丸テーブルってどうなの?丸テーブルの魅力とメリット、デメリット

名前の通り、まるーい形をした丸テーブル。

ダイニングテーブルといえば長方形の四角いテーブルを思い浮かべる方も多いと思いますが、丸テーブルもオシャレなダイニングテーブルとして人気のテーブルです。

 

では、そんな丸テーブル。実際の使い勝手はどうなのでしょうか?

ダイニングテーブルはそんなに買い換えるものではないので、どうせならどういう特徴があるのか知ってから選びたいですよね。

そこで今回は、丸型のダイニングテーブルのメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

丸テーブルのメリット

それではまず、丸テーブルのメリットについて見てみましょう。

丸テーブルの大きなメリットとしては次の3つが挙げられます。

  • 部屋がやわらかい印象になる。
  • 丸テーブルは意外と場所を取らない。
  • 丸テーブルは会話がしやすい。

の3つが丸テーブルのメリットなんですね。

それでは具体的に丸テーブルのメリットを見ていきたいと思います。

 

部屋が柔らかい印象になる

丸テーブルのメリットとしては、やはりその丸みからくる柔らかい雰囲気を生み出してくれることが挙げられます。

家の中というものは意外と丸い物というのが少なく、直線的な物が多くあります。

例えば部屋の形もそうですし、キッチンなどの設備や家具家電も四角いものが多いですよね。

そんな中、ダイニングというLDKの中でもよく目立つ位置に丸テーブルがあることで、部屋全体の雰囲気が柔らかくやさしい雰囲気を生み出してくれます。

 

また、丸テーブルはキッチンや壁にくっ付けるのではなく、部屋の真ん中に置かれることがほとんど。

四角いテーブルは壁にくっ付けやすいですが、丸テーブルには直線がないので部屋の真ん中に配置されやすいんですね。

そのため丸テーブルを置くと丸いシルエットが強調されるので、より柔らかい雰囲気を生み出します。

その他、丸テーブルを中心にクルクル廻れる動線ができるのも、柔らかい雰囲気を出すのに一役買っています。

その間取りは動線が考えられていますか?家の間取りと動線について

 

また、ダイニングテーブルというのは子供にとってはちょっと怖いもの。

小さい頃にテーブルの角に頭をぶつけて痛い思いもしたという方も多いのではないでしょうか?

子供にとってダイニングテーブルは顔や頭の高さに来ることが多いですが、丸テーブルは角が無いので大きな怪我につながりにくいんですね。

そんな子供にやさしい作りになっているのも丸テーブルの魅力です。

 

ちなみに丸テーブルを選ぶ場合は、やはりガラス製の物よりも柔らかい雰囲気にマッチする木製の物が合います。

雰囲気に合うデザインの丸テーブルを選んでみるのも楽しいですね。

Photo:http://wazawaza.or.jp/daikunote/is-4-i-round-table/

丸テーブルは意外と場所を取らない

Photo:https://www.furnituredome.jp/special/dining_table_2016/

丸テーブルというと、何となく広いスペースが必要のように感じてしまいますが、実は丸テーブルは意外と省スペースです。

特にコンパクトなLDKにする場合は、丸テーブルを使うと四角いダイニングテーブルと比べて圧迫感が少なくなります。

実際に住宅雑誌などの「小さな家」特集などを見てみると、丸テーブルが多く使われているのが分かります。

 

また、丸テーブルが活躍するのが大人数で使うという場合。

例えば同じ6人掛けのテーブルでも、四角いテーブルだと6人ぴったりしか座れませんが、丸テーブルだとちょっと間を詰めれば1人や2人は座ることができます。

丸テーブルだと人数を柔軟に対応しやすくなるんですね。

そのため、来客が多い家庭や、よく誰かが遊びに来るという場合は、ラウンドスツールなどの邪魔にならない椅子を用意しておくだけで柔軟に対応することができるのも大きな魅力です。

 

丸テーブルは会話がしやすい

丸テーブルではみんなの顔が見渡せるので、会話がしやすいという効果があります。

四角いテーブルだと離れた人の顔をみたり会話をするのは難しいですが、丸テーブルだとお互いの顔が見えるので会話がしやすいんですね。

これは言い換えると、丸テーブルに座るだけで「集まっている一体感」を簡単に出すことができるようになります。

そのため家族の一体感を出すのにも丸テーブルは効果的です。

昔のちゃぶ台のようなイメージが近いかもしれませんね。

 

その他にも、丸テーブルには上座や下座という上下関係が無くなるので、コミュニケーションが取りやすように丸テーブルをミーティングで使っている会社も多くあり、丸いからこそ生まれる効果もあります。

また、どこからでも座れるので丸テーブルには人が集まりやすいというのも大きな魅力です。

丸テーブルのデメリット

それでは次に、丸テーブルのデメリットについて見てみましょう。

丸テーブルのデメリットとしては、テーブルが丸いため一人分のスペースが狭くなってしまうことが挙げられます。

四角いテーブルだとランチョンマットを敷いても問題ないことがほとんどですが、丸テーブルの場合はランチョンマットの一部が重なってしまうこともあるんですね。

こんな感じです。

Photo:http://www.crapo.jp/jirei/table/t_124/t_124.htm

丸テーブルは中華料理のように大皿を何人かで取り分ける場合は取りやすいので便利ですが、それぞれに料理を用意する場合は狭く感じてしまうことがあります。

そのため、丸テーブルを選ぶ際は実際に現物を見てどれくらいのサイズ感の物なのか。

また、実際に一人分のスペースはどれくらいのスペースになるかを確認しておくと安心です。

その他、丸テーブルはそれほど邪魔にならないので、丸テーブルを選ぶ際は大きめのサイズの丸テーブルを選んでおくのも効果的です。

まとめ

今回は丸テーブルについて見てきました。

丸テーブルは今回見てきたようにいろんな魅力がありますが、ダイニングテーブルというと四角いテーブルの物が多く、丸テーブルという選択肢があるという事を知らなかったという方も多くいらっしゃいます。

テーブルの大きさや形というのは、その家庭やインテリアによって合う、合わないというものがあります。

四角だけでなく丸テーブルという選択肢も頭に入れておくだけでも、あなたに合ったテーブルを見つけやすくなるんですね。

ダイニングテーブルは毎日使う物で人が集まる場所。

ぜひ素敵なダイニングテーブルを選んでくださいね。

では。

 

インテリアが興味がある方はこちらも参考にしてください。

部屋がおしゃれになる観葉植物25選。おすすめのインテリアグリーンをご紹介します。

お洒落な家具や雑貨が見つかるおススメのインテリアショップ14選

おすすめの名作チェア12選 + おしゃれな椅子をご紹介します

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】