どんな建具を選べばいい?建具を選ぶときに知っておきたいポイント

colordoor

ドアや引き戸など建具にはいろんな種類があります。

そのため、それぞれ用途に合わせて建具を使えると一番住みやすい家ができそうですね。

 

ただ、建具は選択肢が多いので「どういった建具にすれば使い勝手が良いんだろうか?」とか「どんな色やデザインの建具を選べば部屋に合うの?」ということで悩まれる方も、意外と多くいらっしゃいます。

中には、「間取り図で最初からドアになっていたから何の疑問も持たずにそのままにしたけども、実際に生活し始めたら使いづらかった」なんて声もチラホラ聞きます。

建具の選択次第で生活のしやすさは変わってくるんですね。

 

そこで今回は、代表的な建具のメリットとデメリット、そして建具を選ぶときのポイントについてお伝えしたいと思います。

間取りの打合せをしている方や、仕様の打合せをされている方はぜひ参考にしてください。

建具の種類

それではまず、代表的な建具の種類をご紹介していきます。

それぞれの建具のメリット、デメリットを一緒に勉強していきましょう。

引き戸

「引き戸」とは、その名のとおり引いて開ける建具のことですね。

「引き戸」の種類は大きく分けて「片引き戸」、「引き込み戸」、「引違い戸」の3つに分けられます。

 

まず、一般的なイメージの引き戸が「片引き戸」。

ハイドア

こんな感じですね。

ちなみに一般的な引き戸の裏側はこんな感じです。

引き戸

裏側は枠無しの引き戸を使わない限り、このような枠が見えるようになります。

 

次に、何枚もの引き戸を引き込むことで建具の存在感を消す事ができるのが「引き込み戸」。

そして、引き違いで扉を動かせる引き戸が「引違い戸」です。

こんな感じですね。

hikido

引き込み戸はリビングなど一体感を出したい場所で使うと大きな効果を発揮してくれる建具です。

一方、引違い戸は押入などの収納で使うことが多く、部屋にはあまり使わないことが多いです。

引違い戸は扉を開け放したとしても扉はどこかに必ず残ってしまうため、部屋に開放感を出す場合は引き込み戸をつける方に軍配が上がるという訳ですね。

 

それでは、このような引き戸の種類を踏まえながら、引き戸のメリットとデメリットを見ていきましょう。

引き戸のメリット

引き戸のメリットを挙げるとすると、扉を横にスライドするだけでいいので、ドアよりも動作が小さく済む点が挙げられます。

開け閉めがしやすく、スペースを有効活用しやすいんですね。

また、開閉するときは横にスライドさせるだけでいいので物を持ちながらでも比較的開けやすいので、生活がしやすい建具と言えます。

さらには、引き戸の場合は10センチや20センチだけ開けておくということができるので、家の中の風通しにも効果的なのも大きな特徴です。

引き戸は開けておきたい分だけ調整できる建具なんですね。

 

引き戸のデメリット

引き戸はいい事ばかりのように見えますが、引き戸にもデメリットはあります。

引き戸のデメリットを挙げるとすると、ドアのようにピタっと閉まる訳ではないのでドアに比べると気密性が少し落ちてしまうことです。

(同じ理由で、玄関扉を引き戸にすると、家の気密性能は下がってしまうので注意が必要です)

 

また、引き戸があるために部屋のスイッチを取り付けたい場所にスイッチが付かないなんてこともあるので、その場合は生活に不自由しないようにスイッチを工夫する必要があります。

電気配線図はここを注意!スイッチを使いやすくする方法

スイッチの種類。おすすめのスイッチとおしゃれスイッチをご紹介します。

 

開き戸(ドア)

door

建具の代表選手である「開き戸(ドア)」。

一般的にはドアと呼ぶことが多いですが、建築の世界では「開き戸」と表現することが多いです。

 

「開き戸(ドア)」は至る所で見かけることが多く、その分、デザインや種類も豊富ですし、取っ手もいろんな種類があります。

それだけ開き戸は自分の好みを表現しやすい建具と言えるんですね。

 

