仕様や設備、性能が気になる方はコチラ インテリアが気になる方はコチラ

上がり框(あがりかまち)って何?玄関の印象が大きく変わる上がり框の話

2020年1月15日

あなたは「上がり框(あがりかまち)」という言葉を聞いたことが有るでしょうか?

「上がり框」という言葉を日常生活で使うことはあまり無いかもしれませんが、「上がり框」は日本のほとんどの家の玄関で見ることができ、日本人にとってとても馴染みの深いものになります。

また、「上がり框」次第で玄関の使い勝手や印象というのは大きく変わってくるので、家を建てる場合やリフォームするという場合は「上がり框」は覚えておきたい場所の1つです。

今回はそんな「上がり框」について使い勝手やデザインを中心に詳しく見ていきたいと思います。

使いやすくおしゃれな玄関にしたい方はぜひご覧ください。

上がり框って何?

それではまず、上がり框とはどういう物か見てみましょう。

上がり框とは下の画像の部分となります。

上がり框とは

http://tagle.jp/

玄関で靴を脱ぐ段差についている横木のことを上がり框と言うんですね。

別名で玄関框とも呼ばれ、住宅業界では玄関の段差を表現する時に框という言葉をよく使います。

 

上がり框は玄関扉を開けると最初に見える部分になるので昔から見た目に良いものが使われることが多く、また日本では家で靴を脱ぐ習慣があるため耐久性というのも重要視されてきました。

もちろん、今でも上がり框は玄関の使い勝手や印象に影響する重要な部材で、作り方や素材自体で玄関の印象は大きく変わる物になります。

 

それでは上がり框の高さの違いについて見ていきましょう。

上がり框の高さ

一昔前の日本の家では、上がり框はかなり段差があるものでした。

昔は家で使う木が湿気で腐りにくいように地面と床をある程度離す必要があったので約30㎝前後くらいに段差が設定されていることが多かったですが、やはり30㎝というのは登り下りにはきつい物です。(階段1段で20㎝前後です)

そのため地面の湿気の心配がほとんど無くなった現在の木造住宅の場合だと15㎝〜18㎝くらいの高さに設定されているケースがほとんどとなっています。

(ちなみにマンションの場合だと5㎝以下に設定されているケースも多く、これはそれぞれの構造で作りやすい高さが違うためです)

木造住宅ってどんなメリットがあるの?木造住宅の実際のところを解説します

 

では、上がり框の高さはどれくらいの高さだと使いやすいのでしょうか?

上がり框は低い方が段差が少ないので良いという方も多いですが、低すぎると靴に付いた汚れが部屋の中に入ってやすくなりますし、座って靴を履くときの労力が大きくなるというデメリットがあります。(若い時は良いですが、歳を重ねると手すりや壁を持たないと立てなくなります)

一方、上がり框が高すぎると段差の登り下りがキツくなるというデメリットが出てきます。

どちらも若い時は上がり框の高さが気になる事はそんなに有りませんが、歳を重ねた時に上がり框次第で負担の大きさというのは変わってくるんですね。

そう考えると高齢者の段差の1つの指標となる「10㎝〜16㎝」くらいの高さが程よい高さと言えます。

 

一方、使い勝手以外にも上がり框の高さ次第で玄関の雰囲気というのはかなり変わってきます。

一般的な高さだとこんな感じですね。

上がり框

http://tagle.jp/

段差が大きすぎず、少なすぎずと言った印象で、一般的な玄関の雰囲気となります。

 

次に、上がり框に高さを出すとこのような感じになります。

おしゃれな上がり框

Photo:https://www.sekisuihouse.com/example/detail/general/item/0037/from/interior/

先ほどと比べると玄関土間と玄関ホールの違いがより明確になってメリハリが付いているのが分かりますね。

高さの違いというのは、土間と家の中の違いを強調するという効果を持っています。

 

また、上がり框の高さが高い時は式台を設けて段差を緩やかにするという方法もあります。

式台のある上がり框

http://tagle.jp/

このような式台を作る方法は和モダンな住宅によく合う方法となりますが、たとえば式台の下に間接照明を付けたり置き型の式台にしてアレンジを楽しむなど玄関の雰囲気作りに一役買ってくれるので、段差を大きくつける場合は検討してみたいですね。

 

それでは次に、これまでとは反対に上がり框の高さを抑えた玄関を見てみましょう。

上がり框の高さを抑えるとこのような印象の玄関になります。

バリアフリーの上がり框

http://tagle.jp/

マンションやアパートに住んでいる方はこのくらいの高さに慣れているという方も多いのではないでしょうか?

上がり框の高さを抑えることで玄関と部屋の境界が緩やかになり、玄関と部屋との一体感が強くなるんですね。

楽に靴を履きたい場合はベンチを作ったり、置き型のベンチを置くのも効果的です。

 

このように上がり框の高さをどれくらいにするかで家の印象は結構変わってくるんですね。

それでは次に、上がり框にはどのようなアレンジができるか見ていきましょう。

上がり框のアレンジ

框と床の素材を変える

金属製の上がり框

https://www.pinterest.jp/pin/751045675331015508/

上がり框は床材と合わせた質感の物を使うケースが多いですが、土間に合わせた色の上がり框にして存在感を消したり、反対に全く違う素材の上がり框を使って上がり框を目立たせるという方法もあります。

たとえば床の色が白だと上がり框だけ黒にして玄関のメリハリを出したり、床がタイルだから上がり框だけ木材にして質感を変えるというような感じですね。

このようなアレンジを頭の片隅に入れて置くとこで、ちょっと玄関の雰囲気が物足りない場合やもう少し何かプラスしたいという時の効果的なアクセントとなってくれます。

 

