一戸建て住宅だけが持つ7つの魅力って何?

家を選ぶ時、一戸建ての住宅にするか、マンションにするかで迷う方も多くいらっしゃると思います。

一戸建て、マンションどちらもそれぞれ魅力がある住宅ですが、選ぶならあなたに合った方を選びたいですよね。

そこで今回は、一戸建て住宅が持つ7つの魅力について見ていきたいと思います。

一戸建て住宅にするかマンションにするか迷っている方、一戸建て住宅を建てようと思っている方はぜひご覧ください。

一戸建ては間取りが自由

一戸建ての家の大きな魅力としては、間取りが自由ということが挙げられます。

リビングの大きさや水回りの位置といった間取りの基本的な部分から、家の形といった外観、どこに家を配置して駐車スペースを何台取るといった配置計画まであなたの希望に合わせて自由に計画することができます。

 

間取りが最初から決まっているマンションと比べてみると、やはりこの間取りの自由さは一戸建てならではの魅力ですね。

マンションではリノベーションして間取りを変えるという方法もありますが、限られた空間の中という制限がありますし、家の大きさや高さを変更できないという点では自由度はやはり一戸建てよりも制限されてしまいます。

マンションと比べてみると、一戸建ては間取りだけでなく吹き抜けなど高さも自由に設定できますし、家の大きさも自由に決めることができる点で自由度が高いのが分かります。

 

その一方で、間取りが自由ということは逆に言えばそれだけ間取りの設計の重要度が高いということになります。

そのため、相性の良い建築士や腕のある建築士に間取りを設計してもらうことが一戸建ての住宅ではとても大切なんですね。

良い家をつくる設計士が必ずもっているもの

設計士さん次第で、どうしてこんなにも違うの?その理由をお答えします。

 

また、一戸建ての家の場合でも建売住宅の場合は家がすでに完成しているので、間取りが自由という訳にはいかない点は注意が必要です。

建売住宅と注文住宅の違い。どっちも造った建築士が分かりやすく解説します。

一戸建て住宅ならではの屋外空間

Photo:https://www.s-housing.jp/archives/56747

くつろげる庭スペースや、欲しい台数分の駐車スペースなど、屋外空間を自由に作れることも一戸建て住宅の大きな魅力。

マンションでも1階の住戸は庭付きになっているマンションもありますが、その大きさは予め決まっていますし、1階以外の住戸でもバルコニーは有っても庭があることは有りません。

家庭菜園を作って取れた野菜で料理を作ったり、庭にシンボルツリーを植えて季節感を楽しむなど、土が身近にあるからこそ楽しめるのは一戸建て住宅ならでは。

おすすめのシンボルツリー17選と、シンボルツリーを植える時のポイント

 

また、夏にはお子さんのプールを庭に広げるのも楽しいものですね。

都心部では庭を作るのが難しい場合もありますが、小さなスペースでも庭を作ると空間に広がりが出てきますし、デッキを敷いてちょっとした縁側のようにするだけでも秘密基地のような空間を作ることができるようになります。

 

このように庭を作るのも楽しいですが、駐車スペースを自由に作れるのも一戸建て住宅の魅力。

必要な台数分の駐車スペースを確保することができますし、マンションでよく見かける機械式の駐車場と比べると、車を止める時の手間は圧倒的に少なくなります。

家を建てるなら知っておきたい車の駐車方法

 

また、駐車場代が必要ないというのも数十年単位でランニングコストを考えるとかなり大きな金額になるのでありがたいですね。

 

このように一戸建て住宅は屋外空間を自由に使えるというのは大きな魅力になる一方、周りにも家が建っている場合は周りへの配慮も必要となります。

住宅密集地でのバーベキューなど、ニオイや大きな音が出る場合は気をつけたいですね。

家でバーベキューをする時のメリット、デメリット

一戸建て住宅は広い

マンション:70㎡

一戸建て :95㎡

これは都内のマンションと一戸建ての広さを比べた数値になります。

マンションと比べると、一戸建て住宅の方が広く作られているんですね。

この違いは階段スペースを差し引いたとしても、畳で言うと約12帖ほどの差、つまり部屋2つ分に相当します。

 

そのため広いLDKを確保したい場合や、家族の人数分の子供部屋、収納も確保しやすいですし、部屋の大きさを少しコンパクトにしてその分LDKを大空間にするといったことも可能です。

 

もちろん、豪邸でもない限り何でもかんでも広くするのには限界があります。

必要な物、優先順位が高い物を明確にすることで、よりコストパフォーマンスが高くて住み心地の良い家を目指したいですね。

良い家を建てる秘訣!それは本当に必要な物ですか?

