造作洗面台と既製品洗面台のメリットとデメリット

家づくり中のみなさま、こんにちは。ed-commons(江戸小紋)小林です。

 

今回のテーマは洗面化粧台について。

洗面化粧台は、水まわりを集めるためにトイレに隣接していることも多く、家族が日常的に使うほか、お客様も使う「いわば目につきやすいところ」であり、洗面空間をすてきにしたい!とご要望が多い箇所でもあります。

 

そんな洗面空間をオリジナル感あふれたすてきなものにする一つの方法として、造作洗面台といってオリジナルの洗面台を作ることを選択する方法や、造作っぽさを持つ既製品の洗面台を選択する方法があります。

また、既製品でも主流の三面鏡+収納棚を持つ洗面台でも、お掃除のしやすさや機能性を重視して選ぶ方もいらっしゃいます。

造作洗面台と既製品洗面台、それぞれ良い面と悪い面があるんですね。

そこで今日は、それぞれのメリット・デメリットを改めてご紹介したいと思います。

洗面化粧室の仕様を決める前に、ぜひ一度読んでみてくださいね。

造作洗面台と既製洗面台の違い

造作洗面台と既製洗面台の違いとは何でしょうか?

造作洗面台と既製洗面台の違いを簡単にいうと、形状を独自に設計して洗面ボウルやカウンターなど一つ一つの材料を選んだりオリジナルで作ったりした「オリジナルの洗面台」か、メーカーが形状や素材をあらかじめ作った型の洗面台かということになります。

 

オリジナルの洗面台ですと、完成形はできてからのお楽しみ、ということになりますが、既製の洗面台はメーカーのショールームでもご確認できるものが多く存在します。

このため、使い勝手や収納量、扉の面材の色などがすぐ分かります。

家ができてから洗面化粧台の全体像が見えるのか、それとも家ができる前から実際に目で見ることができるのかが、大きな違いになるんですね。

造作洗面台のメリットとデメリット

それでは、造作洗面台のメリットやデメリットをご紹介します。

造作洗面台のメリット

出典:https://www.nagoya-mosaic.co.jp/newissue.html

造作洗面台のメリットは

  • なんといってもカスタマイズ自由でオリジナル感満載
  • 間取りにあわせた設計ができる

この2つが挙げられます。

 

洗面台を造作で作る場合は、打ち合わせも比較的細やかです。

洗面ボウルや水栓、配管などのパーツを組み合わせカウンターの素材を決めたり、洗面下の空間を扉をつけて収納棚にするか、配管がむきだしになるかなど仕様と形状を決めていきます。カウンタにモザイクタイルを施したり、タオルかけや鏡なども選んで揃えることができるので、お家の雰囲気にあわせたオリジナルの洗面を作ることができます。

 

それでは、造作の洗面台でどんな部分をカスタマイズできるかと言うと、

  • 洗面ボウルや水栓
  • カウンター材(後々のことを考えてカビたり腐らないものをおすすめします)
  • 配管材(シルバーの他に、アンティーク調のゴールドやアイアン調のものもあります)
  • 照明器具のカスタマイズ(照明の色や明るさ、顔が影にならないかもチェックしてみてくださいね)
  • 鏡や収納
  • タオルかけ
  • タイル仕上げ(カウンター材や壁にモザイクタイルを貼る仕上げも人気です)

この辺りをカスタマイズすることができます。

もちろん、全部決めるのが大変ですが、設計士やインテリアコーディネーターがおススメの部材を紹介してくれるので、いろいろと相談しながら楽しく仕様を決めていきたいですね。

 

造作洗面台のデメリット

それでは次に、造作洗面台のデメリットについて見てみましょう。

  • 引き出し等仕様によっては値段が高くなりがち
  • 不具合が出た時に保証がきかない場合も

 

造作というのは洗面台に限らず、一点物のオリジナル品であるがゆえに、パーツを一つ一つ購入して手配したり、また工程によっては複数の職人さん達が仕上げていくケースもあるため、工場で作る一般的な工業製品とは違って値段が高くなりがちです。

 

また、大手メーカーの既製品は商品発売前に性能や耐久性をテストされたものがほとんどですが、パーツの組み合わせでオリジナル品を作るので、パーツ同士の相性が悪かったりするケースがあります。

