パワービルダーでローコスト住宅はできるのかを検証してみる

my house and money

皆さんは、パワービルダーっていう言葉を聞いた事ありますか?

パワービルダーというのは、いわゆるローコスト住宅メーカーの事を言います。

実は、1年間で家を建てている戸数が1番多いのがパワービルダーです。大手ハウスメーカーが1番ではないんですね。

今回は、このパワービルダーで家を建てると、本当にローコスト住宅ができるのかどうか検証してみたいと思います。

それではどうぞご覧ください。

パワービルダーの家の価格は安い?

パワービルダーの価格

「パワービルダー」=「ローコスト住宅」なので、まずはパワービルダーは本当にローコストなのか調べてみることにします。

どうすればローコストなのか調べられるのかと言うと、実際に資金計画書や見積書を見れば大体のことは分かります。

 

私の本職は建築士ですが、趣味として工務店めぐりを行っているので、手元には住宅会社勤務の知人から仕入れた情報や、知人が相談に来た時の資料、さらには自分でもらった資料などが山ほどあります。

その中のパワービルダーの資金計画書や見積もり書を引っ張りだして再確認してみることにします。

 

改めてパワービルダーの資料を見てみると、パワービルダーにはある傾向があるのが分かります。

それは「家の本体価格」が安いのです。

 

「家の本体価格」が安いということは、ローコストで家を建てられると思いがちですが、実は必ずしもそうとは言えないんです。

これはどういう事か見てみましょう。

 

パワービルダーの建てる家は「〇〇の家」など名前がついた商品になっていることがほとんどです。

そして、通常はその「〇〇の家」のどれかがベースとなって「家の本体価格」が弾き出されます。

そして、窓や設備など希望に応じて追加した物がオプションとしてプラスされて「家の総額」が見えてきます。

 

そして、よくよく見積書を見てみると、パワービルダーはオプション等全てひっくるめた「家の総額」はそこそこいい値段をしています。

「家の本体価格」だけが異常に安いんですね。

 

何となく、家の金額の全体像が見えてきました。

オプション工事は高い

オプション工事

パワービルダーが建てるようなローコスト住宅の場合、先ほどお伝えしたように「家の本体価格」は安く設定されていたり、もしくは資金計画上、安く見えるようになっています。

でも窓を付けたり棚を付けたり、設備をグレードアップをしたりといったオプション工事はかなり割高の設定であることが多くあります。

 

どうしてこうなるのかと言うと、パワービルダーは言ってみれば効率化を追求した住宅会社と言えます。

効率化を追求しているので、確かに無駄を省いて家を建てる事ができ、価格を落とす事ができるんですね。

 

一方、効率化を追求する反面、手間のかかる事に関しては普通の会社と同じかそれ以上の労力が必要になってきます。

合理化の弊害が出てきてしまうんですね。

 

設備などの商品に関しても、標準仕様の物は大量に仕入れているので原価をかなり押さえる事ができますが、標準から外れるとスケールメリットが無くなってしまいます。さらに標準の原価が安いので、より高く見えてしまうんですね。

このような事から、パワービルダーは標準装備のみで家を建てると安く家が建てられるけども、オプションで希望をどんどん取り入れていくと金額は割高になってしまうと言えます。

 

このように、後で追加すればするほど金額がポンポンUPしていくので、契約時の見積もりにオプションが含まれているかは、必ず確認してくださいね。

「契約後の打合せでオプションの高さにビックリ!!」

なんて事にならないよう注意が必要になってきます。

パワービルダーが合う人、合わない人

パワービルダー

では、パワービルダーの価格の仕組みが見えてきたところで、どのような人がパワービルダーに合っているのか見てみることにします。

 

パワービルダーが合う人は、やはり設備や仕様にあまりこだわりが無く、標準仕様でも全くかまわない人が一番合ってると言えます。

また、パワービルダーは家の数を売るので、担当者とのやり取りや打合せも少なめです。

打合せが多いと、人件費が割に合わなくなってしまうからなんですね。

そのため、家づくりに時間をかけたくないという人もパワービルダーが合っていると言えます。

 

パワービルダーが合っている人を簡単にまとめると、家にこだわりがあまり無く、とにかく費用を抑えて家が欲しいという人に向いています。「建売住宅でもいいかなぁ」と思う人に向いているんですね。

建売住宅と注文住宅の違い。どっちも造った建築士が分かりやすく解説します。

 

反対に、家にこだわりがある人。また、打合せをしていてオプションを沢山選んでしまいそうな人(特にインテリア好きな人や、素材に好き嫌いが多い人)はパワービルダーだと割高で不満も多くなる傾向にあるので注意が必要になってきます。

思った家に中々なってくれないんですね。

場合によっては、「言われた通りつくるので自分で考えてきてください」なんて言われた方も・・。

 

このような場合はパワービルダーで家を建てるのは合ってないと言えます。

家づくりで上手いこと打合せを進められない場合、結構ストレスになってきます。

それだけ打合せの回数も時間もかかる物なので、合わない時の影響が大きいんですね。

 

自分のこだわりと好みを見極めて住宅会社や工務店を選ぶ。

これが家づくり成功への近道です。

では。

 

坪単価はこちらも参考にしてください。

坪単価45万円の会社だと、いくらで家が建てられるのか調査しました

坪単価26万円の会社で、坪26万円の家は建てられるのか?建築士が調査した結果をお伝えします

家のお金のことはこちらも参考にしてください。

家の資金計画。お金の事を考えてみよう。

家の予算がオーバーしたときにぜひ試したい、1番効果的な方法をご紹介します

家を安くするためのコツ。家の壁は以外にお金がかかる?

一番安く家を建てる方法をお教えします。コストパフォーマンスの高い家にする秘訣

家がコストアップする5つの要因とプラスα

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

パワービルダーでローコスト住宅は建てれるの?

  • オプションを追加しなければ、価格の安い家を建てられる。
  • 家にこだわりが無ければ、家を安く手に入れられる。
  • パワービルダーはオプション工事の金額が高いので、こだわりがある人には向かない。