プロが教える!ウォークインクローゼットの収納方法

shinkoshigaya_012-682x546

皆さん、ウォークインクローゼットが欲しい時、建築士に何て伝えればいいでしょうか?

おそらく、「これくらいの服や物があるんで、〇〇帖くらいのウォークインクローゼットが欲しい」という方が多いのではないでしょうか。

もちろん、その伝え方で問題ありません。希望したサイズのウォークインクローゼットができるはずです。

ところが、そうして出来上がったウォークインクローゼットが使いやすいかどうかは別の問題となってきます。

 

では、使いやすいウォークインクローゼットを造るにはどうすればいいんでしょうか?

今回は、使いやすいウォークインクローゼットの造り方をご紹介します。

それではどうぞ!

洋服の幅ってどれくらい?

ハンガー

ウォークインクローゼットのお話の前に、まずは予備知識として服のサイズを知る所から始めましょう。

では皆さん、洋服の幅ってどれくらいあるか知っていますか?

ハンガーの幅は40センチ〜45センチくらいが一般的なサイズです。

そこに服を掛ける事になるのですが、ハンガーに服を掛けると大体60センチくらいのサイズになります。

 

つまり、服を掛けるならこの60センチの奥行きを確保しないといけない事になります。

この事を踏まえて、ウォークインクローゼットのサイズを見てみましょう。

よくあるウォークインクローゼットのサイズ

ウォークインクローゼット

上の図面は広さが3帖のウォークインクローゼットです。

広くはありませんが、このくらいの広さがあればウォークインクローゼットと言えるようになります。

このウォークインクローゼットの広さは、壁の中心〜中心(建築用語で芯々寸法といいます)までが2.73m × 1.82mの広さです。

 

では、このウォークインクローゼットをどうやって使うといいでしょうか?

ここで注意するかしないかが、使い勝手の良いウォークインクローゼットになるかどうかの分かれ目となります。

残念なウォークインクローゼット

実は、先ほどの図面のウォークインクローゼットに目いっぱいハンガーパイプをつけるのが、残念な使い方の代表例となります。

その理由は、通路部分が狭くて使いづらいウォークインクローゼットになってしまうからです。

こんな感じです。

ウォークインクローゼット3

では、その理由を見ていきましょう。

 

このウォークインクローゼットの芯々寸法は1.82mとなっていますが、実は実際にウォークインクローゼットで使える幅はもっと狭くなってしまいます。

木造住宅の場合、1.82mのウォークインクローゼットでは1.7mを切る幅しか使う事ができません。

 

そこに服のスペースとなる60センチ幅を両側にとると、残った通路部分が50センチを切ってしまいます。

 

通路部分が50センチを切ってしまうというのは、実は人にとって結構ストレスとなってしまうんです。

なぜなら、人の肩幅は50センチほど。さらに人が通るとなると60センチは必要になってきます。

 

では、通路に60センチ必要なのに、50センチも通路が取れないとどうなってしまうでしょうか?

ウォークインクローゼットの中を歩くたびに服が肩や腕に当たる事になります。服もこすれて痛みやすくなりますし、いつも服が体に当たってしまう環境が好きな人は普通いません。(服が大好きな人はいいのかもしれませんが・・)

 

また、出入り口も非常に窮屈となり、使いにくくてゴチャゴチャしているように見えるウォークインクローゼットの代表例となってしまいます。

そのため、幅が1.82mのウォークインクローゼットの両側にハンガーパイプをつけるのはおススメではありません。

 

ウォークインクローゼットの特徴として、ウォークインクローゼットは広さがある変わりに通路部分も必要になります。通路は無駄なスペースに感じるかもしれませんが、ウォークインクローゼットでは結構重要な役割を果たしています。

このようにウォークインクローゼットでは、通路のスペースもしっかり確保しないとただの物置と化していまうんですね。

 

では、先ほどのウォークインクローゼットはどのようにして使うのがいいのでしょうか?

ウォークインクローゼットの効率的な使い方

ウォークインクローゼットの効率的な使い方としては、このように片側にハンガーパイプ。もう片側は棚にしてあげるのがストレスが無くて使いやすい配置となります。

ウォークインクローゼット4

造作で棚をつくっても良いですが、おすすめなのが市販の棚やカラーボックスです。造作でつくるより、市販の物を置くほうが安くすみますし、将来的にサイズも簡単にかえる事ができるのでおススメです。

棚の奥行きを45センチくらいまでに抑えてあげれば、通路部分を確保しながら服も棚もストレス無く使う事ができるようになります。

そのため、幅1.82mのウォークインクローゼットの場合は両側に服を掛けるのではなく、このように片方に服、もう片方に棚という配置がおすすめです。

理想のウォークインクローゼット

ハンガーパイプをつけてたくさん服を掛けたいという場合、ウォークインクローゼットの幅を10センチや20センチでいいので広げてあげれば、両面に服をかけてあげても快適に使用する事ができます。

ウォークインクローゼット5

 

