脱衣所を作る時のメリットとデメリットって何?

温泉や銭湯に行くと脱衣所というのは必ずありますよね。

一方、一般的な住宅では、洗面所が脱衣所を兼ねているケースがかなりあります。

洗面台の横に洗濯機を置いて、洗面で身だしなみを整えたり、洗濯機の前を脱衣所に使うと言う感じですね。

家という限られたスペースの中で、水まわりでまとめられる部分はまとめてスペースを有効活用するという発想から生まれた形になります。

 

一方、洗面所と脱衣所を同じ1つのスペースにするのでは無く、洗面所と脱衣所を分けて、別々に作るという方法もあります。

このように脱衣所を作った場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

今回は脱衣所を作った時のメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

脱衣所をつくるメリット

脱衣所

まずは脱衣所を作った時のメリットについて見ていきましょう。

脱衣所を作って洗面所と分ける場合のメリットは、何と言ってもお風呂と洗面を気兼ねなく使えるようになる事です。

 

例えば、誰かがお風呂に入っている時に洗面を使うという場合、どうしても気を使ってしまいますよね。

特に女性がお風呂を使っている場合に洗面所に入りにくいという方や、お風呂に入っている時に洗面所に誰にも入って来て欲しくないという方も多いのではないでしょうか。

また、洗面所に鍵が付いている場合、お風呂の入浴中に洗面室の鍵を閉めていると、洗面所自体使う事ができなくなってしまいます。

 

一方、脱衣所を作ることで、お風呂に入る人はお風呂と脱衣所を利用し、洗面所は誰でも気兼ねなく使う事ができるようになります。

家族の人数が多くて洗面所を使う頻度が高かったり、朝にお風呂に入ったりシャワーを浴びることが多い家庭なんかでは、脱衣所があるとお風呂を使う人と洗面を使う人を明確に分けられるのでかなり便利になります。

二世帯住宅でお風呂を1つにする場合なんかでも脱衣所を設けるのは効果的ですね。

二世帯住宅を失敗しないための5つのポイント

 

洗面所が2カ所から入れるなど回遊動線になっていて頻繁に人が通るようになっている場合も、脱衣所があるとかなり便利です。

回遊できる間取りって使いやすいの?メリットとデメリットをご紹介します

 

その他に脱衣所を作った時のメリットとして、洗面所がスッキリ見えるというメリットもあります。

一般的に洗濯機は洗面所に置くことが多いですが、脱衣所があれば脱衣所に洗濯機を置けば良いので洗面で必要な物だけ洗面に置けば良いですし、洗面からお風呂も見えないので生活感が出にくくスッキリ見えるようになるんですね。

 

また、お客さんが来て洗面所を良く使うという場合なんかには洗面と脱衣所が分かれていると生活感を見せなくて済むという声も良く耳にします。

動線についても、着替えなども脱衣所に置くことができるようにしておけば、お風呂に入ってから着替えるまでの動線がよりスムーズになります。

その間取りは動線が考えられていますか?家の間取りと動線について

脱衣所をつくるデメリット

それでは次に、脱衣所を作った時のデメリットについて見てみましょう。

脱衣所をつくる場合のデメリットを挙げるとすると、脱衣所のスペースが必要になるので他の部屋の大きさにしわ寄せがいったり、家を大きくしないといけないというデメリットが発生する時があります。

一般的に洗面所の広さは1坪サイズのことが多く、要望や間取りに応じて広さ調整していく物ですが、1坪の洗面所を洗面と脱衣に分けてしまうとそれぞれの広さは約1帖ほどのタタミ1枚分のスペースとなってしまいます。

実際に1帖の洗面、脱衣所と続くと、思ったよりも狭くて小分けにされた窮屈な空間に見えてしまい、何やら無理矢理部屋を分けたアパートみたいな印象に見えてしまう事も。

例えば、脱衣所は1帖に抑えたとしても、洗面所は1.5帖から2帖くらいはできればある方が見た目が全然違ってくるんですね。

 

そのため、脱衣所を独立して設ける場合は、一般的な洗面所の広さである1坪よりも広いスペースが必要になってくるんですね。

敷地が広かったり、予算に余裕があって床面積を広げられる場合は良いですが、敷地を目一杯使って家を建てる場合や予算をかなり抑えたい場合は、洗面所を設けるハードルが高くなってしまう場合があります。

 

ちなみに、そのような場合は無理に洗面所を洗面と脱衣に分けず、洗面所内を簡易に区切れるようにしてしまうという方法もあります。

カーテンなどで必要な時だけ区切れるようにしてしまうんですね。

その場合、カーテンはヒラヒラ感があり生活感が強く出てあまりキレイに見えないことが多いので、天井にロールスクリーンを付けてしまうのがおススメです。

予め天井を凹ませておいてロールスクリーンを埋め込めるようにしておけば、見た目もスッキリにすることができます。

洗面を別の場所に設ける

お風呂に誰かが入っている時に気兼ねなく洗面台を使えるようにする方法として、洗面台を別の場所に設けると言う方法もあります。

この場合、メインの洗面台を廊下などお風呂と離して設置するケースと、洗面所はお風呂の横に作ってサブの洗面台を他の場所に設けるというケースがあります。

 

洗面台をお風呂と離して設置する場合の注意点として、お風呂あがりに洗面台の前で髪を乾かしたりお肌のお手入れをする場合は、お風呂からあがってすぐに使える位置に洗面台を配置するのがポイントになります。

髪を乾かすのに家の中をウロウロというのは避けたいですよね。

また、人が良く通る廊下に洗面台を配置すると移動の邪魔になったり落ち着いて洗面台の前にいられないので、ある程度のスペースを確保しておくことも大切です。

まとめ

今回は脱衣所について見てきました。

脱衣所を作るかどうかは、今の生活で誰かがお風呂に入っている時に洗面所を使う事ができるかどうか、または洗面所に誰も入って来て欲しくないと思っているかどうか。

この辺りが大きなウェートを占めるようになってきます。

また、女の子が多い家庭でも、脱衣所を設ける方はやはり多いです。

今はいいかもしれませんが、将来は洗面所を使いにくくなってしまう可能性が高いので、あらかじめ対策をとっておくという方が多いんですね。

 

このように脱衣所をつくる理由、メリットは色々とありますが、脱衣所を作るにはそれなりのスペースも必要になってきます。

脱衣所を作ったけども、LDKが微妙に狭くて使いにくい何て事になってしまえば本末転倒ですね。

脱衣所を作って「気兼ねなく洗面所、お風呂に入れる」という事と、他の要望、どちらの優先順位が高いかどうか。

この辺りをしっかりと考えながら、脱衣所を作るかどうか。また脱衣所を作るなら使い勝手のよい脱衣所を作っていきたいですね。

 

では。

 

水まわりに関してはこちらも参考にしてください。

おしゃれで使いやすい洗面所をつくるための5つのポイント

造作洗面台と既製品洗面台のメリットとデメリット

快適なお風呂にするための3つのポイント

ユニットバス選びで失敗しないための9つのチェックポイント

階段下収納や階段下トイレってどうなの?効果的な階段下の使い方

玄関の側にトイレってどうなの?トイレで間取りの善し悪しが分かります。

新築の家にトイレが何個あるのが良いか検証してみた

トイレをオシャレにする方法とトイレ収納の話

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

家づくりで失敗したくない!そんな方こそ、間取りが重要です。

行列ができる間取り診断

今日の問題解決

脱衣所を作るメリットとデメリットって何?

  • 脱衣所があると、気兼ねなくお風呂や洗面所を使えるようになる。
  • 脱衣所を作るには、ある程度スペースが必要になる。