たとえば、洗面ボウルと水栓の組み合わせが悪く、蛇口をひねると洗面ボウルから水しぶきがあたりに飛び散ったり、木製カウンターにカビがはえてきたりというケースは問題ですね。オリジナルなので「メーカー保証」がきかないケースもあります。(特に水跳ねは重要です。)

後から使い勝手で苦労することを避けるには、洗面ボウルと水栓は、なるべくメーカーが推薦している組み合わせを選んでおきたいですね。

既製洗面台のメリットとデメリット

既製洗面台は、基本は照明+収納付き三面鏡(コンセント付きも多い)+水栓ボウル&水栓+下収納がセットになった非常に機能的なタイプで、プラスチック性のものが主流です。

掃除のしやすさと機能的に収納が使えるなどの使い勝手に各メーカーとも重きをおいており、ご予算に応じた幅広い商品展開をしています。

出典:http://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/oft/default.htm

それでは、既製洗面台のメリットやデメリットをご紹介します。

 

既製洗面台のメリット

既成洗面台のメリットを挙げるとすると、

  • 造作に比べて値段がリーズナブルなものが多い
  • 掃除のしやすさと収納量を誇り使い勝手が良い
  • 事前に仕様や形状を確認しやすい

この辺りが既成洗面台のメリットになってきます。

 

やはり一番のメリットは掃除のしやすさが考えられた商品が多い事。

既製洗面台は、洗面ボウルとボウル両脇のカウンタ素材が一体型で作られていることが多く、大きな洗面ボウルでありながらも掃除のしやすさには定評があります。

そのため掃除のしやすさが理由で既製洗面台を選ぶ方も多くいらっしゃいます。

また、メーカーによっては水栓がシャワーのように少し伸長するものもあり、掃除がしやすい他に朝シャンや赤ちゃんや小さい子の足を洗ったりなど「ミニシャワー」を洗面台で使うこともできます。(造作の場合、シャワーのように伸び縮みできる水栓は相当限られてきてしまいます)

 

また、収納付き鏡にコンセントを内臓している商品も多く、電動歯ブラシスタンドやシェーバーなどの充電を扉を閉めて行えることからすっきり機能的に使えるということでも人気があります。

洗面室スペースには、洗濯機があるケースが多いと思いますが、収納スペースもしっかり確保されていることも多いので、洗濯で使う洗剤や買い置きのトイレットペーパー、歯ブラシやタオル、お風呂で使うシャンプーや石鹸の予備、バケツなど、しまっておきたいような備品類も収納できるのが魅力ですね。

 

既製洗面台のデメリット

それでは、既成洗面台のデメリットも見てみましょう。

既成洗面台のデメリットは、

  • オリジナル感を出しにくい
  • 規格サイズが決まっているため、特殊な間取りに向かない

この辺りが挙げられます。

 

洗面台にオリジナル感など必要ない、という方であればデメリットにはならないのですが、どうしても「既製品ぽさ」が全面に出てしまうもの。

デザイン性にこだわった既製品の洗面化粧台もあるのですが、価格もかなり高額になりやすいので、それならば造作洗面台にという方も多くいらっしゃいます。

また、規格サイズが幅・奥行きともにある程度パターン化されているため、規格サイズ以外の対応が難しいのも特徴の一つです。

ハイブリッド型洗面台という選択肢も

最近では、既製洗面台にもオリジナル感を意識したデザインのものや、パーツを選べる種類のセミオーダー型のデザインの「ハイブリッド型」の洗面台も人気があります。

これは、造作と既製品の良いところどりのようなもので、オリジナルのようにみえつつも使い勝手の良い既製品の良さを兼ね備えた商品で、一般的な既製洗面台よりは少しお高めですが、こちらを選ぶ方が増えてきています。

最近は、雑貨メーカーとコラボした既製洗面台もあり、既製品には見えないすてきなデザインですね。

出典:https://sumai.panasonic.jp/jsf-style/

まとめ

それでは本日のまとめです。

  • 仕様やデザインをカスタマイズしたいなら造作洗面台、使い勝手や収納を重視するなら既製洗面台がおすすめ。
  • 一般的に造作洗面台の方が既製洗面台よりも値段が高い。
  • 最近は、造作っぽい仕様やデザインの既製洗面台もあり、双方の良いところ取りで人気である。

 

いかがでしたでしょうか。

それぞれの特徴を知って、納得のいく我が家の洗面所づくりを楽しんでみてくださいね。

 

洗面についてはこちらも参考にしてください。

おしゃれで使いやすい洗面所をつくるための5つのポイント

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】