たった20センチですが、ウォークインクローゼットの使い勝手は見違える程変わります。

ウォークインクローゼットの幅を広げてあげると、こんな感じですね。

通路が広いウォークインクローゼット

Photo:http://img.allabout.co.jp/gm/article/396893/002.jpg

通路部分にゆとりができて、歩いても服にぶつかる事はありません。

これで服が壁や人でこすれて痛むのを防ぐ事ができますね。

 

さらにウォークインクローゼットの中も雑多感が減って見やすくなるので、日々の使い勝手も良くなります。

 

また、幅に余裕があるので、奥の面にハンガーパイプや可動棚を付けてより収納力を高めるという事もできます。

ある程度幅が取れるので、物を置くのに便利ですね。

 

ちなみに、ハンガーパイプを2段にする時の注意点はこちらを参考にしてください。

クローゼットの収納術。家の建築士がおススメの収納方法をお教えします。

 

このように、ウォークインクローゼットを広げる場合に重要なのが、ウォークインクローゼットの「幅」です。奥行きを広くしても使い勝手は変わらないので注意してくださいね。

ウォークスルークローゼット

ウォークスルークローゼット

ウォークインクローゼットは名前のとおり歩いて入れるクローゼットの事ですが、ウォークインクローゼットの出入り口を増やしてウォークスルークローゼットにするという方法もあります。

ウォークスルークローゼットにすると2方向から出入りできるようになるので、使い勝手がかなり向上します。

 

部屋同士の間にウォークスルークローゼットをつくってあげても良いですし、水まわりの隣にウォークスルークローゼットを持ってくるのも便利ですね。

家事の動線が近くなり、移動がすごく楽になりますよ。

その間取りは動線が考えられていますか?家の間取りと動線について

 

衣装部屋なんかにもいいですね。

衣装部屋を家につくると家がスッキリする理由

 

ちなみに、水まわりのとなりにウォークスルークローゼットを持ってくる時は、必ず換気に注意してくださいね。

ウォークインクローゼットに窓は必要?

家の窓3

ウォークインクローゼットをつくる場合、窓を付けるか付けないかという話がよく出てきます。

 

窓の話の前にまず根本的な話として、ウォークインクローゼットをつくる場合は換気がとても重要です。

ウォークインクローゼットは人の出入りが少なく空気がこもりがちなので、換気されないと湿気が溜まって最悪の場合はカビが生えてしまうなんて事が起こる可能性があるからです。

 

そのため、ウォークインクローゼットには少なくとも換気扇が必要になってきます。

 

では、窓まで必要なのでしょうか?

 

ウォークインクローゼットに窓があるメリットは、やはり換気ができる事です。

特に、掃除機をかけた時に窓を開けて換気をしたいという方は、やはり窓をつけたいという方が多いです。

やはり換気扇よりも窓を開けた方が換気は早いですよね。

他にウォークインクローゼットに窓があるメリットを挙げると、日中は真っ暗ではなく電気を付けなくてもウォークインクローゼットの中を見る事ができるようになる事です。

 

一方、ウォークインクローゼットに窓をつけるデメリットは、窓の前に物は置けなくなってしまう事と、日当りが良い場所だと服など中に置いた物が日焼けしてしまう恐れがあります。

 

このようにウォークインクローゼットに窓を付けるのもメリットとデメリットがあるんですね。

窓をつけるかどうかの結論を言うと、ハウスダストが気になる方は窓をつけるのがおすすめです。やはり換気扇より窓を開けた方が換気は早いですよね。

そこまでハウスダストが気にならないなら収納量を重視して窓は無しにする。

このような考え方でいけば失敗は少なくなりますよ。

(ウォークインクローゼットに窓を付けるなら開く窓を。明かり取りだけのFIX窓は厳禁です)

家の光や風を左右する!家を建てるなら知っておきたい窓の話

まとめ

shinkoshigaya_012-682x546

Photo:http://www.aqura.co.jp/gallery/sw0015/detail/973/

ウォークインクローゼットなどの収納は、奥行きや広さを少し調整してあげることでストレスが減ったり、快適に使う事ができるようになる事が多くあります。そして使いやすい家はこういう微調整の積み重ねてでき上がっていきます。

 

ここでちょっとワンポイントアドバイスを。

家の打合せで寸法を確認する場合、図面の寸法ではなく実際に使える寸法を教えてもらうようにすると失敗が減りますよ。

皆さんも、細かな気遣いができる住宅会社と良い家をつくってくださいね。

では。

 

収納についてはこちらも参考にしてください。

クローゼットの収納術。家の建築士がおススメの収納方法をお教えします。

衣装部屋を家につくると家がスッキリする理由

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

使いやすいウォークインクローゼットってどうすればできる?

  • ウォークインクローゼットの通路の広さを確保する。
  • 実際に使える寸法を確認するのが重要。
  • 2方向からアクセスできるウォークスルークローゼットにすると動線が良くなる。
  • ウォークインクローゼットは換気が重要。