間取りでお悩みの方はコチラ 仕様や設備、性能が気になる方はコチラ 読者さんからの相談

畳リビングはこんな人にオススメ!畳リビングの魅力と失敗しない作り方

「いつも参考にさせてもらっています。間取りの中でリビングを畳リビングにするかフローリングのリビングにするか迷っていて畳リビングに魅力を感じているのですが、周りに畳リビングにした家が無くて失敗したらどうしようと思い踏ん切りがつかない状態です。畳リビングについて記事にしてもらえるとうれしいです」

このようなリクエストを読者の方からいただきました。

最近の家では床はフローリングにしてソファやテーブルを置いて生活をするというのが当たり前になりましたが、畳を使った部屋というのも根強い人気があります。

そして今回の相談内容は畳をリビングに使った「畳リビング」について。

今回はそんな畳リビングの魅力と畳リビングにする時のポイントについて詳しく見ていきたいと思います。

畳や和室が好きな方はぜひご覧ください。

畳リビングの魅力って何?

ひと昔前の家の間取りと言うと、台所と食事をする場所が同じになっていてリビングは別の部屋という家も多くあり、食事はテーブルでするけども和室をリビングに使っているという家もよく見かけました。

一方、今ではLDKという形で料理、食事、くつろぐというのが1つの空間にまとめられるケースが増え、それに合わせて部屋全体に統一感が出るように全てフローリングにまとめられた家がほとんどとなりました。

そんな中、畳を使う場合はリビングの横に和室を作るか畳コーナーを作るというケースが多くなりましたが、「畳リビングにしたい」という要望も根強くあります。

では、畳リビングにはどんな魅力があるのでしょうか?

 

畳リビングの最大の魅力は何と言っても床を自由に使えて長時間床に座っていても疲れないという点です。

たとえば家族や友達がリビングに集まって話をしたり一緒にお酒を飲む場合、ソファだとどうなるでしょうか?

ソファでは座れる人数に限界があるので、何人かは床に座ることになりますよね。

でも、周りの人が床に座っている中でソファに座っていると目線の高さが違ってくるので、いつの間にか皆んな床に座っているなんてことも。

そうなると気になってくるのが床の硬さです。

同じフローリングでも無垢材のフローリング、特にスギやパインなどは柔らかく座りやすい素材となりますが、一般的なフローリングは硬く床に長時間座るのにあまり向いていない素材となります。

そのため長時間床に座る場合はクッションなどが必要になってくるんですね。

一方、そんな時も畳リビングであればクッション性があるので床に長時間座っても疲れることは少ないですし、何より床に座ってテーブルを囲むと言うのは結構楽しい物です。

日本人にとって床に座るというのは昔から身体に馴染んだ生活スタイルでもあり、床が落ち着くと言う方も多いのではないでしょうか。

 

また、畳だと床に座るだけで無くゴロゴロころがる、遊ぶ、ちょっと昼寝をするなど自由度の高さも魅力の1つです。

フローリングだとソファ中心の生活となりますが、畳にすることで使い方というのはより広がるんですね。

このようにリビングを畳にすることでソファ以外にも沢山居場所を作ることができ、家族が集まるリビングにすることができます。

畳リビングを作るポイント

それでは次に、実際に畳リビングを作る時のポイントについて見てみましょう。

畳リビングにするということは床での生活が増えるということになるので、普通のリビングとはまた違うリビングになるという点を頭に入れて置くことでより快適な空間にすることができます。

 

畳リビングにソファもOK

畳リビングにする場合に迷うのがソファを置くかどうかという点です。

畳なのでソファを置かなくても全く問題ありませんが、あえてソファを置くというのももちろんOK。

普通のリビングだとソファがメインの場所になるので誰か座っていたら居場所がかなり減った感じになってしまいますが、畳リビングでは床の畳が主役でソファは脇役となるので気が向いた時に座ったりソファでゴロゴロしてデイベッドのように使ったりと、普通のリビングよりもより自由に使うことができます。

