建築条件付きの土地を買う時に気をつけたい3つのこと

6924125091_4f4826fb13_z

こんにちは、最近、建築条件付きの土地で相談をもらうことが多いO型建築士です。

間取り相談でもそうですし、その他の相談でも建築条件付きの土地の方が相談がかなり多いです。

それだけ建築条件付きの土地というのは、あとあと後悔したり悩んだりする可能性が高い土地とも言えます。

 

ご相談の内容を詳しく見てみると、建築条件付きの土地で悩みをもっている人はいくつかのパターンが有ることが分かりました。

そこで今回は、読者さんからの相談を元に、建築条件付きの土地を購入する前に注意しておきたいことについてお伝えしていきたいと思います。

建築条件付きを買おうか迷っている方はもちろん、これから家づくりをはじめる方もぜひご覧下さい。

 

建築条件付きの土地って何?っていう方はこちらを参考にどうぞ。

建築条件付って書いてある土地を見つけたけど、建築条件って何?

その間取りで大丈夫ですか?

リビングの間取り

ここ最近、間取り相談で多いのが建築条件付きの土地を買った方からのご相談です。

詳しく話を聞くと、間取りがシックリきていなくてこの間取りで家を建てて本当に大丈夫かどうか不安になっているという方が多くいらっしゃいます。

 

では、実際に間取りを見てみてどうかというと、やはり問題のある間取りであることが多いと感じます。

もちろん、使い勝手といった細かい部分だけ気になる間取りもありますが、「ホンマにこの家建てんの?」と絶句してしまう間取りもチラホラと・・。

 

建築条件付き土地だからということで、とりあえず契約してから間取りの詳細を打合せしているけども、思うような間取りにならないという感じですね。

 

ただ、これはすごく当然のことで、「出てきた間取りはいまいちパッとしないけど、間取りの打合せを進めていけば何とかなるだろう」という奇跡は、まず起こりません。

 

もし最初に出てきたのが惜しい間取りなら、あとで修正するのは十分可能です。

でも、最初からパッとしない間取りしか出てこない会社は、ずっとパッとしない間取りしか出てこないんですね。

理由は明確です。

それがその設計者、またはその会社の実力だからです。

 

納得する間取りを出してくれるのかどうかというのは、建築条件付き土地を買うなら必ず押さえておきたいポイントなんですね。

その仕様で大丈夫ですか?

10996188823_174c27860a_z

建築条件付きの土地を買った場合、家を建てる会社や工務店も必然的に決まります。

そして同じように、家の仕様もほぼ決まってきます。

 

もちろん、設備のオプションなど細かい所は選んでいくことになりますが、住宅会社や工務店がこれまで使ったことが無い仕様は、まず使うことはできません。

そのため、住宅会社や工務店がどんな家を建ててきたのか、家の中を見れるのが一番ですが、契約までに少なくとも写真などで施工事例を必ず確認しておく必要があります。

そうすることで、「イメージと全然違う家ができた」というミスマッチを防ぐことができるんですね。

 

あなたの家だけ特別仕様に・・。何てことはまず無いので、家のつくりに納得した上で建築条件付きを買うのが重要となります。

価格は大丈夫ですか?

coins-431535_640

建築条件付きの土地を買った場合、指定された会社以外で家を建てることはできません。

そのため、他の会社の金額と比べることもできませんし、指定の住宅会社や工務店が出す金額が全てとなってきます。

 

だからといって、不当に高い金額を提示してくる住宅会社や工務店はほとんど無いので、そこはあまり心配する必要はありません。

大切なのは、総額でいくらになるか把握できるかどうかです。

 

「家本体は安いけども、オプションをつけていくと割高になる」など住宅会社や工務店で金額の出し方は違います。

「最初は予算に収まると思っていたけど、後で予算オーバーになってしまった」ということにならないように、あらかじめ採用予定のものは最初の見積もり金額に入れたり、予算取りするなどして総額を把握することが重要です。

 

