ビルトインガレージのある家。メリット、デメリットとガレージを失敗しない方法

vw-camper-336606_640

先日読者の方から、

「ビルトインガレージを検討しているんですが、ビルトインガレージの注意点を教えてくれませんか?」

という質問をいただきました。

 

ビルトインガレージというのは家の内部に駐車スペースを設けた家の事で、インナーガレージとも呼ばれています。

都市部に多い駐車方法ですね。

 

ビルトインガレージはただ車を止めるだけでなく、趣味のスペースとしても使われます。

今回は、このビルトインガレージの特徴と注意点について見ていきましょう。

ビルトインガレージのメリット、デメリット

ビルトインガレージのメリットとデメリット

まずは、一般的なビルトインガレージのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

ビルトインガレージのメリット

ビルトインガレージのメリットをあげると、まずは敷地の有効活用があげられます。

1階に車を止めても、2階や3階は家として使う事ができるんですね。

 

また、シャッターをとりつければ、車を雨や風、盗難から守る事ができます。

そして、愛車を鑑賞したりいじったりして車を楽しむ事ができるのもビルトインガレージの大きなメリットです。

 

ビルトインガレージのデメリット

次にビルトインガレージのデメリットをあげると、ビルトインガレージはお金がかかる駐車方法です。

ガレージを家の中に取り込むのでその分の費用が掛かってきますし、シャッターを付けるとなると手動、電動でかなり金額も違ってきます。

さらに、ビルトインガレージの造りにこだわると金額はかなりの勢いで膨らんでいきます。

「男の夢」 VS   「現実を見る奥さん」という構図を良く見る事があります(笑)

(だいたい、お互いの妥協点でまとまります。)

 

また、ビルトインガレージはお世辞にも強い構造とは言えません。

木造住宅の場合、あまり大きな大空間をつくるのは難しいですし(特殊なフレームを使えばある程度可能ですが)、構造上バランスの悪い家になりやすいので注意が必要です。(地震の時によく揺れたという話を聞きます。)

 

さらには、1階部分にガレージが来るので、間取りの配置がある程度限られてしまいます。

リビングを上の階にもっていくとか、水まわりを2階に上げるなど、柔軟な対応が必要となるんですね。

【保存版】2階リビングまとめ

 

最後に、ビルトインガレージをつくると家の中の明かりがかなり限定されてきます。

ガレージに窓を付けたとしても、家の中まではほとんど届いてくれないんですね。

 

それでは、以上のようなビルトインガレージのメリット、デメリットを踏まえた上で、ビルトインガレージをつくるのはどんな時か見ていきましょう。

ビルトインガレージは2種類ある

徒歩と自転車

ビルトインガレージをつくる場合、理由は大きく分けて2つあります。

ひとつが、

「愛車やバイクを家の中から鑑賞したい」、「大人の秘密基地のようにガレージで車やバイクをいじりたい」、「ガレージに車を入れる事で車を盗難やいたずらから守りたい」といったビルトインガレージを活用したり楽しむというケース。

 

もうひとつが、

「敷地に駐車スペースが取れないためにビルトインガレージにする」という実用的な理由からビルトインガレージにするケースです。

ビルトインガレージを楽しむ

車を楽しむ

ビルトインガレージを楽しむためにつくる場合、その用途によってつくり方が変わってきます。

詳しく見ていきましょう。

 

愛車を家から鑑賞したい

家の中から愛車を眺める。

車が大好きな人にとっては、かなり至福の時間を過ごすことができます。

 

そんな愛車を鑑賞するような家をつくる場合、ビルトインガレージを如何に見せるか、またビルトインガレージを楽しめるだけの大きな窓が必要になってきます。

さらに、どの部屋から愛車が見たいのかも重要ですね。

愛車を見たい部屋とビルトインガレージが隣り合っている必要があるので、広い敷地で無い場合はリビングから愛車を眺めるのではなく、寝室から愛車を眺めるなど調整が必要となってきます。

 

ちょっと変わった愛車を眺める家なんかでは、愛車を電気自動車にして(電気自動車は排気ガスが発生しないので)リビングと同じ空間に車を置くなんていう大胆なビルトインガレージなんかもあります。

 

ビルトインガレージを秘密基地のように使いたい

ビルトインガレージ

Photo:http://www.ozakou.com/house/case/modern/entry-9.html

ビルトインガレージで愛車やバイクの整備をしたり、いろんな工具や趣味の物を置いて大人の秘密基地のように使う事もできます。

なんだか、所ジョージさんとかが似合いそうな感じですね。

 

凝ったガレージだと、ガレージの上にロフトをつくって秘密基地スペースに。ロフトから降りたら愛車の作業スペースに。なんて使い方をしている人もいます。

 

この場合のポイントは、「どんな感じでビルトインガレージを楽しみたいのか」でガレージのつくり方が違ってくる事です。

 

秘密基地であれば、小さくて良いので秘密基地のようにつかえる落ち着いたスペースが欲しいですし、ガンガン作業をしたいのであれば、それに耐えれるだけのコンクリート土間の強さや天井の補強も必要です。

