これで失敗しない!家のプロが教えるクローゼットの収納術

「クローゼットの収納方法が分からない」、「クローゼットをどう整理したらいいですか?」

こんな質問を読者さんからいただくことが多いです。

 

あなたも「クローゼットの中をどうすればいい?」とか「クローゼットをどう使えばキレイに整理できるの?」など悩んでいませんか?

今回は、私が建築士として家づくりに関わってくる事で分かったクローゼットを有効活用する収納法についてお伝えします。

それではどうぞご覧ください。

こんなクローゼットになっていませんか?

扉が閉まっていれば、外から見れば一見キレイに見えるクローゼット。

でも、いざクローゼットの扉を開けてみたらクローゼットの中がグチャグチャで中に何がどこに入っているか全然分からない・・。

さらには物や服をを掻き分けても掻き分けても、探している物が見つからない!

こんな状態のクローゼットになってしまっている場合はすでに大問題ですが、クローゼットの中がなんかゴチャゴチャ見えてしまって困っている方も多いのではないでしょうか?

 

いつも物を探すのは大変ですし、それが積み重なった場合の時間もバカにならなくなってきます。

やはりクローゼットは使いやすい方が良いですし、スッキリしている方が見た目もキレイで気持ち良いですよね。

では、どうすればクローゼットに物をスッキリ収納できるのでしょうか?

まずは、クローゼットの中身から見ていきましょう。

クローゼットの理想の収納法って?

巷には、クローゼットの収納術や収納法などが溢れています。

そのため、いざ自分の家に収納をつくるとなった時にアレもコレもと取り付けたくなってしまったり、何か取り付けないと不安になる方も結構いらっしゃいます。

では、どういうクローゼットが一番使いやすいのでしょうか?

 

それではまず、収納セットとして販売されている建築部材から見てみましょう。

収納セット

Photo:http://www.woodone.co.jp/

上の画像は、ウッドワンという建材メーカーの収納セットです。

家族の人数別に必要となる物と、その収納法が載っていて、クローゼットの棚や引き出しがセットになって販売されています。

必要な物に合わせて棚や引き出しを配置しているので、スッキリしていて使いやすそうですね。

 

じゃあ、これをクローゼットに入れたらスッキリするんじゃないか?

ある意味正解です。

実は、私の会社でも建材メーカーと協力して、このような建材をオプションとして用意していたこともありました。

 

でも、新築の家に取り付ける人はほとんどいないのが実情なんです。

 

何故でしょうか?

その大きな理由が、こういう棚や引き出しがつ付いた建材は意外といいお値段がするんです。

1つなら良いんですが、クローゼットは家に何カ所もあるものなので、積み重なるといつの間にかソコソコいい金額になってしまうんですね。

チリも積もればと言いますが、収納も家にいくつもあるものなので、アレやコレやと収納の中に手を加えて行くと金銭的な負担が意外と大きくなっていきます。

 

「うーん。クローゼットを使いやすくするには、結局お金が必要なのか」

と思う方もいらっしゃると思いますが、ちょっと待ってください。

 

クローゼットにそんなイロイロ取り付けてお金を掛けなくても、実はクローゼットにパイプと棚があれば後は何とでもなります。

 

実は、クローゼットを有効活用して物を整理したい場合、クローゼットはつくり込みすぎない方が良い場合がほとんどなんです。(建材メーカーが販売している収納セットも、もちろん使いやすいですが)

そして、クローゼットの収納法には難しいアイデアもいりません。

実はとても簡単なんです。

 

では、どんな形でクローゼットを整理するのが有効なのか見ていきましょう。

クローゼットの収納方法

クローゼット

上の図は、お金を掛けず効率的なクローゼットの収納方法の一例です。

 

ハンガーパイプに高さが同じ服を揃えて掛けていき、その服の下にカラーBOXを置いていきます。

ちなみに、服は長さを揃えるのがスッキリ見えるポイントです。

服の丈がバラバラだと、クローゼットの中がまとまり無く見えてしまうんですね。

そのため、「長いもの」から「短いもの」という順にハンガーパイプに掛けていくのがオススメです。

(服を真っすぐ伸ばして掛けると、服も多く掛けられますし見た目もキレイです)

 

カラーBOXは服の長さに応じて調整ができるので、1個で3段とか4段あるカラーBOXでなく個別に積み重ねるタイプのカラーBOXにすると便利です。

また、カラーBOXは入れる物事に仕分けしておけば、探す時に手間が掛からなくなりますし、季節物もまとめて同じBOXに入れておけば衣替えも簡単です。

 

(カラーBOXやカゴは無印良品あたりのシンプルな商品が人気です。)

 

その他に、カラーBOXの高さをあえて低くして、その上にカバンや帽子を置いたりする方法もいいですね。

柔らかい素材のカバンなら、カゴを置いてその中にいれてしまうという方法もあります。

その一方、高さがあるカバンや革製の固いカバンはカゴに入らなかったり上手く立たずに壁に寄り掛ける必要が出てくる事がありますが、本立てなど仕切れる物を上手く使ってあげれば、カラーBOXの上に自立させることもできるようになります。

