これで失敗しない!!玄関収納の位置とサイズの決め方

20151027_762501

玄関に靴を収納する時、シューズクロークや土間収納を造ってその中に収納することが増えましたが、やはり一番多いのは玄関に玄関収納を設置するという方法です。

この玄関収納、よく図面では何気なく描かれていますが、実は設置場所やサイズによって玄関の使い勝手や見た目が大きく変わってきます。

そこで今回は、そんな玄関収納を決めるときのポイントについてご紹介していきたいと思います。

玄関収納はどこに置く?

玄関収納を置く位置は、大きく分けて3種類に分けられます。

その玄関収納を置く位置次第で、それぞれ使い勝手に特徴が出てくるんですね。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

 

まずは、玄関ドアに近い場所に玄関収納を置いた場合です。

madori01

この場合のメリットは、土間に玄関収納があるので何かと汚れがちな靴をホールに上げずに収納する事ができるということです。

汚れた靴を持ってホールに上がるのは少し抵抗がありますね。

一方、玄関収納を開けるときは1歩、玄関土間の上に足を置く必要があるので、常に草履など簡単に履ける物を玄関に用意しておかないといけないという側面もあります。

(子供は、裸足のまま玄関土間に降りるケースが多いです・・)

 

次に、先ほどとは反対に玄関ホールに玄関収納を置くという方法もあります。

madori02

この場合のメリットは、靴の出入れがしやすい事が挙げられます。

玄関の土間部分も広くなるので、傘立てなど玄関土間に置きたい場合も有効ですね。

一方、靴が汚れたときは、マメに掃除が必要になってきます。

 

最後にもう1つ、これまでの2つの中間を取って、玄関土間とホールの真ん中に玄関収納を持ってくるという方法もあります。

madori03

この場合は、これまでの玄関収納のいいとこ取りといった感じですね。

汚れた靴も収納しやすいですし、使う靴を取る時も土間に一歩降りなくても取れる場合が多くなります。

空いた土間部分に傘立ても置けますね。

バランスの良い玄関収納の配置と言えます。

 

ここまで見てきた玄関収納は、幅が80㎝のサイズで見てきました。

玄関収納としては最低限の大きさですが、標準装備の玄関収納が80㎝という会社も多く、このサイズは家づくりで見かけることもよくあります。

 

玄関収納の位置は間取りの影響と、設計士の考え方やクセで位置が決まることが多いという特徴があるので、図面に書いてある玄関収納の位置があなたにとって使いづらそうな場合は、遠慮なくあなたの使いやすそうな位置に変更するのもいいですね。

ちなみに私は、ホール側か玄関土間とホールの真ん中に配置することが多いです。

玄関収納のサイズ

先ほどの玄関収納の幅は80㎝でしたが、玄関収納の幅は40㎝単位で変更できるのが一般的です。(造作の場合は自由に設定できますが、開き勝手や靴のサイズを考慮すると40㎝単位くらいが使いやすいです)

例えば、先ほどの間取りに160㎝幅の玄関収納を置けばこのようになります。

madori04

1坪ほどの玄関だと、端から端まで玄関収納がくる形になるんですね。

靴が多いので玄関収納は広くしておきたいという場合は、このように玄関収納の幅を広げて収納量を確保するという方法があります。

 

一方、玄関収納の形は、腰までの物と天井まで高さのある物、その2つを組み合わせたコの字型といった物が代表的な玄関収納の形です。

 

腰までの高さだとこんな感じです。

20151027_762501

Photo:http://img-cdn.jg.jugem.jp/378/1106664/20151027_762501.jpg?guid=ON&view=mobile&tid=3

一方、天井までのトール型やコの字型だとこんな感じです。

shose boxPhoto:http://sumai.panasonic.jp/interior/veritis/lineup/entrance-shunou/conporia.html

やはりトール型の玄関収納は収納力がありますし、コの字型は収納量を重視しつつ空いている部分に物を飾ったり窓を持ってきたりすることができます。

 

このような玄関収納の形を選ぶときは、どれだけ靴を収納しないといけないのかと玄関の広さ(特に玄関の幅)が大きく影響してきます。

ちなみに、先ほどの一坪サイズの玄関の場合、トール型の玄関収納を持ってくると窮屈な感じが強く出ます。

理由は、玄関の有効幅が1m30㎝ほどになってしまうので、実際の使い勝手もそうですし視覚的にも天井まで壁がくるので圧迫感が出てしまうんですね。

 

やはり、あまり広くない1坪ほどの玄関の場合は圧迫感が少ない腰型の玄関収納がオススメです。

トール型の玄関収納を置く場合は、玄関収納を置いたとしても有効幅で1m80㎝ほど(畳1帖分)の幅を確保したいですね。

やはり日本人は1帖分のスペースがあると落ち着くことが多いです。

 

一方、使い勝手が難しいのがコの字型の玄関収納。

コの字の空いたスペースに物や窓を持ってくることができますが、家というのはどれだけ無駄なラインを減らすことができるかで見た目の奇麗さやお洒落さが左右されます。

その点、コの字型の玄関収納は凸凹するためラインが多くゴチャついて見えやすいので、玄関で上手く使うのは中々難しい玄関収納と言えるんですね。

どんな建具を選べばいい?建具を選ぶときに知っておきたいポイント

玄関収納に靴はどれくらい入る?

