家の明るさは大丈夫?後悔しない明るい家にする方法

「明るい家にしたい」

家を建てるほとんどの方は、そう思うのではないでしょうか?

せっかく家を建てるのに、日当りが悪くてジメジメした雰囲気の家を建てたいという方はいないですよね。

やはり光の入る明るい家の方が暮らしていて気持ちが良いものです。

 

このように、家を建てるなら明るい家にと思う方がほとんどですが、実は実際に家ができたときに思ったより明るくなかったと感じる方も多くいます。

どうしてそうなってしまうのでしょうか?

今回は、家ができてから後悔しないような明るい家にする方法をご紹介したいと思います。

明るい家ってどんな家?

「明るい家」と言うと、あなたはどんな家を想像しますか?

 

家の中にサンサンと日がそそぐ明るい家にしたいという方もいれば、ある程度日が入って日中に電気を使わないくらいの明るさがあるといいという方もいらっしゃります。

「明るい家」と言っても、前者と後者では明るさの基準が全く違うんですね。

 

このように、一言で「明るい家にしたい」と言ったとしても、実は求める明るさというのは人によって違ってくるんですね。

そのため、家に欲しい明るさと言うのも当然人それぞれ違ってきます。

 

一方、家の要望を伝える時に「明るい家にしたい」と設計担当者に伝えたとします。

すると、どうなるでしょうか?

 

先ほどの人によって明るさが違うように、明るさの基準と言うのも設計者担当者次第で違ってきます。

「明るい家」と聞いて、敷地条件を踏まえた上でできる限り明るくするようにするのか、それとも他に優先事項があって、それを叶えた上で暗くない程度に明るい家であればいいと思うのか。

設計者の考え方や捉え方次第で、できる家の明るさは違ってくるんですね。

 

このように、明るさというのは人によって基準が違うだけでなく、言葉で伝えるのも難しいので、家ができてから「思っていたよりも暗かった」という後悔を生み出す原因となってしまうんです。

 

そうならないためにも、「明るい家」にしたいと伝えたから「新しい家はきっと明るい家になるだろう」と何となく思うのではなく、「どれだけの明るさの家にしたいのか」という部分を設計者に伝えて意思疎通しておくことが重要になってくるんですね。

 

どれだけ明るさを重要視するかで家のゾーニングは変わってきますし、敷地条件によっては吹抜けなど色んな手法を使って明るさを確保する必要が出てくる場合もあります。

間取りが上手く行かないのはゾーニングが原因かもしれません

 

極端な場合、リビングを1階ではなく2階に持ってこない限り希望の明るさが確保できない場合なんかもあるんですね。

【保存版】2階リビングまとめ

 

でも、どれくらい明るい家にしたいかを伝えない限り、要望に沿った間取りが完成することになります。

また、日の光と言うのは太陽の動きに合わせて明るい時間が変わってきます。

東側が開けているけども西側に光が当たらないという場合は午後から暗くなる可能性が高いですし、間口の狭い家はそれが顕著に現れます。

 

簡単に言うと、どれだけ明るい家にしたいかどうかで間取りのスタート時点から違ってくるんですね。

そのため、たとえ家の明るさについて一切聞かれなかったとしても、どれくらいの明るさの家にしたいのか、家の写真やモデルハウスの明るさを基準にしても大丈夫なので、必ず伝えておくことが家ができてからのギャップを無くす方法なんです。

(ちなみに、家の写真やモデルハウスは電気がついている状態がほとんどなので、電気を1度消してみるなど注意が必要です)

 

もちろん、敷地条件や要望によっては希望の明るさにするのは難しいケースもありますが、例えば要望にない吹抜けをつくる、2階リビングにするなど対策を取れば希望の明るさにできるというケースもあります。

このような選択肢も知った上で完成した間取りというのは、あなたが考えて納得した上で完成した間取りなので、家の明るさについて後で後悔することは激減しますし、住んでからの満足度も高い間取りとなってくれます。

 

家づくりは沢山の選択肢がある中でどれだけ納得いく選択をしたかがとても重要なんですね。

家づくりの不安を解消するにはどうすればいい?

家の仕様で明るくする

b98da4d1ab318df36014edfa3ad48d79_s

家の明るさと言うのは、家の内装の仕様によっても明るさはかなり違ってきます。

色によって光の反射具合が変わってくるからなんですね。

 

明るい家を目指す場合は、できるだけ白を基調とした光が反射しやすい物を使うと効果的です。

一方、明るすぎない落ち着いた空間を楽しむなら、少し色味が入った物を使うとより落ち着いた空間にすることができます。

 

ここで注意したいのが、中途半端な感じで色を選ばないということです。

 

例えば、「住宅地でそこまで日当りが良い訳ではないけども、あまりに白い壁紙は病院みたいだから」という理由で少しだけ色味の入った壁紙やトーンを落とした壁紙を選ぶこともありますが、部屋の明るさの面では暗く見えてしまう原因となることがあります。

それなら一番白い壁紙を選んだ方がスッキリしますし、家の中も明るくすることができます。

落ち着いた空間を目指すなら、設計の段階から光の陰影を楽しめるような造りにしておかないと中途半端になってしまうんですね。

(和室など光の陰影を楽しめる部屋は、あえて暗めの場所に配置して落ち着きを出すなどメリハリが重要になります)

 

また、色の濃い床は落ち着いた空間になりやすいですが、あまり明るくない部屋に使うと重たさを感じる原因ともなってしまうので、家の明るさを重要視する場合はフローリングの色はナチュラルから少し色が入ったくらいに抑えておくのが無難です。

 

その他、ドア等の建具や家具、カーテンの色合いも家の明るさに影響してくるので、どんな空間を目指すのかで色味を決めていきたいですね。

まとめ

今回は家の明るさについてお伝えしました。

「明るい家」と言うのは言葉にすると簡単ですが、明るさと言うのは「どれくらいの明るさなのか」をしっかり伝えておかないとイメージと違うとなりやすいんですね。

 

家が完成すると、あとで家の明るさを変更するというのはとても大変です。

明るくするのに一番効果的なのは窓を増やすことですが、窓を付けるには一度外壁を壊して窓を設置し、断熱材を隅々まで埋めて壁を修復するというとても手間も費用もかかる工事となってしまいます。

最悪のケースでは耐力壁が入っていると窓を増やせないなんてことも。

家の設計段階であれば対策はいくらでも取れるに対し、家が完成すると明るさを確保するのはかなり難しくなってしまうんですね。

 

後で後悔しないためにも、特にLDKはどれくらいの明るさの家にしたいのかしっかり伝えておいてくださいね。

では。

 

明るさに関してはこちらも参考にしてください。

あとで後悔しない!家で暗くなりがちな場所3選

吹抜けのメリットとデメリットをご紹介します。

【保存版】2階リビングまとめ

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

後悔しない明るい家にするにはどうすればいい?

  • 明るさの基準をしっかり伝える。
  • 内装に明るい色味のものを使う。