家の西日対策はどうすればいい?効果が高い西日対策6選。

自然

夏の暑さ対策で特に気をつけたいのが、西日対策。

日中の暑さも厳しいですが、日が傾くにつれ直接家の中に入ってくる西日にはかなり体力を奪われます。

できれば、西日対策をして快適な時間を過ごしたいという方も多いと思いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、西日対策について家の室内側と室外側から見ていきたいと思います。

夏を快適に過ごしたい方はぜひご覧ください。

西日の室内対策

keito_im1

Photo:https://www.toso.co.jp/products/pleats/screen/images/keito_im1.jpg

まずは室内でできる西日対策について見てみましょう。

室内でできる西日対策と言えば、まず出てくるのがカーテンなどウィンドートリートメントを使うこと。

間取り段階から気をつけたい、ウィンドウトリートメント計画の2つのポイント

 

ウィンドートリートメントとは、カーテンやブラインドなど、視線のコントロールや窓の暑さ寒さから守ってくれる物の総称です。

知らないと損をするカーテンの種類と選び方

 

ウィンドートリートメントを効果的に使用することで、西日の直撃は避けることができるんですね。

ただ、西日対策で言うと、実はカーテンなどの室内対策で大きな効果を得ることは難しいのが現実です。

窓ガラス自体やカーテンが暖まってしまうので、西日対策としてはそこまで大きな効果は発揮してくれないんですね。

 

そのため、家の中で西日対策をするよりも、窓の外に日が当たらない対策をした方が効果が高くなります。

では次に、窓の外側対策について見てみましょう。

 

※ちなみに、今ではLow-Eガラスを使ったサッシが使われることが多くなりました。

Low-Eガラスとは、サッシのガラスの中に特殊金属膜を設けた物のことで、金属膜を設けた位置によって断熱性能が高いガラス、遮熱性能が高いガラスというように2種類に分けることができます。

基本的には高断熱ガラスでいいですが、西側など西日が厳しい場所は遮熱タイプのLow-Eガラスにしておくのがオススメです。

西日の室外対策

それでは次に、家の外側の西日対策について見てみましょう。

 

簾(すだれ)を使う

sudarePhoto:http://www.matusou.co.jp/sudare/benten/

日本で昔から使われている簾(すだれ)。

実は、すだれを家の外側につけるだけで、カーテンよりも高い遮熱効果を得ることができます。

家の外側なのでカーテンのように熱を持っても室内が熱くなることがありませんし、窓が熱を持つのも防ぐことができるんですね。

また、窓ギリギリに設置するよりも、少し離した位置に設置する方が遮熱効果は高くなります。

 

ちなみに、竹が原料で天井から吊る物を「すだれ」、アシが原料で立てかけて使う物を「よしず」と呼ばれることが多いです。

特によしずは立てかけるだけでいいので、設置するのもすごく簡単なので、お手軽な西日対策と言えます。

(風で飛ばないように重しを付ける必要はあります)

 

日よけシェードを使う

タカショー クールシェード モカ 2×3mすだれやよしずは、どちらかというと和風の家に似合いますが、家のデザインによっては日よけシェードも効果的です。

サッシの外に日影をつくれるので、日射で家の中が熱くなるのを防いでくれるんですね。

 

上の画像のように、椅子を出してシェードの下で夕涼みをすることも可能です。

いろんなサイズやデザインの日よけシェードが販売されているので、家に合った物を選びたいですね。

 

庇をつける

img04Photo:http://alfin.co.jp/alfin/index.html

あらかじめ日射対策をしておく場合、窓に庇をつけるのも効果があります。

庇が日射を遮ってくれるんですね。

庇の中には庇にスリットを入れることで夏場の日射をカットして、冬場の日射は入りやすくするような物もあります。

 

一方、窓に庇をつける時の注意点として、窓に高さがあればあるほど、日射を遮るためには庇を長くする必要が出てきます。(上図参照)

そのため庇を付けるのは、どちらかというと小窓の日射対策に向いている方法と言えます。

また、価格もある程度するので、庇をどれだけつけるかは予算との相談になることが多くなるのがデメリットと言えます。

 

庇で西日対策をする場合、サッシに付ける庇だけでなく家の軒を出しておくのも効果的です。

屋根の形状次第で、家の外観はかなり変わるんです。

 

外付けのロールスクリーンをつかう

screenサッシメーカーによっては、サッシの外に付けられる外用のロールスクリーンを用意しているところもあります。

室内から外のロールスクリーンを引くことで、簡単にすだれやシェードのような効果を出すことができるんですね。

家の工事中に設置してしまえば、2階など高い場所でも簡単に西日対策をとることができます。

外用のロールスクリーンのデメリットを挙げると、これまで見てきた簾やサンシェードよりも価格が高いことが多いので、小窓よりも大きな窓を優先して付けると費用対効果が高くなります。

 

グリーンカーテンをつくる

グリーンカーテン日射を遮る方法として、夏場にグリーンカーテンをつくるという方法もあります。

育った植物が、西日をカットしてくれるんですね。

 

グリーンカーテンをつくるのは簡単で、つる性の植物とネットを用意すれば、あとは育てるだけで大丈夫です。

グリーンカーテンは夏の植物を使うので、夏場はゲリーンカーテンで西日対策をして、冬場は反対に日差しをたっぷりと家の中にいれることができます。

 

グリーンカーテンに向いている植物として、小学生の時に夏休みの課題で育てたことがある方も多い朝顔やヘチマといったつる性の植物がグリーンカーテンに向いています。

ゴーヤやきゅうりなど食べられる植物を植えてあげるのもいいですね。

部屋の冷却効果だけでなく、お子さんの自由研究や情操教育、食育にも役立てる事ができるので、一石二鳥や一石三鳥にもなります。

 

フックをつける

オーニングたてす取付接着金具

効果が高い窓の外側の西日対策についていくつか見てきましたが、外につけるので飛ばされないように固定する必要が出てきます。

そんな時に効果的なのが、フックです。

 

フックがあると紐を通すのも簡単になるので、いろんな西日対策に活用することができるんですね。

価格もそんなにしないですし、様々な用途に使うことができます。

(フックは接着性の物もありますが重さのあるものを掛けることがあるので、家の建築中に下地の有る部分にフックをつけるのが一番です。)

 

フックを取り付ける際のポイントとしては、できればスチール製でなくステンレス製のフックをつけるのがオススメです。

外にスチール製のフックをつけると、時間が経ってしまうと錆が出てきてしまい、家の外壁が汚くなってしまう恐れがあるんですね。(外壁に錆があると他の金属を腐食させる原因になりますし、家が古めかしく見える原因にもなります)

そのため、フックを外に付けるなら錆に強いステンレス製のフックを選びたいですね。

まとめ

今回は夏の西日対策について見てきました。

西日対策は、どちらかというと家の中より家の外をどうするかが大きなポイントになってきます。

上手くそれぞれのご家庭にあった方法を使って、暑い夏を快適に乗り越えていきたいですね。

では。

 

家づくり、土地探しに必要な情報はこちらにまとめています。家づくりの参考にどうぞ。

まるで教科書!理想の家をつくる方法【絶対保存版】

土地探しから始める人のための、失敗しない土地の購入方法【絶対保存版】

今日の問題解決

夏の西日対策のポイントって何?

  • 家の中よりも、家の外で西日対策をすると効果が高い。
  • ステンレス製のフックをつけていると、様々な西日対策に使えるので便利。