窓は付ける?

家の窓3

窓の話の前にまず根本的な話として、ウォークインクローゼットをつくる場合は換気がとても重要になってきます。

 

ウォークインクローゼットは人の出入りが少なく空気がこもりがちになってしまうので、換気されないと湿気が溜まってしまったり収納した物に臭いが染み付いてしまったりしてしまうことがあります。

ウォークインクローゼットに服を収納していたら、臭いがついてしまって気になるなんてことになってしまうと、せっかくのウォークインクローゼットが台無しです。

そのため、ウォークインクローゼットでは換気できるかというのが重要になってくるんですね。

 

では、ウォークインクローゼットに窓を付けるべきなのでしょうか?

ウォークインクローゼットに窓をつけたときのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

まず、ウォークインクローゼットに窓をつけたときのメリットは、やはり窓を開けて換気ができることです。

特にほこりっぽい空間が苦手な方や、掃除機を掛けるときは空気を入れ替えたいという方にとっては、ウォークインクローゼットに窓があるとかなり重宝します。

 

その他にもウォークインクローゼットに窓があるメリットとしては、日中でも真っ暗になることがなく、電気を付けなくてもウォークインクローゼットの中を見る事ができるようになります。

このようにウォークインクローゼットに窓があると、換気と明かりの面でメリットが出てくるんですね。

 

では次に、ウォークインクローゼットに窓をつける場合のデメリットを見てみましょう。

 

まず、当たり前のことですが窓がある場所には物を置くことができなくなります。

せっかくお金をかけて窓をつけたのに、窓の前に物を置いてしまって役に立たなくなってしまうのはもったいないですね。

 

また、日当りの良い場所に窓をつけてしまうと、服など中においてある物が日焼けしてしまう恐れも出てきてしまいます。

 

このように、ウォークインクローゼットに窓をつけることで収納に使える場所が少なくなる可能性が高くなってしまうんですね。

そのためウォークインクローゼットに窓をつける場合は、その場所に窓があることで邪魔にならないかを間取りの段階で考慮しておく事が大切になってきます。

 

また、物をたくさん置きたいけども、どうしてもウォークインクローゼットに窓をつけたいという場合、天井一杯の高い位置にチェーンなどのオペレーターを使って開ける窓をつけてあげると、物の邪魔になりにくいのでオススメです。

家を建てるなら必ず知っておきたい窓の話

窓は無くても換気扇をつける

wind-285970_640

ウォークインクローゼットの窓は、メリットとデメリットがあるので窓を付けるかどうかは好みで選んで問題有りませんが、窓をつけない場合は少なくとも換気扇はつけておきたいところ。

ウォークインクローゼットに換気扇があることで、空気がこもったり湿気がこもるのを防ぐのと同時に、収納の中にニオイがこもるのも防いでくれるようになるんですね。

 

一気に換気したい時は窓の方が効果的ですが、窓は雨や防犯の面でずっと開けておくというのは中々難しいもの。

その点、換気扇は一気に換気するには向きませんが、常にウォークインクローゼットの空気を動かしてくれるという点がとても重宝されるんですね。

そのためウォークインクローゼットに窓を付けないなら、忘れずに換気扇を付けておいてくださいね。

 

また、最近は全館空調を取り入れている家も増えてきていますが、ウォークインクローゼットの中もしっかり換気できるようにしておくと一石二鳥です。

ウォークスルークローゼットにする

スチールラックを使ったパントリー

Photo:http://www.onekindesign.com/2013/10/04/53-mind-blowing-kitchen-pantry-design-ideas/

換気の視点で考えた時、ウォークインクローゼットを通り抜けられるウォークスルークローゼットにするのも効果的です。

 

ウォークインクローゼットで行き止まりになるのでなく、ウォークスルーで回遊できるようになるので空気がこもる事が少なくなります。

そのため、ウォークスルークローゼットは使い勝手だけでなく換気面でも優れた収納となるんですね。

回遊できる間取りって使いやすいの?メリットとデメリットをご紹介します

 

また、ウォークスルークローゼットは複数の場所からアクセスできるようになるので家事の動線をショートカットしやすくなるというメリットもあります。

ウォークスルークローゼットの入口には建具をつけても建具をつけなくてもどちらでもかまいませんが、洗面など水まわりの横にウォークスルークローゼットをつくる場合は、湿気が流れてこないように建具をつけたり湿気が入ってこないよう換気扇の位置に注意してくださいね。

ウォークインクローゼットに桐材をつかう

kiri

桐材は昔から着物箪笥に使われているように、調湿効果や防虫効果にすぐれた材料です。

そんな桐材をウォークインクローゼット全体に使用することで、桐タンスと同じような効果を持った空間にすることもできます。

 

壁、天井、床に桐材を使うという訳ですね。

棚などにも桐材を使ったり、布団を置くならスノコ状の桐材を使うとより効果的です。

桐の床は柔らかいので暖かく足腰にもやさしいので、桐材の調湿、防虫効果だけでなく肌触りも楽しむことができるのもいいですね。

 

少し価格は上がってしまいますが、大切な服や物がある方は桐材のウォークインクローゼットを検討してみるのもオススメですよ。

まとめ

今回はウォークインクローゼットについて、換気の視点で見てきました。

ウォークインクローゼットをつくるという人は多いですし、家の収納の要となってきます。

そのため、いかに使いやすくて使っていて快適に使えるかというのがとても大切なんですね。

 

収納力を重視するか、それとも換気や明るさを重視するかでウォークインクローゼットに窓を付けるか換気扇を付けるかは変わってきます。

できれば家の間取りの段階でウォークインクローゼットをどのように使うかイメージしておくと、窓を付けるかどうかの判断がしやすくなりますよ。

ぜひ部屋だけでなくウォークインクローゼットの中も快適な空間にしてくださいね。

では。

 

収納についてはこちらも参考にしてください。

クローゼットの収納術。家の建築士がおススメの収納方法をお教えします。

使いやすいウォークインクローゼットの収納例をご紹介します

衣装部屋を家につくると家がスッキリする理由

パントリーの間取りとおすすめの収納方法7選

収納を作る時に知っておきたい、2つの収納スタイル

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

建築士が教える今日の問題解決

ウォークインクローゼットに窓はつけた方がいい?

  • ウォークインクローゼットで重要となるのが、部屋の換気。
  • 換気のために窓を付けるか、窓を付けない場合は換気扇はつけておきたい。