おしゃれな家は皆使っている!おすすめ無垢フローリング12選【保存版】

ヨーロピアンオーク

皆さんの家にはどんなフローリングを使いますか?

 

すでにフローリングを決めている方もいると思いますが、私が一押しなのは「無垢材のフローリング」です。

今まで数多くの家を見てきましたが、無垢材のフローリングを使っている家はやっぱり違います。

肌触りと質感が普通のフローリングと比べて断然に良いです。

 

今回は、そんなワンランク上の家にしてくれる無垢フローリングの魅力とおすすめの床材12選をご紹介していきます。

それではどうぞ。

無垢フローリングの魅力

無垢フローリングには様々な特徴があります。

まずは無垢フローリングの魅力について見ていきましょう。

 

無垢フローリングは肌触りと質感が最高

無垢フローリングの一番魅力はその肌触りと質感です。

フローリングは生活の中で一番肌にふれる場所と言えます。

そんな肌に一番ふれる場所が、無垢のフローリングを使うとすごく快適になるんです。

これはぜひ皆さんに一度は体験して欲しいです。

 

また、無垢のフローリングは肌触りだけでなく、見た目や質感もすごく良いです。

おしゃれなインテリアや建築雑誌を見てもらいたいのですが、ほとんどの家は無垢フローリングを使っているのが分かります。

無垢フローリングは、それだけ家の見え方や質感を上げてくれるんですね。

 

無垢フローリングは暖かい

寒い日に無垢フローリングを一度さわってみてください。

「あったか!」とほとんどの人は言うと思います。

その理由は、木は熱をどれだけ伝えるかという「熱伝導率」という数値が小さく、熱を体からほとんど奪わないので暖かく感じます。(鉄を触ると冷たく感じますよね。鉄は「熱伝導率」が高く、熱を体から奪うので冷たく感じます)

 

ちなみに無垢フローリングの特徴として、「固い木」と「柔らかい木」なら「柔らかい木」の方がより暖かさを感じます。

 

無垢フローリングには調湿作用がある

無垢フローリングは調湿効果を持っています。

乾燥すれば水分を出して収縮し、湿気が多ければ湿気を吸収してくれるんですね。

四季がある日本によく合ったフローリングと言えます。

 

このように無垢フローリングは常に動いています。

その分、程度の悪い無垢フローリングを使ってしまうと床鳴りや床の反りの原因になってしまうので、あまり安過ぎる無垢フローリングには注意が必要してくださいね。

 

無垢フローリングは経年変化を楽しめる

無垢フローリングは時間が経つほど変化していきます。

日光に当たる事でも変化していきますし、人が使う事でツヤも出てきます。

家ができた時が一番良い状態で、それから劣化しつづけると言う訳ではなく、時間が経って使えば使うほど味が出てくるんですね。

経年変化を楽しめるのは、新建材には無い自然素材ならではの特徴です。

 

無垢フローリングは香りが良い

木はそれぞれ独自の香りを持っています。

そして無垢フローリングも香りを持っています。

ヒノキの香りなんかは有名ですよね。スッキリしたとても良い香りがします。

この香りの良さが、無垢フローリングの魅力です。

 

無垢フローリングを使っている会社のショールーム担当者の話を少々。

木は水に濡れるとより強く香りを出します。

そのため、お客さんにより木の香りを体感してもらいたくて、ショールームを案内する前に水を含ませた雑巾で床ぶきするという営業マンもいます。

 

上の話は少しやり過ぎかもしれませんが、無垢フローリングを使っている家は玄関の扉を開けただけニオイの違いが分かります。

 

無垢フローリングは傷がつく

無垢のフローリングには傷がつきやすいです。

理由はフローリングの質感を活かすために、表面にコーティングをしていないからです。

そのため、柔らかい木材であればある程、傷はつきやすいと言えます。

さらにはメンテナンスも必要です。革製品と似ていますね。

 

この「傷を味として捉えるか」、「傷は嫌と捉えるか」で、無垢フローリングに「合う人」、「合わない人」が決まってきます。

 

傷が絶対嫌という人は、無垢フローリングを採用するのは止めておいた方が無難です。

反対に傷も味だと感じるなら、ぜひ無垢フローリングを採用してみてください。

めっちゃ気持ち良いですよ。

無垢フローリング12選

ヨーロピアンオーク

ヨーロピアンオーク

Photo:http://www.aoyamabussan.co.jp/blog/2013/12/post-282.html

「オーク」とは樫の事ですが、フローリングの場合は「欧州ナラ」のことをヨーロピアンオークと呼びます。

ヨーロピアンオークは耐久性が高く耐水性も強いのでフローリングに適した素材と言えますし、見た目もとてもキレイです。

一言でヨーロピアンオークと言っても、塗装の仕上げ方次第でいろんな表情を見せてくれるので、好きな雰囲気に合わせやすいフローリングと言えます。

木の固さ ★★★★☆

価格   ★★★☆☆

 

ナラ

ナラ

Photo:http://www.mokuzai.com/

その色合いと高い耐久性で人気の無垢フローリングです。

落ち着いた雰囲気の家になるので、どんなインテリアにも合わせやすい無垢フローリングですね。

木の固さ ★★★★☆

価格   ★★★☆☆

 

タモ

タモ

Photo:http://www.mokuzai.com/

明るくスッキリした印象のタモのフローリング。

年輪がはっきりしているのが特徴です。

タモは耐久性が高いのでカウンター材にもよく使用されています。

木の固さ ★★★★☆

価格   ★★★☆☆

 

