プロが教える!ウォークインクローゼットの失敗しないつくり方と収納方法

新居に取り入れる人が多いウォークインクローゼット。

ウォークインクローゼットはある程度の広さがあるため多くの物を入れられるので、特に服や物が多いご家庭に人気の収納です。

 

そんな便利なウォークインクローゼットですが、それではウォークインクローゼットが欲しい時は建築士に何て伝えればいいでしょうか?

 

おそらく、「これくらいの服や物があるんで、〇〇帖くらいのウォークインクローゼットが欲しい」という方が多いのではないでしょうか。

もちろん、その伝え方で問題ありませんし、希望したサイズのウォークインクローゼットができるはずです。

ところが、そうして出来上がったウォークインクローゼットが使いやすいかどうかは別の問題となってきます。

 

では、使いやすいウォークインクローゼットを造るにはどうすればいいんでしょうか?

今回は、使いやすいウォークインクローゼットの造り方をご紹介します。

それではどうぞご覧ください。

洋服の幅ってどれくらい?

ハンガー

ウォークインクローゼットの話の前に、まずは予備知識として服のサイズを知る所から始めてみましょう。

あなたは、洋服の幅ってどれくらいあるか知っていますか?

 

まず服を掛けるハンガーを見てみると、ハンガーの幅は40センチ〜45センチくらいが一般的なサイズです。

そのハンガーに服を掛ける事になるのですが、そうなると大体50〜60センチくらいのサイズになります。

 

つまり、服を掛けるならこの60センチの奥行きを確保しないといけない事になるんですね。

では、この事を踏まえてウォークインクローゼットのサイズを見てみましょう。

よくあるウォークインクローゼットのサイズ

ウォークインクローゼット

上の図面は広さが3帖のウォークインクローゼットの図面です。

広くはありませんが、このくらいの広さがあればウォークインクローゼットとして安心感がありますね。

ちなみに、このウォークインクローゼットの広さは、壁の中心〜中心(建築用語で芯々寸法といいます)までが2.73m × 1.82mの広さです。

 

では、このウォークインクローゼットをどうやって使うといいでしょうか?

ここで注意するかしないかが、使い勝手の良いウォークインクローゼットになるかどうかの分かれ目となります。

残念なウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットの残念な使い方を見てみると、実は先ほどの図面のウォークインクローゼットに目いっぱいハンガーパイプをつけるのが、残念な使い方の代表例となります。

その理由は、通路部分が狭くて使いづらいウォークインクローゼットになってしまうからです。

図面で表すとこんな感じですね。

使いにくいウォークインクローゼット

それでは、このウォークインクローゼットが使いにくい理由を具体的に見ていきましょう。

 

このウォークインクローゼット、図面で見ると幅が1.82mと表記されるのですが、実はそれは壁の中心からの芯々寸法で、実際にウォークインクローゼットで使える幅はもっと狭くなってしまいます。

木造住宅の場合、幅が1.82mのウォークインクローゼットでは、実際には1.7mを切る幅しか使う事ができないんですね。

 

そこに服のスペースとなる60センチ幅を両側にとると、残った通路部分が50センチを切ってしまいます。

通路部分が50センチを切ってしまうというのは、実は人にとって結構ストレスとなってしまうんです。

人の肩幅は50センチほど。さらに人が通るとなると60センチは必要になってきます。

 

では、通路に60センチ必要なのに、50センチも通路が取れないとどうなってしまうでしょうか?

通路が狭いとウォークインクローゼットの中を歩くたびに服が肩や腕に当たる事になってしまいますし、余剰スペースが少ないので物が溢れているように見えやすいんですね。

服もこすれて痛みやすくなりますし、いつも服が体に当たってしまう環境が好きな人は普通いませんね。(服が大好きな人はいいのかもしれませんが・・)

 

また、出入り口も非常に窮屈となり、ゴチャゴチャと見えてしまうウォークインクローゼットの代表例となってしまいます。

そのため、幅が1.82mのウォークインクローゼットの両側にハンガーパイプをつけるのはおススメではないんですね。

 

ウォークインクローゼットとその他の一般的な収納の違いとして、ウォークインクローゼットには必ず通路部分も必要になってくることが挙げられます。

通路は無駄なスペースに感じるかもしれませんが、ウォークインクローゼットでは結構重要な役割を果たしています。

このようにウォークインクローゼットでは、通路のスペースもしっかり確保しないとただの物置と化していまうんですね。

 

それでは、先ほどのウォークインクローゼットはどのようにして使うのがいいのでしょうか?

