仕様や設備、性能が気になる方はコチラ

キッチンのワークトップに天然石を使った時のメリット・デメリット

2016年1月13日

前回、ステンレスを天板に使ったキッチンと人造大理石(人工大理石)を天板に使ったキッチンについて、選ぶ時のポイントについてご紹介させていただきました。

ステンレス VS 人造大理石 どっちにする?キッチンのワークトップ(天板)の選び方

 

キッチンの天板には、ステンレスと人造大理石(人工大理石)が使われているのが日本では主流ですが、輸入キッチンメーカーですと天然石やクォーツエンジニアリングストーンといった高級感のある素材、またはタイル張りのものもあります。

特に輸入キッチンメーカーを検討されている場合、国産メーカーには無い多彩な天板を選択することが可能です。(一部国産メーカーでも使用していますが数は少なめです)

その多彩なワークトップの中でも、今回は人造(人工)大理石とはちがう天然石の天板についてご紹介したいと思います。

天然石の天板として代表的な素材は、御影石や大理石あたりが有名ですね。

海外では多く使われており、TVや映画などでもよく見かけます。

(余談ですが、日本に住んでいるアメリカ人の友人は、広々としたキッチンと天然石の天板が日本ではなかなかお目にかかれないと嘆いております。)

 

それではキッチンのワークトップに天然石を使った時のメリットとデメリットについて見てみましょう。

天然石天板のメリット

main21

出典:http://www.nishizaki.co.jp/works/w021.html

高級感がある

なんといってもこの一言につきます。

やはりステンレスや人大では出せない見た目の高級感が魅力です。

重厚感のある質感を追求したい場合、こだわってみるのもいいですね。

デザイン性が高い

インテリアとの調和もさることながら、天板そのものの主張がかなりあります。

キッチンが美しいのが憧れだったと奮発される方がいらっしゃるのも納得です。

天然石天板のデメリット

非常に高価

一時期と比べるとだいぶお求めやすくはなってきていますが、それでも、国内主要メーカーのキッチンのステンレスや人造(人工)大理石に比べると非常に高価です。

キッチンにかなりこだわりたい人向けの天板と言えます。

多孔質なので汚れがしみ込みやすく、変色してしまう

天然の石だからこその弱点ですが、特にマーブル模様の大理石は割れが多く水がしみ込みやすいため汚れます。

いったん中に入ってしまった汚れはなかなか落ちませんので気をつけてくださいね。

御影石の方が大理石に比べると吸水性も低く、色も濃いものを選べば汚れが目立ちません。

非常に固い素材のため、食器が割れやすい

人造(人工)大理石もそうですが、どうしても固い天板に当たると食器が負けて(割れて)しまいます。

キッチンの床をタイルにした時と同じですね。

キッチンの床をタイルにした時のメリットとデメリットを解説します

取り扱いには十分注意が必要となります。

重い素材なので、2階以上にキッチンがあると大変

2階以上に天然石の天板のキッチンを採用したい場合は、かなり重量がかかるのと搬入に問題がある場合があります。

2階リビングの家で天然石のキッチンを使いたい場合は注意が必要です。

【保存版】2階リビングまとめ

事前に十分確認しておくのがオススメです。

クォーツエンジニアリングストーン

クウォーツエンジニアリングストーン

出典:https://i0.wp.com/www.e-kitchen.biz/wp-content/uploads/5000_2.jpg

昔は非常に高級品としてなかなか手が出ませんでしたが、クォーツエンジニアリングストーンという天然のクォーツ(水晶や石英です)93%と樹脂で成形した、天然と人工の天板の良い所を足して2で割ったような高性能の天板もあります。

こちらは欧米では非常に人気の材質で、天然石のような質感がありながら汚れがしみ込まない、耐熱性が高い、傷がつきにくいなどの優れものです。

ただ、天然石の天板と同じく、流し(シンク)を同じ素材で作る事ができませんので、つなぎ目が出てしまう事、そしてやっぱり固いために食器が割れやすいというのがデメリットです。