中にはジャッキアップ用に床を掘り下げる猛者の方もいます。

 

趣味でビルトインガレージをつくる時のアドバイスとして、ガレージにいる時間が長いならエアコンを設置して夏と冬でもできるだけ快適にするという方法も結構効果的です。(冷暖房の効率は良く無いですが)

 

車を保管したい

車

車を保管する場合、必ず必要な物があります。

それはガレージのシャッターです。(ガレージを楽しむ場合はシャッターは必須です)

ガレージのシャッターが無いと外から丸見えで落ち着かないですし、車をいたづらや盗難から守ることができるようになるんですね。

 

ガレージのシャッターと言ってもイロイロ有り、手動で開け閉めするシャッターや電動シャッター。素材もアルミ製から木製など様々な種類のシャッターがあります。(シャッター専門業者もいるくらいです。シャッターは物によって値段の違いが大きいです。)

 

また、ビルトインガレージ内では換気にも注意が必要です。

エンジンを掛けると排気ガスが出るので、排気ガスが溜まらないように空気の逃げ道をつくるのが重要となってくるんですね。

駐車スペースが取れないからビルトインガレージにする

建売 ビルトインガレージ

上の図は、都市部の3階建ての家でよく見るビルトインガレージの例です。

家の中に完全に収まるビルトインガレージではなく、家の一部を削ってちょっとしたインナーガレージのようにしている家を都市部ではよく見かけますね。

そして、敷地に駐車スペースが取れないためにビルトインガレージにする場合は、シャッターを付ける事がほとんど無いのも特徴です。(シャッターは結構お金がかかりますし、ガレージからはみ出して車を止めることができないので)

 

敷地に駐車スペースが取れないためにビルトインガレージにする場合、先ほどの楽しむためのビルトインガレージとは意味合いが大きく違い、車を敷地の中に置けるようにする事が目的となります。

 

ビルトインガレージのスペースを大きく取ると家で使えるスペースも減ってしまうため、家とガレージのバランスをどうとるのか。駐車スペースは最低限なんて事もよくあります。

ただ、駐車スペースが狭いのはおススメしません。

ビルトインガレージの場合、車を壁にぶつけてしまうと家の構造に大きなダメージを与えてしまう可能性が高くなってしまうからなんですね。

車を家の壁にぶつけてしまった!そんな時の対応方法

 

ですので、駐車がストレスになるかどうかはしっかり考えた方が良く、多少余裕をもった駐車スペースを取る方が無難です。

この場合、どのくらいのサイズの車を止めることがあり、車以外にどれだけスペースが残るかどうかは必ず確認してくださいね。

また、狭い土地の場合は自転車を置く場所も無い場合があるので、自転車置き場にも配慮が必要です。

 

本当にビルトインガレージでないとダメなのか?

敷地に駐車場が取れないからビルトインガレージにする場合は、本当にビルトインガレージにしないと車が入らないかどうかしっかり検討してからビルトインガレージをつくるのをおススメします。

ビルトインガレージは壁に囲まれてしまうため、車を止められる場所が意外に少なくなります。

ビルトインガレージにしない方が、実は車が停めやすかったなんて事もあります。

必ずしもビルトインガレージをつくる事が正解では無い場合もあるという事ですね。

 

どうしても迷った場合、ビルトインガレージがある場合とない場合の間取りを見比べてみるのも、後々後悔しないための重要なポイントとなってきます。

まとめ

駐車場

ビルトインガレージ(インナーガレージ)について今回はお送りしてきました。

ビルトインガレージは車を置くためだけでなく、車を楽しむ用途としても使えます。

ビルトインガレージを楽しむ予定なら、そこでやりたいことが実現できるのかどうか。

ビルトインガレージに車を置くためなら、本当にビルトインガレージでないとダメなのかどうかをしっかり検討すると、家づくりが失敗する可能性がグンと減ります。

 

あと、ビルトインガレージをつくるならガレージが得意な工務店を選ぶのがポイントです。

(工務店を選ぶ時のノウハウをまとめた「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

工務店を選ぶ前に一度目を通してみてください。)

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

 

何のためのビルトインガレージなのかしっかり考えて、カッコいいビルトインガレージをつくってくださいね!

では。

 

車の駐車はこちらも参考にしてください

その車、ほんとに家の敷地に駐車できますか?

家を建てるなら知っておきたい車の駐車方法

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

ビルトインガレージって何?

  • ビルトインガレージは家の内部に駐車スペースを設けた家の事。
  • ビルトインガレージには「楽しむガレージ」と「車を止めるためのガレージ」の2種類ある。

ビルトインガレージのメリット

  • 車を雨や風、盗難から守る事ができる。
  • 敷地を有効活用できる。
  • 車を楽しめるような家をつくれる。

ビルトインガレージのデメリット

  • ビルトインがレージにするにはお金がかかる。
  • 構造上の制約が出やすい。
  • 土地が広くないと、1階に広い部屋を持ってくるのが難しい。