ウォークインクローゼットの効率的な使い方

先ほどのウォークインクローゼットの効率的な使い方としては、このように片側にハンガーパイプ。もう片側は棚にしてあげるのがストレスが無くて使いやすい配置となります。

ウォークインクローゼットと棚

造作で自由に高さを変えられる可動棚をつくっても良いですね。

また、意外とおススメなのが市販の棚やカラーボックス。

造作でつくるより、市販の物を置くほうが安くすみますし、将来的にサイズも簡単にかえる事ができるので使い勝手が良いのが特徴です。

 

このように。棚の奥行きを45センチくらいまでに抑えてあげれば、通路部分を確保しながら服も棚もストレス無く使う事ができるようになります。

そのため、幅1.82mのウォークインクローゼットの場合は両側に服を掛けるのではなく、このように片方に服、もう片方に棚というように、通路をしっかり取った配置にするとウォークインクローゼットに余裕ができて、ウォークインクローゼットの中もキレイに見えます。

理想のウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットを作る場合、服をハンガーパイプに沢山掛けたいという方もいると思います。

そんな場合、ウォークインクローゼットの幅を10センチや20センチでいいので広げてあげれば、両面に服をかけてあげても快適に使用する事ができます。

こんな感じですね。

使いやすいウォークインクローゼットの広さ

たった20センチですが、ウォークインクローゼットの使い勝手は見違える程変わります。

服を沢山掛けたい場合、ウォークインクローゼットの幅を広げてあげると通路に余裕が出てキレイに収納できるようになるんですね。

通路が広いウォークインクローゼット

Photo:http://img.allabout.co.jp/gm/article/396893/002.jpg

これだけ通路部分にゆとりがあれば、歩いても服にぶつかる事はありません。

これで服が壁や人でこすれて痛むのを防ぐ事ができますし、ウォークインクローゼットの中も雑多感が減って見やすくなるので、日々の使い勝手も良くなります。

もっと服を掛けたいという場合は、ハンガーパイプを2段にするのも良いですね。

これで失敗しない!家のプロが教えるクローゼットの収納術

 

このように、ウォークインクローゼットをつくる場合に重要なのが、ウォークインクローゼットの通路の「幅」なんです。

ウォークインんクローゼットを作る場合は、いかに通路部分を確保するかに注目してみてくださいね。

ウォークスルークローゼット

ウォークスルークローゼット

ウォークインクローゼットは名前のとおり歩いて入れるクローゼットの事ですが、ウォークインクローゼットの出入り口を増やしてウォークスルークローゼットにするという方法もあります。

ウォークスルークローゼットにすると2方向から出入りできるようになるので、使い勝手がかなり向上します。

 

部屋同士の間にウォークスルークローゼットをつくってあげても良いですし、水まわりの隣にウォークスルークローゼットを持ってくるのも便利ですね。

家事の動線が近くなり、移動がすごく楽になります。

その間取りは動線が考えられていますか?家の間取りと動線について

 

衣装部屋をつくる場合にも、ウォークスルークローゼットは相性がいいですね。

衣装部屋を家につくると家がスッキリする理由

 

ちなみに、水まわりのとなりにウォークスルークローゼットを持ってくる時は、湿気がこもりにくいように必ず換気に注意してくださいね。

ウォークインクローゼットはどのように収納する?

広さがあり多くの物を入れられるウォークインクローゼットですが、どのように収納すれば効果的なのでしょうか?

