広い玄関土間のある家ってどうなの?土間の使い方と3つの注意点

floor1_cg_2

広い玄関土間がある家って何だかお洒落に見えますよね。

何より普通の家ではない感じがプンプンします。

 

そんな玄関土間ですが、広い土間をつくる時はその使い道を考えたり、つくる時に注意しないといけない事もいくつかあります。

今回は、玄関土間にスポットを当てて詳しく見ていきましょう。

玄関土間の使い道

広い玄関土間をつくった時、その使い道はいくつもあります。

では、玄関土間はどのような使い方をされる事が多いのでしょうか?

 

自転車を置く

floor1_cg_2

http://www.d-center.jp/like/likehouse01/

ここ数年、自転車人気が高まるにつれて玄関土間に自転車を置きたいという人が増えてきています。

玄関に自転車を置く事ができれば、自転車が雨や風にさらされる事は無くなりますし、高価な自転車が盗難にあう心配も無くなります。

また自転車の飾り方ひとつで、ギャラリーのような玄関土間にすることもできるので、玄関土間は自転車ととても相性がいいと言えます。

 

自転車を置くための土間をつくる場合の注意点としては、自転車をスムーズに出し入れできるかどうかが重要なポイントです。

自転車のタイヤが壁にぶつかるとすぐにゴムの跡がついてしまうので、何度も切り返しが必要な玄関だと気付けば黒いシミだらけに・・。なんてことにもなりかねません。

自転車を土間に置く場合、壁にタイヤをぶつけてしまいそうかどうかシミュレーションしてみるのがおすすめです。

 

作業スペースとして

玄関土間は、作業スペースとして使われる事もよくあります。

先ほどの自転車を置くケースだと、自転車を置くだけでなく自転車のメンテナンスもするという感じですね。

その他にもキャンプ道具やサーフボードなどのアウトドアグッズの手入れする場所にも玄関土間は最適です。

 

作業スペースにする場合、籠って集中して作業をしたいのか、リビングなど人が集まる場所の近くで作業したいのかが、土間をつくるときに重要になってきます。

 

仕事場として

玄関土間を仕事場として使うという事もあります。

玄関土間が仕事場だと、仕事の来客があっても靴を脱いで家に上がってもらう必要はなく、土間スペースは仕事スペース。土間以外はプライベートな空間とメリハリをつけることができるようになります。

そんなにカチッとした仕事場は必要ないけれども、仕事場として使えるスペースがあるといい場合なんかだと、玄関土間を仕事場にしてもいいですね。

 

玄関土間を仕事場として使う場合、ちょっとした流しやミニキッチンなどを上手く配置してあげるのがポイントです。

 

外(庭)とつなげる

土間は家の中で唯一、土足で歩くのが許された場所なので、外(庭)と土間はとても相性が良い組み合わせです。

土間の外にタイルデッキやウッドデッキなんかがあると、土間と外との段差がほとんど無くなるので、土間をより広く有効的に使う事ができます。

また、庭とつながった土間をつくる人は、より開放的にするために窓を全開にできるフルオープンサッシを採用する人が多いです。

家の光や風を左右する!家を建てるなら知っておきたい窓の話

 

通り土間にする

家の奥に抜けたい時や、家の中で重くて持って運べない物を移動させないといけない時に活躍するのが、通り土間です。

家の奥に抜ける場合というのは、たとえば南北に道路がある敷地で、北の道路も南の道路も使いたいケースなんかが当てはまります。

通り土間があると、北へも南へも行くのが簡単です。

他には通り土間を通って広い庭がある場合なども、通り土間が活躍するケースと言えます。

 

次に、持てないほど重い物を運ぶケースを見てみましょう。

たとえば、楽器を移動させる場合、特に打楽器なんかはかなり重たいですね。

しかも、部屋にずっと置いておく訳ではなく、演奏会なんかがあると台車に載せて運ぶ必要があります。

ただ、さすがに台車を家のフローリングの上で使う訳にいきません。

そのため、家で演奏する防音室から家の外まで通り土間をつくって、外まで運べるようにする。

このようなケースで通り土間をつくることもあります。(もちろんただの通路としてではなく、他の使い方も考えた通り土間である必要があります)