一戸建て住宅は明るく風通しが良い

一戸建て住宅は明るく風通しの良い家にすることが可能です。

マンションの場合は外に面しているのが玄関のある北側とLDKのある南側の2面だけということが多いですが、一戸建ての住宅は四方が外に面しているのでどの部屋にも窓を設けられ、明るく、またより多くの風を家の中に取り込むことが可能になります。

特に風通しの面では部屋に1つしか窓がないマンションと比べると、風の出入り口を作れる一戸建て住宅の方が断然風通しを良くできるんですね。

 

このように明るさや風通しで恵まれている一戸建て住宅ですが、明るさも風通しも窓の種類と配置次第で大きく変わってきます。

言い換えれば明るくなるのも風通しを良くするのも窓と間取り次第と言うこと。

そのため窓を上手く使って家を設計するのも、一戸建ての住宅では大切なことなんですね。

家を建てるなら必ず知っておきたい窓の話

家の明るさは大丈夫?後悔しない明るい家にする方法

どこから風が吹いてくる?風通しの良い家をつくる方法

一戸建て住宅は家からすぐに出られる

一戸建て住宅とマンションを比べた場合、一戸建て住宅の方が外出するときに圧倒的に楽になります。

マンションの場合は家を出てからエレベーターへ行き、エレベーターに乗って下に着いてからエントランスへ向かうというように、家を出るまでにかなり時間がかかります。

特に大規模マンションの場合はその傾向が顕著です。

 

一方、一戸建て住宅の場合は玄関を出て少し歩けば道路まで出られます。

忙しい朝なんかはエレベーターに乗っている時間や待ち時間を考えるとかなり楽ですね。

 

また、駐車場の使い勝手も一戸建て住宅の方がかなり便利です。

玄関から駐車場が近いので車にもすぐ乗れますし、荷物の搬入も家と車が近いので楽チン。

車を大切にしている方や、雨が多い地域なんかではビルトインガレージにして濡れずに車に乗れるようにするなど、駐車場の配置も自由自在です。

知らないと損をするビルトインガレージのある家の作り方

 

意外と気づきにくいことですが、すぐに外に出られると言うのは一戸建て住宅ならではのメリットと言えます。

一戸建て住宅は子供を遊びやすい

一戸建て住宅はそれぞれ独立しているのでプライバシーが確保しやすいのも大きなメリットです。

マンションでは家の上下左右に他の人の家があるので、音や振動というのはどうしても気になってしまいます。

子供がいる家だと周りの家のことがより気になりますし、子供を好きに遊ばせてあげられないのも可哀想に思うこともありますよね。

そのため一戸建て住宅を建てると言う方の中には、「子供を自由に遊ばせてあげたい」という理由を挙げる方も多くいらっしゃいます。

 

一方、プライバシーをしっかり確保するには外から家の中がどう見えるか意識してみるのも重要です。

一戸建て住宅を建てる場合は周りの視線を上手くカットした家を建てたいですね。

家の中が近所から丸見え?視線をコントロールするための4つの方法

一戸建て住宅は増改築で大きさを変えられる

将来の生活環境に合わせて家をリノベーションするだけでなく、大きくしたり小さくしたりできるのも一戸建て住宅の魅力です。

将来お子さんが巣立ったので夫婦二人の生活に有ったサイズの家に減築したり、親御さんを引き取って二世帯住宅にするので部屋を増やす場合など、ライフスタイルに合わせて家の形を変えられるのは一戸建て住宅ならではです。

二世帯住宅を失敗しないための5つのポイント

 

また、一戸建て住宅は大規模のリノベーションをすれば全く変わった家にすることもできます。

そのため、中古住宅を買ってリノベーションをするという方も最近は増えています。

家の建替えとリフォーム、どちらがお得で価値がある?

 

その他、マンションの場合は住民の多数の同意がないと手を加えることが難しいのですが、一戸建て住宅の場合は自分の意思だけで家の手を加えられるのも大きな魅力です。

まとめ

今回は一戸建て住宅の魅力について見てきました。

一戸建て住宅には、一戸建て住宅ならではの魅力が沢山あります。

そんな一戸建て住宅の魅力に価値を感じるかどうか。

この部分が一戸建て住宅とマンション、どちらにするか迷った時の大きな判断材料となります。

ぜひ、あなたがどちらが合っているのかどうか考えて見た上で、一戸建て住宅かマンションを選んで快適な生活を送ってくださいね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】