建築条件付きの場合は、予算が合わないからといって後で住宅会社を変えられないので、総予算に特に注意が必要なんですね。

建築条件付きの土地で家を建てるときの見極め方

PAK85_virssearch20140531500

建築条件付きの土地を買う場合、家を建てる住宅会社や工務店が指定されてしまうので、家の出来は住宅会社や工務店の実力にすごく左右されます。

そのため、しっかりした注文住宅の家をつくっている会社の場合は安心して建築条件付きの土地を買うことができます。

 

一方、建売住宅メインであったり、注文住宅といっても建売住宅に毛の生えた程度の家しかつくっていない会社の建築条件付きの土地を買う場合は、家に対してあまり期待しない、もしくは家に対してあまり興味がないなど、ある程度の割り切りが必要となってきます。

これは家の性能でもそうですし、家の間取りについても同じことが言えます。

 

家を建てる実力のある会社が売りに出している建築条件付き土地なら「買い」。(特にレベルの高い会社が売り出していたらラッキーです)

そうでないなら「よく考えた上で決める」、家が建てたい家と違うなら「止めておく」のが正解となるんですね。

建築条件付きが合う人、合わない人

wmn0092-001

今まで見てきたように、建築条件付き土地には注意しないといけないことが結構あります。

では最後に、建築条件付きの土地に合う人、合わない人について見ていきましょう。

 

建築条件付き土地を買ってもいい人

家に対してあまりこだわりがなく、土地の立地条件が一番重要な人は建築条件付きの土地が合っています。

土地が何より優先なので、土地が気に入ればどんな家であってもそんなに気にはならないからなんですね。

どちらかと言えば、注文住宅よりも建売住宅でいいという人の方が、建築条件付きの土地に向いていると言えます。

 

建築条件付き土地を買うのかよく考えた方がいい人

物すごくこだわった家を建てたい訳ではないけれど、家を建てるならやっぱり使い勝手のよい家に住たいし、一定レベルの性能もある家に住みたいと思う方は多くいらっしゃいます。

このように考える方は、建築条件付きの土地を安易に買うのではなく、販売主の建てる家をしっかり見て納得してから建築条件付きの土地を買うのをおすすめします。

 

建築条件付きの土地を契約したあとに、やっぱり家が合わないので契約破棄したいと思っても、契約破棄するにはそれ相応のお金が必要になってきます。

あとになって「こんなはずではなかったのに・・」、「こんな家を建てて大丈夫なんだろうか・・」と後悔しないためにも、必ず納得した上で建築条件付き土地を買うのが失敗を減らすために重要となってくるんですね。

 

建築条件付きの土地が合わない人

家の性能、デザイン、住み心地、その他何でもいいですが、家にこだわりをもっている人は建築条件付きの土地は合わない人がほとんどです。

家に求めている物と実際に建つ家とのギャップが大きい過ぎるんですね。

そのため基本的に、建築条件付きの土地は買わないの方が無難です。

ただ、稀にレベルの高い工務店や住宅会社が販売している建築条件付き土地も出てくることがありますので、アンテナは広く張っておくと土地の選択肢は広がるようになります。

まとめ

今回は建築条件付き住宅を買うときの注意点をご紹介しました。

建築条件付きの土地を買う場合は家を建てる会社を変えることができないので、普通に家を建てるよりも注意しないといけないことがあるんですね。

 

私もこのブログを始めるまで、ここまで建築条件付き土地を買って困っていたり、後悔している人が多いとは思っていませんでした。

建築条件付きの土地を検討される方は、ぜひ今回の内容を参考にして、満足できるより良い家を建ててくださいね。

では。

 

建築条件付き土地についてはこちらも参考にどうぞ。

建築条件付って書いてある土地を見つけたけど、建築条件って何?

建築条件付きの土地。実は建築条件を外す裏技があります。

建築条件付きの土地は、なんで間取りで失敗しやすいの?

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

建築条件付きの土地を買う時に気をつけることって何?

  • 間取りのレベルを見極める。
  • 家の仕様を見極める。
  • 家の価格を見極める。
  • 良い家を建てる実力のある会社の建築条件付き土地は「買い」。そうでない場合は慎重に。
  • 家にこだわらないなら建築条件付き土地も「有り」。こだわりが強いほど、建築条件付きの土地とは合わなくなる。