 

ここで私の体験談を1つご紹介したいと思います。

私は家の設計をする中で、これまで100件くらいのウォークインクローゼットを作ってきました。

もちろん、ウォークインクローゼットを作るのがメインではなく家をつくるのがメインなので、実際に住み始めた方のウォークインクローゼットも見せていただくのですが、同じつくりのウォークインクローゼットでも、上手くウォークインクローゼットを活用して収納している方と、ウォークインクローゼットを上手く使いこなせていない方、どちらかにキッパリ分かれる事が多いです。

 

その違いはたった1つ。

基本的な収納方法を知っているか、それとも知らないかなんです。

これだけでウォークインクローゼットを使いこなせるかどうかは大きく違ってくるんですね。

 

ウォークインクローゼットと言ってもあくまで収納の1つの形というだけなので、細かいテクニックは別にして基本的な収納方法は一般の収納と変わらないんですね。

 

雑多に見えないように法則に則って並べ、どこに何があるか分かるように収納してすぐに取り出せるように。

これがウォークインクローゼットでも基本となります。

 

何でもかんでもとにかくウォークインクローゼットに詰め込んで行く・・、このようになってしまうとどれだけ広いウォークインクローゼットでも、ただの物置と化してしまうんですね。

逆を言えば、基本的な収納法を知っていれば、どんなウォークインクローゼットでも応用が利くようになります。

これで失敗しない!家のプロが教えるクローゼットの収納術

 

その他にウォークインクローゼットならではの事を挙げると、ウォークインクローゼットの角をどう使うか。

ウォークインクローゼットはL字型やコの字型になることが多いので、コーナー部分は使いにくい場所となってしまいやすいんですね。

そのため、日頃あまり使わない物、たとえば季節物やスーツケースなどを置いておくと頻繁に取り出す事もないので多少取り出しにくいコーナーに置いてもストレスになりません。

 

また、衣装部屋のように服を着替えたりコーディネートする場合は姿見用の鏡を置いておくと、ウォークインクローゼットで服を取って部屋の鏡の前に行くと言う作業をウォークインクローゼットの中で完結できるので、忙しくなりやすい外出前の時間を短縮しやすくなるんですね。

ウォークインクローゼットに扉は付ける?

ウォークインクローゼットの扉

ウォークインクローゼットを作る場合、廊下などにウォークインクローゼットを作る場合は扉を付けるのがほとんどですが、寝室の中にウォークインクローゼットを作る場合、扉を付けないケースもあります。

では、ウォークインクローゼットには扉をつけた方がいいのでしょうか?それとも扉は無くてもいいのでしょうか?

 

答えは、あなたが何を重視するかで決まってきます。

例えば、寝室にあるウォークインクローゼットに扉を付けない場合、ウォークインクローゼットの入口を工夫しない限り、ウォークインクローゼットの中は丸見えとはいかないまでも、かなり中が見える状態になります。

では、寝室のインテリアもこだわったりスッキリ見える寝室にしたい方がウォークインクローゼットの扉を無しにするとどうなるでしょうか?

 

ウォークインクローゼットの中はキレイにしたとしても、色んな形や色の物が目に入ってしまうので、どうしても雑多感というのは出てきてしまいます。

そうなると目指す部屋とは違いが出てくるので、スッキリした寝室を目指す場合はウォークインクローゼットに扉を付けるのがマストとなるんですね。

さらにはその扉もハイドアにできるとより部屋のスッキリ感が増します。

部屋がスッキリ見える!ハイドアの驚くべき効果を検証します

 

その一方、服を出すのに扉を開けるのが手間に感じる人や、ウォークインクローゼットの中にできるだけ風を通したい場合なんかは、ウォークインクローゼットに扉が無い方が便利に感じる事が多くなります。

また、予算がオーバーしていて少しでもコストカットしたい場合なんかも、ウォークインクローゼットの扉は優先順位が低いので仕分けの対象にしやすいという側面も。

 

このように、ウォークインクローゼットの扉は一概に有った方が良い、反対に無くてもいいと言う訳ではなく、あなたが何を家や部屋に求めるかで変わってくるんですね。

ウォークインクローゼットに窓は必要?

