これだけは避けたい!!間取りで失敗する黄金の法則

83a69898dbce07530b4cbc2b3fa29261_s

間取りができたけども、何だか間取りがイマイチしっくりこない時ってありますよね。

理由は明確ではなくても、

「これでいいのかなぁ」

と思われる方もよくいらっしゃいます。

 

最悪の場合、そのヘンテコな間取りで家を建てるなんてことも・・。

そうなると残念ながら失敗した間取りへまっしぐらとなってしまいますね。

 

実はこの間取りの失敗、失敗へまっしぐらとなってしまう黄金の法則があるんです。

今回は、家づくりをするならぜひ避けて欲しい、この間取り失敗の黄金の法則についてご紹介したいと思います。

家づくりで失敗したくないという方はぜひご覧ください!

家づくりの伝言ゲーム

伝言ゲーム

先日、現代ビジネスに面白い記事がのっていました。

とある実験の記事です。

 

教室に座っている小学生の1人に、先生がある言葉を耳元でささやきます。

次にその生徒は、となりに座っている生徒に先生から聞いた言葉をささやいていく。

これを続けていきます。

そして教室の後ろに座っている最後の生徒まで、順々に言葉を伝えていく伝言ゲームを行ったという内容です。

 

こんな伝言ゲームはあなたも一度はやったことある方も多いのではないでしょうか。

 

それではこの実験、どのような結果になったのでしょうか。

先生が最初の生徒に伝えた言葉は「ハトが飛んだ」という簡単な言葉です。

この「ハトが飛んだ」という言葉、最後の生徒まで伝わった時にはどうなっていたのか。

 

こたえは、

「あした。これだけ」

 

もう「ハトが飛んだ」という言葉の名残はまったくありませんね。

このように、情報を伝達するときには「情報の変換」というのはかならず起こってしまう出来事です。

 

先程の話は小学生に対しての伝言ゲームですが、家づくりでも似たようなケースをよく見かけます。

 

では、家づくりで起きる伝言ゲームって何でしょうか?

それは、要望を伝える時に起こります。

しかも、この伝言ゲームのせいで家づくりを失敗する可能性がとても高くなってしまうんです。

伝言ゲームは失敗の元

伝える

家づくりを始めて住宅会社や工務店を訪れると、大体は最初は営業マンが担当することになります。

そして、しばらく家づくりを進めていくと、どんな家を建てたいか、あなたの要望を伝える時がやってきます。

 

その時、設計担当者が同席してヒアリングをする場合は問題ありませんが、営業マンがあなたの要望を聞いて、それを作図担当の設計士に伝えるというな場合もあります。

そして、営業マンが聞いたその要望を設計担当者へ伝える時に、先ほどの伝言ゲームが行われます。

 

営業マンから設計担当者へ伝える方法は様々で、口頭で言う人もいますし、メモを渡す人もいます。

要望を聞くためのヒアリングシートに書き込みをして、それを設計担当者に渡すという方法をとる人もいます。

 

例えばメモの場合、

・20帖のLDK

・シューズクローゼット

・キッチンは広めに、パントリーも欲しい

・・・・・などなど、いくつかの項目が書かれています。

 

そしてこのメモを元に設計担当者は間取りをつくって、次回お施主さんに提案する事になります。

 

その結果どうなるか。

 

何となく伝えたことは入っている間取りだけども、本当に要望に合っているかは疑問符が付く状態がほとんどです。

少なくとも、「まさにこんな間取りの家が欲しかった」なんて間取りは出てこないんですね。

 

理由はもうお分かりですね。

要望を伝えるのに営業マンを挟んでいるので、冒頭の伝言ゲームと同じように「情報の変換」が起きてしまっているからです。

 

では、どういう事か具体的に見ていきましょう。

伝言ゲームだと本当の要望は分からない

伝わらない

じつはこの伝言ゲーム。

営業マンの実力がメチャメチャ分かります。

 

まずは、ダメな営業マンをみてみましょう。

ダメな営業マンはお施主さんが言ったことをメモして、それを設計士に渡します。

これは最悪のケースで、このような営業マンは大概お施主さんのことをコレッぽっちも分かっていないことがほとんどです。

 