それでは、開き戸のメリットとデメリットを踏まえつつ、どのような部屋に開き戸が合うのか見てみましょう。

 

開き戸(ドア)のメリット

開き戸は気密性が良いので、音やニオイが気になるシーンで活躍します。

そのため、音が気になる部屋や大きな音を出す部屋では開き戸がマストな選択となります。

木造の家を防音するための3つのグレード

 

また、先ほどご紹介した通り、開き戸はデザインも豊富なのが特徴です。

価格も引き戸と比べると安価に手に入るのも、開き戸が多く使われる理由となっています。(そのため、価格重視の建売住宅では引き戸ではなくドアが使われています。)

 

開き戸(ドア)のデメリット

開き戸を開けるには可動域(開けるスペース)が必要なので、引き戸と比べると開けるために大きな動作が必要になり、さらにはコンパクトな部屋だと可動域が大きな無駄になるケースがあります。

また、廊下にトイレがある場合など、通行している人にぶつからないような配慮も必要になってきます。

ドアが左右どちら開きかによっても暮らしやすさが大きく変わるケースがあるので注意したいですね。

 

さらには開き戸を多く使う場合、開き戸はオープンにするか閉じるかのどちらかになるので、風通しのために少しだけ開けておくことができないので、家全体の風通しは予めよく考えておきたいポイントです。

 

ドアは開けるのに動作が大きくなってしまうという特徴があるので、物を持って部屋に出入りする時、ドアを押して部屋に入る場合はまだいいですが、ドアを引いて開ける場合は一手間必要になってしまうので、物をよく運ぶ動線上にドアを使う場合は注意してくださいね。

その間取りは動線が考えられていますか?家の間取りと動線について

 

ちなみに「社員が日本一幸せ」とも言われる岐阜県にある未来工業では、ドアにドアノブが無いそうです。

理由は、両手が塞がっていてもドアを開け閉めできるようにするためです。

これはムダかなと思ったら一度やめてみる未来工業ならではの方法ですが、それだけ出入りが多い場所にドアを使うのは非効率となることもあるんですね。

 

その他の建具

折れ戸

クローゼットでよく使われている建具ですね。

現在ではクローゼットのある家が多いので、どこかしらに折れ戸が使われている家がほとんどです。

 

折れ戸の注意点としては、折れ戸は部屋の内側に折れてくるので開けるためのスペースが必要になることと、折れ戸は高さがあるため折れ戸とエアコンが干渉する場合があるので注意してくださいね。

窓のカーテンレールなんかにも注意が必要です。

知らないと損をするカーテンの種類と選び方

 

両開き戸

別名で観音開きと呼ばれる建具です。

収納でよく使われていますね。

 

ちなみに両開き戸の場合、意外に両方の扉を開いて使うことは少なく、片方の扉部分によく使うもの、もう片方の扉部分にあまり使わないものを入れるといったように、片側を開けるだけで使えるように収納するのがポイントになってきます。

建具の色を選ぶ時のポイント

type-autumn-color

それでは次に、建具の種類を踏まえた上で、建具を選ぶときのポイントについて見てみましょう。

 

建具の種類(引き戸やドアなど)が決まったあとは、建具の色やデザインを選ぶことになります。

 

建具は基本的に、既製品の建具を使うのか、造作の建具を使うのかのどちらかです。

それではまず、既製品の建具を選ぶときのポイントについて見てみましょう。

 

既製品の建具の選び方

既製品の建具はいろんなメーカーから発売されていますが、どのメーカーの物を使うと言うよりも建具のグレードによって部屋の見た目が大きく左右されます。

 

それぞれのグレードにいくつかの色やパターンが用意されていますが、グレードが低い建具とグレードが高い建具では見た目が全然違ってきます。

やはりグレードが低い建具よりもグレードが高い建具の方が高級感があるのですが、特に低いグレードの建具を使う場合は要注意。

中途半端な色(木目調)などを使うと、部屋の中がアパートのような見た目になってしまいやすいんです。

どうしても偽物のハリボテ感が出てしまうんですね。

 

