スケルトン階段を使ってリビングをおしゃれに!間取りで見るスケルトン階段の効果的な作り方

家で使う階段にはいくつか種類が有りますが、その中でも今回注目したいのがスケルトン階段について。

スケルトン階段とはこのような踏み板と骨組みで構成されている階段のことを言います。

スケルトン階段を近くで見るとこんな感じですね。

スケルトン階段

スケルトン階段は踏み板と骨組みだけなので開放感があるのがスケルトン階段の大きな特徴です。

そのためスケルトン階段は別名でストリップ階段やオープン階段とも呼ばれます。

 

では、このようなスケルトン階段が一番映えるのは家のどこでスケルトン階段を使う時でしょうか?

答えはリビングにスケルトン階段を使うというケースです。

スケルトン階段はリビングと好相性だからなんですね。

そこで今回は、リビングをスケルトン階段にした時に効果的な使い方ができる方法とお洒落になるポイントを間取りを例に見ていきたいと思います。

リビングをお洒落にしたい方やリビング階段が気になる方はぜひご覧ください。

スケルトン階段はリビングとの相性が抜群

それではまず、スケルトン階段とリビングはどうして相性が良いのか見てみましょう。

リビングに一番求められる物は快適に生活できるかどうかということ。

リビングは家族皆んなが使う場所なのでやはり快適にしたいものですし、人が集まるような求心力のあるリビングというのは魅力的ですよね。

そしてそんな快適性を上げるためには視覚的な広さや部屋の明るさというのも大切な要素となってきます。

 

では、上記を踏まえながらここで一度スケルトン階段のメリットを見てみましょう。

スケルトン階段のメリットとしては、

  • 圧迫感が少なく開放的な空間にできる
  • 光を部屋の中に入れられる
  • 窓がある場所にも階段を設置できる
  • 部屋がおしゃれに見える

この3つが代表的なメリットとなります。

先ほどの視覚的な広さや部屋の明るさという点とすごくマッチしていますね。

また、スケルトン階段を使うと部屋がおしゃれに見えるようになるという点も高ポイントです。

このようにスケルトン階段はリビングに必要な要素を満たしてくれる階段なので、リビングとの相性はとても良いんですね。

間取りで見るリビングとスケルトン階段

スケルトン階段をリビングのどの場所に配置するかでリビングの印象や使い勝手がかなり変わってきます。

それでは次に、スケルトン階段にする時の間取りの例を見ながらどういう効果があるのか見ていきましょう。

 

壁に沿ってスケルトン階段にする

スケルトン階段のある間取り

階段をつくる場合、大きく分けて「直線階段」「まわり階段」「らせん階段」の3つに分けられますが、スケルトン階段にする場合は直線階段にするというケースが多くなります。

スケルトン階段の場合は見た目の軽さが売りとなりますが、複雑な作りにすると見た目がゴチャゴチャした感じになりやすいため、基本はシンプルな形にした方が見た目が綺麗になりやすいという特徴があります。

そのためスケルトン階段と構造がシンプルな直線階段はとても相性が良いんですね。

そしてそんな直線階段でもリビングの壁に沿ってスケルトン階段を作るというのは一番ポピュラーな階段の作り方となります。

リビングにあるスケルトン階段

Photo:https://suvaco.jp/room/HZQrAQrSR4

階段が壁際に有るので部屋の邪魔になりにくく、またスケルトン階段で視線が抜けるため開放感のある空間になっていることが分かります。

 

では、このようにリビングにスケルトン階段を作った時に気になるのが、階段下をどうするかということ。

贅沢にオープンな空間にして観葉植物など飾りを置くのも素敵ですし、何か他の用途に使えるようにするというも良いですね。

たとえば他の用途に使う場合の一例を挙げるとワークスペースにもなるようにちょっとしたカウンターを作るというのも効果的です。

スケルトン階段とワークスペース

Photo:https://www.pinterest.jp/pin/684758318318440439/

ちょっとした作業をする時やお子さんの宿題スペースとして使ったり、これからも増えていくことが予想されるテレワークにも対応できるようなスペースにしておくのもいいですね。

ちなみに、このように階段下を使う場合はできるだけ軽さを出すように作るということ。

階段下に大きな物を置くなど重たく見えてしてしまうことでせっかくのスケルトン階段の軽さが消えてしまうため、階段下に何か作ったり置いたりする場合もできるだけオープンで軽さのある物を作ったり置くようにすること心掛けることでリビング全体のバランスもよくなるんですね。

 

リビングの真ん中にスケルトン階段を作る

リビング階段とスケルトン階段の間取り

先ほどはスケルトン階段を壁沿いに作りましたが、壁沿いではなくリビングの真ん中あたりにスケルトン階段を作るという方法もあります。

このようにスケルトン階段を作った時のメリットとしては、階段を挟んで空間を緩やかに区切れるということです。

たとえばリビングの横に水回り、特にトイレの入り口がある間取りというのはできる限り避けたいものです。

扉を開けた時にリビングから水回りが丸見えになってしまうからなんですね。

一方、スケルトン階段を間に挟むことでリビングから水回りの距離感は近いままワンクッション挟むことが可能になります。

階段下にカウンターや腰高くらいまでの収納を作って有効活用しつつ、より目隠しになるようにするのもいいですね。

 