家の窓3

次に、ウォークインクローゼットと窓について見てみましょう。

ウォークインクローゼットをつくる場合、窓を付けるか付けないかという話がよく出てきます。

 

窓の話の前にまず根本的な話として、ウォークインクローゼットをつくる場合は換気がとても重要です。

ウォークインクローゼットは人の出入りが少なく空気がこもりがちなので、換気されないと湿気が溜まって最悪の場合はカビが生えてしまうなんて事が起こる可能性があるからです。

 

そのため、ウォークインクローゼットには少なくとも換気扇が必要になってきます。

 

では、窓まで必要なのでしょうか?

 

ウォークインクローゼットに窓があるメリットは、やはり換気ができる事です。

特に、掃除機をかけた時に窓を開けて換気をしたいという方は、やはり窓をつけたいという方が多いです。

やはり換気扇よりも窓を開けた方が換気は早いですよね。

他にウォークインクローゼットに窓があるメリットを挙げると、日中は真っ暗ではなく電気を付けなくてもウォークインクローゼットの中を見る事ができるようになる事が挙げられます。

 

一方、ウォークインクローゼットに窓をつけるデメリットは、窓の前に物は置けなくなってしまう事と、日当りが良い場所だと服など中に置いた物が日焼けしてしまう恐れがあります。

 

このようにウォークインクローゼットに窓を付けるのもメリットとデメリットがあるんですね。

窓をつけるかどうかの結論を言うと、ハウスダストが気になる方は窓をつけるのがおすすめです。やはり換気扇より窓を開けた方が換気は早いですよね。

一方、そこまでハウスダストが気にならないなら収納量を重視して窓は無しで換気扇を付ける。

このような考え方でいけば失敗は少なくなります。

(ウォークインクローゼットに窓を付けるなら開く窓を。明かり取りだけのFIX窓は厳禁です)

家の光や風を左右する!家を建てるなら知っておきたい窓の話

まとめ

shinkoshigaya_012-682x546

Photo:http://www.aqura.co.jp/gallery/sw0015/detail/973/

今回はウォークインクローゼットについて見てきました。

ウォークインクローゼットなどの収納は、奥行きや広さを少し調整してあげることでストレスが減ったり、快適に使う事ができるようになる事が多くあり、そして使いやすい家はこういう微調整の積み重ねてでき上がっていきます。

ウォークインクローゼットの中に何を入れて、どんな風にウォークインクローゼットを使いたいのか。

この部分を考えてウォークインクローゼットを作るのが重要なんですね。

(この辺りもヒアリングしてくれる細かな気遣いができる住宅会社と家づくりができると安心感があります)

 

ここでちょっとワンポイントアドバイスを1つ。

家の打合せで寸法を確認する場合、図面の寸法ではなく実際に使える寸法を教えてもらうようにしておくと、よりリアルな大きさが分かりやすくなり失敗が減りますよ。(冒頭の通路の広さのように)

 

貴重な限りある家の面積の中からせっかく作るウォークインクローゼット。

ウォークインクローゼットを作るのがゴールではなく、快適な生活をするために必要なウォークインクローゼットを目指してくださいね。

では。

 

収納についてはこちらも参考にしてください。

これで失敗しない!家のプロが教えるクローゼットの収納術

衣装部屋を家につくると家がスッキリする理由

衣装部屋を家につくると家がスッキリする理由

パントリーの間取りとおすすめの収納方法7選

収納を作る時に知っておきたい、2つの収納スタイル

床下収納庫はどこに設置するのがベスト?床下収納の位置を検証しました

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

使いやすいウォークインクローゼットってどうすればできる?

  • ウォークインクローゼットの通路の広さを確保する。
  • 実際に使える有効寸法を確認するのが重要。
  • 2方向からアクセスできるウォークスルークローゼットにすると動線が良くなる。
  • 基本的な収納法を知っていれば、ウォークインクローゼットは十分使いこなせる。
  • ウォークインクローゼットに扉を付けるかどうかは、その人の生活スタイルによる。
  • ウォークインクローゼットは換気が重要。