そんな時は白や濃い色など、見た目のテクスチャーに影響されづらい物を選ぶのがオススメです。

白や濃い色だと柄が目立たないのでハリボテ感が少なく、シンプルにまとめることができるんですね。

 

建具は部屋の中でかなりの面積を占めるので、建具の見た目で部屋の印象はかなり左右されてしまいます。

ここは失敗の無い色を選びたいですね。

 

一方、グレードの高い建具はプリント技術の向上もあり、本物の木と見間違うほど見た目が良いのもありますので、インテリアに合わせて選ぶだけで引き締まった部屋になることが多いです。

見せる建具として使えるようになるんですね。

 

既製品の建具を使う場合、グレードが低い建具は白か濃い色を、グレードが高い建具はインテリアに合わせると間違いがありませんよ。

 

造作建具の選び方

造作で建具をつくる場合、建具が重くならないよう中を空洞にして、表面に木の板を貼ってつくることが多いです。

そのため、床材やカウンター材に合わせた板を使用する事ができるので、インテリアとして統一感を出すことができるのが、造作建具の大きな特徴です。

 

ちなみに、造作の建具で価格を落としつつシンプルな感じに仕上がるシナを使うとこんな感じです。

wall

 

もちろん、造作の場合は木目だけでなくこんな感じの色が着いた建具もつくることができます。

blue

まさにインテリアと好みに合わせてつくるという感じですね。

 

建具のサイズも自由につくれるので、部屋に合わせて建具の大きさが決められるのも魅力です。

 

一方、造作建具の注意点を挙げるとすれば、既製品とは違い一品ものなので、ハイドアなど高さがある建具をつくると建具が反ってしまうなんてことも有るので注意が必要です。

造作建具のデザインだけでなく、デメリットも踏まえながら設計者とよく相談してつくるのが造作建具のポイントなんですね。

部屋がスッキリ見える!ハイドアの驚くべき効果を検証します

建具で遊ぶなら

建具は色やデザインも豊富ですが、建具の種類はそれだけではありません。

 

例えば、建具にガラスが入っている建具。

ガラスが入っている建具はリビングなど人の気配があるかどうか分かると便利な場所で使われる事が多いですが、アンティーク調のインテリアにしたい場合なんかはチェッカーガラスが入っていると雰囲気が出ます。

colordoor

Photo:http://www.woodone.co.jp/product/door/colordoor/

アンティーク調にするなら取手もアイアンのものにすると雰囲気が出ますね。

 

また、インテリアショップでも取手を取り扱っているところがあるので、造作で建具をつくるなら取手で遊んでも面白いですね。

(購入前に、使えるかどうか設計者に確認してくださいね。たまに外国製など使えないのもあります)

お洒落な家具や雑貨が見つかるおススメのインテリアショップ14選

 

あとは、ペットを飼っているいる方へ向けた通り抜けできる建具なんかもあるので、生活スタイルに合わせて建具で遊んでみるのも面白いですね。

まとめ

今回は建具の選び方についてご紹介しました。

建具は色んな種類がありますが、それぞれの建具に特性があるので、その特性を活かした建具を上手く配置して行きたいですね。

 

また、建具は意外と面積が大きいので部屋の印象を大きく左右します。

そのため、インテリアに合わせて建具を目立たせるのか、それとも存在感を消すのかを考慮しながら、建具の色やデザインを選ぶのがポイントになってきます。

もちろん、設計士さんやインテリアコーディネーターさんも普通は相談にのってくれるので、ぜひ建具が上手くアクセントになった部屋をつくってくださいね。

では。

 

家のデザインにこだわる方はこちらも参考にしてください。

部屋をすっきり見せる方法。幅木のデザインを検証する。

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

建具を決めるときは何に注意すればいい?

  • 建具によって特性があるので、部屋に合わせてその特性が活きる建具を使う。
  • 既製品の建具は、建具のグレードによって使う色味に注意をする。