革製のカバンは高価な物が多いので、大事に収納できるようにしておきたいですね。(本立てはカバンに傷がつかないよう尖っていない物がベストです)

 

それでは次にクローゼットの上部を見てみましょう。

クローゼットの場合、通常はパイプの上に棚がついています。枕棚という棚です。

この枕棚に物を置くときのポイントは、頻繁に取り出さない物を置くこと。

枕棚の取り付け高さは2m弱くらいなので、頻繁に取り出す物を置いてしまうと、物を取るのには高さがありすぎてストレスになるので注意してくださいね。

物が枕棚に擦れて傷む原因ともなってしまいます。

 

枕棚の使い方として、例えば冬しか使わない冬の小物は冬の箱にまとめてあげて枕棚へ。

夏の小物は夏の小物で箱にまとめて同じように枕棚へ置いておくなど、収納する物をまとめるなどルール決めをしておくと、「アレはどこへ行ったかな?」と思って探す手間が省けるのでオススメです。

 

先ほどのクローゼットの断面はこんな感じ。

クローゼット断面

ほぼ余す所無くクローゼットが使われているのが分かりますね。

奥行きも65センチから70センチくらいが丁度使いやすく、ほとんど無駄が出なくなります。

上部まで余すところなく使い切るのが収納を作るときのポイントなんですね。

 

このクローゼットの収納術の場合、必要なものは棚とハンガーパイプ、カラーBOXだけなのでそんなにお金はかかりません。

さらに、家のクローゼットをこの方法で統一しておけば、余ったカラーBOXを他の部屋でも使う事ができるので無駄もありません。

また、カラーBOXの中を小分けにして整理しておけば、服だけでなく小物の収納もバッチリですね。

ハンガーにもっと服を掛けたい場合

服を畳むのがあまり好きでなく、ハンガーにたくさん服を掛けたい派の人もいると思います。

特に男性は服をたたむのが苦手な方も多く、服を収納するのが簡単であれば簡単である程、自分の物を管理するようになる傾向があります。

自分の物は自分で収納すると言ったのに、いつまでもクローゼットの中に服を収納しないのを苦々しく思う奥さまもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな服を簡単に収納したり、ハンガーに吊るす派の方におススメなのが、ハンガーパイプを2段にする方法です。

こんな感じですね。

クローゼット2

ハンガーパイプを上下2本にすることで、通常の2倍の服をハンガーに掛ける事ができるようになります。

このハンガーパイプを2段にする方法も使いやすくておススメなんですが、先ほどのクローゼット収納法と違い、実はこの方法はかなり注意をしないと「後で失敗した!!」ってことが起きやすい方法でもあります。

 

では、どこに注意が必要か見てみましょう。

 

まず注意したいのが、ハンガーパイプの高さの設定です。

ハンガーパイプが低すぎると服が床に擦れたり、下の服に重なって使いにくくなってしまいます。

そのためちょっと余裕を持った高めに設定するのが安全なのですが、余裕を持ちすぎると上の段のハンガーパイプが高くなりすぎてすごく使いづらくなります。(先ほどの図を参照ください)

上の段の服を取るのに毎回背伸びなんて事になると結構大変ですね。

 

また、ハンガーパイプの上に棚をつけても高さが取れない事があるので、ここは設計者と棚をつけるかどうかの打合せが必要です。

例えば20㎝もスペースが取れないのであれば、置ける物はかなり限られてしまうので、かえって使いづらくなってしまう可能性があるんですね。

あと、この方法で一番の弱点がコートなど長い服を掛けられない事です。そのため、長い服を掛ける場合は一部分だけ下のパイプを無くすなどの対策を取っておくのがおススメです。

どんな服を掛けるか、また誰の服を掛けるのか(男女でサイズが違う)をあらかじめ決めておくと、理想の高さで無駄のないクローゼットにすることができます。

 

このように、ハンガーパイプ2段にする収納方法は注意点がいくつかありますが、使い勝手はとてもいいのでおススメです。(設計の段階で今回ご紹介した注意点をクリアにしておくのがポイントです。)

押入とクローゼットの奥行きの違い

それでは次に、押入とクローゼットの違いについて見ていきましょう。

押入とクローゼット

上の図面では、子供部屋と寝室で収納の奥行きが少し違うのが分かるでしょうか?