クルミ

クルミ

クルミはあまり強く主張しない無垢フローリングなので、どんな雰囲気のインテリアにもよく合います。

特にナチュラルなインテリアとの相性は抜群なフローリングです。

木の固さ ★★★☆☆

価格   ★★☆☆☆

クリ

クリ

Photo:http://www.mokuzai.com/

クリというと、刺のついた実が頭に浮かびますが、無垢フローリングとしてもよく使われています。

落ち着いた色合いが人気のフローリングです。

木の固さ ★★★☆☆

価格   ★★★★☆

 

赤松

鉄の階段

気持ちいい肌触りが特徴の赤松。

あたたかく、クッション性も高いので、小さなお子さんのいる家に最適です。

ただ、傷がつきやすいのが玉にキズです。

木の固さ ★★☆☆☆

価格   ★★☆☆☆

 

キリ

キリ

Photo:http://www.mokuzai.com/

キリと言えば高級タンスの代名詞。

昔から高級タンスに使われているように、キリは調湿効果や断熱性にとても優れています。

すごくやわらかいので傷はつきやすいですが、クッション性が高く足腰に負担が掛かりません。

また夏は冷たく、冬は暖かいのでお年寄りの部屋に最適な無垢フローリングです。

木の固さ ★☆☆☆☆

価格   ★★★☆☆

 

ヒノキ

ヒノキ

Photo:http://www.mokuzai.com/

もはや説明はいらないくらい日本の代表的な木であるヒノキ。

昔から建築の高級素材として使われてきました。

その香りと薄くピンクがかった色味が特徴の無垢フローリングです。

木の固さ ★★☆☆☆

価格   ★★★★☆

 

スギ

スギ

http://www.shinrinkyodo.co.jp/sugi3.html

独特の赤みがかった木目が特徴のスギ。

柔らかいため傷はつきやすいですが、肌触りはとても気持ちいい無垢フローリングです。

節が多いとちょっとうるさくなるので、節が少なめの物を選ぶのがポイントです。

木の固さ ★☆☆☆☆

価格   ★★☆☆☆

 

ウォールナット

ウォールナットPhoto:http://www.mokuzai.com/

独特の濃い色合いが特徴のウォールナット。

モダンからアジアンリゾート風のインテリアまで、幅広いスタイルに合うのが人気のフローリングです。

高級感もあるので、大人の落ち着いた家といった雰囲気になります。

木の固さ ★★★☆☆

価格   ★★★★☆

 

ヤマザクラ

スクリーンショット 2015-04-05 17.52.08

Photo:http://www.mokuzai.com/

日本人に馴染みの深いサクラもフローリングで使う事ができます。

上品な色合いが特徴の無垢フローリングです。

木の固さ ★★★☆☆

価格   ★★★★☆

 

ローズウッド

ローズウッド

Photo:http://www.mokuzai.com/

家具用木材の王様と言われるローズウッド。

濃い縞模様が美しいフローリングで、高級感に溢れています。

耐久性も抜群の無垢フローリングです。

木の固さ ★★★★★

価格   ★★★★★

フローリングの塗装はどうする?

無垢のフローリングはそのままでも使う事はできますが、長く快適に付き合うなら塗装をするのがおすすめです。

どんな塗装方法があるのか見ていきましょう。

 

浸透性塗料

木材に塗料を浸透させて、木を汚れから保護します。

木の質感に影響することがないので、無垢フローリングとの相性は抜群。

原料も自然素材由来の物が多いので安心です。

 

ただ、そこまで汚れに対して強くなる訳では無いので、汚れや水分は早めに拭き取るのがベストです。

オスモカラーなどの色付の塗料を使って、木の色を変えてあげる事もできます。

 

木を長持ちさせるなら、1年に1度くらいはメンテナンスとして再塗装してあげたいですね。

 

コーティング塗料

木材の表面に塗膜をつくる塗装です。

ツヤツヤしているウレタン塗装なんかが代表的ですね。

水や汚れにかなり強くなりますが、反対に木の質感や暖かさはほとんど感じられなくなります。

 

コーティング塗料は、汚れが水跳ねがしやすい洗面やトイレなどに無垢フローリングを使う場合に使用します。

せっかく無垢フローリングを使うなら、コーティング塗装は水まわりのみにしておきたいですね。

まとめ

今回は無垢フローリングについてご紹介しました。

無垢フローリングは家をお洒落にしてくれるだけでなく、肌触りもとても気持ちが良いフローリングです。

少しでも無垢フローリングに魅力を感じる方がいれば、ぜひ一度無垢フローリングを検討してみてはいかがでしょうか。

無垢のフローリングで生活すると、新建材のフローリングには戻れなくなってしまうくらい家が快適になりますよ(笑)

では。

 

無垢フローリングはこちらも参考にしてください。

子育て中の方必見!おすすめの床材。

家を建てる会社を探しているあなたへ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

無垢フローリングの魅力って何?

  • 無垢フローリングは肌触りと質感が最高。
  • 無垢フローリングは暖かい。
  • 無垢フローチングには調湿作用がある。
  • 無垢フローリングは時間が経って味が出てくる。
  • 無垢フローリングは香りが良い。
  • 無垢フローリングは傷がつきやすいので、傷を含めて無垢材を楽しめるかがポイント。