まとめ

本日のまとめです。

・輸入メーカーではキッチンの天板に天然石を使ったキッチンが主流。

・価格は高価だが、ステンレスや人造大理石では出せない高級感が魅力。

 

日本ではキッチンのワークトップは、ステンレスと人造大理石(人工大理石)が多いですが、キッチンにこだわるなら天然石を使ったキッチンを候補に入れてみるのも良いですね。

自分にとってのベストな天板を選ぶことができれば、日々のお料理もより楽しくなりますよ。

 

キッチンについてはこちらも参考にしてください。

キッチンのレイアウトはどれが良い?あなたに合った使いやすいキッチンにする方法

ステンレス VS 人造大理石 どっちにする?キッチンのワークトップ(天板)の選び方

間取りで見る使いやすいキッチンと冷蔵庫の配置4選

対面キッチンはどれがおすすめ?5つの対面キッチンとメリット、デメリット

キッチンのゴミ箱はどこに置く?お洒落なキッチンにする方法

キッチンの床をタイルにした時のメリットとデメリットを解説します

おすすめの食器棚やカップボード、4選。あなたはどれがお好みですか?

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】

人気記事

1

「家を建てるのにブログを参考にさせてもらっています。1つずつ記事を読ませてもらっているのですが、家を建てる時のスタートから家が完成するまでの流れがまとまった記事を書いてもらえないでしょうか?」 読者さ ...

2

人生の一大イベントとなる家づくり。 せっかく家を建てるなら理想の家を建てたいと思いますし、少なくとも家づくりで失敗するのは避けたいですよね。   では、「家を建てたい」と思った時、まず何から ...

3

「キッチンを対面キッチンにしようと思うのですが、対面キッチンにも色んなキッチンがあるので迷ってしまいます。おすすめの対面キッチンがあれば教えてもらえないでしょうか?」 読者さんよりこのような質問をもら ...

4

土地を買って家を建てる場合、土地探しをして土地を見つける必要があります。 でも、土地は高価な上にめったに売買することがないので、失敗せずに土地を手に入れるのは大変。   そこで今回は、土地探 ...

5

以前、家の外観を良くするための窓の使い方についてご紹介しました。 →家の外観を良くする方法(窓の使い方編)   家の外観は窓の使い方でかなり見え方が変わってきますが、家の外観を良くするために ...

6

新築の家を建てるなら、オシャレな内装の家にしたいもの。 なにより新しい家の内装を考えるのは楽しいものですよね。 でも、実際にどうすれば部屋がオシャレに見えるのかあまりイメージがつかないという方も多いの ...

7

「家を建てるならできれば広々とした開放感のあるリビングにしたいと思っていたのですが、実際には予算や敷地の広さの関係でLDK全体で20帖くらいの広さとなってしまいそうです。LDKで20帖というのは広さ的 ...

8

こんにちは、O型建築士です。 家づくりをする時、「家づくりは間取りなども重要だけでも、家の性能も結構重要ですよ」というお話を時々してきました。 家の性能が悪いと、夏に暑くて冬に寒い家になってしまうから ...

9

「家づくりをしています。その中で家具やキッチンを造作で作りたいと思っているのですが、造作にする時のポイントや注意点があれば記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをいただき ...

10

「風通しが良くて明るい家に住みたい」 家を建てるほとんどの方は、このように思っているのではないでしょうか。 どうせ家を建てるなら、やはり明るくて風通しの良い家に住みたいですよね。   では、 ...

11

「部屋をオシャレにしたいけど、どんなふうにインテリアをコーディネートしたらいいか迷うなぁ。どんな家具や雑貨を置けばいいんだろう?」 このように思われる方も多いと思います。 部屋のレイアウトやコーディネ ...

-仕様や設備、性能が気になる方はコチラ

Copyright © BUILD WORKS , All Rights Reserved.