 

 

これまで見てきたように、土間は何かの機能を持たせてあげると、より使用頻度の高い物になります。

広い土間をただ造っただけで使わない土間ほどもったいない物はありませんよね。

見た目だけでなく実用性も兼ねるのが、大きな土間をつくる時のポイントです。

 

広い玄関土間をつくる時の注意点

玄関土間

広い玄関土間をつくった場合、良い事ばかりではなくデメリットもあります。

特に土間は夏は涼しくて気持ちがいいのですが、冬の寒さには注意が必要です。

場合によっては暖房効率も悪くなりますし、土間があるおかげで冬はすごく寒いなんて事も・・。

 

そのため、広い玄関土間をつくる場合、冬の寒さ対策を行うのがとても重要になってきます。

(同じ理由から、玄関に吹抜けをつくるのも止めておいた方が無難です)

こんな吹抜けはイヤだ!!残念な吹抜け3選

 

玄関土間の冬の寒さ対策としては、「玄関土間を暖める」「家全体を暖める」「玄関土間を隔離する」という対策が効果的です。

1つずつ見ていきましょう。

 

玄関土間を暖める

玄関土間を暖めることで、土間の寒さを解消することができます。

具体的には玄関土間に床暖房を入れるのがいちばん効果的です。

 

玄関土間に床暖房を入れてあげれば、玄関土間自体が暖かくなるので底冷えするなんて事は無くなりますし、さわってもあたたかいので気持ちがいいです。

また、雨や雪など土間が水に濡れても乾きが早いという効果もあります。

 

多少費用はかかりますが、広い玄関土間をつくるなら床暖房を採用するのがおすすめですよ。

どんな床暖房を使えば良い?おすすめの床暖房3選

 

家全体を暖める

家全体を暖めて、玄関土間の寒さをカバーするという方法です。

家全体を暖める場合、全館空調システムや薪ストーブを使うと効果的です。

土間に薪ストーブを設置している家なんかは、よく見かけますよね。

土間にエアコンを付けるという方法もありますが、実際にはわざわざ土間のエアコンの電源をつけてまで使う事はあまりないので、家全体で暖めてあげるのが土間を有効活用するポイントです。

 

玄関土間を隔離する

玄関土間を隔離するというと大げさかもしれませんが、建具などで玄関土間と他の部屋を区切れるようにしておくのも冬の寒さには効果的です。

夏の暑い時期や、暖房が必要でない時期は建具を開け放しにしておいて、冬の暖房を使う時期だけ扉を閉めるという方法です。

これだけでも冬の寒さや暖房効率は全然違います。

 

建具を付ける場合のポイントは、引き戸にする事。

ドアだとまったく開放感がないので、できれば2枚や3枚の引き込み戸をつけてあげると効果的ですね。

引き戸もレールではなく上吊りにしてあげれば、引き戸を開け放している時に足元にレールが無くてスッキリしますよ。

まとめ

今回は玄関土間についてご紹介しました。

広い土間のある家は見た目からして、何かカッコいいですよね。

普通の家とは違う雰囲気がプンプンします。

ただ、広い土間をつくるときは、見た目だけでなく土間を何に使うのかも重要なポイントになってきます。

また、広い土間は寒さ対策も十分に行っていないと、「冬は寒くてたまらない」なんて事にもなりかねないので注意してくださいね。

 

広い土間をつくる場合、用途を考えた上で、使いやすい土間にできると楽しいですね。

では。

 

玄関についてはこちらも参考にしてください。

汚れが目立たない玄関タイルって何色?建築士がお答えします

価値のある玄関のつくり方

暮らしやすい玄関ポーチのつくり方。家の外観も高級感が出ます。

これで失敗しない!!玄関収納の位置とサイズの決め方

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

広い玄関土間をつくる時のポイントって何?

  • 用途を考えた使いやすい土間にする。
  • 寒さ対策は十分に行う。