すごく簡単!おしゃれに見える照明の配置3選。

daining02

「照明を配置するときの何かアドバイスをいただけませんか?」

読者さんよりこのようなリクエストをもらいました。

 

確かに照明というのは重要ですよね。

家の中の雰囲気は、間取りと家具などのインテリアによってきまってきますが、もう1つ忘れてならないのが照明の照らし方です。

家の雰囲気は照明しだいで大きく変わるんですね。

 

照明器具で個性を出すのもいいですし、間接照明にして家の中を照らすのもお洒落です。

照明器具や間接照明については、また別の機会で詳しく説明したいと思いますが、特に間接照明なんかは配置する場所や見せ方なんかが結構難しく、難易度の高い照明と言えます。

 

そこで今回は、もっとお手軽で簡単に家の雰囲気が良くなる照明器具の配置方法についてお伝えしていきたいと思います。

それではどうぞご覧下さい。

天井付けの照明ってどうなの?

KOIZUMI シーリング【インバータ 蛍光灯 昼光色 8~10畳】丸形スリム蛍光ランプFHC 照明器具 BHN0119D

照明といえば、天井についている照明を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

普通は天井に照明を付けるためのブラケットが付いているので、ついついそこに照明をつけてしまいますよね。

 

ただ、何でもかんでも天井に照明をつけてしまうと、部屋の中がオフィスのような雰囲気と変わらなくなってしまいます。

照明が高い位置にありすぎて、家の中全体を均一に照らしてしまうのがオフィスと変わらないような雰囲気になってしまう原因です。(特に天井付けの照明は)

 

もちろん、ダイニングの照明など吊下げ照明が活躍する場所もありますが、全部の照明が天井にあると、どんなにお洒落な部屋でも空間の見え方が面白みに欠けてしまいます。

光の陰影がなく空間にメリハリが無くなってしまうんですね。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

それでは次に、天井に付ける以外の照明の配置について見てみることにします。

光源を隠す

光源を隠した照明

Photo:http://www.garageland.jp/lighting-images/

光源を隠すというのは、めちゃくちゃ簡単ですが、すごく効果がある照明の配置方法です。

光源を隠すとはどういうことかと言うと、照明器具や電球を直接見えないように配置するということです。

光源が見えないだけで、光の雰囲気やお洒落度はかなり上がるんですね。

 

お洒落な照明の代名詞でもある間接照明も同じです。

間接照明という名前のとおり、間接照明の場合、照明器具や電球は直接見えないですよね。

(ちなみに、庭のライトアップに使うガーデンライトなんかも同じですね。光源が見えないように下から木々をお洒落に照らしています)

 

このように光源を隠してあげると、簡単に間接照明と似たような効果を得ることができます。

 

それでは、具体的にどうすれば光源が隠せるのでしょうか。

たとえば、観葉植物の影になる場所に照明器具を置いてあげてもいいですし、家具で隠れる場所、たとえばソファやTVの下や影になる場所なんかでもOKです。

すごく簡単ですね。

 

光源を隠すことのメリットは、家が建ってからでも配置可能なことが挙げられます。

間接照明なんかだと、家を建てる段階で家具の配置などすべて計算が必要になってきますが、光源を隠して照明を置く場合は家ができてからでもいつでも可能ですし、「家具の配置を変えたいなぁ」という場合でも対応可能です。(電気のコードが見えるとちょっと残念なので、まめにコンセントを配置しておくのがおすすめです)

コンセントの配線を失敗しないための5つの方法

 

このように、光源を隠す方法は応用が利きやすいんですね。

部屋の雰囲気を変えたい場合などは、ぜひ試してみてくださいね。

置き型照明を使う

置き方照明

Photo:http://shikinosumai-blog.net/muto/images/2009/08/P1010023.JPG

天井に照明を付けるだけでなく、置き型照明を床に置くだけでも部屋の雰囲気は大きく変わります。

お洒落な宿や飲食店の通路なんかを思い出してもらうと、置き型照明を置いてあることが多いですよね。

床に照明を置いてあげると光の重心が低くなり落ち着いた雰囲気を出すことができるんです。

 

たとえば、下がオープンになっているストリップ階段の下に観葉植物と一緒に置いてあげてもいいですし、玄関ホールや広めのホールなどがあれば、そこに置き型照明を置いてあげるのもいいですね。

 

先ほどの光源を隠す方法とも相性がよく、お洒落な置き型照明が物陰からチラリと見えるのも良い雰囲気になりますよ。

また、床に置くだけでなく棚やカウンターに置いてあげるのもいいですね。

 

置き型照明を配置するときのポイントは、コンセントとスイッチを連動してあげること。

置き型照明を付けるたびに、置き型照明のところまで行って電源を付けるとなると、だんだん億劫になってくることがあります。

でも、スイッチで置き型照明を点灯できるようになっていれば、他の照明を付ける時と一緒に置き型照明も付けることができます。

細かいところではありますが、意外に重要なポイントです。

壁、天井を照らす

天井照明

Photo:https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/smp/product/2living/model/sofit.html/

照明を床に向けて当てるのではなく、壁や天井に光を当てるとどうなるでしょうか。

 

まず天井に広がった光は、反射して部屋全体に広がります。

さらには天井に反射することで均一な光ではなく、光に陰影がつくようになり、部屋にメリハリが出てきます。

その結果、空間に奥行きを感じるようになり、部屋が広くなったような感じがするんですね。

 

壁に光を当てるのも同じですね。

壁に当たった光は、天井に光が当たった時と同じように反射して部屋全体に広がります。

壁に光を当てる方法は、特に吹抜けがある時に便利ですね。

 

このように、照明器具が照らす場所を真下以外に持ってくるだけで部屋の雰囲気を大きく変えることができますし、グッとお洒落な雰囲気にすることができます。

光は手元を照らすものという先入観を無くすことで、光の使い方はすごく広がってくるんですね。

まとめ

今回は簡単に部屋の雰囲気を変える照明の照らし方についてご紹介しました。

部屋の雰囲気は照明の照らし方次第で大きく変わってきます。

照明器具をいろいろ動かしながら自分の好きな光を探してみるのも楽しいものですね。

 

また、どちらかというと街中のオシャレなお店や、雰囲気の良い宿なんかは照明の使い方がとても上手いことが多いです。

気に入った雰囲気の場所があれば、照明をどんな使い方をしているかに注目してみると家づくりにも応用が利くのでお勧めですよ。

では。

 

照明についてはこちらも参考にしてください。

寝室の照明計画でチェックしたいこと

照明器具で気をつけておきたい4つのポイント(施主支給編)

間接照明を上手くつくるコツと失敗例

すばらしき手仕事が生み出すレトロな照明「後藤照明」をご紹介します

センサー付きエクステリア照明の3つの魅力

家で焼肉や鍋をする時に活躍するダイニング照明「クーキレイ」

コンセントの配線を失敗しないための5つの方法

電気配線図はここを注意!スイッチを使いやすくする方法

スイッチの種類。おすすめのスイッチとおしゃれスイッチをご紹介します。

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

簡単にお洒落に見える照明器具の配置方法って何?

  • 光源を隠して間接照明のように部屋を照らす方法。
  • 置き型照明を使って部屋を照らす方法。
  • 壁、天井を照らして部屋を明るくする方法。
  • 照明は家ができてからでも配置次第でお洒落にすることができます。