ちなみに、玄関収納には靴はどれくらい入るのでしょうか。

どのような中身のプランにするかにもよりますが、幅80㎝の腰型玄関収納に目一杯靴を入れれば24足くらいが目安となります。

また、トール型だと2倍の48足くらいが1つの目安です。

y3y4-03

http://myset.co.jp/m-series/y3-y4/

靴は1人で10足くらい持っていることが多いので、4人家族だと合計40足。

80㎝の玄関収納だとトール型の物にしないと入りきらず、腰型の玄関収納だと幅160㎝の物にする必要があるという訳ですね。

ブーツなど高い靴のスペースも常に確保しておくか、それともブーツなど季節ものはシーズンオフには別の場所に収納するかでも必要な量は変わってきまし、靴がどれだけ好きかによっても必要な収納量は違ってきます。

 

この辺りも考慮しながら玄関収納のサイズは決めたいですね。

 

ちなみに、最近では土間収納やシューズクロークをつくってその中に靴を入れるという方も多く、玄関収納を置かないというケースも多くあります。

その場合も、何足靴を収納する可能性があるかを想定して、棚の数や広さを決めたいですね。

シューズクロークをつくるなら絶対に知っておきたい5つのこと

 

一方、土間収納にプラスして玄関収納をつくるという方もいらっしゃいます。

madori05

その場合は日常的に使う靴しか玄関収納には入れないため、あまり収納量は求められません。

このような場合は腰型の玄関収納か、できれば造作の玄関収納にしてどれだけ軽く見せられるかを追求しても楽しいですね。

ちなみに玄関収納の下に間接照明を埋め込んだり、仕込んだりすることもありますが、私の経験上、日常生活で使われているところはほとんど見かけることがないので、玄関収納に間接照明を付け加える必要性はほとんどなさそうです。(マンションなどで良く見かけますね。)

鏡(姿見)をつけるなら

外出時の服装のチェックのために、玄関に鏡を付けたいという方も多くいらっしゃいます。

では、鏡は玄関のどこに付けると使いやすいのでしょうか?

 

それは、靴を履いた姿が見える位置に付けるのがベストです。

玄関ホールよりも、玄関の土間に鏡がある方が使いやすいんですね。

特に女性は履く靴が様々で、靴によって外見のバランスが大きく左右されますし、男性も足元まで整えているのかいないのかで外見は大きく違って見えます。

マンションであればエレベーターの鏡で全身を見るという猛者の方もいらっしゃいますが、戸建ての住宅ではエレベーターには乗らないので、家の中で靴を含めた全身が見れる場所があると重宝するんですね。

 

そのため、玄関ホールよりも玄関土間に鏡がある方が使い勝手が良いと言えます。

玄関収納 番外編

「玄関に草履やサンダルなど何かしらいつも出ているのが気になるんですが、スッキリする方法は何かないですか?」という読者さんの質問があったので、そのような場合の対処法を最後にご紹介したいと思います。

ご相談をいただいた読者さんのように、常に玄関に履物があるけども玄関をスッキリさせたい場合、玄関の框の下をオープンにしてその中にサンダルや草履などを仕舞えるようにするという方法があります。

オープンにする位置はこの場所です。
madori06
この場所をオープンにすると、このようになります。

kamati通常は塞がってしまう部分に空洞をつくって、ちょっとした履物を入れられるようにしてしまうという訳ですね。

普段はこの場所に履物を置いておき、履きたい時だけ玄関下からヒョイと出して履くという感じです。

こうして下から見ない限り、見た目には何も無いように見えるので、玄関に履物を出しておきたいけどもスッキリさせたい時にはオススメの方法です。

 

ちなみに上から見るとこんな感じです。

hikido2中はほとんど見えませんね。

 

この場合の注意点としては、この空間をつくるのに高さが必要なので、通常の玄関よりも玄関土間と1階の床の段差が少し高くなってしまうこと。

また、あまりに広範囲に開口をつくると床の強度が弱くなるので、場合によっては部分的に補強を入れる必要がありますが、そんなに費用を掛けずにつくることができるので、玄関をスッキリ見せたい方は試してみてくださいね。

まとめ

今回は玄関収納についてお伝えしました。

日本人は家の中で靴を履いて生活する訳ではないので、靴を収納するスペースというのは必ず玄関に必要になってきます。

そのため玄関に収納を持ってくる必要があるのですが、玄関というのは家の中で最初に入る場所なので、その家の印象を大きく左右する場所とも言えます。

 

靴の収納力と玄関の使い勝手と見た目の印象。

この辺りを上手く組み合わせた玄関収納を目指したいですね。

ぜひスッキリして使いやすい玄関を目指してくださいね。

では。

 

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

玄関についてはこちらも参考にしてください。

汚れが目立たない玄関タイルって何色?建築士がお答えします

価値のある玄関のつくり方

広い玄関土間のある家ってどうなの?土間の使い方と3つの注意点

暮らしやすい玄関ポーチのつくり方。家の外観も高級感が出ます。

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

玄関収納を選ぶときのポイントって何?

  • 玄関の幅と必要な靴の量に合わせて、玄関収納のサイズを選ぶ。