床が畳なのでソファ以外にも居場所が沢山あり、たとえソファが埋まっていても選択肢が色々あるからなんですね。

 

また畳リビングにソファを置く場合、ソファはできるだけ高さを抑えた物を選ぶのもポイントの1つです。

床で生活しても圧迫感が少ないようにすることで落ち着いた空間にすることができるんですね。

その他、畳リビングの周りに作り付けのソファやベンチを作ってより居心地の良い場所をたくさん設けるのも楽しいですよ。

 

部屋全体の重心は低くする

先ほど畳リビングにする場合はソファの高さをできるだけ抑えた物にするのがポイントとお伝えしましたが、同じように畳リビングにする時はリビングだけ少し床を上げるというのも効果的です。

床を上げることでダイニングテーブルに座っている人との視線の高さの違いが少なくなり、より自然な空間にすることができるんですね。

Photo:https://vegablog.exblog.jp/17855396/

これはリビングとダイニングが近ければ近いほど効果を発揮します。

反対にダイニングとリビングが離れている場合は畳リビングだけ1段下げるという方法もあります。

段差が背もたれになったり窓枠がベンチになったりと、居心地の良い場所を作るのに一役買ってくれるんからなんですね。

 

畳は縁(フチ)無しを選ぶ

畳リビングにする場合はどんな畳を使うかでも印象は変わってきます。

そして畳リビングにする場合にオススメなのが縁無しの畳を選ぶということです。

畳の縁というとこの部分ですね。

和風な雰囲気を出す場合は縁の柄をアクセントにするのも効果的なのですが、リビングなのでできるだけ和風感を減らした方がLDK全体としてのバランスは良くなります。

そのため、畳リビングにする場合は縁なしの畳を選ぶのが正解という訳なんですね。

Photo:http://www.koide-arc.com/example/3717/

ベストは上の画像のような縁なしの半帖畳ですが、縁がなければ1帖サイズの畳でも全く問題ありませんし、緑以外の色の畳を選んでアクセントにしてみるのも良いですね。

 

畳リビングは奥まった位置に配置する

Photo:https://www.houzz.jp/photos/phvw-vp~86052390

畳リビングにする場合、畳リビングをどの場所に作るかというのも居心地に関わってきます。

畳リビングは床での生活がメインとなるので、リビングの回りが通路となって人が頻繁に行き来する間取りだとちょっと落ち着かない場所になってしまうんですね。

そのため、畳リビングにする場合は人があまり行き来しない奥まった場所に配置するのが基本となってきます。

間取り上、どうしても奥まった位置に配置するのが難しいという場合は、段差をつけるなどメリハリが効いた空間にしておきたいですね。

畳リビングが合ってる人、合わない人

それでは最後に畳リビングが合う人、合わない人について見てみましょう。

やはり畳リビングが合う方は畳が好きな方や床での生活が好きな方。

この2つの条件が当てはまるかどうかで畳リビングが合うか合わないかが大きく変わってきます。

畳はそれなりにメンテナンスが必要な物なので、畳が好きかどうかは大きなポイントになってくるんですね。

 

また、人がよく集まる場合も畳リビングはオススメです。

床に座ることが椅子やクッションの数に関係なく同じ目線の高さで一緒に楽しめるからなんですね。

その結果、人が集まって楽しく感じるリビングにすることができます。

 

その一方、畳リビングは一般的なフローリングと比べると価格も高くなりますしメンテナンスの頻度も増えるようになります。

そのため、家のメンテナンスはできるだけ少ない方が良いという場合は畳リビングは避けた方が無難です。

また畳という特性上、洋風の雰囲気の家にしたい場合はどっちつかずの中途半端な雰囲気の家になってしまうので、和モダンからナチュラルな雰囲気の家を目指す場合に畳リビングを選択肢に入れたいですね。

 