上がり框の形を変える

曲線の上がり框

https://www.pinterest.jp/pin/543598617510498790/

上がり框は真っ直ぐにするだけでなく、形を変えることで家の雰囲気というのはかなり変わってきます。

その代表例が上がり框に曲線を使うという方法です。

曲線を使うことで柔らかい雰囲気の玄関にすることができるんですね。

 

また、同じ直線でも上がり框を斜めに配置するという方法もあります。

上がり框

Photo:https://www.pinterest.jp/pin/425308758559648580/

このように上がり框を斜めに配置するメリットとしては、使い勝手と安全性の向上が考えられます。

たとえば上がり框の形があまりに凸凹していると足をぶつけてしまう危険性が高くなるので斜めにすることで凸凹を減らした玄関にすることができますし、必要なスペースを広く取ったりあまり必要ないスペースを狭くしたりなど広さの調整ができるんですね。

そのため、斜めに配置した上がり框も選択肢に入れておくと間取りの幅が広がるようになります。

 

その他に上がり框をアレンジする方法としては、上がり框を跳ね出したり、上がり框の下に空洞を作ってオープンにするという方法もあります。

玄関框

http://tagle.jp/

上がり框が跳ね出すことのメリットとしては、玄関に軽さが出るということです。

床が浮いたように見えるので、例えば重たく見えがちな濃い色の床材を使った場合などに効果的なんですね。

 

また、上がり框の下をオープンにすることで間接照明を付けたり、靴の収納にするといった使い方もあります。

靴が簡単に収納できるスペースを作っておくことで、玄関が靴で散らかるというケースを防ぐことができるんですね。

靴の収納を作る場合は上がり框の高さがある程度必要になりますが、玄関に靴が出ないようにしたいという場合は魅力的な選択肢となってくれますよ。

まとめ

今回は玄関の上がり框について詳しくみてきました。

上がり框は日常生活で意識する事はあまり無いですが、上がり框の作り方次第で玄関の使い勝手や印象はかなり変わってくるんですね。

玄関は毎日使う場所ですし、家の顔ともなる場所です。

ぜひ今回の内容を頭に入れて、素敵な玄関を作ってくださいね。

では。

 

玄関についてはこちらも参考にしてください。

オシャレで使いやすい玄関にするための間取りのポイント

汚れが目立たない玄関タイルって何色?建築士がお答えします

広い玄関土間のある家ってどうなの?土間の使い方と3つの注意点

暮らしやすい玄関ポーチのつくり方。家の外観も高級感が出ます。

玄関に吹き抜けってどうなの?建築士が本音で話をします

これで失敗しない!!玄関収納の位置とサイズの決め方

シューズクロークで失敗しないために絶対に知っておきたい5つのこと

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】

人気記事

1

「家を建てるのにブログを参考にさせてもらっています。1つずつ記事を読ませてもらっているのですが、家を建てる時のスタートから家が完成するまでの流れがまとまった記事を書いてもらえないでしょうか?」 読者さ ...

2

人生の一大イベントとなる家づくり。 せっかく家を建てるなら理想の家を建てたいと思いますし、少なくとも家づくりで失敗するのは避けたいですよね。   では、「家を建てたい」と思った時、まず何から ...

3

「キッチンを対面キッチンにしようと思うのですが、対面キッチンにも色んなキッチンがあるので迷ってしまいます。おすすめの対面キッチンがあれば教えてもらえないでしょうか?」 読者さんよりこのような質問をもら ...

4

土地を買って家を建てる場合、土地探しをして土地を見つける必要があります。 でも、土地は高価な上にめったに売買することがないので、失敗せずに土地を手に入れるのは大変。   そこで今回は、土地探 ...

5

以前、家の外観を良くするための窓の使い方についてご紹介しました。 →家の外観を良くする方法(窓の使い方編)   家の外観は窓の使い方でかなり見え方が変わってきますが、家の外観を良くするために ...

6

新築の家を建てるなら、オシャレな内装の家にしたいもの。 なにより新しい家の内装を考えるのは楽しいものですよね。 でも、実際にどうすれば部屋がオシャレに見えるのかあまりイメージがつかないという方も多いの ...

7

「家を建てるならできれば広々とした開放感のあるリビングにしたいと思っていたのですが、実際には予算や敷地の広さの関係でLDK全体で20帖くらいの広さとなってしまいそうです。LDKで20帖というのは広さ的 ...

8

こんにちは、O型建築士です。 家づくりをする時、「家づくりは間取りなども重要だけでも、家の性能も結構重要ですよ」というお話を時々してきました。 家の性能が悪いと、夏に暑くて冬に寒い家になってしまうから ...

9

「家づくりをしています。その中で家具やキッチンを造作で作りたいと思っているのですが、造作にする時のポイントや注意点があれば記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをいただき ...

10

「風通しが良くて明るい家に住みたい」 家を建てるほとんどの方は、このように思っているのではないでしょうか。 どうせ家を建てるなら、やはり明るくて風通しの良い家に住みたいですよね。   では、 ...

11

「部屋をオシャレにしたいけど、どんなふうにインテリアをコーディネートしたらいいか迷うなぁ。どんな家具や雑貨を置けばいいんだろう?」 このように思われる方も多いと思います。 部屋のレイアウトやコーディネ ...

-仕様や設備、性能が気になる方はコチラ, インテリアが気になる方はコチラ

Copyright © BUILD WORKS , All Rights Reserved.