その他にはダイニングやキッチンとリビングを緩やかに分けたいという時もスケルトン階段を間に挟むというのは効果的です。

スケルトン階段で緩やかに区切る

Photo:https://www.arbrehome.com/works08.html

スケルトン階段をダイニングとリビングの間に作ることで同じLDK内でもスペースを明確に分けることができるようになるんですね。

これはオープンなスケルトン階段ならではの使い方と言えます。(実際に壁を作って分けてしまうと部屋がかなり狭く見えてしまいます)

 

階段下を他のスペースと兼ねる

スケルトン階段の下を活用した間取り

スケルトン階段の下のスペースを他の場所と兼ねるようにして有効活用するというのもスケルトン階段の使い方の1つです。

たとえばスケルトン階段の下を子供の遊び場所と兼ねることで階段下まで遊び場に使えるようにするなど、スケルトン階段が持つオープンなスペースを他と兼ねて使えるようにするという訳ですね。(もちろん、この場合は角をできるだけ作らないなど子供が階段に頭をぶつけても怪我をしないよう配慮したデザインの階段にする必要があります)

スケルトン階段の下を活用

Photo:https://www.homify.jp/ideabooks/46101/

スケルトン階段の下にできるオープンな空間はアイデア次第でいろんな使い方が考えられるので、何に使うか考えてみるのも楽しいですよ。

ちなみに、このようにスケルトン階段を他のスペースと兼ねる場合は直線階段よりも回り階段やらせん階段の方が好相性となります。

回り階段のサイズ感というのが他のスペースとピッタリ合いやすいからなんですね。

このような階段下の使い方はリビングだけでなく他の場所でスケルトン階段にする場合も効果的ですよ。

スケルトン階段ならではの活用方法

それでは最後にスケルトン階段ならではの活用方法について見てみましょう。

スケルトン階段は何といってもオープンな作りが売りです。

そのため普通の階段では難しいこともスケルトン階段では可能にすることができます。

その代表例が階段の隣に大きな窓を配置できるということ。

大きな窓とリビング階段

Photo:https://inakagurashi.tatsumi.com/voice/index/368

普通の階段の横には大きな窓を付けるのは難しいですが、スケルトン階段であれば問題なく付けることが可能となるんですね。

そのため一般的な階段は窓を付けるのが難しくなるため南側に配置することは稀なケースとなりますが、スケルトン階段の場合は窓を気にせずに配置することができます。

このような使い方はリビングの南面に大きな吹き抜けを作りたい場合や、中庭を作るケースなど光を遮らずにリビング階段を作りたい場合に特に大きな効果を発揮してくれます。

中庭で明るい家にする方法と知っておきたい中庭のメリットとデメリット

 

ちなみに、階段の場所というのは間取りの使い勝手に大きな影響を与える部分となります。

たとえば階段が家の端に配置されている場合は各部屋へ行くのに遠くなりますし、廊下など通路としてしか使えないスペースが増えてしまう要因となります。

先ほどご紹介した中庭のある家で階段を中庭側に作るというのも同じような理由で、中庭に面して階段を作ることで廊下などのスペースを少なくできるという効果もあります。

中庭とスケルトン階段

リビングにスケルトン階段を使うことを選択肢に入れることで、間取りの幅を広げることができるんですね。

間取りを左右する階段の位置を決めるための3つのポイント

 

その他にスケルトン階段と相性の良い物を挙げるとすると、スケルトン階段と吹き抜けは好相性の組み合わせです。

吹き抜けとスケルトン階段

吹き抜けとスケルトン階段を一緒に作ることでより広い空間に見えるようになるんですね。

また、あまり吹き抜けのスペースが取れない場合はスケルトン階段と吹き抜けを一緒に作るというのはマストな選択肢となってきます。

たとえば吹き抜けは小さければ小さいほど開放感は少なくなりますし、一定の広さよりも小さくなってしまうと光もそれほど入らず吹き抜けは無くしてしまった方が空間が綺麗に見えることもあります。

そんな時に吹き抜けとスケルトン階段を一緒に作ることで吹き抜けの広さを広げるのと同じような効果が期待できるんですね。

このように吹き抜けが欲しいけども家の大きさの関係であまり吹き抜けのスペースが取れないという場合はスケルトン階段は強い味方となってくれますよ。

吹き抜けのある間取りにする時に必ず知っておきたい5つのこと

まとめ

今回はスケルトン階段についてリビングとの相性を中心に詳しく見てきました。

リビングを快適にするためには視線の抜けを作ることや光を入れることが大切になってきますが、スケルトン階段はそんな快適なリビングを作る時に大きな手助けをしてくれるんですね。

また、スケルトン階段がリビングにあるだけでお洒落に見えるというメリットも魅力的です。

そのためリビング階段にするという場合は、スケルトン階段もぜひ選択肢に入れて見てくださいね。

では。

 

階段についてはこちらも参考にしてください。

階段にはどんな種類がある?知っておきたい階段の4つの形

間取りを左右する階段の位置を決めるための3つのポイント

リビング階段は寒い?プロが教えるメリットとデメリット。

階段下収納や階段下トイレってどうなの?効果的な階段下の使い方

らせん階段って使いやすいの?らせん階段を作る時のポイントを建築士が解説します

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家を建てる前に必ず知っておきたい理想の家を建てる方法【絶対保存版】