一方、できる営業マンはお施主さんが言ったことをメモするのはもちろんですが、〇〇が欲しいという形だけのものでなく、〇〇な生活がしたいので〇〇が欲しいという理由も付け加えます。

 

これ、家づくりにメチャクチャ重要なことなんです。

 

例えば、設計士が要望を書いたメモだけを渡されたとします。

まずは先ほどの20帖のLDKという項目を見てみることにしましょう。

そのメモを見ると設計士は

「20帖のLDKって書いてあるけども、リビングとダイニングは一体になった空間がいいのか?それとも食事する場所とくつろぐ場所は明確に分けた生活が理想なんだろうか?階段はリビング階段?明るい空間が好きなら吹抜けも提案していいの?家具はどんなので揃えるんだろうか?」

などなど、LDKの数字的な広さはあっても、どんな空間でどういう生活を送りたいのかまったく見えてきません。

 

そこで営業マンに質問しますが、大抵は詳しいコトは知らないので、営業マンとしては何となくのイメージを伝えてきます。

(しかも、営業マンが思ったことを伝えることが多いです)

これではお施主さんが本当に欲しい間取りなんてできるはずありませんね。

 

その結果、とりあえず疑問だらけの間取りが出来上がります。

間取りの伝言ゲームをするなら、あなたの事をよく理解した担当者でない限り、理想とは違うモノができあがってくるんですね。

伝言ゲームで作った間取りでの打合せ

家の打合せ

伝言ゲームでできた間取りは、次の打合せでお施主さんに見せることになります。

とりあえずどんな大きさの家ができるのか見たいという場合なら参考にするのも有りですが、気をつけたいのがその伝言ゲームで完成した間取りで打合せを行うことです。

 

なまじ手元に間取りがあるために、その間取りを元にイロイロと要望を組み合わせていくことが多いんですね。

その結果、何だか無理やり要望をくっつけた微妙な間取りができ上がります。

 

そうなる理由は、ベースの間取りの重要性を考えてみれば見えてきます。

ベースの間取りというのは骨格のようなもので、骨格がバラバラな上にさらに色んな要素を足していったら、どう考えてもゴチャゴチャしたものができ上がってしまいそうですね。

間取りが上手く行かないのはゾーニングが原因かもしれません

 

一方、骨格を整えた上で必要な物を付けていけば、バランスの良い物ができあがる可能性はとても高くなります。

間取りがしっくりこないという場合、このベースを間違えた間取りに色んな物を引っ付けたりイジッたりしていることがとても多く見受けられます。

そして、このようなベースを間違えた間取りというのは、要望の伝言ゲームによってできあがる可能性がとても高いんですね。

 

これがヘンテコな間取りができ上がるときの黄金の法則です。

 

もちろん、建売住宅と同等の家でいいという場合はこのような伝言ゲームの間取りで問題ありません。

ただ、建売住宅では満足いかないという方は、この黄金の法則だけは絶対に避けるようにしてくださいね。

まとめ

今回は、間取りが失敗するときの黄金の法則についてお伝えしました。

微妙な間取りになってしまう場合、その原因はいくつかの要因に集約することができます。

その1つが、今回の伝言ゲームの法則なんですね。

 

住宅会社の担当者がこの黄金の法則を理解しているのかどうかで、家づくりの成否が大きく違ってきます。

あなたの家づくりはこの伝言ゲームの法則、大丈夫でしょうか?

ぜひ失敗まっしぐらとなってしまうこの法則に当てはまらないような家づくりをしてくださいね。

失敗の可能性を低くする事で、成功する家づくりというものがグッと近くなってきますよ。

では。

 

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

工務店探しをしている方へ「失敗しない工務店の選び方」無料プレゼントしています。

「プロが教える!!失敗しない工務店の選び方」

今日の問題解決

間取りが失敗する黄金の法則って何?

  • 家の要望を営業マンがヒアリングし、それを設計担当者に伝える伝言ゲームでは、本当の要望は伝わっていない。
  • さらに伝言ゲームでできた間取りを元に要望を足していくと、ヘンテコな間取りが完成する可能性が高いです。