子供部屋にある収納が通常のクローゼットの奥行き。

寝室にある収納が、いわゆる押入と同じ奥行きになっています。

 

奥行きの違いで大きいのが、クローゼットは服をメインに収納するための物。

押入は、布団など奥行きのあるものを収納するための物という違いです。

 

押入は、布団を収納できるので便利なのですが、奥行きがあるので奥の方は使い勝手が悪くなってしまいがちなんですね。

 

では、押入の奥を有効活用したり、押入に服を掛けたい場合はどうすれば良いのでしょうか?(賃貸住宅だとこのケース多いですよね)

 

まず、クローゼットと違い、押入は基本的に3段に分かれています。

こんな感じですね。

押入とクローゼット

枕棚だけなのがクローゼット、押入は枕棚に加えて中段が付くことがほとんどです。

布団を入れるのに中段があると仕切りやすいからなんですね。

押入に物を入れる場合、重い物を下の段に、よく使う物を真ん中に、上にはあまり使わない物や軽い物を入れるのが基本となります。

また、よく使う物は手前に、あまり使わない物は奥に収納すると、使い勝手が向上します。

 

ただ、このように使い分けても押入は布団など奥行きのある物を収納する時以外はどうしても奥の方が使いづらく、また服を収納するには押入の奥行きは広すぎることになってしまいます。

そんな時、押入を有効活用するのに便利な物があります。

これを実際に使うとこんな感じですね。

51pCE2G4btL._SX425_

奥が棚になっていて、服も掛けられる優れものです。

さらに幅も調整できるので、押入の半分は布団。もう半分は服なんて使い方もできます。

これを使えば、奥行きのある収納を無駄なく使えて小物なんかも整理することができます。

 

大工さんにあらかじめ可動棚をつくってもらうこともできますが、既製品を使う方が間違いなく安くなります。

 

特に賃貸住宅に住んでいる方にこんな商品がある事をお伝えすると、皆さんかなり重宝されます。

もちろん、新築住宅の押入に使っても問題ありません。(ベストは何を収納するかを決めて収納を作ることですが)

押入は奥行きがある分だけムダなスペースもできやすいので、その部分をいかに活用するかがポイントになってくるんですね。

タンスは買わない

最近見ることは減ってきましたが、服を入れるとなると重宝されているのがタンスです。

ただこのタンス、服を収納できるのは良いのですが、部屋の雑多感も増幅させてしまいます。

 

部屋をスッキリ見せるには部屋の中に余計な凸凹をつくらないのが基本になってきますが、タンスがあるだけで部屋に凸凹が増えます。

さらに高さや大きさの違うタンスを並べると大変ですね。

凸凹感がさらに増幅して部屋がゴチャゴチャに見えやすくなってしまいます。

家の間取りも同じ事が言え、スッキリ見える家にするにはルールがあるんですね。

その凸凹は大丈夫?部屋をスッキリ見せる方法

部屋がスッキリ見える!ハイドアの驚くべき効果を検証します

 

ただ、結婚して買ってもらった婚礼タンスなど、簡単に捨てられないタンスを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時は、タンスをクローゼットの中に入れてしまうのがおすすめです。

クローゼットの中にタンスを入れてしまえば部屋の中に無駄な凸凹が無くなりますし、部屋がスッキリ見えるようになるんですね。

 

クローゼットの中にタンスを入れる場合の注意点として、サイズは必ず確認が必要です。

奥行きもそうですが、棚やハンガーパイプにぶつからないように高さも注意する必要があるんですね。

家を新築する時に持っていくタンスというのは、この先も当分捨てることが無いことが多いので、クローゼットの中にタンスがぴったりと収まる専用スペースをつくるのも1つの方法と言えます。

また、大体のタンスはクローゼットの中に入りますが、もっと大きいタンスという場合はウォークインクローゼットを作って、ウォークインクローゼットの中に入れてしまうのもスッキリするのでオススメですよ。

まとめ

今回はクローゼットの収納術についてお伝えしました。

家づくりで収納と関わっていると、「収納下手だからかなり勉強しなくちゃ」「クローゼットにイロイロ付けとかないと物が整理しきれないんじゃないのかな」と思われる方が多いですが、実は収納をそんなに難しく考える必要はありません。

要は、多く収納できてキレイに見える方法さえ知っておけば大丈夫なんですね。

料理と同じでルールを覚えてしまえば、収納方法で失敗する事はほとんど無くなります。

また、収納をつくり込むのも良いかもしれませんが、必要な物や使う物は年齢や生活と共に変わっていきます。

そんな時、クローゼットをシンプルにつくっておけば、いくらでもフレキシブルな対応をとることができるようになるんですね。

 

クローゼットや押入はできる限りシンプルに。

カラーBOXなど後で買える物があるならそれを上手く利用する。

そして、カラーBOXの中の整理の方法として収納術や収納法を使う。

 

これが一番使い勝手が良い収納と言えます。

ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

では。

 

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

収納についてはこちらも参考にしてください。

使いやすいウォークインクローゼットの収納例をご紹介します

おしゃれなリビングにするための収納術。片付く部屋にする方法をご紹介します。

収納を作る時に知っておきたい、2つの収納スタイル

ウォークインクローゼットに窓は必要?収納の換気の話

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

クローゼットの効果的な収納方法って何?

  • クローゼットはできるだけシンプルにして、カラーBOXなど後で買えるものがあるならそれを上手く利用する。
  • 奥行きや高さを上手く使うと、クローゼットの収納力があがる。
  • 必要な物や使う量は年齢や生活スタイルで変わるので、クローゼットをシンプルにしておけばフレキシブルに対応できる。
  • タンスはクローゼットの中に入れてしまう。