その他、畳リビングにするかリビングの横に和室を作るか迷うというケースもよく有ります。

その場合は畳中心の生活がしたいかどうか。

この部分を明確にするのがポイントになってきます。

たとえばリビングの横に和室を作っても、やはり生活の中心はリビングになりやすいものです。

リビングは家の中でも一番快適に作る場所なので、リビングの方が楽で居心地が良いとなるんですね。

その結果、あまり和室には行かないというケースもよく耳にします。

そのためどれだけ畳が身近な家にしたいのか。

この部分をハッキリさせることでよりあなたに合った家を作ることができるんですね。

まとめ

今回は畳リビングについて詳しく見てきました。

リビングを畳にするというのは少し勇気が入りますが、畳や床での生活が好きな方にとっては畳リビングにすることで毎日の生活をより楽しくすることができるんですね。

また、今回ご相談いただいた読者さんのように畳リビングが気になるけどもちょっと個性が強いかなと思ってしまうのは自然なことです。

そのため今回の内容を参考にあなたに合っているかどうか検討してみた上で、やっぱり畳が好きという方はぜひ畳リビングに挑戦してみてくださいね。

では。

 

和室についてはこちらも参考にしてください。

和室、畳コーナーの広さはどれくらい必要?2畳から8畳まで比べてみました

小上がりの和室ってどうなの?小上がり和室のメリットとデメリット

和室を作る7つの理由。理想の和室のつくり方をご紹介します

和室をモダンに見せるために効果的な7つの方法

人気記事

1

「家を建てるのにブログを参考にさせてもらっています。1つずつ記事を読ませてもらっているのですが、家を建てる時のスタートから家が完成するまでの流れがまとまった記事を書いてもらえないでしょうか?」 読者さ ...

2

人生の一大イベントとなる家づくり。 せっかく家を建てるなら理想の家を建てたいと思いますし、少なくとも家づくりで失敗するのは避けたいですよね。   では、「家を建てたい」と思った時、まず何から ...

3

「キッチンを対面キッチンにしようと思うのですが、対面キッチンにも色んなキッチンがあるので迷ってしまいます。おすすめの対面キッチンがあれば教えてもらえないでしょうか?」 読者さんよりこのような質問をもら ...

4

土地を買って家を建てる場合、土地探しをして土地を見つける必要があります。 でも、土地は高価な上にめったに売買することがないので、失敗せずに土地を手に入れるのは大変。   そこで今回は、土地探 ...

5

以前、家の外観を良くするための窓の使い方についてご紹介しました。 →家の外観を良くする方法(窓の使い方編)   家の外観は窓の使い方でかなり見え方が変わってきますが、家の外観を良くするために ...

6

新築の家を建てるなら、オシャレな内装の家にしたいもの。 なにより新しい家の内装を考えるのは楽しいものですよね。 でも、実際にどうすれば部屋がオシャレに見えるのかあまりイメージがつかないという方も多いの ...

7

「家を建てるならできれば広々とした開放感のあるリビングにしたいと思っていたのですが、実際には予算や敷地の広さの関係でLDK全体で20帖くらいの広さとなってしまいそうです。LDKで20帖というのは広さ的 ...

8

こんにちは、O型建築士です。 家づくりをする時、「家づくりは間取りなども重要だけでも、家の性能も結構重要ですよ」というお話を時々してきました。 家の性能が悪いと、夏に暑くて冬に寒い家になってしまうから ...

9

「家づくりをしています。その中で家具やキッチンを造作で作りたいと思っているのですが、造作にする時のポイントや注意点があれば記事にしてもらえないでしょうか?」 読者の方からこのようなリクエストをいただき ...

10

「風通しが良くて明るい家に住みたい」 家を建てるほとんどの方は、このように思っているのではないでしょうか。 どうせ家を建てるなら、やはり明るくて風通しの良い家に住みたいですよね。   では、 ...

11

「部屋をオシャレにしたいけど、どんなふうにインテリアをコーディネートしたらいいか迷うなぁ。どんな家具や雑貨を置けばいいんだろう?」 このように思われる方も多いと思います。 部屋のレイアウトやコーディネ ...

-間取りでお悩みの方はコチラ, 仕様や設備、性能が気になる方はコチラ, 読者さんからの相談
-, ,

Copyright © BUILD WORKS , All Rights Reserved.